Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Jpsps#24 access servicesで出来る事、出来ない事

1,348 views

Published on

Access Services 2010 の経緯を紹介して、Access Services 2013 でできること、できないことを説明しています。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Jpsps#24 access servicesで出来る事、出来ない事

  1. 1. Access Services で 出来る事、出来ない事 October 1st, 2016 株式会社 サードアイ 長澤 久紀 (ながさわさん) https://www.facebook.com/lakesidenagasawa 1 Japan SharePoint Group 勉強会#24
  2. 2.  自己紹介 • プロフィール 長澤久紀(ながさわひさのり) 富山県南砺市出身 滋賀県大津市在住 18年目 株式会社サードアイ 滋賀Lab. 所長 • 経歴とスキル – 1999年 – 2008年 富山県を本社とする 大手SIer の子会社 に勤務。 – VB + Oracle を経て、Java 2 のころに Lotus Notes に寄り道。 – Lotus が IBM に買収されたあたりで .NET と Java EE に戻る。 – 半導体製造ロボットの通信ドライバーなどの開発に従事。 – 得意分野は通信プロトコルの実装。 – グループウェアつながりで SharePoint をやるようになりました。 2
  3. 3.  アジェンダ • Access Services とは • Access Services 2010 を 振り返る • Access Services 2013 で できること • Access Services 2013 で できないこと • Access Services 2013 の 利用用途を考える • まとめ 3
  4. 4. 4 Access Services とは
  5. 5.  Access Services とは • Access Services とは – Microsoft Access をクライアントとして、SharePoint サーバー上に Web で共有できるデータベースを作るしくみ。 • Access Services の種類 – Access Services 2013 • Access 2013 をクライアントとして、SharePoint アプリとして発行。 – Access Services 2010 • Access 2010 を主なクライアントとして、SharePoint へ サイトとして発行。 (新規作成は Access 2010 でしかできない)
  6. 6.  Access Service 2013 • 概要 – Access Web データベースを SharePoint アプリとして発行する • SharePoint Online で使う – セットアップ済み – つくってみます 6
  7. 7.  Access Service 2013 • 方式的な特徴 – アプリなのでサブサイトにはならない。 – アプリなので前方参照のアドレスが適用される • アプリケーションとしての特徴 – デスクトップデータベース(accdb)とは設計要素が限られる。 – Access は 開発ツールであり、起動はあくまでもブラウザで行う。 7
  8. 8.  Access Service 2013 • オンプレミスでの設定方法 – ドメイン構成で DNS の設定が必要。 – SQL Server は Enterprise Edition が必要。 – アプリを動かせるようにする • https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161236.aspx – Access Services を設定する • https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj714714.aspx – Access Service 2010 のサービスの起動が必須 – アプリカタログ を設定する • https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161234.aspx 8
  9. 9. 9 Access Services 2010 を振り返る
  10. 10.  Access Service 2010 • 概要 – Access 2010 をクライアントとして、SharePoint へ サイトとして発行。 • SharePoint Online で使う – セットアップ済み – つくってみます
  11. 11.  Access Services 2010 • 方式的な特徴 – デスクトップデータベースを Webデータベースとして発行する。 • 厳密な互換性チェックがある – サブサイトになる。 – Access 2013 でも開けられる。 • アプリケーションとしての特徴 – Web 用の設計要素が増えており、Web と クライアントで用途が厳密。 – テーブルに長整数の主キーが強制、オートナンバーに変換されて SharePoint リストとなる。 11
  12. 12.  デスクトップ と Web の設計要素の比較(2010) 設計要素 デスクトップ DB Web DB クライアント Web テーブル あり あり SharePoint リスト フォーム あり あり イベントはマクロのみ (VBが使えない) クエリ あり あり クエリデザイナのみ (SQLが使えない) レポート あり あり Webで表示 (Onlineでは無効) マクロ あり あり あり モジュール あり あり なし 12
  13. 13.  Access Services 2010 • Web の制限 – Web で実行されるものは Web になければならない • Web フォームのデータソースは Web テーブル • Web クエリでは SQL が使えない • Web フォームでは VB が使えない • マクロも同じ – 細かいことをやろうとすると結局 Access がいる 13
  14. 14.  Access Services 2010 • 当時ユーザーが思ったこと – mdb が Web で動くそうだ!! – イントラで運用している mdb を Web でやろうとした → フォームをWebに移植しきれなかった。(VBモジュールとか) – データだけでも共有しよう!! • Web テーブルへのリンクができる → SharePoint リストの制限に対応しきれなかった。 – オートナンバーのキーに対応したぞ!! → リンクテーブルのリストへのバッチ処理が遅かった。 (数千件) – Web 化断念... 14
  15. 15. 15 Access Services 2013 で出来る事
  16. 16.  Access Services 2013 • そんな経緯もあって – デスクトップデータベースを Web に発行するものではない。 • デスクトップデータベース(accdb)とは設計要素が限られる。 → できることを大幅に制限した。 – Access は 開発ツールであり、起動はあくまでもブラウザで行う。 • 利用者は Access がなくても使える。 – サイトではなくアプリに変更。 16
  17. 17.  デスクトップ と Web の設計要素の比較(2013) 設計要素 デスクトップ DB Web DB クライアント Web テーブル あり 廃止 SQL Server へ格納 フォーム あり 廃止 イベントはマクロのみ (VBが使えない) クエリ あり 廃止 クエリデザイナのみ (SQLが使えない) レポート あり 廃止 廃止 マクロ あり 廃止 あり モジュール あり 廃止 なし 17
  18. 18.  Access Services 2013 の変更点 • クライアント設計要素 – 根こそぎ廃止。 • ルック&フィール – ナビゲーションペインとタブビューによる2ペイン固定。 – タブに割り付けたフォームに「ビュー」という名称を採用。 • データストア – SQL Server のデータベースとして配置される • 残念ながら、ID がオートナンバーなのは変わらない。。。 18
  19. 19.  Access Services 2013 でできること • アプリケーション – 単票データの入力、サブフォームによる入力、簡易な検索 – マクロによるデータ更新処理は可能(データマクロを使う) • 方式面 – Access クライアントがなくても使用できる(カスタマイズには必要) • データ連携 – SharePoint リストとのリンクが可能 – SQL Server のデータベースとして扱える。 • 外部からのデータアクセス、重いバッチ処理も可能。トリガーも使える。 • BCS で 外部リストとして参照できる。 • 配布形式としての保存 – app ファイルとして保存ができる 19
  20. 20.  Access Services 2013 でできること • やってみます – SQL Server をのぞいてみます – 便利なコントロールの紹介 • オートコンプリート – マスタを参照するポップアップなどに代用できる – サブフォーム • 親テーブルの値をリンクできる – 簡易な検索 – app 形式への保存 20
  21. 21. 21 Access Services 2013 で、出来ない事
  22. 22.  Access Services 2013 で できないこと • アプリケーション面 – レポートの使用 – SQLの使用、VBモジュールの使用 – パラメータクエリの使用 22
  23. 23.  Access Services 2013 で できないこと • データ連携の面(参照される) – データは BCS で外部リストとしない限り、リストとして見えない。 • データ連携の面(参照する) – ネイティブな SharePoint リスト以外とはリンクできない。 • 外部リスト(BCS)とのリンクなど、外部データソースは Access から見れない。 • SQL Server にテーブルを追加しても、Access からは見えない。 – すでにあるデータベースを参照することはどうやってもできない • データ連携のアプリケーションを設計する際には、Access が作成した SQL Server を中心に考える必要がある。 23
  24. 24.  できないことを回避する方法 • レポート – レポート製品を別に立ち上げるなどして、ハイパーリンクコントロールを 使えばできる。帳票サーバーにアクセスする。 • データ連携 – 外部DBのマスタが内部で必要なら SQL Server にデータを同期するよう にする。(SP とか SSDT とか) – データ更新時に他のデータベースを更新したいのなら、SQL Server のト リガーを使う。(CLR トリガーである必要があります。 ) 24
  25. 25. 25 Access Services の 利用用途
  26. 26.  Access Services の 利用用途 • サブフォームのいちばん早い実現 • リストの集計管理 • Access のデータを中心とするもの – すでにある外部データソースを活かすものではなく、Access への入力に よって、データが蓄積されることがわかっているシステム。 → 全社的に展開するまえのお試しのデータベース。 → 部署のクローズドなデータを管理・公開する。
  27. 27. 27 まとめ
  28. 28.  まとめ • Access Services 2010 と Access Services 2013 は別物。 • Access Services は mdb を Web で動かせるものではない。 • Access Service 2013 は、データを SQL Server に持っていったので、 外部データの参照という要件さえなければ、わりと使えるツールであ る。 • SharePoint 2016 ではどうなっているのかはトレースしてません...
  29. 29. 29 ありがとうございました 10月もがんばりましょう

×