Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Hyperledger Projectの概要

4,382 views

Published on

日立製作所 長稔也様 (Hyperledgerプロジェクト ボードメンバー)
第1回Hyperledger Tokyo Meetup 2017年3月16日講演

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Hyperledger Projectの概要

  1. 1. Hyperledger Projectの概要 株式会社 日立製作所 金融イノベーション推進センタ長 兼 Governing Board Member, Hyperledger Project 長 稔也 2017/3/16
  2. 2. オープン・ソース: 汎業種でのブロックチェーン 技術の高度化を進める共同 プロジェクト 主催: The Linux Foundation ® が 主催するプロジェクトとして、 過 去 最 高 の ペ ー ス で 規 模 を 拡大中 グローバルでの協創: 金 融 、 IoT 、 サ プ ラ イ チ ェ ー ン 、 製 造 、 IT 等 の 分野から幅広い企業が参画 Hyperledger Projectについて 2
  3. 3. Hyperledger Projectの目的 ビジネス・ユースのブロックチェーン技術を用いたシステム構築を目的として、 オープン・ソース・チームによる多様なアプローチを実践。 3 中立的でオープン なコミュニティ 開発による インフラ提供 技術コミュニティ の組成 社会の啓発 コミュニティの プロモーション 企業レベルで利用 可能なオープン・ ソースによる分散 元帳フレーム ワークとコード・ ベースの生成 ビジネス取引の サポート 技術面、ビジネス面 からのガバナンスの 維持 ブロックチェーン/ 分散元帳の実証実験 から、ユース ケース、 トライアル、実装 まで ブロックチェーン 技術を利用した市場 機会の訴求 多数のプラット フォーム、フレーム ワークとの連動を 図るツールキット・ アプローチ
  4. 4. Hyperledgerのアンブレラ・アプローチ 4 Explorer Cello Fabric Iroha Sawtooth Lake HyperledgerCloudFoundry Node.js Open Container Initiative インフラ 技術、法務、組織、 マーケティング オープン開発と商用化を 加速するエコシステム フレームワーク 様々な業種からのコミュニティ参加者に よる、ビジネス向けブロックェーン・ フレームワーク形成のためのアプローチ モジュール 通常、特定フレームワークでの開発を行い、 共通ライセンスとコミュニティ・アプローチ により、その他のフレームワークへ ポーティング
  5. 5. ブロックチェーンの適用領域 ブロックチェーンにより、同一、共通、真正なソースを利用して、複数の参加 者がセキュアに連携されるという特性を活かし、さまざまな分野への適用が 期待されています。 5 ➢ 決済の合理化 ➢ 流動性の向上 ➢ 透明性の向上 ➢ 新商品、新市場への対応 金融 ➢ 煩雑な業務処理の統合 ➢ データフロー及び流動性 の向上 ➢ コスト削減 ➢ 患者の経験価値の向上 ヘルスケア ➢ 部品、サービスのトレース ➢ 商品の真正性の確保 ➢ 偽造防止 ➢ 利害対立の低減 サプライ・チェーン
  6. 6. Hyperledgerのブロックチェーン・フレームワーク 6 ブロックチェーン関連のインキュベーション・プロジェクト、サブ・プロジェクトについては下記URL参照願います。 www.hyperledger.org/community/projects 1 Fabric: コンセンサス、メンバシップ・サービス等のコンポーネントの利用を 可能とするモジュラー型アーキテクチャ及びプラグ&プレイとしての特徴を有する、 アプリケーション/ソリューション開発の基盤技術 Iroha: 分散元帳技術を必要とするインフラ・プロジェクトへのシンプルかつ容易 な導入を目的とする 2 Sawtooth Lake: IoTから金融分野等への幅広い領域への適用と多様な要件へ の対応の可能性を有し、パーミッション型、パーミッションレス型の双方に対応 3
  7. 7. Hyperledgerの技術スコープ スコープ外 カスタム・アプリケーション アプリケーション層 スコープ内 APIライブラリ及びGUI 専用コンセンサス・アルゴリズム メンバシップ・ポリシー ゲートウェイ オペレーション・ダッシュボード 付加価値システム コアAPI コアAPI コード実行環境 元帳データ構造 モジュラー・コンセンサス・ フレームワーク モジュラー・アイデンティティ・ サービス ネットワーク・ピア 共有元帳 7
  8. 8. 理事会とTechnical Steering Committeeの位置づけ 8 理事会(Governing Board) Hyperledgerのプレミア・メンバ各社 から選任された投票権を有する理事に より構成される。理事会は、TSC及び マーケティング委員会委員長も参加して 開催され、下記の役割を果たす。 ➢ 予算の承認 ➢ 理事長の選任、予算案に基づく支出 の承認及び通常業務の管理 ➢ 各 プ ロ ジ ェ ク ト の ビ ジ ネ ス 及 び マーケティング活動の管掌 毎月第3月曜日、米国東部標準時9:00 ~10:00AMで電話会議を開催。 Technical Steering Committee (TSC) TSC は 、 プ ロ ジ ェ ク ト の 技 術 的 な ガバナンスの核として、プロジェクトに 提案されたコード・ベースのレビュー 及び承認を行う。 委員会メンバは委員長の選出、指名を 毎年行う。 毎週木曜日、米国東部標準時10:00~ 11:30 AMで電話会議を開催。 TSC電 話会 議へ の 参加 及 びメ ー リン グ・ リ ス ト へ の 登 録 に つ い て は : https://lists.hyperledger.org/mailman/listi nfo/hyperledger-tsc
  9. 9. コミュニティ・ワーキング・グループ ワーキング・グループへの参加は自由です。 中国テクニカル・ ワーキング・グループ 要件定義 ワーキング・グループ アイデンティティ・ ワーキング・グループ アーキテクチャ・ ワーキング・グループ ホワイト・ペーパー・ ワーキング・グループ ブロックチェーン・ プロトコル・ ワーキング・グループ 9
  10. 10. コミュニティとエコシステムへの取り組み 10  様々な業種イベントにおける展示 と講演  2016/12:Hyperledger Member Summit開催(@NYC)  Hyperledgerに関する情報発信と 啓発のために、ジャーナリスト、 アナリストと活発に交流 hyperledger.org/news  Technical Steering Committeeは 定期的にオンライン及び フェース・トゥ・フェースでの ハッカソンを 開催。技術イベント に関するメーリング・リストへの 登録は下記から可能: hyperledger.org/community
  11. 11. Hyperledger関連のミートアップ開催実績 11 Hyperledger Meetups(2017/1現在) 38回のミートアップにおいて、8,600名+の参加者
  12. 12. Hyperledger Premier Member 12(2017年2月現在)
  13. 13. Hyperledger General Members 13(2017年1月現在)
  14. 14. Hyperledger General Members (続) 14(2017年1月現在)
  15. 15. Hyperledger Associate Members 15(2017年2月現在)
  16. 16. 今すぐご参加を! ビジネスへの長期的な基盤技術の適用に。 ブロックチェーンにおけるリーダーシップの 訴求に。 ブロックチェーン分野のリーディング企業との 協創によるHyperledgerの開発と促進に。 URL:hyperledger.org/about/join E-mail info@hyperledger.org.

×