Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
D e s i g n f o r R e t h i n k i n g o f
M e a t C o n s u m p t i o n
v o l .1
− 食 肉 に つ い て 考 え る た め の デ ザイ ン −
静岡文化芸術...
きっかけ
現状の食肉文化を取り巻く生産方式「工場式畜産」
が様々な問題点を抱えていることを知る。
しかし各消費者にも責任があるのに対して、そう
いった事実を認知している人は少なく、食肉と諸
問題がつながっていることがあまり問題視されな
いという...
何ができるか 当初… 道具、映像で体感させる
→意識的な人にしか伝わらない
何ができるか 勉強会後… 現状を客観視させる
→自分の価値観と比較できる
=様々な価値観を持つ人に伝えられる
今回の目的 •現状のシステムに対して客観的
な視点を持ってもらう
•培養肉技術について示唆しなが
ら、その可能性を用いて食肉に
関する議論を生み出す
方法 1. 食肉を取り巻く、人々の異なる
価値観をプロファイリング
2. それぞれの価値観に基づく社会
像、消費システムを設定
3. それらに沿うように並行世界を
デザイン
4. 現状の情報と合わせ、リアリティ
を持って批評する
 
権威主義
自由主義
右派左派
企業利益・消費者の
ニーズが最優先
「超消費主義」
自然環境との
共生が最優先
「共生民主主義」
個人の価値観・
倫理観が最優先
「無政府自由主義」
Active Consumer
Passive Consumer...
P a s s i v e C o n s u m e r s
A c t i v e U s e r s
インフォグラフィック
情報をグラフィック的に可視化したもの
反省点
チャートにシール貼ってもらえば
より具体的な数値が掴めたはず。
→AXISギャラリー展示会で実装予定。
今後の課題
頭の中に想像させるだけでは足りない。
実社会の中での活動が創造されるよう
なアプローチの仕方を研究していく。
ありがとうございました。
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
食肉について考えるためのデザイン Vol.1
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

食肉について考えるためのデザイン Vol.1

966 views

Published on

- Design for Rethinking of Meat Consumption Vol.1 -
Shojinmeat Project 2/26勉強会でプレゼンしたものです。

Published in: Design
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

食肉について考えるためのデザイン Vol.1

  1. 1. D e s i g n f o r R e t h i n k i n g o f M e a t C o n s u m p t i o n v o l .1 − 食 肉 に つ い て 考 え る た め の デ ザイ ン − 静岡文化芸術大学 4年 芳武 玖
  2. 2. きっかけ 現状の食肉文化を取り巻く生産方式「工場式畜産」 が様々な問題点を抱えていることを知る。 しかし各消費者にも責任があるのに対して、そう いった事実を認知している人は少なく、食肉と諸 問題がつながっていることがあまり問題視されな いという現実がある。 →デザインを通して諸問題への認知向上・拡大を 図り、議論が生まれるような状態を作りたい。
  3. 3. 何ができるか 当初… 道具、映像で体感させる →意識的な人にしか伝わらない
  4. 4. 何ができるか 勉強会後… 現状を客観視させる →自分の価値観と比較できる =様々な価値観を持つ人に伝えられる
  5. 5. 今回の目的 •現状のシステムに対して客観的 な視点を持ってもらう •培養肉技術について示唆しなが ら、その可能性を用いて食肉に 関する議論を生み出す
  6. 6. 方法 1. 食肉を取り巻く、人々の異なる 価値観をプロファイリング 2. それぞれの価値観に基づく社会 像、消費システムを設定 3. それらに沿うように並行世界を デザイン 4. 現状の情報と合わせ、リアリティ を持って批評する  
  7. 7. 権威主義 自由主義 右派左派 企業利益・消費者の ニーズが最優先 「超消費主義」 自然環境との 共生が最優先 「共生民主主義」 個人の価値観・ 倫理観が最優先 「無政府自由主義」 Active Consumer Passive Consumer 国家・秩序の安定 が最優先 「共産主義」 Passive User Active User
  8. 8. P a s s i v e C o n s u m e r s
  9. 9. A c t i v e U s e r s
  10. 10. インフォグラフィック 情報をグラフィック的に可視化したもの
  11. 11. 反省点 チャートにシール貼ってもらえば より具体的な数値が掴めたはず。 →AXISギャラリー展示会で実装予定。
  12. 12. 今後の課題 頭の中に想像させるだけでは足りない。 実社会の中での活動が創造されるよう なアプローチの仕方を研究していく。
  13. 13. ありがとうございました。

×