Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Backup Execに
Storage Gateway VTLを繋いでみた
第1.1版
2016年12月08日
AWS - Windows Users Meetup #1
S3と
目次
自己紹介
Re:Inventがありました
Backup Execについて
Amazon S3にバックアップをとろう
Storage Gateway VTL概要
Storage Gateway VTLの設定
Storage Gateway ...
自己紹介(1)
みなさまの心の声が聞こえます…
自己紹介(2)
C:¥>whoami
► 名前:⻑浜 均 (ながはま ひとし)
► 業務:オンプレ限定インフラエンジニア 12年目
– Windows Server, バックアップ, ストレージ, Linux etc…
► 会社名:メーカー系S...
re:Inventがありました
re:InventのMicrosoft関連発表について(1)
► Windows Server 2003がまだ使える(セッションNo.WIN301)
やめてー!インターネットには繋がないで!!(個人的な叫び)
Re:Inventがありました
re:InventのMicrosoft関連発表について(2)
► Azureはありません
Backup Execについて
Windowsで動作するバックアップソフトウェア
► 直感的に操作しやすい
► NTバックアップはBackup Execの簡易版
► Amazon S3のバックアップに対応
► Storage Gateway V...
Amazon S3にバックアップをとろう(1)
環境
► 社内環境ではバックアップできなかった(理由は後述)ため、仮想マシンに
Backup Execをインストール
► EC2だと繋がって当たり前に⾒えるため、Azureに仮想マシンを作りました...
Amazon S3にバックアップをとろう(2)
Amazon S3の接続は簡単
► IAMからユーザのクレデンシャルファイルをダウンロード
Amazon S3にバックアップをとろう(3)
Amazon S3の接続は簡単
► クレデンシャルファイルの情報でアカウントを作成
► 次の画面でバックアップするバケット名を指定するだけ
► 「サーバー名」はマニュアルに載ってないけど、ヘルプフ...
Amazon S3にバックアップをとろう(4)
Amazon S3の接続は簡単
► ストレージの設定は完了!あとはここをバックアップ先に指定してバックアップするだけ!!
► 直接S3へ保存することもできますが、クラウドストレージは2次バックアッ...
Amazon S3にバックアップをとろう(5)
ジョブの作成も簡単
► 重複排除ストレージ(ローカルディスク)に保存して、
2次バックアップを複製でS3へ保存!かっこいい!!
Amazon S3にバックアップをとろう(6)
ところが落とし⽳があって…
► Webに接続するためにプロキシを利⽤している環境では
Backup Exec ←→ Amanzon S3 へ通信ができず、ストレージが
設定できない!!
2016年...
Storage Gateway VTL概要(1)
Storage Gateway VTLとは?
► AWSからマシンイメージをダウンロードしてプライベートクラウド(Hyper-V or ESX)に
展開。または、MarketplaceよりEC2...
Storage Gateway VTL概要(2)
オンプレミスで仮想テープ装置を作成すると…
► HPE StoreOnce 5100 48TB System
+ HPE StoreOnce 5100 48TB 容量拡張キット x5 式
► 2...
どんな場面で有用か?
► テープ運⽤のマニュアルから離れられない
► どのデータがどこに保存されているか、明示的にする必要がある
► 物理テープ装置だと運用コストが高い!
Storage Gateway VTLを使ってみよう(3)
Storage Gateway VTLの設定(1)
作成した仮想マシンのIPアドレスを⼊⼒して、アクティベーション
► 固定IPを指定しないと、IPが変わったら再起動したら再設定
仮想テープの情報も全て消えるため、固定IPは必要
► EC2では...
Storage Gateway VTLの設定(2)
名前をタイムゾーンを選定すればゲートウェイの作成は完了
► キャッシュ⽤のストレージの割り当てと、テープを作成すれば利⽤可能
► バックアップサーバからはiSCSIストレージとして接続します
Storage Gateway VTLの設定(3)
ローカルディスクの設定をすれば作成は完了
► EC2 インスタンスタイプによってはローカルディスクが2つ以下のものがあるため、
2つ以上になるようにディスクを追加する。
► 安いインスタンスを...
Storage Gateway VTLの設定(4)
あとは物理のテープ装置と同じように使うだけ!
Storage Gateway VTLの利⽤(1)
初回のバックアップは上手く動作したものの…
► 実際のバックアップデータよりもテープの使⽤容量が多い
► その後、インベントリ(メディアの確認)が終了せず、バックアップジョブが開始しない
► ...
Storage Gateway VTLの利⽤(2)
2ヶ月の請求が$119.05になりました(自腹!!)
まとめ(1)
バックアップソフトウェア側にAmazon S3の接続が用意されているため、
簡単にバックアップ先にできる
テープ運⽤から離れられないお客様にはStorage Gateway VTLが提案
できる
でも、業務時間外に自腹で検証するに...
まとめ(2)
Developerサポートプランに自腹で加入(more 自腹!!!)
► またお⾦が⾶んでいく…
おまけ(1)
Backup ExecからAzureにバックアップしてみたくて、最新版をインストール
► 最新Backup Exec16からAzureも保存できるようになったそうで
► 特定のHotfixが適⽤されていると起動できない。という不具...
おまけ(2)
Azureでストレージアカウントを作成してキーをコピー
おまけ(3)
選べるようになってる!果たしてその結果は…?
おまけ(4)
“対象外”のため
どこかのAzureのイベントでLTやります!!
ご清聴、ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Backup ExecにS3とStorage Gateway VTLを繋いでみた

1,458 views

Published on

2016/12/08
AWS - Windows Users Meetup #1
https://awswinuser.connpass.com/event/43517/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Backup ExecにS3とStorage Gateway VTLを繋いでみた

  1. 1. Backup Execに Storage Gateway VTLを繋いでみた 第1.1版 2016年12月08日 AWS - Windows Users Meetup #1 S3と
  2. 2. 目次 自己紹介 Re:Inventがありました Backup Execについて Amazon S3にバックアップをとろう Storage Gateway VTL概要 Storage Gateway VTLの設定 Storage Gateway VTLの利⽤ まとめ おまけ
  3. 3. 自己紹介(1) みなさまの心の声が聞こえます…
  4. 4. 自己紹介(2) C:¥>whoami ► 名前:⻑浜 均 (ながはま ひとし) ► 業務:オンプレ限定インフラエンジニア 12年目 – Windows Server, バックアップ, ストレージ, Linux etc… ► 会社名:メーカー系SIer ► スマホ:Windows 10 Mobile ► AWS歴:半年 ► 好きなAWSのサービス ► 出現率の⾼いJAWS-UG アーキテクチャ専門支部も ► LTはようやく6回目 – 第1回はここでした AWS Direct Connect AWS Storage Gateway JAWS-UG CLI専門支部
  5. 5. re:Inventがありました re:InventのMicrosoft関連発表について(1) ► Windows Server 2003がまだ使える(セッションNo.WIN301) やめてー!インターネットには繋がないで!!(個人的な叫び)
  6. 6. Re:Inventがありました re:InventのMicrosoft関連発表について(2) ► Azureはありません
  7. 7. Backup Execについて Windowsで動作するバックアップソフトウェア ► 直感的に操作しやすい ► NTバックアップはBackup Execの簡易版 ► Amazon S3のバックアップに対応 ► Storage Gateway VTLの利⽤に対応
  8. 8. Amazon S3にバックアップをとろう(1) 環境 ► 社内環境ではバックアップできなかった(理由は後述)ため、仮想マシンに Backup Execをインストール ► EC2だと繋がって当たり前に⾒えるため、Azureに仮想マシンを作りました ► 国境もまたいでみました ► Azureの⽅は無料枠が残ってた(本音)
  9. 9. Amazon S3にバックアップをとろう(2) Amazon S3の接続は簡単 ► IAMからユーザのクレデンシャルファイルをダウンロード
  10. 10. Amazon S3にバックアップをとろう(3) Amazon S3の接続は簡単 ► クレデンシャルファイルの情報でアカウントを作成 ► 次の画面でバックアップするバケット名を指定するだけ ► 「サーバー名」はマニュアルに載ってないけど、ヘルプファイルやWebに載ってました
  11. 11. Amazon S3にバックアップをとろう(4) Amazon S3の接続は簡単 ► ストレージの設定は完了!あとはここをバックアップ先に指定してバックアップするだけ!! ► 直接S3へ保存することもできますが、クラウドストレージは2次バックアップだよね
  12. 12. Amazon S3にバックアップをとろう(5) ジョブの作成も簡単 ► 重複排除ストレージ(ローカルディスク)に保存して、 2次バックアップを複製でS3へ保存!かっこいい!!
  13. 13. Amazon S3にバックアップをとろう(6) ところが落とし⽳があって… ► Webに接続するためにプロキシを利⽤している環境では Backup Exec ←→ Amanzon S3 へ通信ができず、ストレージが 設定できない!! 2016年12月8日時点で未解決 ► ブラウザからはAmazon S3に繋がるのに ► Backup ExecはLive Update(http/https通信)できるのに ► Backup ExecとAmazon S3の通信だけできません ► このためAzure仮想マシンから検証しました マルチパートアップデートにも対応していません ► クラウドストレージへ保存するデータの大きさは5GB以下にしましょう 初期設定は50GBです ディスクバックアップだけど「重複排除オプション」に対応していません ► 複製のときは元の大きさに戻してからS3へバックアップします ► バックアップ設計には注意
  14. 14. Storage Gateway VTL概要(1) Storage Gateway VTLとは? ► AWSからマシンイメージをダウンロードしてプライベートクラウド(Hyper-V or ESX)に 展開。または、MarketplaceよりEC2の仮想のテープ装置を作成 ► バックアップデータは仮想マシンに一時保存された後にAmazon S3へアップロード ► テープメディアをエクスポートすると、Glacierに保存される https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/storagegateway/latest/userguide/storage-gateway-vtl-concepts.html
  15. 15. Storage Gateway VTL概要(2) オンプレミスで仮想テープ装置を作成すると… ► HPE StoreOnce 5100 48TB System + HPE StoreOnce 5100 48TB 容量拡張キット x5 式 ► 216TB ► 33,300,000円 (三千三百三十万円) Storage Gateway VTLを使うと ► $7081.99=766,768円 ($1=108.27円) https://calculator.s3.amazonaws.com/index.html?lng=ja_JP で計算 https://www.mizuhobank.co.jp/rate/market/historical.html でドル円を計算 ► ⾦額⽐だと3年半だが、コスト的にはお得! – オンプレは電気代、空調代 – ハードウェアトラブルがある、保守費用もかかる – 216TB使い切るわけでもない ► 2.5TB x 1600スロット = 4PBまで運用可能 ► メディアをエクスポートすれば、使える容量は無限
  16. 16. どんな場面で有用か? ► テープ運⽤のマニュアルから離れられない ► どのデータがどこに保存されているか、明示的にする必要がある ► 物理テープ装置だと運用コストが高い! Storage Gateway VTLを使ってみよう(3)
  17. 17. Storage Gateway VTLの設定(1) 作成した仮想マシンのIPアドレスを⼊⼒して、アクティベーション ► 固定IPを指定しないと、IPが変わったら再起動したら再設定 仮想テープの情報も全て消えるため、固定IPは必要 ► EC2では自分でEIPを設定する必要あり
  18. 18. Storage Gateway VTLの設定(2) 名前をタイムゾーンを選定すればゲートウェイの作成は完了 ► キャッシュ⽤のストレージの割り当てと、テープを作成すれば利⽤可能 ► バックアップサーバからはiSCSIストレージとして接続します
  19. 19. Storage Gateway VTLの設定(3) ローカルディスクの設定をすれば作成は完了 ► EC2 インスタンスタイプによってはローカルディスクが2つ以下のものがあるため、 2つ以上になるようにディスクを追加する。 ► 安いインスタンスを使ったら、ローカルディスクが1つでした
  20. 20. Storage Gateway VTLの設定(4) あとは物理のテープ装置と同じように使うだけ!
  21. 21. Storage Gateway VTLの利⽤(1) 初回のバックアップは上手く動作したものの… ► 実際のバックアップデータよりもテープの使⽤容量が多い ► その後、インベントリ(メディアの確認)が終了せず、バックアップジョブが開始しない ► 削除手順を間違えて先に仮想マシンを消したら、AWSからStorage Gatewayが 削除できない http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/storagegateway/latest/userguide/deleting-gateway-common.html ► 個⼈で検証するには利⽤料⾦が⾼い(EC2で検証したため) – Glacier関連の操作に24時間単位で時間がかかる ► その結果…
  22. 22. Storage Gateway VTLの利⽤(2) 2ヶ月の請求が$119.05になりました(自腹!!)
  23. 23. まとめ(1) バックアップソフトウェア側にAmazon S3の接続が用意されているため、 簡単にバックアップ先にできる テープ運⽤から離れられないお客様にはStorage Gateway VTLが提案 できる でも、業務時間外に自腹で検証するには時間が足りない、お⾦も⾜りない 不明なところもあるため、サポートに聞いてみたい
  24. 24. まとめ(2) Developerサポートプランに自腹で加入(more 自腹!!!) ► またお⾦が⾶んでいく…
  25. 25. おまけ(1) Backup ExecからAzureにバックアップしてみたくて、最新版をインストール ► 最新Backup Exec16からAzureも保存できるようになったそうで ► 特定のHotfixが適⽤されていると起動できない。という不具合を乗り越えて – http://www.veritas.com/docs/000116721
  26. 26. おまけ(2) Azureでストレージアカウントを作成してキーをコピー
  27. 27. おまけ(3) 選べるようになってる!果たしてその結果は…?
  28. 28. おまけ(4) “対象外”のため どこかのAzureのイベントでLTやります!!
  29. 29. ご清聴、ありがとうございました。

×