Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

3dsMax+UE4 ~映像制作におけるリアルタイムエンジンの活用~

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 58 Ad

3dsMax+UE4 ~映像制作におけるリアルタイムエンジンの活用~

Download to read offline

2017年11月5日に行われた「CGWORLD2017 クリエイティブカンファレンス」
のセッション資料です。

CG映像屋目線のUE4入門的な内容になっています。
セッションに向けて作成したテスト動画はこちら(https://vimeo.com/241226526)

使用ツール:3dsMax2017, UE4.17

2017年11月5日に行われた「CGWORLD2017 クリエイティブカンファレンス」
のセッション資料です。

CG映像屋目線のUE4入門的な内容になっています。
セッションに向けて作成したテスト動画はこちら(https://vimeo.com/241226526)

使用ツール:3dsMax2017, UE4.17

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Viewers also liked (13)

Advertisement

Similar to 3dsMax+UE4 ~映像制作におけるリアルタイムエンジンの活用~ (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

3dsMax+UE4 ~映像制作におけるリアルタイムエンジンの活用~

  1. 1. 3dsMax × UE4 ~映像制作におけるリアルタイムエンジンの活用~ 株式会社ジェットスタジオ チーフディレクター 赤崎弘幸 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  2. 2. 自己紹介  赤崎弘幸 (29) Twitter : @akasaki1211  ジェットスタジオ入社(2010~) ディレクター(2013~) チーフディレクター(最近~)  ディレクション業務、社内ワークフロー管理、R&D、とかいろいろ。  AREA JAPANコラム執筆、CEDEC2017登壇、CGWORLD特集記事、書 籍監修とかいろいろ。 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  3. 3. 自己紹介  株式会社ジェットスタジオ  2001年設立のCGプロダクション  ゲーム、パチンコ、映画、PVなど様々な3DCG映像を制作  本社とベトナム支社合わせて80~90名ほど © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  4. 4. このセッションから何がわかるの? © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. まずは作成した動画をご覧ください。
  5. 5. このセッションから何がわかるの? © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 映像制作を目的とした…  UE4移行のための3dsMaxデータ作成方法  シーケンサーの簡単な使用方法(3dsMaxカメラのインポート)
  6. 6. アジェンダ 3dsMax編  本日のキャラクターについて  モデルの最適化  テクスチャの再構築  UE4のためキャラクター構成  プロップなどのデータ構成  カメラのアニメーション  各種データの出力 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. UE4編  UE4へのインポート  キャラ、プロップ(スケルタルメッシュ)  アニメーション  動かないもの(スタティックメッシュ)  サンプルコンテンツの活用  シーケンサー  各種トラック作成(カメラのインポート)  クロスフェード  ライティング  ポストプロセス  動画の出力 まとめ
  7. 7. 3dsMax編 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  8. 8. 本日使用するキャラクターについて © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. AREA JAPANコラム 『CharacterArpeggio~3ds Max 2017 キャラクター作成術~』 にて作成したキャラクター  連載時はV-Rayでのプリレンダー仕様で制作していた。  UE4出力用に一部最適化する必要があった。
  9. 9. モデルの最適化 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.  プリレンダー仕様では全てターボスムーズ入れてたけど、さすがに重 そうなので外す。  適宜ポリゴン、ノーマルマップ調整。 (映像出力目的なら軽量化よりクオリティ優先でも良い。)  DCCツール依存のプラグイン部分を最適化。 (HAIRFARM ⇒ 板ポリ化 とか)
  10. 10. モデルの最適化 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  11. 11. モデルの最適化 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  12. 12. テクスチャの再構築 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. V-Ray仕様で作成していたテクスチャをUE4のマテリアル仕様に合わせて再構築 例)V-Ray ⇒ UE4  Diffuse ⇒ そのままBaseColorに  Reflection ⇒ Specular ※無くてもいいかも  金属/非金属マスク ⇒ Metalic  rGlossiness ⇒ 反転してRoughnessに  ノーマルマップ ⇒ そのままNormalに ※ 特殊なマテリアル(髪や眼球)は必要に応じて追加のマップを作成。
  13. 13. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. Bipedベースのリグからスケルタルメッシュに変換する。 スケルタルメッシュ:ボーンでスキニングされたメッシュ+モーファー
  14. 14. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. スケルタルメッシュ移行時(FBX出力)の仕様まとめ  Boneはもちろん使用可能。  Point HelperなんかもDummyに変換されるのでボーン代わりに使用可能。  Bipedも使用可能。FBX出力時にDummyに変換される。親子階層にBiped独特の癖がある。  Biped の Scale SubAnim は Dummyのスケールアニメーションとして出力可能だが、出力後の子階層にシアーが 入るのでやめておいた方がいい。  3dsMaxボーン特有のスケールっぽい動きするやつはニセモノ。  リンク(親子付け)されたメッシュは自動的にスケルタルメッシュに変換されるが、勝手にJointが増えて扱い にくいので非推奨。  『選択を書き出し』では選択したものに加え、上位階層も全て出力される。(子階層以下は無視)  『選択を書き出し』で選択したメッシュのスキンモディファイヤに関連付けられたボーンは、選択していなくて も強制的に出力される。  ひとつのスキンに対して関連付けされているジョイント群(スケルトン)は同一階層内にいなければならない。 (※MultipleRootエラー)  モディファイヤは編集可能オブジェクト(Modified_Object)が入れ子になっていると下の階層が無視される。  モーファーのターゲット側を変形させるやつ禁止。
  15. 15. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. ①ゴリ押し型  とりあえずバラけているジョイント階層を全て同一階層に納める。親子付けメッシュもそのまま。  データはゴミだらけになる。 ②リグ分離型  Biped+追加ボーン+リグ含め同一階層内で整理。  スケルタルメッシュに不要なリグ部分がスキン用ボーンの中間階層に位置しないように注意。  親子付け系はスキン100%に置き換え。  パッと見複雑。 ③完全分離型  スキニング用ボーンとリグ階層を完全に分離して構築。Bipedはコントロールリグとみなす。  後付けでは手間がはんぱない。  見た目はわかりやすい。 ④リグとかもうやめる型  全てジオメトリキャッシュにしてしまう。  フレーム補完注意
  16. 16. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. ①ゴリ押し型  とりあえずバラけているジョイント階層を全て同一階層に納める。親子付けメッシュもそのまま。  データはゴミだらけになる。 ②リグ分離型  Biped+追加ボーン+リグ含め同一階層内で整理。  スケルタルメッシュに不要なリグ部分がスキン用ボーンの中間階層に位置しないように注意。  親子付け系はスキン100%に置き換え。  パッと見複雑。 ③完全分離型  スキニング用ボーンとリグ階層を完全に分離して構築。Bipedはコントロールリグとみなす。  後付けでは手間がはんぱない。  見た目はわかりやすい。 ④リグとかもうやめる型  全てジオメトリキャッシュ(Alembic)にしてしまう。  フレーム補完注意
  17. 17. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  18. 18. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 階層構造
  19. 19. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 階層構造
  20. 20. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. こういうのはダメ
  21. 21. UE4のためのキャラクター構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. こういうのはダメ
  22. 22. プロップなどのデータ構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. モデルに直接アニメーションしてしまっても同一階層内に収めれば強引 にスケルタルメッシュ化可能。
  23. 23. モデルに直接アニメーションしてしまっても同一階層内に収めれば強引 にスケルタルメッシュ化可能。 プロップなどのデータ構成 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  24. 24. カメラのアニメーション © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. カメラを親子階層下に置いてしまうとFBX出力時に階層ごと出力されて しまうため、カメラはワールドに配置。 ⇒ カメラに直接アニメーションをつける or コンストレイント制御
  25. 25. 各種データの出力 キャラ/プロップ(スケルタルメッシュ) 1. 必要なボーン全てとメッシュを選択 2. 『選択を書き出し』でFBXエクスポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  26. 26. 各種データの出力 キャラ/プロップ(アニメーション) 1. 必要なボーン全てとメッシュを選択 2. 『選択を書き出し』でFBXエクスポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  27. 27. 各種データの出力 カメラ 1. カメラだけを選択 2. 『選択を書き出し』で FBXエクスポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  28. 28. 各種データの出力 動かないもの(スタティックメッシュ) 1. メッシュを選択 2. 『選択を書き出し』でFBXエクスポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  29. 29. UE4編 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  30. 30. UE4へのインポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. キャラ/プロップ(スケルタルメッシュ)
  31. 31. UE4へのインポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. キャラ/プロップ(スケルタルメッシュ)
  32. 32. キャラ/プロップ(アニメーション) UE4へのインポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  33. 33. UE4へのインポート © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 動かないもの(スタティックメッシュ)
  34. 34. サンプルコンテンツの活用 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  35. 35. サンプルコンテンツの活用 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. Case1.髪のマテリアル サンプルのマテリアルから必要な部分だけ頂いてくる。
  36. 36. サンプルコンテンツの活用 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. Case1.髪のマテリアル サンプルのマテリアルから必要な部分だけ頂いてくる。
  37. 37. サンプルコンテンツの活用 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. Case2.眼球のマテリアル サンプルのマテリアルインスタンスをそのまま使ってしまう
  38. 38. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. キャラクターのトラック作成
  39. 39. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. カメラのインポート 1. CameraCutsトラックを作成 2. CineCameraActor作成 3. 右クリックからImport
  40. 40. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. カメラのインポート 1. CameraCutsトラックを作成 2. CineCameraActor作成 3. 右クリックからImport と言いたいところですが・・・
  41. 41. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. カメラのインポート 1. CameraCutsトラックを作成 2. CineCameraActor作成 3. 右クリックからImport と言いたいところですが・・・ 3dsMaxから出力されたFBXはFocalLengthが取得できない!? (FOVで記録されているためか)
  42. 42. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 画角のアニメーションがある場合の解決策① ~Mayaを経由する~ 1. MayaにFBXインポート&エクスポート。 2. CineCameraActorにFBXインポート(TransformとFocalLengthのキーど ちらも来る)
  43. 43. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 画角のアニメーションがある場合の解決策② ~Matineeを変換する~ 1. 通常のCameraActor(青いカメラ)を作成 2. シーケンサーのCamera Cuts Trackに追加 3. カメラトラックにFBXインポート(Transformのキーだけ来る) 4. MatineeActor作成 5. 同じカメラFBXをMatineeにインポート 6. MatineeActorをConvert to Level Sequence 7. 6. のLevelSequenceのFOVトラックをコピー 8. 2. のカメラトラックにCameraCompornentを追加しペースト 参考:Importing FBX camera in Sequencer - UE4 AnswerHub
  44. 44. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  45. 45. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. クロスフェードのやり方 SceneCapture2Dでキャプチャした画面をポストプロセスマテリアルで上 乗せすることで可能。 参考:[Mini Tutorial] Camera Crossfade - Unreal Engine Forums 上記のMatineeでのチュートリアルを参考に作成し、シーケンサーにCameraActor, SceneCapture2D, Material Parameter Collection Trackを追加すればOK。
  46. 46. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  47. 47. シーケンサー © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. 画像のオーバーライドくらいならもっとシンプル ポストプロセスマテリアルに画像をはめるだけ。
  48. 48. エフェクト © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved. Cascadeで作成
  49. 49. ライティング © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.  動くものに対するライティングはStationary又は Movableで。※数に制限があるので注意  背景用のライトであればStatic可。※スケルタルメッシュ に影が落ちない。ビルド必須。  サイズや減衰、影の設定。  最後にProductionでライトビルド。
  50. 50. ライティング © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  51. 51. ポストプロセス © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.  カメラ単体又は空間に対して適用可能。  DOF、モーションブラー、カラーグレーディングなど様々なエフェク トをリアルタイムに調整可能。
  52. 52. ポストプロセス © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.  Color Grading LUT を使ったカラーグレーディングが便利。 参考:色対応表 (LUT) によるカラー グレーディング
  53. 53. ポストプロセス © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  54. 54. 動画の出力 © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.  シーケンサーから出力可能。  レンダーパス出力も出来るが、UE4で完結さ せていいと思う。
  55. 55. まとめ © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  56. 56. まとめ © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.
  57. 57. まとめ © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.  レンダリング待ちが無いのでライティングや絵作りが楽。  レンダリング時間を気にして尺をケチるという妥協が無い幸せ。  3dsMaxとAEで実質2回レンダリングしていたのが1回に。  仕様・制約の把握が大変。  仕込みが大変。  プラグインなどでゴリ押しがしにくい。
  58. 58. ご清聴ありがとうございました (質疑応答) © 2017 Jet Studio Inc. All Rights Reserved.

Editor's Notes

  • ロゴとジャンプ2つ
  • Specularはあまりいじくり回すものではないのでRefは捨てても良いかも
    いずれにせよマテリアルは要調整
  • 詳細は割愛
  • 選択しやすいようにレイヤーで分けておくと良い。
  • ・余計なリグオブジェクトが出力される。
    ・MultipleRootエラーが出る。
  • ・余計なリグオブジェクトが出力される。
    ・MultipleRootエラーが出る。
  • 玉の例
  • 壊しの例
  • プロップの例の場合は階層ごと全て選択すればOK
    Zupで
  • Zupで
  • AnimationにチェックをいれZupで出力すればOK
    シーケンサーはYupでもうまくいくので謎
  • Zupで
  • ※TransformもMatinee経由すると90度ズレる問題が発生しやすいのでFOVだけMatinee経由で
    ※①と②では使うカメラの種類が違うので注意(Depth Of Fieldの設定方法とか)
  • 最後のロゴ
  • 詳細は割愛します。
  • 色対応表 (LUT) によるカラー グレーディング
    https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/Rendering/PostProcessEffects/UsingLUTs/index.html

×