Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IIJmio meeting 12 IIJmioサプライサービス: 端末の話

IIJmio meeting 12の発表資料です
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1943

  • Login to see the comments

IIJmio meeting 12 IIJmioサプライサービス: 端末の話

  1. 1. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 1 IIJmio meeting IIJmioサプライサービス:端末の話 2016/07/02 株式会社インターネットイニシアティブ MVNO事業部 永野 秀太郎
  2. 2. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 2 第1章. SIMフリー端末市場の変化について 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント 第3章. これからのIIJmioが考える品揃え 本日のアジェンダ 自己紹介
  3. 3. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 3 名前:永野 秀太郎(ながの しゅうたろう) 自己紹介 携帯電話・ガジェット大好き 家電全般大好き 今使っているスマートフォン ・Nexus6P(メイン!) ・iPhone6(サブ) ・Ascend Mate7(サブ) AndroidとiOSの二刀流 最近欲しいもの ・moto360 2nd ・HUAWEI P9 お給料の大半は携帯電話に貢ぎます! ファブレットの世界体験用 まだスマートウォッチは持っていないんですよね… お金と相談!相談大事! 年齢:26歳(今年で入社5年目) ポジション:端末担当(IIJmio、IIJmobile)
  4. 4. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 4 自己紹介 Now MyDesk 綺麗に並べましたけどね… 自分の 自分の
  5. 5. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 5 自己紹介 Now MyDesk 綺麗に並べましたけどね… Now MyDesk 綺麗に並べましたけどね… 自分の
  6. 6. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 6 第1章. SIMフリー端末市場の変化について 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント 第3章. これからのIIJmioが考える品揃え 本題に入りましょう!
  7. 7. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 7 【過去編】2011年~2013年の状況 ●日本通信は、同社が販売 するHuawei(ファーウェイ) 製Android端末「IDEOS」 で利用可能なIP電話サービ スを1月28日より提供した。 ●TikiTiki、最大 300kbpsで Android端末が 利用できるMVNO サービス(3/23) ● IIJ、ドコモのLTE網を使った データ通信サービスを提供 (2/15) ミニマムスタート128プラン ファミリーシェア1GBプラン モバイルWi-Fiルーター「NI-760S」 ● SIMロックフリーの 「MEDIAS NEC-102」、 イオンで販売(8/31) ●2011年:SIMフリー端末はほとんどなく、中古端末や過去に使っていた端末が主 ●2012年:ルーターが主、NECからSIMフリースマホが登場 ●「Nexus 7」、3G対応 モデルが登場(2/7) ●コヴィア、1万9800円のス マートフォン 「FleaPhone CP-D02」 (4/8) ● BIGLOBEがNexus 7と SIMカードをセットで提供、 月額2960円~ (2/18) ● BIGLOBE、月額980円 でLTEプランを発表、シャープ 製端末も(12/2) ●フリービット、端末代と料 金セットで月額2100円の 新サービス(11/13) ●2013年:NEXUSが大ヒット 低価格帯のSIMフリー端末や、MVNO事業者のセットモデルが現れる ●「DTI ハイブリッ ドモバイルプラン」、 FOMAとWi-Fiで 月額2980円 (3/8) Player Player Player ※参照:ケータイwatch 数百台レベルで作った! (なんて言う噂もあったりなかったり) シングルコアで売価29,800円 これが出たころは、Xperia SXの時代! Nexus7 の大ヒットは納得! それ以上にCoviaが19,800円で スマートフォンを販売したことに 驚き! 実はこれスマートフォンじゃないんです! Wi-Fiルーターとして販売されていました! メーカーが少ない!
  8. 8. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 8 【過去編】2011年~2013年の状況 ○需要と供給バランス ・2011年~2013年はSIMのみ販売はしていたが、まだまだ利用者層に偏りがありマーケットも小さかった ・それまでの日本市場での端末販売は、キャリア販売が主で数百万台レベルでの取引が主であった ・SIMフリー端末も海外では多数販売されていたが、日本ではMNOによるSIMと端末のセット販売が主体で、 SIMのみを提供するMVNOがまだ発展途上であったため、日本に参入するメーカーもほぼ皆無であった ○今までの販売スキームの変化による、様々な課題 ・SIMフリー端末は、販売代理店から端末を購入し、MVNOとSIMのみを契約するケースが多かった (キャリア端末の販売スキームはSIMと端末をセットで販売するため、購入方法として分かりやすかった) ・また、端末メーカーが直接サポートを受ける体制がなかったため、販売代理店やMVNOが故障修理対応 などのハードウェアサポートや店頭サポートを担う必要があり、サポート面でも多くの課題は残った 端末 回線 コンテンツ 端末 回線 コンテンツ ど う し た ら 良 い の ? キャリアスタイル ~まとめて提供~ 2011年~2013年スタイル ~それぞれ自由に選択~ キャリアモデルの 購入スタイルに慣れていた お客様にとって 「自分で選んで買う」事に 戸惑いを感じる状況に。 サポートも キャリアモデルと異なる ことで様々な課題も露呈。
  9. 9. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 9 【過去編】2014年~2015年の状況 ●イオンで「Nexus 4」販 売、月額2980円で8000 台限定(3/31) ●ビックカメラで端末代込み月 額2830円の格安スマホ、 1000台限定販売(4/18) ●エディオン、端末代+データ SIM+IP電話で月額1934 円のスマホ(4/30) ●日本通信の音声通話 付きSIM、ヨドバシで格安 スマホとセット販売(7/1) ●2014年:4月のイオンスマホの登場により、販売代理店によるセット販売が加速 メディアでも大きく話題になり、新たな利用者層が動き始める ●2015年:HUAWEI、ASUSがシェアを広げる中、ZTE、LG、Motorolaなど積極展開 国産メーカーの参入も加速する ●レーザーオートフォーカス搭載の 「ZenFone 2 Laser」、2万7800 円で8月8日発売 ● ASUS、ZenFone 2を5月16日 発売 ●ファーウェイ、2万8600円でオクタコア のSIMフリー「P8lite」(6/17) ●ファーウェイ、6.8インチファブレット「P8 max」と5.2インチスマホ「P8」(4/16) ●ファーウェイ、「Ascend G620S」 を1万7800円に値下げ(8/6) ●HTC、米国でDesireシリーズの 廉価モデル4機種を発表(7/16) ● Motorola、ハイエンドの5.7型 「Moto X Style」他2モデルを発表 ●韓LG、ハイパフォーマンスミドル 「G4 Beat」を発表(7/9) ●新ブランド「UPQ」、Androidス マホを発売 統一コンセプトカラーの 家電・家具24製品が登場 (8/6) ※参照:ケータイwatch メーカーが増えた!
  10. 10. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 10 ※参照:ケータイwatch【過去編】2014年~2015年の状況 ○急激に増えるSIMフリー需要 ・2014年4月に発売されたイオンスマホにより市場に大きな変化が起こる ・販売代理店が、端末を調達しSIMサービスとセットでの販売を始める ・結果、「格安スマホ」が誕生しメディアでも数多く取り上げられるようになり、認知度が急上昇する ・市場認知度、話題性などとともに、端末メーカーの積極的な参入が始まる ・先行参入していた、ASUS、HUAWEIなどがシェアを延ばし、国産メーカーの参入も相次いだ ・端末メーカーの参入が増加したことで、今までのSIM利用者層に加え、新たな顧客層が増え始める ・すると…「端末」「回線」「コンテンツ」が別々なことに戸惑う顧客層が増加(2013年の反省) ・結果、「端末+回線+コンテンツ」をまとめて分かりやすく提案する必要が出てきた 端末 回線 コンテンツ 端末 回線 コンテンツ ど う し た ら 良 い の ? 端末 回線 コンテンツ 分 か り や す く 提 案 ○端末市場の乱売状態 ・市場の広がりにより、取り扱う販路は拡大するも需要予測が困難なため、需要と供給のバランスが崩れる ・販路によっては多量の在庫を抱えることになる ・在庫処分の為に、端末価格が乱れ始める(乱売状態に) ・結果、商品寿命も大幅に短くなり、更に厳しいマーケットに変化 キャリアスタイル 2011年~2013年スタイル 2014年~2016年スタイル
  11. 11. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 11 ※参照:ケータイwatch【現在】 2016年の状況 ● 13Mカメラに指紋センサー、 5.2型フルHDで2万9800円 「Huawei P9 lite」 6月17日発売 ●折りたたみ型のAndroid スマートフォン「LG WINE SMART」(LGS01) ●フリーテル、表裏2画面の折り畳み型 スマホ「MUSASHI」 ● Windows 10 mobile 「VAIO Phone Biz」 ● 1万9800円の「ZenFone Go」 4月2日発売 ●シャープ「RoBoHoN」 (ロボホン)、税別19万 8000円で5月26日発 売 ●税別1万5980円の5型HDスマホ 「Huawei Y6」4月15日発 ●米Nextbitの クラウドスマホ「Robin」 ●光学3倍ズームカメラの「ZenFone Zoom」 2月5日発売、4万9800円~ ●2016年:端末メーカー、MVNOの多様化(差別化) ・HUAWEI、ASUS、富士通からは先行優位性を活かしたハイコストパフォーマンスモデルの投入 ・後発メーカーは付加価値モデルの投入 ・端末カテゴリーの拡大(タブレット・ルーター・ロボット・ガラホ・Windows Phoneなど) ・MVNOオリジナルモデルの投入(限定モデル) ・MVNOによる、一括/分割などの支払い方法の充実 ・MVNOによる補償サービス、コンテンツサービスの充実
  12. 12. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 12 第1章. SIMフリー端末市場の変化について 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント 第3章. これからのIIJmioが考える品揃え
  13. 13. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 13 1. IIJmioの考え方 2. 要チェックポイントの紹介 3. IIJmioが考えるサポート基準 4. やっぱりコストパフォーマンス? 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント
  14. 14. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 14 1. IIJmioの考え方 2. 要チェックポイントの紹介 3. IIJmioが考えるサポート基準 4. やっぱりコストパフォーマンス? 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント
  15. 15. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 15 1. IIJmioの基本的な考え方 安心 おかげさまで通信品質満足度 No.1! 安全 快適 安心してご利用いただける端末の販売を心がけています! 端末がしっかりしていないとせっかくの通信品質も台無しに… 端末に満足せずして通信品質に満足なし! だから!
  16. 16. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 16 1. IIJmioの考え方 2. 要チェックポイントの紹介 3. IIJmioが考えるサポート基準 4. やっぱりコストパフォーマンス? 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント
  17. 17. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 17 2. 要チェックポイント(選定の順番) ①スペック ②デザイン ③ブランド ④実機評価 端末を販売開始するまでの全体的な流れ ⑤ターゲット 要チェックポイント 販売戦略企画へ 顧客ニーズ 分析 商談 販売戦略 企画 システム 開発 販売 開始
  18. 18. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 18 2. 要チェックポイントを紹介 ①スペック カテゴリ スマートフォン スマートフォン OS Android 6.0 Android 5.1 メーカー HUAWEI ASUS 端末名 P9 lite ZenFone Go 製品画像 IIJ価格 IIJ売価(税抜) ¥27,800 ¥19,800 本体仕様 CPU Huawei Kirin 650 オクタコア (4×2.0GHz + 4×1.7GHz) Qualcomm® SnapdragonTM 400 (クアッドコアCPU) メモリ 2GB 2GB ストレージ 16GB 16GB ディスプレイ サイズ 5.2インチ 5.5インチ 解像度 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,280 × 720ドット (HD) カメラ アウト 1,300万画素 800万画素 イン 800万画素 500万画素 Band(※) FDD-LTE:B1/3/5/7/8/19/28 W-CDMA:B1/5/6/8/19 LTE:B1/3/5/6/7/8/9/18/19/28/38 W-CDMA: B1/2/5/6/8/19 電池容量 3,000mAh 3,010mAh 連続待受時間 約610時間 約400時間 連続通話時間 約18.9時間(3G) 約960分(3G) 本体サイズ 約72.6(W)×146.8(H)×7.5(D)mm 約76.9mm(W)×約151mm(H)×約 5.2mm~10.7mm(D) SIMサイズ nanoSIM×2(1つはSDカード兼用) Micro SIM×2 ① ② ③ ④ (※)記入スペースの都合でGSMのバンド表記は除いています。2機種ともGSM:850/900/1800/1900MHzに対応しています。 一世代前はBand表記じゃなかったのも懐かしい 最近はBandで表記してくれるメーカーも増えました
  19. 19. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 19 デザイン 三箇条 2. 要チェックポイント ②デザイン+④実機評価 高級感! 持ちやすい!薄い! 第一印象 画面占有率 が高くて GOOD! 写真が綺麗! 指紋センサー GOOD! 持ちやすい グリップ感 質感GOOD! 綺麗・美しい 質感が良い
  20. 20. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 20 実機評価の キーワード 2. 要チェックポイント ⑤ターゲット 高級感 写真が綺麗薄い ターゲットは女性 価格設定 一括 27,800円 みおふぉんとセットで月額2,800円~ もちろん高機能なので 男性にもオススメですよ 第一印象 綺麗・美しい 質感が良い
  21. 21. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 21 1. IIJmioの考え方 2. 要チェックポイントの紹介 3. IIJmioが考えるサポート基準 4. やっぱりコストパフォーマンス? 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント
  22. 22. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 22 なぜ? 3. サポート体制を重視 ・スマートフォンのサポートはすっごく大変(端末やアプリの使い方など幅広い) そのため、敢えて端末メーカーに直接サポートしていただくことで、 クオリティの高いサポートのご提供を実現しています。 また、端末メーカーにサポート面をご協力いただくことでIIJmioとしては、 「迅速な端末採用」、「適正価格でのご提供」を目指しています。 サポート体制 IIJmioコールセンター 端末メーカーコールセンター 端末に関するお問い合わせは端末メーカーコールセンターでの対応をお願いしています。 メーカーのサポートが大事になります! 通信回線でお困りの場合 端末でお困りの場合
  23. 23. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 23 IIJmioが端末を採用する際に気をつけるポイント だから購入後も安心! メーカーのサポート窓口対応 端末補償オプションに対応 ・日本国内に日本語コールセンター(フリーダイヤル)があること ・修理拠点も日本国内にあることが望ましい しっかりと電話窓口でご対応いただけることが条件 しかし、修理はどうしても時間がかかってしまう… そこで! 画面割れ 水濡れ 全損・部分破損まで幅広く補償! ① ② 正規ラインアップでは端末補償に対応いただくことが条件
  24. 24. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 24 更に…(ブランドの補足にもなりますが) Android 6.0(Marshmallow) アップグレードにも積極的! IIJmioが採用したメーカーは 不具合対応や機能アップグレードの対応に積極的! P8 lite GR5 Mate7 最近だと…
  25. 25. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 25 1. IIJmioの考え方 2. 要チェックポイントの紹介 3. IIJmioが考えるサポート基準 4. やっぱりコストパフォーマンス? 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント
  26. 26. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 26 やっぱりコストパフォーマンス? 引用:価格.com SIMフリー端末市場において上位を占めるのは 売価30,000円を切る端末が多い 売価30,000円が1つの基準になっているのは間違いないですが…
  27. 27. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 27 そもそもコストパフォーマンスとは? コストパフォーマンス お客様の買った後の満足度 価格 大 小 端末に対する期待値
  28. 28. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 28 GR5 と arrows M02 で例えると… 言い換えると… コストパフォーマンス=「機能のトレードオフ」 5.5インチ フルHD アウトカメラ 1300万画素 アウトカメラ 810万画素 5.5インチ 防水・防塵 対応 おサイフ対応 指紋認証対応 GR5 arrows M02 34,800円 29,800円 おサイフ +5,000円 防水・防塵 +5,000円 指紋認証 +5,000円 フルHD +5,000円
  29. 29. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 29 だからこそ! 機能のトレードオフがあるからこそ お客様ニーズを考えながら それぞれのターゲット購買層にあわせた ラインアップの提供が重要!
  30. 30. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 30 第1章. SIMフリー端末市場の変化について 第2章. IIJmioが考える端末採用のポイント 第3章. これからのIIJmioが考える品揃え
  31. 31. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 31 最近は高価格帯のスマートフォンも続々と登場 HUAWEI P9 今後は高価格帯のスマートフォンも増えてくるだろう、と予想しています。 ZenFone 3 Delux ??
  32. 32. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 32 今後の取扱いラインアップは? ウェアラブルなど SIMフリースマートフォン以外のカテゴリにも挑戦してみたいと思っています VRヘッドセット 高価格帯 別カテゴリ タブレット Wi-Fiルーター スマートウォッチ など… など… アクセサリー フィルムやケース
  33. 33. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 33 今はまだ妄想の世界ですよ! ウェアラブルなど SIMフリースマートフォン以外のカテゴリにも挑戦してみたいと思っています VRヘッドセット 高価格帯 別カテゴリ タブレット Wi-Fiルーター スマートウォッチ など… など… アクセサリー フィルムやケース 妄 想 の 世 界 妄 想 の 世 界 妄想の 世界
  34. 34. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 34 そんな妄想からオリジナルカラーが誕生! おかげ様で ZenFone 2 Lazer パープルは大好評 オリジナルカラー 日本初メーカー IIJmio Phone !? お買い求めいただき ありがとうございます! 今後もオリジナル端末は挑戦していきたいと思っています! やっぱり最終的には!?
  35. 35. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 35 更にお買い求め安く! 端末のみ販売 +SIMカード +アクセサリーセット +ウェアラブルセット お客様がお買い求めいただきやすい形を常に模索していきます! SIMフリー端末はケースやフィルムが まだまだ数少ないため、作りたいですね まだまだ購入先が少なかったりするので、 IIJmioがお届けするのもありかな
  36. 36. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 36 妄想を現実に! 現 実 へ これからも応援よろしくお願いします! 妄想の世界
  37. 37. © 2016 Internet Initiative Japan Inc. 37 ご静聴いただきありがとうございました。 今後のIIJmioサプライサービスに ご期待ください!

×