201312 scalr[oss] installation_idcf

4,176 views

Published on

2013年12月4日に開催された、クラウドマネージメントツール勉強会 第2回で利用した資料です。
http://kokucheese.com/event/index/128799/

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,176
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,271
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

201312 scalr[oss] installation_idcf

  1. 1. 1 クラウドマネージメントツール勉強会  第2回 SCALR  OSS版のインストール⼿手順のご紹介 株式会社IDCフロンティア 技術開発本部  UX開発部  ソフトウェア開発グループ テクニカル  エバンジェリスト  梶川治彦 Copyright    IDC  Frontier  Inc.    All  rights  reserved.
  2. 2. 22 IDCフロンティアとは ヤフー株式会社100%⼦子会社です! クラウドやってます! CloudStackで動いてます! (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   データセンターやってます!
  3. 3. SCALRとは 33 SCALRはオープンソースのマルチクラウド管理理ツールです。 デザイン プロビジョニング •  サーバテンプレート •  スクリプト作成 運⽤用 •  監視、アラート •  オートスケーリング •  サーバー起動 •  デプロイ マルチクラウド管理理ツールの仲間たち API Amazon  EC2 Google  CE IDC  Fron@er Rackspace     Open  Cloud  (US) Rackspace     Open  Cloud  (UK) Enter  Cloud   Suite   Eucalyptus Nimbula Cloudstack Openstack CloudScaling   OCS Nebula パブリッククラウドもプライベートクラウドも管理理できます! (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  4. 4. SCALRで出来ること 44 ● 数ステップでサイト作成 ● 冗⻑⾧長化やオートスケールが簡単 ● 同⼀一設定のサイトを簡単に構築 ● モニタリングも⾃自動で開始 ● DNSも同時に管理理 ● コンテンツのデプロイ ● 各ポイントでスクリプト実⾏行行 ● その他にも⾊色々あります(PHPMyAdmin,Chef,VM 取り込み) (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  5. 5. SCALRのご紹介資料料 55 実はSCALRのご紹介は前回 やってしまいました。 出来ることのもう少し 詳しい説明は、「クラ ウドマネージメント ツール勉強会  第1回」 でご紹介した資料料がス ライドシェアにありま すので、ご確認くださ い! http://www.slideshare.net/hal-‐‑‒k/scalr-‐‑‒20130404-‐‑‒01 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  6. 6. SCALR  OSS版のインストール⼿手順 66 ということで、 「クラウドマネージメントツールのご紹介」の枠で SCLARの何を紹介しようと思ったのですが、あまり ⽇日本語でまとまった資料料がない「OSS  SCALRのイ ンストール」をご紹介します! なお、SCALRの機能を確認するのが⽬目的であれば、 Hosted版の30⽇日フリー評価版をお勧めします。 ※ これ以降降は後で⾒見見返して、使えるように内容細かいです。⽂文字ばっかです。 ゴメンナサイ!! (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  7. 7. OSS版インストールドキュメント 77 ⼀一昔前は殆ど参考にならなかったのですが、今はWikiに⼤大体書いてあ ります。 ●  http://wiki.scalr.com/display/docs/Open-‐‑‒Source+Installation ⼀一部は新しくなっていたり、⼀一部は古いままだったり、不不親切切だった りはしますが、結構参考になります。 今回はこちらのドキュメントをベースに「CentOS  6.4へ SCALR-‐‑‒4.4.0-‐‑‒RELEASE」をインストールする⼿手順をご紹介します。 ※  SCALR-‐‑‒4.4.0-‐‑‒RELEASEは2013/12時点で最新ですが、Hosted版SCLARとは⼀一 部機能に差があります。これはHosted版で新機能が実装され、後にOSS版へ反 映される為です。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  8. 8. CentOS  6.4  +  EPEL  +  REMI 88 CentOS  は6.4をMinimal  Install  +  最新Updater  +  SELinux  Disable,  iptables   offでの場合を想定しています。セキュリティが気になる場合は、別途ご⾃自⾝身でご対 応をお願いします。 SCLAR-‐‑‒4.4.0はphp-‐‑‒5.4以降降が推奨されています。5.3.16以降降であれば動くよう ですが、CentOS付属のphpは5.3.3の為ちょっとよろしくありません。(⼀一応5.3.3 でも動きましたが、全部ちゃんと動くか確認していません。) 今回は、REMIリポジトリからphp-‐‑‒5.4系のインストールを⾏行行います。(確認して いませんが、最近ベータリリースされているSoftware  Collections  for  CentOSで も良良いかもしれませんが、phpのモジュールがいくつか⾜足りないと思います。) ▶ CentOS6.4 Minimal Install、最新Updater適用までは頑張って入れてください。 # yum -y localinstall http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm # yum -y localinstall http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm # vi /etc/yum.repos.d/remi.repo ------------------------------------ [remi] enabled=1 ------------------------------------ # yum -y update ※ REMIレポジトリはEPELレポジトリに依存しています。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  9. 9. Apache,  PHPのインストールと設定 99 SCALRは基本的にPHPで書かれています。ソースを覗くと分かりますが、⼀一部 shot_̲tag形式(<?phpではなく<?で記載する)で記載されているため、php.iniで short_̲open_̲tagを有効にする必要があります。また、⼀一部cronで起動させるphp 製のツールがあるのですが、timezoneを設定していないとWarningが⼤大量量に表⽰示 されてしまうため、timezoneも合わせて設定しましょう。 また、SCLARはSSH秘密鍵のやり取りがブラウザ上で発⽣生するため、HTTPSを 使うようにしましょう。 # yum -y install httpd mod_ssl # yum -y install php php-cli php-common php-mcrypt php-mysql php-pdo php-process php-snmp php-soap php-xml # yum -y install php-pecl-http1 php-pecl-rrd php-pecl-ssh2 php-pecl-yaml # vi /etc/php.ini ------------------------------------ [PHP] short_open_tag = On [Date] date.timezone = Asia/Tokyo ------------------------------------ 次ページヘつづく。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  10. 10. Apache,  PHPのインストールと設定 # mv /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.origin # vi /etc/httpd/conf.d/scalr.conf ------------------------------------------------------------------------------- LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so Listen 443 <VirtualHost *:443> SSLEngine on SSLProtocol all -SSLv2 SSLCipherSuite ALL:!ADH:!EXPORT:!SSLv2:RC4+RSA:+HIGH:+MEDIUM:+LOW SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/localhost.crt SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/private/localhost.key #SSLCertificateChainFile /etc/pki/tls/certs/server-chain.crt #SSLCACertificateFile /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt ErrorLog /var/log/httpd/scalr-error.log CustomLog /var/log/httpd/scalr-access.log combined DocumentRoot /var/www/scalr/app/www <Directory /var/www/scalr/app/www> Options -Indexes FollowSymLinks MultiViews AllowOverride All </Directory> </VirtualHost> ------------------------------------------------------------------------------- # service httpd restart (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   10 10
  11. 11. rrdtoolのインストール 11 11 SCALR-‐‑‒4.4.0はrrdtoolのrrdcache,pythonモジュールを利利⽤用します。CentOSに 付属のrrdtoolはバージョンが古く、rrdcacheが付属しません。 ここでは、rrdtool-‐‑‒1.4.8をソースからインストールしていきます。 # yum -y install wget gcc make libxml2-devel glib2-devel cairo-devel pango-devel python-devel # wget http://oss.oetiker.ch/rrdtool/pub/rrdtool-1.4.8.tar.gz # tar zxvf rrdtool-1.4.8.tar.gz # cd rrdtool-1.4.8 # ./configure --prefix=/usr/local/rrdtool-1.4.8 --disable-lua --disable-perl --enable-python --disable-ruby --disable-tcl # make # make install # ln -s /usr/local/rrdtool-1.4.8/lib64/python2.6/site-packages/py_rrdtool-0.2.2-py2.6.egginfo /usr/lib64/python2.6/site-packages/ # ln -s /usr/local/rrdtool-1.4.8/lib64/python2.6/site-packages/rrdtoolmodule.so /usr/lib64/ python2.6/site-packages/ ※ /usr/local/rrtool-1.4.8配下へインストールされます。pythonモジュールはリンクを作る形で。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  12. 12. SCALRのインストールと環境の確認 12 12 OSS版SCALRはgithubで公開されています。gitで取ってきて、ウェブ公開ディ レクトリへデプロイしましょう。 # yum -y install git # git clone -b 4.4.0-RELEASE git://github.com/Scalr/scalr.git /var/www/scalr # cp /var/www/scalr/app/etc/config.yml-sample /var/www/scalr/app/etc/config.yml # php /var/www/scalr/app/www/testenvironment.php ------------------------------------------------------------------------ Congratulations, your environment settings match Scalr requirements! ------------------------------------------------------------------------ ※  SCALRに必要な環境設定がうまくできていれば、上記のメッセージが表示されます。もし、Errorなど が出る場合は、メッセージにしたがって足りない物を追加で設定してください。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  13. 13. SCALRのPythonコードのインストール 13 13 SCALRはcronから起動される⼀一部のツールがPythonで記述されています。これ は4.4.0からで、以前はすべてphpで記述されていました。4.4.0でもcronから起動 されるツールの⼤大部分はphpで記述されていますが、もしかするとこれらも今後は pythonで置換えられていくのかもしれません。 # cd /var/www/scalr/app/python/ # vi setup.py ------------------------------------ このsetup.pyで動作に必要ないくつかのrpmがインストールされるようになっています。 rrdtool-pythonがインストールされないように29行目(system_requires.append(‘rrdtool-python’)) を削除してください。 ※  rrdtoolのpythonモジュールは、rrdtoolをインストールした際に一緒にインストールされています。 ------------------------------------ # yum -y install libyaml-devel # python setup.py install (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  14. 14. SCALR  コードの修正(IDCFクラウド利利⽤用時) 14 14 SCLARへIDCFクラウドを登録する際に、デフォルトで表⽰示されているエンドポ イントが間違っていますので、修正をお願いしますm(_̲_̲)m # vi /var/www/scalr/app/www/ui2/js/ui/account2/environments/platform/cloudstack.js ------------------------------------------------------------------------ 131行目の「https://apis.i.noahcloud.jp/portal/client/api」を修正します。 if (moduleParams['platform'] == 'idcf' && !params['api_url']) { var apiUrl = form.down('[name="api_url"]') apiUrl.setValue('https://api.noahcloud.jp/portal/client/api'); //apiUrl.setReadOnly(true); } ------------------------------------------------------------------------ (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  15. 15. MySQLのインストールと設定、SCALR⽤用DBの作成 15 15 SCLARはバックエンドにMySQLを利利⽤用します。 # yum -y install mysql-server # service mysqld start # mysql_secure_installation <= rootのパスワード設定以外はデフォルト指定でOK # mysql -u root -p -e "create database scalr" <= scalr用のDatabaseを作成(例ではscalr) # mysql -u root -p -e "grant all privileges on scalr.* to 'scalr'@'localhost' identified by 'sc@lrpass'" <= scalr用のユーザとパスワードを設定。(例ではユーザ名scalr、パスワードをsc@lrpass) # mysql -u root -p scalr < /var/www/scalr/sql/structure.sql <= scalr用のTable作成 # mysql -u root -p scalr < /var/www/scalr/sql/data.sql <= 初期データの作成 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  16. 16. SCALRの設定 16 16 SCALRの設定ファイルは、基本的には「/var/www/scalr/app/etc/ config.yml」です。 今回はconfig.ymlしか触りませんが、場合によっては「/var/www/scalr/app/ src/structs/struct.CONFIG.php」も変更更する必要があるかもしれませんので、覚 えておきましょう。(struct.CONFIG.phpはconfig.ymlへ巻き取られる予定のよう です。) # vi /var/www/scalr/app/etc/config.yml ------------------------------------------------------------------------ scalr: connections: mysql: &connections_mysql host: 'localhost' <= MySQLサーバの指定 port: ~ name: scalr <= 先ほど作成した、MySQLのSCALR用データベース名の指定 user: scalr <= 先ほど作成した、MySQLのSCALR用ユーザ名の指定 pass: 'sc@lrpass' <= 先ほど作成した、MySQLのscalrユーザのパスワードを指定 endpoint: scheme: https <= httpsで運用するため、httpsを指定します。 host: 'xxx.xxx.xxx.xxx' <= URLかグローバルIPを記載します。(外部からアクセス可能なIP) 次ページヘつづく。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  17. 17. SCALRの設定 dns: global: default_domain_name: ‘scalr.example.jp’ <= autogenerate domainの指定します。 msg_sender: log_file: "/var/log/scalr/scalr.messaging.log" stats_poller: rrd_db_dir: '/var/lib/scalr/rrd_db' <= rrdtoolのDB保存先の指定 images_path: '/var/www/scalr/app/www/graphics' <= statsグラフの保存先 graphics_url: 'https://xxx.xxx.xxx.xxx/graphics' <= stats用のURLかグローバルIPを記載します。 log_file: '/var/log/scalr/scalr.stats-poller.log' ※  こちらの設定内容は変更箇所のみの抜粋です。 ------------------------------------------------------------------------ # mkdir /var/www/scalr/app/www/graphics # chown -R apache:apache /var/www/scalr/app/cache /var/www/scalr/app/www/graphics (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   17 17
  18. 18. rrdcacheの設定と起動 18 18 後ほどcronで設定するツールが、各仮想マシンのパフォーマンスデータを取得し、 rrdcacheへ渡してrrdtoolのDBへデータを書き込みます。よって、rrdcacheを起動 しておく必要があります。 # mkdir -p /var/lib/scalr/rrd_db # mkdir -p /var/lib/scalr/rrdcached/journal # /usr/local/rrdtool-1.4.8/bin/rrdcached -t 5 -w 120 -j /var/lib/scalr/rrdcached/journal -F l unix:/var/run/rrdcached.sock -p /var/run/rrdcached.pid ※  ここではrrdcacheを手動で起動しいますが、サーバ起動時に起動するようにしておくとよいでしょう。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  19. 19. bindの設定 19 19 SCALRはDNSの管理理もできます。OSS版ではbindを想定していますので、bind も⼊入れておきましょう。(ちゃんと調べてませんが、bind以外のdnsも想定されているみた い。Hosted版は違うの使っているのかな・・・。) ※  実はDNSをちゃんと動かすにはこの設定だけでは不不⼗十分です。この設定はエラーにならな い程度度の設定です。外部からきちんと参照できるようにするには、それなりの設定を⾏行行っ てください。(⻑⾧長くなってしまいそうなので省省略略と⾔言う形の省省略略です。ゴメンナサイ。ちなみに、 場合によってはコードの修正が必要です。allow-‐‑‒queryとか⼀一緒に吐き出すようにしないといけない かも。bindの設定次第かも知れないですが、調べきれていないです。SOAレコードにも ns1.scalr.netなどとベタ書きされてしまうようなので、コレも何とかしないといけないですね。) # yum -y install bind # mkdir -p /var/named/etc/namedb/client_zones # echo "# for scalr" > /var/named/etc/namedb/client_zones/zones.include # echo 'include "/var/named/etc/namedb/client_zones/zones.include";' >> /etc/named.conf # service named restart (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  20. 20. cronの設定 20 20 SCALRはWebでの設定や指⽰示した内容は、⼀一旦MySQLへ記録されます。これら をcronから起動されるツールが読み取り、実際の処理理を実⾏行行します。 # mkdir /var/log/scalr # vi /etc/cron.d/scalr ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ * * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --Scheduler >> /var/log/scalr/scheduler.log 2>&1 * * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --DBQueueEvent >> /var/log/scalr/dbqueueevent.log 2>&1 * * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --DNSManagerPoll >> /var/log/scalr/dnsmanagerpoll.log 2>&1 */2 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --SzrMessaging >> /var/log/scalr/szrmessaging.log 2>&1 */2 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --BundleTasksManager >> /var/log/scalr/bundletasksmanager.log 2>&1 */2 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --EBSManager >> /var/log/scalr/ebsmanager.log 2>&1 */5 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --UsageStatsPoller >> /var/log/scalr/usagestatspoller.log 2>&1 */10 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --MySQLMaintenance >> /var/log/scalr/mysqlmaintenance.log 2>&1 */20 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --RolesQueue >> /var/log/scalr/rolesqueue.log 2>&1 17 5 * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron/cron.php --RotateLogs >> /var/log/scalr/rotatelogs.log 2>&1 */2 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron-ng/cron.php --DeployManager >> /var/log/scalr/deploymanager.log 2>&1 */2 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron-ng/cron.php --Poller >> /var/log/scalr/poller.log 2>&1 */2 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron-ng/cron.php --Scaling >> /var/log/scalr/scaling.log 2>&1 */5 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron-ng/cron.php --DbMsrMaintenance >> /var/log/scalr/dbmsrmaintenance.log 2>&1 */15 * * * * root /usr/bin/php -q /var/www/scalr/app/cron-ng/cron.php --MetricCheck >> /var/log/scalr/metriccheck.log 2>&1 */5 * * * * root /usr/bin/python -m scalrpy.stats_poller -c /var/www/scalr/app/etc/config.yml -i 120 --start >> /var/log/scalr/stats_poller.log 2>&1 */5 * * * * root /usr/bin/python -m scalrpy.messaging -c /var/www/scalr/app/etc/config.yml --start >> /var/log/scalr/messaging.log 2>&1 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ ※ cronの設定ですが、コレで全部かちょっと怪しいです。ドキュメントには、cron.phpの別オプションの物が2つほど多く記載されていた り、cron.phpを覗いてみると、他にも指定できるものがあったり・・・。これだけでは足りないのかも・・・。調べきれてません。誰か 調べて・・・。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  21. 21. Shared  Roleの追加 21 21 これまでの設定で、ひと通り設定は完了了なのですが、この段階ではRoleが⼀一つも 無い状態です。OSS版のSCALRには、Hosted  SCALRのShared  Roleと同期して、 Shared  Roleを登録してくれる機能があります。ただし、同期するためには、 SCALR社が管理理するアップデートサーバへの登録が必要です。 下記のフォームから登録を依頼するか「update_̲server@scalr.com」へメールで依頼します。 -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒ https://scalr.wufoo.com/forms/update-‐‑‒server-‐‑‒whitelist/ -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒ 登録には、⽴立立ち上げたSCALRの「/var/www/scalr/app/etc/id」の情報が必要になります。 登録は1⽇日から2⽇日程度度で登録されるようです。 登録できたら、下記を実⾏行行しSyncしてください。 -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒ #  php  /var/www/scalr/app/tools/sync_̲shared_̲roles.php -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒ なお、登録が完了了していない場合は下記のメッセージが表⽰示されSyncできません。 Unable  to  import  shared  roles:  Unrecognized  setup:  update  denied.  Please  use  this  form  https:// scalr.wufoo.com/forms/update-‐‑‒server-‐‑‒whitelist/  to  be  whitelisted. ※  Shared  Roleを登録しない場合、1つもRoleが無いことになります。この場合、⾃自分でRoleを作成する必要がありま す。(「Role  Builder」か「Create  role  from  non-‐‑‒Scalr  server」で作成することが出来ます。「Role  Builder」の ⽅方は、実際に試していないので出来るか分かりませんが・・・。) (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  22. 22. インストール後の初期設定 ブラウザでアクセスしてみましょう! https://xxx.xxx.xxx.xxx/ ログイン画⾯面が表⽰示されましたか?SCALRの管理理者アカウントは、 Email:  admin Password:  admin が初期値となっていますので、早速ログインしましょう。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   22 22
  23. 23. インストール後の初期設定 まずはAdminのパスワード変更更を実施しましょう。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   23 23
  24. 24. インストール後の初期設定 ⼀一般ユーザの作成をしましょう。 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   24 24
  25. 25. 使ってみよう! 25 25 作成した⼀一般ユーザでログインすれば、いつものSCALRと同じです! これ以降降は「Scalr  hands  on  (第3回SCALR勉強会で利利⽤用、第1回資料料の 新版)」などをご参照ください。 http://www.slideshare.net/hal-‐‑‒k/scalr-‐‑‒hands-‐‑‒on-‐‑‒2013092001 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  26. 26. OSS  SCALRの制限事項 26 26 ●  SCALR社によるサポートありません。 ●  Hosted版  SCALRとほぼ同じ機能ですが、SCALR-‐‑‒4.4.0-‐‑‒ RELEASE以降降にHosted版へ新規に追加された機能は使え ません。(次期OSS版に追加されるはず。) ●  今回の設定では、BINDの設定が中途半端です。 ●  MySQL等のConnection  Endpointが利利⽤用できません。            (DNSがまともに動いていれば、DNS側の機能で代替可能。) ●  phpMyAdminが使えません。(認証の連携等をしているの ですが調べきれておらず、どのように設定等するのか不不 明です。誰か調べてみませんか?) (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  
  27. 27. IDCFクラウド上に⽴立立ち上げる場合の注意事項 27 27 IDCFクラウド内のインスタンスにSCALRをインストールして、IDCFクラウドの 仮想マシンを管理理する場合、SCALRをインストールしたIDCFアカウントと、同⼀一 アカウント内、同⼀一ゾーンの仮想マシンは管理理できません。      IDCFアカウント-‐‑‒A 東京ゾーン OSS  SCALR      IDCFアカウント-‐‑‒B ⽩白河ゾーン 管理理不不可 東京ゾーン 管理理可能 SCALR管理理VM SCALR管理理VM SCALR管理理VM SCALR管理理VM SCALR管理理外VM SCALR管理理外VM (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.   ⽩白河ゾーン 管理理可能 管理理可能 SCALR管理理VM SCALR管理理VM SCALR管理理VM SCALR管理理VM SCALR管理理外VM SCALR管理理外VM
  28. 28. 28 28 (C)  IDC  Frontier  Inc.  All  Rights  Reserved.  

×