Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

0

Share

Download to read offline

AWS re:Invent 2018 参加報告

Download to read offline

JAWS-UG 群馬 #2 & JAWS-UG HPC #15 LT資料

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

AWS re:Invent 2018 参加報告

  1. 1. AWS re:Invent 2018 参加報告
  2. 2. 自己紹介 沼尾 寛之(ぬまお ひろゆき) 群馬の某プリンターメーカーで CAE(構造解析、熱解析など)の運用管理やってます JAWS-UG HPC専門支部所属 好きなAWSのサービス:EC2(最近はM5)
  3. 3. • 世界各国からユーザー、パートナーが一堂に会するAWS最大規模のグローバルイベント • AWSやパートナーによる多くの新サービスや新機能が発表され、1,000を超えるブレイク アウト セッションや最新のテクノロジーの展示やデモンストレーション、様々なイベントがラ スベガスの高級ホテルThe Venetianを中心にいくつかのエリアで開催される • 開催期間:2018年11月25日(日)~11月30日(金)6日間 • 開催都市:米国 ネバダ州 ラスベガス • 主催者:Amazon Web Services, Inc. (AWS) • 登録費用:Full Conference Pass $1,799 • オフィシャルサイト:https://reinvent.awsevents.com/ • 開催場所:The Venetian, ARIA, Bellagio, Encore, MGM Grand, Mirage, Vdara https://reinvent.awsevents.com/ AWS re:Inventの概要(1/2)
  4. 4. • 来場者数:世界各国から45,000人以上、 日本からはツアー、個人参加含め1,200人以上 • セッション数:1,800以上 • 当日発表された新サービス:100以上 AWS re:Inventの概要(2/2)  AWS RoboMakerを発表  AWS Amplify Consoleを発表  AWS Transfer for SFTPを発表  AWS DataSyncを発表  AWS S3 Batch Operationsを発表  Amazon S3 Intelligent Tieringを発表  Amazon EFS Infrequent Access(EFS-IA)を発表  Snowball Edge Compute Optimizedを発表  Amazon EBSのPIOPSボリュームの性能上限が倍増  Amazon SageMaker Neoを発表  AWS Global Acceleratorを発表  AWS Transit Gatewayを発表  Amazon EC2 A1インスタンスを発表  Amazon EC2 C5nインスタンスを発表  Elastic Fabric Adapterを発表  Firecrackerを発表  Dynamic Training for Deep Learning Modelを発表  AWS IoT Eventsを発表  AWS IoT SiteWiseを発表  AWS IoT Thing Graphを発表  AWS IoT Greengrassに3つの機能拡張  AWS IoT Device Testerを発表  Amazon FreeRTOSのBluetooth Low Energy対応を発表  IoTに関する3つのAWSサービスデリバリー認 定を発表  AWS KMS Custom Key Storeを発表  Amazon S3 Object Lockを発表  Amazon S3-Glacierで3つの機能拡張  Amazon Kinesis Data Analyticsが Javaアプリケーションをサポート
  5. 5. • ラスベガスに所在する7つの高級ホテル(The Venetian, ARIA, Bellagio, Encore, MGM Grand, Mirage, Vdara)で開催される • ラスベガスは客室が約15万室あり、CES(国際家電見本市)やAAPEX(自動車ア フターマーケット国際見本市)など十数万人が参加する展示会の需要がある 開催場所
  6. 6. 日程表 日付 行程 11/25(日) アメリカン航空 羽田→ロサンゼルス→ラスベガス 19:20 羽田発 12:20 ロサンゼルス着 16:50 ロサンゼルス発 18:02 ラスベガス着 11/26(月) グランドキャニオンツアー Monday Night Live 11/27(火) Global Partner Summit Keynote Japan Night 11/28(水) Keynote, Andy Jassy 11/29(木) Keynote, Dr. Werner Vogels Japan_Wrap-up session 11/30(金) 最終日のセッション・ワークショップは12:30で終了 ラスベガス・イルミネーションツアー 12/1(土) アメリカン航空 ラスベガス→ロサンゼルス→羽田 7:00 ラスベガス発 8:25 ロサンゼルス着 10:10 ロサンゼルス発 12/2(日) 15:25 羽田着 ■AWS re:Invent ジャパンツアー https://www.pts.co.jp/corp/reinvent2018/
  7. 7. • 1日目(11/26(月)) • ENM201 - Monday Night Live • 2日目(11/27(火)) • GPS101 - Global Partner Summit Keynote • MFG201-L - Leadership Session AWS Semiconductor. • CMP326 - Use HPC on AWS for Physics-Based Simulation, ML, and Statistics in CAE • CMP358 - Analyze Slide Images and Process Phenotypic Assays at Scale on AWS • 3日目(11/28(水)) • GENA201 - Keynote, Andy Jassy • ENT232-R - [REPEAT] Machine Learning for the Enterprise, ft. Sony Interactive Entertainment • CMP405 - Accelerate Your C/C++ Applications with Amazon EC2 F1 Instances • ALX315-R1 - [REPEAT 1] Smart Home Skill API Connect Any Device to Alexa & Control Any Feature • AIM206-R15 - [NEW LAUNCH!] [REPEAT 15] AWS DeepRacer Workshops -a new, fun way to learn reinforcement learning 開催期間中に参加したセッション(1/2)
  8. 8. • 4日目(11/29(木)) • GENW201 - Keynote, Dr. Werner Vogels • DEV320 - Driving DevOps Transformation in Enterprises • CMP416-R1 - [REPEAT 1] Build a High-Performance, Cloud-Native, Open- Source Platform on AWS & Save Millions • CMP302-R1 - [REPEAT 1] High Performance Computing on AWS: Driving Innovation without Infrastructure Constraints • Japan_Wrap-up session • 5日目(11/30(金)) • STG322-R1 - [NEW LAUNCH!] [REPEAT 1] Deep Dive on Amazon FSx for Windows File Server • CON366 - [NEW LAUNCH!] Introducing AWS Cloud Map • IOT206 - Computing at the Edge with AWS IoT Greengrass 開催期間中に参加したセッション(2/2)
  9. 9. 会場の様子
  10. 10. セッションの様子
  11. 11. re:Play(懇親会)の様子
  12. 12. • Amazon FSx for Windows File Server • AWS LambdaがRubyをサポート • AWS DeepRacer とても紹介しきれないので、こちらを参照願います ■AWS re:Invent 2018で発表された新サービスと機能 https://aws.amazon.com/jp/new/reinvent/ ■AWS Black Belt Online Seminar AWS re:Invent 2018 アップデート情報 https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/125-aws-black- belt-online-seminar-aws-reinvent-2018 新サービス紹介
  13. 13. • Windows共有ストレージをクラウドに移行 • 低レイテンシー・高スループットな共有ストレージ • AZ間でレプリケーション可能 • Microsoft ActiveDirectory、Windows ACLに統合可能 • サポートOS:Windows Server 2008以降、Windows 7以降、Linux(Samba クライアント) • 提供リージョン:オレゴン、バージニア、オハイオ、アイルランド(東京リージョンは提供していない) • コスト(バージニアリージョン) • ストレージ:1GBあたり$0.13/月 • スループット:1MBpsあたり$2.2/月 • バックアップ:1GBあたり$0.050/月 ■[レポート] STG322 – みんなが欲しかったマネージドなファイルサーバはコレや!Amazon FSx for Windows File Server #reinvent https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/reinvent2018-stg322/ Amazon FSx for Windows File Server
  14. 14. • AWS LambdaのファンクションをRubyで記述することができるようになった • 現時点で利用可能な言語は以下の通り • Lambdaが利用可能な全リージョンで一般利用開始 ■[速報]LambdaのRubyサポートが発表されました! #reinvent https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/ruby-support-for-lambda/ ■AWS Lambda で Ruby を使ってみる https://qiita.com/wind-up-bird/items/08b911a64baea962b1b8 AWS LambdaがRubyをサポート ・.NET Core 1.0(C#), 2.0(C#), 2,1(C#/PowerShell) ・Go 1.x ・Java 8 ・Node.js 4.3, 6.10, 8.10 ・Python 2.7, 3.6, 3.7 ・Ruby 2.5
  15. 15. サンプル画面
  16. 16. • 強化学習のハンズオンを行うための1/18スケールの四輪駆動ラジコンカー • 開発用のSDKやシミュレーター、カーデバイスをひとまとめにした学習用パッケージ • SageMaker RLによる強化学習とAWS RoboMakerによる3Dシミュレーションを活用 • DeepRacerリーグを開催予定、成績上位者は来年のre:Inventのチャンピオンカップに出場 ■[参加レポート] AIM206 AWS DeepRacer ワークショップに参加してきました #reinvent https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/reinvent2018-aim206-deepracer-workshop/ AWS DeepRacer
  17. 17. AWS DeepRacer Amazon.comで予約受付中
  18. 18. ご清聴ありがとうございました! 2018.11.30 ラスベガス ストラトスフィア109F展望台で撮影

JAWS-UG 群馬 #2 & JAWS-UG HPC #15 LT資料

Views

Total views

348

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

79

Actions

Downloads

7

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×