Successfully reported this slideshow.

データアカデミー 兵庫広域自治体3

0

Share

Loading in …3
×
1 of 27
1 of 27

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

データアカデミー 兵庫広域自治体3

  1. 1. データアカデミー 第三回 2018/10/7
  2. 2. アジェンダ 1. 前回のおさらい(5min) 2. 各自治体内で分析状況を共有(10min) 3. 分析結果の評価の続き(50min) 1. 分析結果のおさらい 2. 事実を文章にまとめる 3. 課題との関係の強さ 4. 政策立案(70min) 5. 結果報告(15min) Code for Japan 2
  3. 3. 前回のおさらい Code for Japan 3
  4. 4. 分析方法・見せ方の検討 • 実際に出来上がるグラフや、地図の色合い、形状を決めましょう。 • その図は、庁内、住民に伝わる内容になっているか考えましょう。 仮説:xxxxxx 使うデータ:yyyyとzzzz 分析手法:折れ線グラフ 実際に表示する色や x軸、y軸に何を利用するか ペンを使って描く 仮説:aaaaaa 使うデータ:bbbとccc 分析手法:白地図に色分けする Bbbを利用して失業率を地区毎に色 分け(失業率10%以上赤、10%未満 から3%以上黄、3%未満緑)する。 Cccの施設情報を利用し、地図に点 (青色シール)をプロットする。 グラフを利用 地図を利用 前回のおさらい
  5. 5. 分析手法の検討(地図)例 0-25% 25-50% 50-75% 75-100% 種別や割合 ごとに色分け 回数や頻度に よる表示 1-10回 11-30回 31-100回 ポイント数に よる表示 0軒 1軒 2軒 同じ情報でも、分析方法で、分かりやすさが変わる。 前回のおさらい
  6. 6. 4. このフェーズは分析に集中しましょう • 今日の目的は、グラフや図柄が出来上がることです。 評価は、次のフェーズで行うので深入りしないでください。 • ルール • Step3で集まっているデータで分析を開始します。 • データ加工が必要だと思うチームは、手を上げてください。 • 表示が正しいかわからない場合も、手を上げてください。 • 表現しようと思ったら、足りないものがあった、曖昧な表示になった そのような場合には、状況をメモしてください。 • 次回も冒頭に少し時間を取るので、一つのデータに集中しすぎ ず、他のデータでの確認もしてみましょう。 前回のおさらい
  7. 7. 研修計画を立て課題解決を体験します • 今回の兵庫県自治体有志の研修は、赤枠が範囲となります。 研修計画 1回目(2.5-4時間) 2回目(2.5-4時間) 3回目(2.5-4時間) 4回目(2.5-4時間) 研修計画、参 加者、事前準 備、課題確認 を実施。 【課題の仮説分析】 ・要因となっている項目 について仮説をいくつか 立てる 【現状の調査】 ・現状業務の流れ、コス ト、課題の確認 ・データ元、サービスの 対象、実務の担当者など 【対象データの選択】 ・検証に必要なデータの 確認 【表現方法検討】 ・レイヤーでの掛け合わ せるのか、集計結果を地 域ごとに色分けするのか、 方法を検討 【データ分析・検証】 【評価】 ・検証結果から仮説を評 価 【政策立案】 ・判明したことについて て、いくつかの政策パ ターン、機能の詳細化を 検討する 【費用対効果分析】 ・実施した場合のコスト と効果を算出 ・詳細化した機能単位で 価値の出るパターンを確 認 【指標の作成】 ・実際の効果を測る際に 必要な効果項目、指標を 作成 7/22(日) 8/4(土) 10/7(日) 事前に講師が 今回は一緒に 作成 データ準備 分析結果の 深掘りが必要 なら対応
  8. 8. 各自治体内で 分析状況を共有 Code for Japan 8
  9. 9. • 前回からの差分をテーブルの皆さんに共有お願いします。
  10. 10. 分析結果の評価 Code for Japan 10
  11. 11. ⑤評価 • 評価 • 仮説の想定と、分析の結果が一致したか、一致しなかったか確認する。 • 仮説と一致した場合 • 分析結果の中から、課題に対して効き目のあるパラメータがないか確認する。 • 他に、課題の要因となっている仮説があれば引き続き分析する。 • 仮説と一致しなかった場合 • データ量が不足していないか、データがマスクされすぎていないか疑う。 • 仮説が間違っていれば、違う仮説を考える。 ①仮説 現状分析 ②対象 データ 確認 ③分析 手法検討 ④データ 分析 ⑤ 評価 ⑥ 政策検討 ⑦ 効果指標
  12. 12. 評価の流れ • データ分析の結果をみて、評価は3つの手順で行います ① 仮説の成否を 評価する ② 仮説の結果を 明確にする ③ 仮説の効き目と 影響度を考える 仮説の結果は課題の対象 全体のどの部分に影響 するのかを考える 仮説の結果を他の人に 説明できるように明確な 文章とする データ分析の結果を見て 立てた仮説が成り立ったか 外したのかを確認する
  13. 13. 3. 分析シートの説明 • 下記のシートを利用しながら評価をまとめます。 • 仮説:今回調べた仮説を記載してください。 • 利用したデータ:分析に利用したデータの種類を書いてください。 • 分析手法:どのような手法と表示方法で実現したか書いてください。 • エクセルで作成したシートを利用します。 No. 仮説 利用したデータ 分析手法 分析結果 説明文章 影響度 1 2
  14. 14. 3. 分析結果の評価 • 分析結果を評価して、仮説が正しいか確認します。(15分) No. 仮説 利用したデータ 分析手法 分析結果 説明文章 影響度 1 2 仮説で考えた 結果が出たか はっきり 結果が出たか 仮説自体が 完全に誤りか 仮説は正しかった → 付随して出てくる仮説はあるか はっきり 結果が出ている 方向性は正しそうだが情報が足りない → 詳細化するために必要なデータを決める 仮説は間違っていた → 違う方向性にトライする 仮説を立証するに十分なデータがない → 件数、項目、どのデータを集めると良いか Yes Yes No No No Yes 【分析結果】
  15. 15. 3. 他の人がわかる説明文章にする • 分析結果を、説明文章にまとめます。(15分) • 説明できてこその分析です。分析の結果を、他の人がわかるよう一言 の説明文章にしましょう。以下は例です。 • 課題xxx(交通事故が多い)について、原因yyy(ライトの数)と結果zzz(交通 事故発生率)は因果関係がある。 • 課題aaa(検診率が低い)について、bbb(医院の場所)とccc(検診率)は相関 関係にある。 • ddd(世帯収入)が少ないほど、eee(出生率)が高く、ddd(世帯収入)が多い ほど、eee(出生率)が低い。 • nnn(イベント回数)と、mmm(住民満足度)には関係性がない。 No. 仮説 利用したデータ 分析手法 分析結果 説明文章 影響度 1 2
  16. 16. 3. 課題に対する関係の強さ • 全体に対しての影響度はどうか確認しましょう。 • 分析結果の事実は、全体のうちどこの部分にかかるか評価しましょう。 • 分析に使った、人数、割合、回数など全体のうちのどこでしょうか? 結果として該当する数値はどこの範囲でしょうか? No. 仮説 利用したデータ 分析手法 分析結果 説明文章 影響度 1 2 都市部 市民の全年代の人口 高齢者の人口 郊外地区 郊外地区でバス停から500m以上離 れている人たち(xx%)が対象で。 全市民のyy%が該当。
  17. 17. 政策立案 (1時間だからざっくりと立案) Code for Japan 17
  18. 18. ⑥政策検討 • 政策検討 • 分析の結果、要因が判明するため、対応する政策を検討する。 • 政策の検討時に、各政策を細かな単位に分け、費用・効果の 算出できるよう準備する。 • 費用・効果を算出するためにデータが必要な場合は揃える。 ①仮説 現状分析 ②対象 データ 確認 ③分析 手法検討 ④データ 分析 ⑤ 評価 ⑥ 政策検討 ⑦ 効果指標 No. 施策 施策(小項目) 効果(時間/年) 費用(時間/年) 1 施策1 施策1A 2 施策2 施策2A 3 施策2B 費用対効果の際に 詳細化するため 施策を細かく分ける
  19. 19. 政策を考えるときのポイント1 • 見えてきた未来の姿から、もう一度最終的に達成したい ゴールを考える。 検診率 が上がらない 検診率を 上げる (複数案) 健康寿命を延ばし 幸福な地域生活を 過ごせるようにする ゴールを立てる仮説から 見えた課題 ダイレクトな 解決方法 畑を借りて耕し 無農薬野菜と 健康作り ゴールに近づく 別の手法 ゴールや、効果を上げるためには ダイレクトな方法だけではなく 別の手段もあります。
  20. 20. 政策を考えるときのポイント2 • 数値を見て対策を考える場合 • 様々なクラスターに分かれている場合の政策立案 • 例えば、施設の利用率の分布について施策を考える。 現 在 現 在 未 来 未 来 効果 効果 クレーム数や不満の 高い結果があるものは 現象させる手段を考える 利用率など向上させる ことで価値の出るものは 増加させる手段を考える よく利用する まあまあ利用する 利用しない よく利用する層の 家族構成を確認し 他の層で似た構成の 方々にアプローチする 知らない層へのアプローチ方法 来ない層が興味を持ちそうな 新しい分野を取り入れられないか リーチを増やすことを考える 利用するイベントの種類を 確認し、類似イベントを 開けば来るのかどうか検証する
  21. 21. 4. 政策立案 • まずは、ゴールを作る。(15分) • 前ページで説明した内容を念頭に、課題を解決した際に めざすゴールを決めましょう。 各自最低2枚(1枚 はダイレクト、1枚 は別の手段)は付箋 にゴールを書く 似ているゴールを グルーピングする 基準をもとに 今回のゴールを 設定する テーブルの中央に内容を 発言しながら貼っていく 今までと 違うゴール 効果の 対象多い 職員として トライしたい × △ △ △ ○ ○ ○ △ ○
  22. 22. 4. 政策立案 • 政策を考える、施策のツリーを作成する。(20分) • 仮説出し同様に、今度はゴールを達成するための 施策をあげ出します。 健康寿命をあ げる 検診率を 上げる 運動機会を 増やす ゴール1 施策 移動検診を 増やす 集団健診の 場を作る 共同畑を 作る デジタル万歩 計の配布 具体的に何をやればよいか わかるレベルに施策を 分解していきます。 施策 施策
  23. 23. 4. 政策立案 • 政策を考える、施策を要素に分解する。(20分) • 施策の対象をどこにするのか要素に分解する。 • 市全体か、重点ポイントに絞るか • 時期を区切るか、通年で行うのか • 特定の世代だけか、全世代か 健康寿命を あげる 検診率を 上げる 運動機会を 増やす ゴール1 施策 移動検診を 増やす 集団健診の 場を作る 共同畑を 作る デジタル万歩 計の配布 施策(大項目) 施策(中項目) ・全エリアを対象 大 効果ポイント ・特定地域を対象 大 効果ポイント ・健診率が悪い月のみ 小 効果ポイント ・特定の自治会から協力 小 効果ポイント ・商店街の休日を狙う 中 効果ポイント ・郊外を集中的に対応 中 効果ポイント ・公園の一部を解放 中 効果ポイント ・後期高齢者向けに提供 大 効果ポイント ・高齢者全員に提供 大 効果ポイント ・40歳以上に提供 中 効果ポイント どんな施策のパターン があるかあげ出します。 かぶっているものが あっても構いません。 施策(小項目) 効果 それぞれの効果の大中 小、効果の出るポイン トを書きます 本来は細かく効果だ ししますが、今回は ざっくり決めます。
  24. 24. 施策一覧表を作る • 検討した施策を一覧表にまとめます。 赤枠のエリアを埋めましょう。 • 今回の結果を、準備したエクセルに、ゴールのツリーから、 施策(中項目)、施策(小項目)、効果を書き込み、まとめましょう。 • 費用については、費用対効果の回に対応する予定です。 今回のデータアカデミーの中には入りませんが、Step7では効果と 費用を比較して施策を絞り込みます。 No. 施策(中項 目) 施策(小項目) 効果(時間/年) 費用(時間/年) 費用の項目/効果の項目 1年目 2年目 3年目 1年目 2年目 3年目 1 施策1 施策1-A 2 施策2 施策2-A 3 施策2-B 効果の大中小までを 記入してみましょう。 実際には費用対効果の 回で詳細かします。
  25. 25. 結果報告 Code for Japan 25
  26. 26. 5. 結果報告 • 評価シートと、政策立案のツリーを使い、各チーム5分で報告 しましょう。(15分)

×