Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2020/04/10「みんなで落ち着いて考える #1」

249 views

Published on

作者が代表を務めるひらく研究所( https://hiraku.org )のイベントで作成・使用したスライドを共有します。情報は2020年4月10日15時段階の情報です。
----------------------------------
ひらく研究所は、イベントVer.0.0として「コロナウイルス情勢を考えるオンラインイベント」を開催します。このイベントは、今回のコロナウイルス禍に関連する事象を時系列順に再確認すること、そして特徴的な出来事を取り上げ、可能な限り客観的なデータや法律などに基づいて考えを深めることを目的としています。
https://hiraku.org/archives/92

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2020/04/10「みんなで落ち着いて考える #1」

  1. 1. 新型コロナウイルスをめぐる情勢を みんなで落ち着いて考える
  2. 2. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 2 会の目的設定とグラウンドルール 目的 グラウンドルール ① 今までの流れを振り返って、まずは落ち着く 多分みんな疲れています ② 特徴的なことを深掘りして、もやもやをひもとく 何か引っかかっていませんか? ③ 情報の海に溺れないコツをみんなで考える これからを生き抜くために ① 他の人の考えを受け止める ex.) ○僕はそうだと思わない ×それは間違っている ② みんなで一緒に話し合う cf.) みんなでポジティブに。「論破」はご遠慮ください笑 ③ オンライン環境を楽しむ cf.) オンライン環境は単なる現実世界の延長ではない?
  3. 3. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 3 会の主催者 ひらく研究所 「対話の場」を開く.「新しい知見」を拓く.お互いに共に啓く 私たちは,思考,対話,熟議,再考,行動というステップを通して,社会に必要な「共」の場,コモンズを再興していきます. https://hiraku.org 栗本 拓幸 (くりもと・ひろゆき) 1999年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部に在学。「知性ある日本」をテーマに、政治参画、 Govtech、統治機構改革などの分野で研究を進めながら、合同会社Liquitous(代表社員)をはじめとす る複数の法人に参画。他、政策提言、ファシリテーターやラジオパーソナリティ、YouTube配信など。 公共と市民の関係性、Society5.0が喧伝される中で民主主義の在り方についての問題意識から、 2020年に一般社団法人(登記準備中)ひらく研究所設立。 斉藤 亮太 (さいとう・りょうた) 1995年生まれ。静岡県立大学卒業。政治思想を学び、全体主義・民主主義・構造主義・自由主義・リ バタリアニズムなどに関するライティング活動を行う。学部時代には、社会と政治をつなぐ活動などを 行いマニフェスト大賞を受賞、ウェブメディアで副編集長や編集長を務める。卒業後、法律事務所に 勤務した後、起業。情報を得てから考え、行動する過程の成熟を目指し、ひらく研究所を設立。
  4. 4. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 4 新型コロナウイルスとは何か (用語の確認) 多くの「似た」言葉 ① 新型コロナウイルス: 人間に感染する4種類のコロナウイルスのうち、昨年12月以降世界中に影響を与えているコロナウイルス ② SARS-CoV-2: 新型コロナウイルスの正式名称。 2020年2月11日に国際ウイルス分類委員会(ICTV)*によって、 SARS-CoV-2と命名された。 *ICTVは、国際学術会議の加盟団体である国際微生物学連合の傘下にある組織。 ③ COVID-19: 新型コロナウイルスによって引き起こされる肺炎の名称。WHOが命名。 Corona-Virus-Diseaseに、初めて感染が確認された2019年を組み合わせた。 Public Domain by the CDC’s PHIL / #23312 表面の突起があることで王冠に似た見た目 ギリシャ語で王冠を意味するCoronaに因んだ名称
  5. 5. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 5 新型コロナウイルスを巡る名称問題 (経緯と国際取り決め) 名称を巡る発言(例) ① “China Virus” ドナルド・トランプ氏,米国大統領 中国報道官による「新型コロナウイルスは米軍が中国に持ち込んだ」旨のツイート(3/12) への対抗として? 3/16-3/22の間に”China Virus”という呼称をTwitter・記者会見で使用。 米国内のアジア人系コミュニティからの批判等を受け、3/23以降は使用を中止。 ② “武漢ウイルス (Wuhan Virus)” マイク・ポンペオ氏, 米国国務長官/麻生太郎氏, 副総理・財務大臣 日本国内の保守派議員をはじめとして、新型コロナウイルスを呼称する際に用いられる場面。 本名称に限らず、中国や武漢という単語を用いて新型コロナウイルスを呼称する動きには政治的意図も? G7外相会合(3/26)では、米国・ポンペオ国務長官が武漢ウイルスの使用を譲らず、共同声明が発出されず 名称を巡る発言(例) WHOは、OIE(世界動物衛生機構)及びFAO(国連食糧農業機関)と協力し、 ICD登録前の感染症に命名する際の基準となるプ ラクティスを2015年5月に公開。これ以降に発生した感染症は、このプラクティスに従うことが求められる。 -Terms that should be avoided in disease names include geographic locations, people’s names, species of animal or food, cultural, population, industry or occupational references and terms that incite undue fear. (抜粋と一部省略) ( https://www.who.int/mediacentre/news/notes/2015/naming-new-diseases/en/ )
  6. 6. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 6 新型コロナウイルス感染症を巡る国内情勢の変化 https://who.sprinklr.com/explorer 1月7日 - 中国政府による「新型コロナウイルス」の感染者の公表 1月16日 - 日本国内における初の感染者を確認(神奈川県)。 1月24日 - 政府は武漢に駐在する日本人をチャーター機で帰国 させる方針を決定(以降、5便にわたるチャーター機を派遣)。 1月27日 - 安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症を、感染 症法6条8項に基づく「指定感染症」に指定すると発表。 1月30日 - 日本での感染者数が10人を超える。 1月31日 - 自衛隊に災害派遣命令(武漢からの帰国者対応→DP 号→検疫強化→東京都の軽症者対応) 2月1日 - ダイヤモンドプリンセス号に乗船していた乗客の新型コ ロナウイルス感染症への感染が確認。同日、湖北省滞在歴のあ る者の入国拒否発動(以後対象地域拡大、現在は73か国・地域) 2月3日 - ダイヤモンドプリンセス号は、横浜港の大黒埠頭沖に停 泊、船内の検疫。 2月5日 - ダイヤモンドプリンセス号の乗客に感染者が確認、集団 感染が明らかに。 2月13日 - 神奈川県の80代女性が死亡し、新型コロナウイルス 感染症による国内で初の死者となった。 2月19日 - ダイヤモンドプリンセス号の乗客の検査が終了。 2月21日 - ダイヤモンドプリンセス号から乗客が下船。 2月27日 - 安倍首相による全国全ての小学校・中学校・高等学 校・特別支援学校を休校( 3月2日から春休みまで)にする要請。 2月28日 - 北海道が独自の「新型コロナウイルス緊急事態宣言」 を宣言 3月10日 - 政府は新型コロナウイルス感染拡大を歴史的緊急事 態に指定した。 3月13日 – 国会で改正新型インフル等特措法が成立。 3月21日 – 日本での感染者数が1000人を超える。 3月31日 – 日本での感染者数が2000人を超える。 4月3日 – 日本での感染者が3000人を超えた[5]。 4月5日 - 東京都の感染者が1000人を超えた。 4月7日 - 東京都などの7都府県に対し、特措法に基づく緊急事 態宣言が発令。同日、日本での感染者数が4000人を超える。 4月9日 - 国内感染者が5000人を超える ・感染症法: 指定感染症への指定(1/27) ・検疫法: 検疫感染症への指定(1/27) ・旅券法: 武漢からのチャーター便帰国者の費用が手数料から? ・出入国管理法: 入国拒否対応(2/1〜) ・学校保健安全法: 一斉休校の要請(2/27) ・行政文書の管理に関するガイドライン: 歴史的緊急事態(3/10) ・(改正)新型インフルエンザ等対策特別措置法: 緊急事態宣言ほか ・自衛隊法: 災害派遣 強く関連する法令等
  7. 7. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 7 日本の国会における議論の変化 初めて新型コロナウイルスが取り上げられた2020年通常国会 ① 公明党 斉藤 鉄夫 (於: 衆議院本会議 1/23) Q. 中国の武漢市において、新型のコロナウイルスが原因と見られる肺炎発症が相次ぎ、世界的な感染拡大が懸念されていま す。今月十六日には、このウイルスの感染者が国内で初めて確認されました。 中国では今月下旬から春節の長期休暇に入る ことから、多くの中国人観光客の訪日が予想されます。そのため、まずは、検疫所における健康状態の確認など、水際対策の 徹底に万全を尽くすようお願いしたい。 内閣総理大臣 安倍 晋三 (於: 衆議院本会議 1/23) A. 今般の中国・武漢市における新型コロナウイルスに関連した感染症については、現在、患者数が増加しております。 これを受けて、一月二十一日に関係閣僚会議を開催し、私から、検疫における水際対策の一層の徹底、感染症の発生状況等 の情報収集の徹底、国民に対する迅速かつ的確な情報提供などに万全を期すよう指示を出しました。(中略) 政府としては、現在、中国において患者が更に拡大していることを踏まえ、武漢市に対する感染症危険情報レベルを二に引 き上げ、不要不急の渡航はやめるよう促すとともに、中国からの全ての航空便において機内アナウンスにより体調不良の自己 申告を呼びかけるよう各航空会社へ要請すること、我が国に入国後、発熱やせきなどの症状が発生した場合に医療機関を受診 するなど、滞在時の留意事項を記載した健康カードを配布する航空便の対象を中国からの全ての便に拡大するよう各航空会社 へ要請すること、全国で患者の検査を可能とする体制を整備することなど、検疫における水際対策や国内における検疫体制の 強化などを図ることとしています。 引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて全力を尽くしてまいります。
  8. 8. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 8 日本の国会における議論の変化 初めて新型コロナウイルスが取り上げられた2020年通常国会 ① 日本維新の会 馬場伸幸 (於: 衆議院本会議 1/23) 中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大問題について申し述べます。 あすから中国の春節に入り、多くの 方々が訪日されることもあり、国民は大きな不安を抱いています。 日本維新の会は、本日、対策本部を設置し、午前中に第一 回会合を開催しましたが、政府においても、加藤厚生労働大臣始め内閣が一体となって、強い危機感を持って、水際対策など 万全の防疫体制をしくとともに、国民への情報提供と説明責任を果たすよう、強く要望いたします。 内閣総理大臣 安倍 晋三 (於: 衆議院本会議 1/23) 冒頭、御指摘をいただきました新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、政府一丸となって全力を挙げてまいります。 以降、3月31日までに国会審議を通して、議事録上では2186回の「コロナウイルス」という言及、133の会議で言及
  9. 9. ©HIRAKU LAB. ALL RIGHTS RESERVED 9 日本の緊急事態宣言 国家緊急権とは何か ・大日本帝国憲法 国家緊急権は天皇大権に属するものとされた 帝国憲法で緊急勅令制定権(8条)、戒厳大権(14条)、非常大権(31条)、緊急財政措置権(70条)などが明記される ・日本国憲法 国家緊急権の根拠となる緊急事態条項は憲法上存在しない (*欠缺説、否認説、容認説) - 憲法の枠内で、緊急事態の布告(警察法)、災害緊急事態の布告(災害対策基本法)、新型インフル等緊急事態宣言(新型インフル 等対策特別措置法)、原子力緊急事態宣言(原子力災害対策特別措置法)など - 法律に基づかない地方自治体独自の要請として「緊急/非常事態宣言」という言葉を用いる場合も 宮崎県(2010年・口蹄疫)、北海道(2019年・新型コロナ感染症)など 日本の法体系における「緊急事態」 立憲主義・議会制民主主義を基調とする国家において、急迫不正の事態の生起に際して、憲法秩序の一時的な 停止(人権保護規定の停止、一定の権力集中など)を通して事態を打開し、危機を防除する権限。

×