Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

裾野市におけるデータ利活用の取組み

944 views

Published on

データアカデミー研究会 2019/5/30報告
裾野市データ利活用推進本部

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

裾野市におけるデータ利活用の取組み

  1. 1. 裾野市における データ利活用の取組み 〜データアカデミーに関して〜 2019.5.30 データアカデミー研究会 裾野市データ利活用推進本部
  2. 2. なぜ、データアカデミーを導入したのか ■データアカデミーエッセンスとの出会い →データ利活用は、データ分析ではない。プロセスが大事 →実際見えている課題から出発。必要なデータのみ分析 【実務への親和性が高い】 ■従来のデータ利活用 →データ分析重視。手当たり次第、分析してムダが多い →施策を打った後の後付け ネガティブなイメージ ポジティブなイメージ 市職員向けに、データアカデミーを!!
  3. 3. データアカデミーを導入するに当たって ただ、単発の研修だけでは、EBPMが浸透しない… 全庁で推進体制を構築して継続してやらないと、意味がない 裾野市データ利活用推進本部設置 裾野市官民データ活用推進計画策定 データ利活用推進シティ宣言 Code for Japan様との連携協定締結 市長をトップに、全庁挙げて、 覚悟を持ってデータ利活用に取組む
  4. 4. データ利活用型人材の養成≪市職員向け≫ データアカデミーの開催 (講師:Code for Japan 市川博之さん) ①政策立案におけるデータ利活用【導入編】 ②政策立案におけるデータ利活用【実践編】 ■市長・副市長を含む市職員が受講 ■概念と最新動向を学ぶ ■各課担当者が受講 ■業務への展開トレーニング 155名受講 22名受講
  5. 5. データ利活用型人材の養成≪市職員向け≫ 政策立案におけるデータ利活用【実践編】 ●公共財産チーム 「公用車の最適化について」 「各小学校教育サービスの適正化について」 ●情報発信チーム 「効果的な情報発信について」 ●窓口最適化チーム 「窓口の最適化について」 研修の成果を【市長を含む課長以上が集まる会議】で報告 →担当者が単に研修を受けて終わりではなく、 管理職にもEBPMや市が進んでいく方向性を理解してもらう
  6. 6. データ利活用型人材の認定制度 裾野市データ利活用型人材 ■人事課と協議の上、一定基準に到達した職員を下記のとおり認定。 ■研修受講者のモチベーションやステータス向上を狙う。 【Lv1】 データ利活用職員 【Lv2】 データ利活用エキスパート 【Lv3】 データ利活用マスター データ利活用の重要性に触れたレベル データ利活用できるレベル 他者に教えることができるレベル H30:エキスパート22名認定 エキスパートを増やすことで、庁内のデータ利活用の推進を加速化 将来的には、マスターを作り、直営で定期的な研修運営を可能とする
  7. 7. データアカデミー受講者の声から次の展開へ 【受講者の声】 ■データ利活用の重要性は理解したが、反復して訓練が必要 ■そもそもの目標・問題・課題の設定が難しかった ■政策立案した後の政策評価の部分も知りたい 目標・課題明確化研修 データを利活用した政策評価研修 ■各課の係長以上が受講 ■デザイン思考、論点思考を学ぶ ■各課の係長以上が受講 ■政策評価の最新動向と手法 29名受講 39名受講
  8. 8. データアカデミーから生まれた成果 〜市民と行政でともに作る、窓口問合せBotプロジェクト〜 【市民】 ・窓口での待ち時間が長い ・夜間や休日も問合せしたい 【市役所】 ・窓口で待たせている ・窓口に問合せしなくても解決 できるものもある LINE Botやスマートスピーカーが使えないか?? 市民目線での問い合わせ内容が必要・・・ 市民 市役所窓口 LINE bot スマートスピーカー 平日8:30〜17:15 24時間、どこからでも
  9. 9. 市民と行政でともに作る、窓口問合せBotプロジェクト ■市民と行政が一緒に、 市民課窓口のFAQを整備 ■LINE Botやスマートスピーカー に実装(4月1日〜実証実験中)
  10. 10. R元年度 データ利活用型人材養成研修 【昨年度からの変更点】 ■従来のデータアカデミーに加えて、前後に「目標・課題明確 化研修」「政策評価研修」を追加 ■昨年度養成した市エキスパートを研修講師(ファシリ、グラ レコなど)に起用(Code for Japan 市川さんコーディネー ト) データ利活用型人材養成研修 目標・課題明確化研修 5月22日 データアカデミー① 5月29日 データアカデミー② 6月11日 データアカデミー③ 6月27日 政策評価研修 7月30日 概ね2ヶ月
  11. 11. データアカデミーの意義 データ利活用のプロセスを学ぶことが最大目標 しかし、プロセスを身につけただけでは、自己満足 実際の政策立案につなげることが最も重要
  12. 12. 今後の展望 推進体制の 維持 データ利活 用型人材の 養成継続 実際の 政策立案 (担当課とと もにつくる) 実際の政策立案事例を増やす! 【今、感じていること】 ■データ利活用=データ分析の思考の方が多い ■自治体職員で高度な分析スキルは必要ない。分析を発注でき る仕様を描けるか(明確に課題を定義し、仮説を出す力)の 方が重要 ■懐疑的な見方をする方をいかに巻き込むか ■仲間がもっとほしい
  13. 13. 外部専門団体 -Code for Japan -学術機関 他市町 国・県 市役所 市民 企業 団体 裾野市 市民協働(オープンガバナンス) データ利活用・ICT利活用 ■起業家(スター トアップなど) ■市外企業 ??? 実証フィールド 挑戦できる風土・商圏 新たな刺激 ノウハウ 新たな刺激 ノウハウ 新たな刺激 ノウハウ 共有できるも のは全て出す 支援に応える 支える 【心意気】 【想い】 これがしたい ?? デザイン思考 →走りながら常に 新たな可能性を模 索 ?? 裾野市データ利活用推進本部が目指す これからの課題解決のカタチ 市民との合意形成を大事に、 効率的で最大限の効果を出すまち
  14. 14. ■本日は発表の機会をいただきありがとうございます。 ■引き続き、よろしくお願いいたします。 最後に

×