Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AWS re:Invent 2018 参加報告

228 views

Published on

JAWS-UG 群馬 #2 & JAWS-UG HPC #15 LT資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

AWS re:Invent 2018 参加報告

  1. 1. AWS re:Invent 2018 参加報告
  2. 2. 自己紹介 沼尾 寛之(ぬまお ひろゆき) 群馬の某プリンターメーカーで CAE(構造解析、熱解析など)の運用管理やってます JAWS-UG HPC専門支部所属 好きなAWSのサービス:EC2(最近はM5)
  3. 3. • 世界各国からユーザー、パートナーが一堂に会するAWS最大規模のグローバルイベント • AWSやパートナーによる多くの新サービスや新機能が発表され、1,000を超えるブレイク アウト セッションや最新のテクノロジーの展示やデモンストレーション、様々なイベントがラ スベガスの高級ホテルThe Venetianを中心にいくつかのエリアで開催される • 開催期間:2018年11月25日(日)~11月30日(金)6日間 • 開催都市:米国 ネバダ州 ラスベガス • 主催者:Amazon Web Services, Inc. (AWS) • 登録費用:Full Conference Pass $1,799 • オフィシャルサイト:https://reinvent.awsevents.com/ • 開催場所:The Venetian, ARIA, Bellagio, Encore, MGM Grand, Mirage, Vdara https://reinvent.awsevents.com/ AWS re:Inventの概要(1/2)
  4. 4. • 来場者数:世界各国から45,000人以上、 日本からはツアー、個人参加含め1,200人以上 • セッション数:1,800以上 • 当日発表された新サービス:100以上 AWS re:Inventの概要(2/2)  AWS RoboMakerを発表  AWS Amplify Consoleを発表  AWS Transfer for SFTPを発表  AWS DataSyncを発表  AWS S3 Batch Operationsを発表  Amazon S3 Intelligent Tieringを発表  Amazon EFS Infrequent Access(EFS-IA)を発表  Snowball Edge Compute Optimizedを発表  Amazon EBSのPIOPSボリュームの性能上限が倍増  Amazon SageMaker Neoを発表  AWS Global Acceleratorを発表  AWS Transit Gatewayを発表  Amazon EC2 A1インスタンスを発表  Amazon EC2 C5nインスタンスを発表  Elastic Fabric Adapterを発表  Firecrackerを発表  Dynamic Training for Deep Learning Modelを発表  AWS IoT Eventsを発表  AWS IoT SiteWiseを発表  AWS IoT Thing Graphを発表  AWS IoT Greengrassに3つの機能拡張  AWS IoT Device Testerを発表  Amazon FreeRTOSのBluetooth Low Energy対応を発表  IoTに関する3つのAWSサービスデリバリー認 定を発表  AWS KMS Custom Key Storeを発表  Amazon S3 Object Lockを発表  Amazon S3-Glacierで3つの機能拡張  Amazon Kinesis Data Analyticsが Javaアプリケーションをサポート
  5. 5. • ラスベガスに所在する7つの高級ホテル(The Venetian, ARIA, Bellagio, Encore, MGM Grand, Mirage, Vdara)で開催される • ラスベガスは客室が約15万室あり、CES(国際家電見本市)やAAPEX(自動車ア フターマーケット国際見本市)など十数万人が参加する展示会の需要がある 開催場所
  6. 6. 日程表 日付 行程 11/25(日) アメリカン航空 羽田→ロサンゼルス→ラスベガス 19:20 羽田発 12:20 ロサンゼルス着 16:50 ロサンゼルス発 18:02 ラスベガス着 11/26(月) グランドキャニオンツアー Monday Night Live 11/27(火) Global Partner Summit Keynote Japan Night 11/28(水) Keynote, Andy Jassy 11/29(木) Keynote, Dr. Werner Vogels Japan_Wrap-up session 11/30(金) 最終日のセッション・ワークショップは12:30で終了 ラスベガス・イルミネーションツアー 12/1(土) アメリカン航空 ラスベガス→ロサンゼルス→羽田 7:00 ラスベガス発 8:25 ロサンゼルス着 10:10 ロサンゼルス発 12/2(日) 15:25 羽田着 ■AWS re:Invent ジャパンツアー https://www.pts.co.jp/corp/reinvent2018/
  7. 7. • 1日目(11/26(月)) • ENM201 - Monday Night Live • 2日目(11/27(火)) • GPS101 - Global Partner Summit Keynote • MFG201-L - Leadership Session AWS Semiconductor. • CMP326 - Use HPC on AWS for Physics-Based Simulation, ML, and Statistics in CAE • CMP358 - Analyze Slide Images and Process Phenotypic Assays at Scale on AWS • 3日目(11/28(水)) • GENA201 - Keynote, Andy Jassy • ENT232-R - [REPEAT] Machine Learning for the Enterprise, ft. Sony Interactive Entertainment • CMP405 - Accelerate Your C/C++ Applications with Amazon EC2 F1 Instances • ALX315-R1 - [REPEAT 1] Smart Home Skill API Connect Any Device to Alexa & Control Any Feature • AIM206-R15 - [NEW LAUNCH!] [REPEAT 15] AWS DeepRacer Workshops -a new, fun way to learn reinforcement learning 開催期間中に参加したセッション(1/2)
  8. 8. • 4日目(11/29(木)) • GENW201 - Keynote, Dr. Werner Vogels • DEV320 - Driving DevOps Transformation in Enterprises • CMP416-R1 - [REPEAT 1] Build a High-Performance, Cloud-Native, Open- Source Platform on AWS & Save Millions • CMP302-R1 - [REPEAT 1] High Performance Computing on AWS: Driving Innovation without Infrastructure Constraints • Japan_Wrap-up session • 5日目(11/30(金)) • STG322-R1 - [NEW LAUNCH!] [REPEAT 1] Deep Dive on Amazon FSx for Windows File Server • CON366 - [NEW LAUNCH!] Introducing AWS Cloud Map • IOT206 - Computing at the Edge with AWS IoT Greengrass 開催期間中に参加したセッション(2/2)
  9. 9. 会場の様子
  10. 10. セッションの様子
  11. 11. re:Play(懇親会)の様子
  12. 12. • Amazon FSx for Windows File Server • AWS LambdaがRubyをサポート • AWS DeepRacer とても紹介しきれないので、こちらを参照願います ■AWS re:Invent 2018で発表された新サービスと機能 https://aws.amazon.com/jp/new/reinvent/ ■AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報 https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/125-aws-black- belt-online-seminar-aws-reinvent-2018 新サービス紹介
  13. 13. • Windows共有ストレージをクラウドに移行 • 低レイテンシー・高スループットな共有ストレージ • AZ間でレプリケーション可能 • Microsoft ActiveDirectory、Windows ACLに統合可能 • サポートOS:Windows Server 2008以降、Windows 7以降、Linux(Samba クライアント) • 提供リージョン:オレゴン、バージニア、オハイオ、アイルランド(東京リージョンは提供していない) • コスト(バージニアリージョン) • ストレージ:1GBあたり$0.13/月 • スループット:1MBpsあたり$2.2/月 • バックアップ:1GBあたり$0.050/月 ■[レポート] STG322 – みんなが欲しかったマネージドなファイルサーバはコレや!Amazon FSx for Windows File Server #reinvent https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/reinvent2018-stg322/ Amazon FSx for Windows File Server
  14. 14. • AWS LambdaのファンクションをRubyで記述することができるようになった • 現時点で利用可能な言語は以下の通り • Lambdaが利用可能な全リージョンで一般利用開始 ■[速報]LambdaのRubyサポートが発表されました! #reinvent https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/ruby-support-for-lambda/ ■AWS Lambda で Ruby を使ってみる https://qiita.com/wind-up-bird/items/08b911a64baea962b1b8 AWS LambdaがRubyをサポート ・.NET Core 1.0(C#), 2.0(C#), 2,1(C#/PowerShell) ・Go 1.x ・Java 8 ・Node.js 4.3, 6.10, 8.10 ・Python 2.7, 3.6, 3.7 ・Ruby 2.5
  15. 15. サンプル画面
  16. 16. • 強化学習のハンズオンを行うための1/18スケールの四輪駆動ラジコンカー • 開発用のSDKやシミュレーター、カーデバイスをひとまとめにした学習用パッケージ • SageMaker RLによる強化学習とAWS RoboMakerによる3Dシミュレーションを活用 • DeepRacerリーグを開催予定、成績上位者は来年のre:Inventのチャンピオンカップに出場 ■[参加レポート] AIM206 AWS DeepRacer ワークショップに参加してきました #reinvent https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/reinvent2018-aim206-deepracer-workshop/ AWS DeepRacer
  17. 17. AWS DeepRacer Amazon.comで予約受付中
  18. 18. ご清聴ありがとうございました! 2018.11.30 ラスベガス ストラトスフィア109F展望台で撮影

×