Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20210118 holo lensmeetupvol24_lt_holomon

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
Xrdp
Xrdp
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 10 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 20210118 holo lensmeetupvol24_lt_holomon (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Advertisement

20210118 holo lensmeetupvol24_lt_holomon

  1. 1. 2021/01/18 ホロモン
  2. 2. ・ポリゴンの編集や アニメーションの動作など 編集内容がリアルタイムに 現実空間に表示される ・ディスプレイだと分かり辛い 3Dモデルを見まわしたり 手に取ってチェックできる
  3. 3. 今回利用したのは以下のソフト。 ・Blender(3Dモデリング) ・MeshSync(Blender/Unityの連携アドオン) ・Unity(HoloLensへの映像出力とフィードバック) ・Holographic Remoting Player(HoloLensの投影アプリ)
  4. 4. 全体の繋がりはこんな感じ。 パソコン HoloLens2 Blender Unity Remoting Player MeshSync
  5. 5. ・DCC(Digital Content Creation) ツール上の 3Dモデルの編集をリアルタイムに Unity に反映させる ・Blenderにも対応
  6. 6. ・Wi-Fi接続を使用して、アプリケーションをPCから HoloLensにリアルタイムでストリーミングする ・Unityでは以下のいずれかのプラグインで接続できる - VirtualRealitySDKs(WindowsMixedReality) - Windows XR Plugin - Mixed Reality OpenXR
  7. 7. ・MeshSync は UWP プラットフォーム指定時には動かない ・VirtualRealitySDKs(WindowsMixedReality)は UWP プラットフォーム指定時のみ利用可能なため、 リモート接続には Windows XR Plugin または Mixed Reality OpenXR を利用する必要がある ・上記のリモート接続で、ヘッドトラッキングと ハンドトラッキングを利用する場合は プロジェクトにMRTKの対応プロファイルを設定する
  8. 8. ・BlenderでのMeshSyncの利用例はこちら。 https://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2020/11/18/231857 https://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2020/11/19/175743 ・ Windows XR Plugin または Mixed Reality OpenXRd での Remoting Player の利用手順はこちら。 https://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2020/12/30/210543 https://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2021/01/06/030009
  9. 9. ・あくまで編集作業は PC の Blender 画面で行う (HoloLens2でポリゴンを掴んで編集などはできない) ・MeshSyncの連携にも幾つか制約があるので 複雑な情報を持つモデリングは自由にできない
  10. 10. ホロモン Twitter:@HoloAdventure ・デジモン大好き! ・HoloLens2大好き! ・3Dモデリング大好き! ブログ書いてます https://bluebirdofoz.hatenablog.com/

×