Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ビジネス・シミュレーション③:会計基礎

16,985 views

Published on

  • Be the first to comment

ビジネス・シミュレーション③:会計基礎

  1. 1. 元・外資系投資銀行マンが教える エクセルで学ぶ ビジネス・シミュレーション③(会計基礎)
  2. 2. 目次 1. ビジネス・シミュレーションとは 2. 講座概要 3. P/Lをつくろう:税金と繰越欠損金 4.バランスシートをつくろう(1):必要資金額シミュレーション 5.バランスシートをつくろう(2):設備投資と減価償却 6.ミニマムキャッシュモデルをつくろう 1
  3. 3. ビジネス・シミュレーションとは エクセルを活用して、 様々なシミュレーションを行えるモデルを作成して、 ビジネスの意思決定力を高める 2
  4. 4. シミュレーションで、ビジネスの意思決定力を高める、とは? × シミュレーションができない人 「社長! ○ シミュレーションができる人 「社長! このままだと我が社はいつか赤字 このままだと我が社は7ヶ月後に赤字 になります!しかし、 になります!しかし、 (1) 新商品の開発による販売数アップ (1) 新商品の開発による販売数10%アップ (2) 人件費の削減 (2) 人件費の15%削減 をはやく実現できれば、今期は を3ヶ月間で実現できれば、今期は かなり利益が出ると思います!」 10億円の黒字の見通しです!」 モデルを作成すると、かんたんにシミュレーションできるようになります 3
  5. 5. シミュレーションで、ビジネスの意思決定力を高める、とは? ■ 利益インパクトをシミュレーションすることで、やるべきことの優先順位が決められる 営業戦略(案) 予想効果 利益インパクト 営業マンの増員 新規顧客10%~30% ↑ 300万円~1,000万円 既存顧客のアフターケア リピート率20%↑ 700万円 インターネット広告 新規顧客10%↑、広告費5%↑ 500万円 営業店の統合 賃貸料を年1,200万円↓ 1,200万円 優先! モデルを作成すると、かんたんにシミュレーションできるようになります 4
  6. 6. エクセルの正しい使い方も、細かくレクチャーします × ダメなエクセル ○ よいエクセル 収益計画 普通ケース 今月 売上 販売数 成長率 値段 来月 再来月 円 1,000,000 1,100,000 1,210,000 個 1,000 1,100 1,210 10% 10% % 円 1,000 1,000 1,000 円 500,000 840,000 884,000 円 300,000 330,000 363,000 円 300 300 300 賃貸料 円 100,000 200,000 200,000 店数 店 1 2 2 1店あたり賃貸料 円 100,000 100,000 100,000 費用 材料費 1個あたり材料費 人件費 円 0 200,000 200,000 従業員数 人 0 1 1 1従業員あたり人件費 円 200,000 200,000 200,000 その他費用 円 100,000 110,000 121,000 売上比 % 10% 10% 10% 円 500,000 260,000 326,000 営業利益 5
  7. 7. 最近のセミナー実績 ■ ビジネスマインドが非常に高い企業・病院様からも、セミナーのご依頼をいただきました ✔ 楽天株式会社 様 ✔ 聖路加国際病院 様 ■ 企業向けセミナーや、勉強会への出張セミナーもできます! ✔ 熊野までお問い合わせください 6
  8. 8. プロフィール ■ 熊野 整 新卒でモルガン・スタンレー投資銀行本部に入社。 5年間、顧客企業のM&A、資金調達案件に携わりました。 現在は、インターネット企業で事業計画の作成、予算管理などを 行っています。 ⇒ 金融業界と事業会社の両方で、モデルつくってます ■ お問い合わせ先 Facebook: https://www.facebook.com/kumanoism ※お気軽に友達申請してください! メール: kumanoism@gmail.com 7
  9. 9. 宣伝: 個人でグルメサイトも運営しています ■ https://www.flavor-flavor.com/ 8
  10. 10. 目次 1. ビジネス・シミュレーションとは 2. 講座概要 3. P/Lをつくろう:税金と繰越欠損金 4.バランスシートをつくろう(1):必要資金額シミュレーション 5.バランスシートをつくろう(2):設備投資と減価償却 6.ミニマムキャッシュモデルをつくろう 9
  11. 11. 今回の講座の目標 ■ これまでは、P/Lを使った収益シミュレーションをやりました ■ 今回は、P/Lとバランスシートを連動させる資金繰りシミュレーションをやります ✔ 収益計画を元に、必要資金額を算出 ■ さらに、収益計画が変わった場合に、必要資金額に与えるインパクトも計算します ✔ 収益の見通しが変わった場合 ✔ 設備投資を行った場合 10
  12. 12. 今回のケーススタディ ■ あなたはハンバーガーショップを経営しています ■ 値段は1個1,000円。販売数は初年度10,000個、毎年30%成長 ■ 材料費は1個300円。賃貸料、人件費あわせて年間900万円 ■ ショップの設立にあたり、資本金100万円、銀行借入100万円(年利率5%)を調達 さて、この収益計画で、 ① 合計200万円の資金で足りますか? ② 販売数成長率が20%に下がった場合の必要資金額は? 11
  13. 13. まず、バランスシート(B/S)とは? ■ お金の調達先と、お金の使い道を示す P/L 売上 費用 利益 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 銀行借入 設備 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 利益剰余金 12
  14. 14. 資本金を増やすと? (=増資) ■ 現金が増えます P/L 売上 費用 利益 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 ↑100 銀行借入 設備 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 ↑100 利益剰余金 13
  15. 15. 銀行からお金を借りると? ■ 現金が増えます P/L 売上 費用 利益 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 ↑100 銀行借入 ↑100 設備 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 利益剰余金 14
  16. 16. 利益が発生すると? ■ 利益剰余金が増えて、現金が増えます P/L 売上 費用 利益 ↑100 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 ↑100 銀行借入 設備 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 利益剰余金 ↑100 15
  17. 17. 銀行から借りたお金は、費用にならないのか ■ 費用になりません ✔ だから、P/Lに直接影響は与えません ■ 費用の定義 ✔ 資産の流出、価値の減少、 負債の発生の形を取る経済的な便益の減少 ■ お金を借りても、その対価として現金という価値を獲得しているので、費用にならない ✔ ただし、金利の支払いは、価値の流出になるので、費用になります 16
  18. 18. 金利を支払うと? ■ 費用が増えて、利益が減って、利益剰余金が減って、現金が減ります P/L 売上 費用 ↑100 利益 ↓60 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 ↓60 銀行借入 設備 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 利益剰余金 ↓60 17
  19. 19. これからやること ■ P/Lを作成します ✔ ①入門編は営業利益まで作成しましたが、今回は純利益まで作成します ■ バランスシートを作成します ✔ 必要資金額を計算します ✔ 借入金に対する支払利息を計算します ■ 設備投資を想定したP/L, バランスシートを作成します ✔ 減価償却を計算します 18
  20. 20. 目次 1. ビジネス・シミュレーションとは 2. 講座概要 3. P/Lをつくろう:税金と繰越欠損金 4.バランスシートをつくろう(1):必要資金額シミュレーション 5.バランスシートをつくろう(2):設備投資と減価償却 6.ミニマムキャッシュモデルをつくろう 19
  21. 21. P/Lの構造 売上 売上原価 販売費・一般管理費 ・・・・・・・ 材料費、製造ライン人件費 ・・・・・・・ 家賃、光熱費、広告宣伝費、人件費、減価償却費 営業利益 営業外収益 ・・・・・・・ 為替差益、受取利息 営業外費用 ・・・・・・・ 為替差損、支払利息 経常利益 特別利益 ・・・・・・・ 固定資産売却益 特別損失 ・・・・・・・ 固定資産売却損 税引前純利益 税金 ・・・・・・・ 法人税 純利益 20
  22. 22. 今回のケースに当てはめてみましょう 売上 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 販売数 × 成長率 × 値段 売上原価 販売費・一般管理費 ・・・・・・・ 販売数 × 1個あたり原価 ・・・・・・・ 賃貸料・人件費など 営業利益 営業外収益 ・・・・・・・ (なし) 営業外費用 ・・・・・・・ (なし) 特別利益 ・・・・・・・ (なし) 特別損失 ・・・・・・・ (なし) 税金 ・・・・・・・ 法人税 経常利益 税引前純利益 純利益 21
  23. 23. P/Lをつくります ■ フォーマットなどは、①入門編を参照 22
  24. 24. なんかおかしい・・・! ■ 税引前純利益がマイナスの場合は、税金を払わなくていい(0円)はず・・・ 23
  25. 25. 必要資金額を計算する上で、税金は大事です ■ 税引前純利益がマイナスの場合は、税金はゼロ ■ 過去の税引き前純利益のマイナス分(繰越欠損金)は、翌期に繰り越すことができる 1年目 税引前純利益 2年目 - 100万円 + 500万円 - 100万円 過去の繰越欠損金 繰越欠損金利用後 税引前純利益 - 100万円 + 400万円 税金 0万円 400万円×40%=160万円 24
  26. 26. 税金計算用の表を作成 ■ 計算項目が多い場合は、新たに表を作ったほうが見やすい 25
  27. 27. 税金計算用の表を作成 ■ P/Lの税引前純利益を参照 26
  28. 28. 税金計算用の表を作成 ■ 2014年3月期を計算 27
  29. 29. 税金計算用の表を作成 ■ 2015年3月期を計算(前期からの繰越) 28
  30. 30. 税金計算用の表を作成 ■ 税金を計算(繰越欠損金利用後税引前純利益がマイナスなら、税金はゼロ) 29
  31. 31. 税金計算用の表を作成 ■ そのまま横にコピー 30
  32. 32. 税金計算用の表を作成 ■ 繰越欠損金がマイナスにならないように、計算式を修正 31
  33. 33. 税金計算用の表を作成 ■ P/Lの税金を埋めます 32
  34. 34. 税金計算用の表を作成 ■ P/Lの税率を計算します (税金の表から参照しないこと!) 33
  35. 35. 目次 1. ビジネス・シミュレーションとは 2. 講座概要 3. P/Lをつくろう:税金と繰越欠損金 4.バランスシートをつくろう(1):必要資金額シミュレーション 5.バランスシートをつくろう(2):設備投資と減価償却 6.ミニマムキャッシュモデルをつくろう 34
  36. 36. バランスシートを作成 ■ 各項目を入力 35
  37. 37. バランスシートを作成 ■ 資本金、借入金をそれぞれ入力 36
  38. 38. バランスシートを作成 ■ 利益剰余金を計算 ✔ バランスシートは 「過去の累積」 なので、前期からの変動分を足していきます 37
  39. 39. バランスシートを作成 ■ 負債、純資産、そして負債・純資産合計を計算 38
  40. 40. ここで現金を計算します ■ 現金の残高は、銀行借入、資本金、利益剰余金の変動額の合計で決まります P/L お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 費用 現金 ↑140 (+100+100-60) 銀行借入 ↑100 利益 設備 【純資産】 売上 返済義務あり 返済義務なし 資本金 ↑100 利益剰余金 ↓60 39
  41. 41. バランスシートを作成 ■ 現金を計算 40
  42. 42. バランスシートを作成 ■ 資産を計算 41
  43. 43. 支払利息を計算 ■ 支払利息 = 借入残高 × 金利 × 年利率5% P/L 売上 費用 ↑50,000 税金 ↓20,000 利益 ↓30,000 【資産】 【負債】 現金 ↓30,000 銀行借入1,000,000 設備 【純資産】 資本金 利益剰余金 ↓30,000 42
  44. 44. 支払利息は、営業外費用 売上 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 販売数 × 成長率 × 値段 売上原価 販売費・一般管理費 ・・・・・・・ 販売数 × 1個あたり原価 ・・・・・・・ 賃貸料・人件費など 営業利益 営業外収益 ・・・・・・・ (なし) 営業外費用 ・・・・・・・ 支払利息 経常利益 特別利益 ・・・・・・・ (なし) 特別損失 ・・・・・・・ (なし) 税金 ・・・・・・・ 法人税 税引前純利益 純利益 43
  45. 45. 支払利息を計算 ■ 営業外費用に 「支払利息」、「年利率」を追加 44
  46. 46. 支払利息を計算 ■ 残高は、前期末と今期末の平均を利用 ✔ P/Lは「年間」であるのに対して、バランスシートは「時点」の数値 2015年3月 2014年3月 借入金の残高(期末) 借入金の残高(期中平均) 100億円 300億円 200億円 × 5% 支払利息(期中) 10億円 = 年利率 45
  47. 47. 支払利息を計算 ■ 支払利息を計算 46
  48. 48. 支払利息を計算 ■ 営業外費用を修正 47
  49. 49. これで完成! ■ おつかれさまでした! 48
  50. 50. 今回のケーススタディ ■ あなたはハンバーガーショップを経営しています ■ 値段は1個1,000円。販売数は初年度10,000個、毎年30%成長 ■ 材料費は1個300円。賃貸料、人件費あわせて年間900万円 ■ ショップの設立にあたり、資本金100万円、銀行借入100万円(年利率5%)を調達 さて、この収益計画で、 ① 合計200万円の資金で足りますか? ② 販売数成長率が20%に下がった場合の必要資金額は? 49
  51. 51. 目次 1. ビジネス・シミュレーションとは 2. 講座概要 3. P/Lをつくろう:税金と繰越欠損金 4.バランスシートをつくろう(1):必要資金額シミュレーション 5.バランスシートをつくろう(2):設備投資と減価償却 6.ミニマムキャッシュモデルをつくろう 50
  52. 52. 今回のケーススタディ ■ あなたは、ショップの設立にあたり、機械を購入しました ✔ 値段は100万円 ✔ 償却期間は5年 さて、この機械を購入すると、 ① P/L, バランスシートへのインパクトは? ② 必要資金額へのインパクトは? 51
  53. 53. 資産の取得 ≠ 費用 ■ たとえば、100万円の設備を購入した場合、「100万円の費用」 にはなりません ✔ だから、P/Lに直接影響は与えません ■ 費用の定義 ✔ 資産の流出、価値の減少、 負債の発生の形を取る経済的な便益の減少 ■ ざっくりいうと、設備は売ることができる(=資産価値がある)ので、費用にならない ✔ ただし、時間経過によって価値が下がったら、その下がった分が費用になります ⇒ 減価償却 52
  54. 54. ざっくりまとめるとこんなかんじ ■ 今回は、減価償却ありの設備投資をやります (例)不動産 費用 ・・・・・・・・・・・ 賃貸料 いいえ あとで売れるか? (資産価値があるか) はい 資産の取得 (減価償却あり) ・・・・・・・・・・・ 建物の購入 資産の取得 (減価償却なし) ・・・・・・・・・・・ 土地の購入 はい 時間経過によって 価値が下がるか いいえ 53
  55. 55. 設備を購入すると? ■ 現金が減って、設備が増えます P/L 売上 費用 利益 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 ↓1,000 銀行借入 設備 ↑1,000 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 利益剰余金 54
  56. 56. 減価償却が行われると? ■ 減価償却費 = 設備投資額 ÷ 償却年数 ÷ 償却年数(5年) P/L 売上 費用 ↑200 税金 ↓80 利益 ↓120 【資産】 【負債】 現金 ↓120 銀行借入 設備 1,000 【純資産】 資本金 利益剰余金 ↓120 55
  57. 57. 減価償却が行われると? ■ 設備の残存簿価が減少し、現金が増加 P/L 売上 費用 税金 利益 【資産】 【負債】 現金 ↑200 銀行借入 設備 800(↓200) 【純資産】 資本金 利益剰余金 56
  58. 58. 設備投資 ■ 設備投資の項目を入力 57
  59. 59. 設備投資 ■ 設備投資額、減価償却額、償却年数、残存簿価を計算 58
  60. 60. 設備投資 ■ バランスシートに「設備」を追加、計算 59
  61. 61. 設備を購入すると? ■ 現金が減って、設備が増えます P/L 売上 費用 利益 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 現金 ↓1,000 銀行借入 設備 ↑1,000 【純資産】 返済義務あり 返済義務なし 資本金 利益剰余金 60
  62. 62. 減価償却が行われると? ■ 設備の残存簿価が減少し、現金が増加 P/L 売上 費用 税金 利益 【資産】 【負債】 現金 ↑200 銀行借入 設備 800(↓200) 【純資産】 資本金 利益剰余金 61
  63. 63. 設備投資 ■ バランスシートの 「現金」 を再計算 62
  64. 64. 設備投資 ■ バランスシートの 「資産」 を再計算 63
  65. 65. 減価償却が行われると? ■ 減価償却費 = 設備投資額 ÷ 償却年数 ÷ 償却年数(5年) P/L 売上 費用 ↑200 税金 ↓80 利益 ↓120 【資産】 【負債】 現金 ↓120 銀行借入 設備 1,000 【純資産】 資本金 利益剰余金 ↓120 64
  66. 66. 減価償却費は、販売費・一般管理費 売上 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 販売数 × 成長率 × 値段 売上原価 販売費・一般管理費 ・・・・・・・ 販売数 × 1個あたり原価 ・・・・・・・ 賃貸料・人件費、減価償却費 営業利益 営業外収益 ・・・・・・・ (なし) 営業外費用 ・・・・・・・ 支払利息 経常利益 特別利益 ・・・・・・・ (なし) 特別損失 ・・・・・・・ (なし) 税金 ・・・・・・・ 法人税 税引前純利益 純利益 65
  67. 67. 設備投資 ■ P/Lに減価償却を追加して計算 66
  68. 68. 今回のケーススタディ ■ あなたは、ショップの設立にあたり、機械を購入しました ✔ 値段は100万円 ✔ 償却期間は5年 さて、この機械を購入すると、 ① P/L, バランスシートへのインパクトは? ② 必要資金額へのインパクトは? 67
  69. 69. 目次 1. ビジネス・シミュレーションとは 2. 講座概要 3. P/Lをつくろう:税金と繰越欠損金 4.バランスシートをつくろう(1):必要資金額シミュレーション 5.バランスシートをつくろう(2):設備投資と減価償却 6.ミニマムキャッシュモデルをつくろう 68
  70. 70. 利益が増えると、現金も増える・・・・使い道は? ■ この現金の使い道は? 余剰な現金(Excess Cash)を、『自動的に』 借入金の返済にまわすモデルをつくる 69
  71. 71. これまでの計算の流れ ■ 銀行借入、資本金、利益剰余金の変動額を、現金に反映 P/L お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 費用 現金 ↑140 (+100+100-60) 銀行借入 ↑100 利益 設備 【純資産】 売上 返済義務あり 返済義務なし 資本金 ↑100 利益剰余金 ↓60 70
  72. 72. 余剰な現金を、自動的に、借入金の返済に回すモデル ■ まず、最低限必要な現金(=ミニマムキャッシュ)を設定して、銀行借入残高を計算 P/L 売上 費用 税金 利益 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 返済義務あり 現金 1,000 【負債】 銀行借入 800 (1000-500-200) 設備 【純資産】 返済義務なし 資本金 500 利益剰余金 200 71
  73. 73. 余剰な現金を、自動的に、借入金の返済に回すモデル ■ すでに最低限必要な現金を保有している場合、利益が増えると、そのまま借入金返済 P/L 売上 費用 税金 利益 ↑100 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 銀行借入 ↓100 返済義務あり 【純資産】 返済義務なし 現金 1,000 設備 資本金 500 利益剰余金 ↑100 72
  74. 74. 余剰な現金を、自動的に、借入金の返済に回すモデル ■ 逆に赤字だと、その分、銀行借り入れが増える P/L 売上 費用 税金 利益 ↓100 お金の使い道← →お金の調達先 【資産】 【負債】 銀行借入 ↑100 返済義務あり 【純資産】 返済義務なし 現金 1,000 設備 資本金 500 利益剰余金 ↓100 73
  75. 75. ミニマムキャッシュモデル ■ 資産、現金、負債、借入金の項目を削除 74
  76. 76. ミニマムキャッシュモデル ■ 現金を設定 ✔ 数値は、最低限必要な金額(ミニマムキャッシュ) 75
  77. 77. ミニマムキャッシュモデル ■ 資産、負債・純資産合計、負債を計算 76
  78. 78. ミニマムキャッシュモデル ■ 借入金を計算すると・・・・循環参照! 77
  79. 79. ミニマムキャッシュモデル ■ 反復計算をON 78
  80. 80. ミニマムキャッシュモデル ■ 現金残高を一定にしたまま、借入金残高を変動させることができます 79

×