Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

全脳アーキテクチャ勉強会 第2回 (山川)

3,538 views

Published on

Published in: Technology
  • 第2回全脳アーキテクチャ勉強会(http://atnd.org/event/E0023316)は2014年1月31日に,230名近くの方々が参加し大盛況のうちに終了しました.

    関連したスライドは,以下になります.

    ・開催趣旨説明、「大脳皮質と Deep Learning」産業技術総合研究所 一杉 裕志
    https://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/brain-archi/20140131wba.pdf

    ・「Deep Learning技術の今」株式会社プリファードインフラストラクチャー (PFI) 得居 誠也 氏
    http://www.slideshare.net/beam2d/deep-learning20140130

    ・パネル討論資料: WBAの実現に向けて: 大脳新皮質モデルの視点から
    http://www.slideshare.net/HiroshiYamakawa/wba-2nd-v2ss

    関連したFacebookサイトも開設しています.
    https://www.facebook.com/groups/whole.brain.architecture/


    ------------
    2013年12月19日に開催された第一回(http://atnd.org/event/E0022131)の講演資料も公開されています.

    ・勉強会開催の主旨説明(一杉裕志)
    http://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/brain-archi/20131219wba-shusi.pdf

    ・AIの未解決問題とDeep Learning(松尾豊)
    http://www.slideshare.net/yutakamatsuo/ss-29407641?from_search=3

    ・脳の主要な器官の機能とモデル(一杉裕志)
    http://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/brain-archi/20131219model.pdf

    ・脳を参考として人レベルAIを目指す最速の道筋(山川宏)
    http://www.slideshare.net/HiroshiYamakawa/2013-1219ss
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

全脳アーキテクチャ勉強会 第2回 (山川)

  1. 1. パネリスト: 酒井宏,得居誠也,一杉裕志, 松尾豊 (進行: 山川宏) 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 1
  2. 2. Human-Level AI AIで未実現の知能は,大脳新皮質の表現学習に関連 実現可能な知能 理想的な知能 (計算できない) 人の知能 α 人工知能 制御理論 (小脳) D 汎用性 創造性 直観 情報評価 (扁桃体) 効率的な, 四則演算, 論理推論 パターン認識 Deep Learning (DL) 大量データ からの検索 強化学習 (大脳基底核) D: 人の新皮質が現状Deep Learning(DL)より優れている知能 α: DLと無関係に,AIが人レベルではない知的機能の集合 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 2
  3. 3. Human-Level AI AIで未実現の知能は,大脳新皮質の表現学習に関連 実現可能な知能 理想的な知能 (計算できない) WBAは,最初に人を超え 人の知能 人工知能 るAIを実現しうる有力な D α アプローチ. 制御理論 (小脳) 汎用性 創造性 直観 情報評価 (扁桃体) 効率的な, 四則演算, 論理推論 パターン認識 Deep Learning (DL) 大量データ からの検索 強化学習 (大脳基底核) D: 人の新皮質が現状Deep Learning(DL)より優れている知能 α: DLと無関係に,AIが人レベルではない知的機能の集合 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 3
  4. 4. 人工知能学会2014年5月号: 1. AGI概観: Ben Goertzel氏 2. AGIへの期待: 松原仁氏 3. 2045年に何が起こるのか:松田卓也 4. ユニバーサルAI(AIXI)解説: 相澤先 生,小林先生 5. AGI-13の会議報告: 荒川様・ジェプ カ様 6. 輪読会の状況報告: 山川・市瀬 7. AGIのロードマップ:篠田様訳 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 4
  5. 5. 現状の情報技術で未解決/未解明の計算機能はどこに? 創造性,汎用性,直観など  要素的技術のレベル ◦ 神経科学: 局所神経回路 ◦ 情報技術: 自己組織化マップ(SOM),多層パーセプトロン(MLP), 独立成分分析  統合アーキテクチャ技術のレベル ◦ 神経科学: 領野間結合,大脳基底核/海馬などの連携 ◦ 情報技術: 強化学習,Deep Learning, 認知アーキテクチャー, 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 5
  6. 6. •高齢者転倒原因解明 •触覚を用いて人を抱き 上げるロボット •人の直観を活かす環境 の構築 生物に活かす応用(医療等) [理学] (知ることに価値あり) 医療工学などをはじ めとして多くの応用が ある. 生物に学ぶ 総合技術 ② ① 生物から離れた応用 [工学] (性能に価値あり) ③ ④ • • • • 生物に学ぶ 要素技術 梟に学ぶ静音パンタグラフ ハスの葉に学ぶ超撥水 パーセプトロン 海馬のシータ位相歳差から情報 表現を学んだ. 機能を機構に 対応させやすい 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 6
  7. 7.  AIにおける本質的な未解決問題(基本問題)は ◦ フレーム問題 ◦ シンボルグラウンディング問題  いずれも表現獲得に係る. 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 7
  8. 8. 1. 新皮質モデルの表現獲得能力 2. 脳制約はガイドたりうるか(足枷ではなく) なぜ脳を真似るのか? 3. WBAのベンチマークとロードマップ 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 8
  9. 9.  Deep Learningはどのように成功したか ◦ 脳にガイドされた部分はあるのか,それは何か?  現状モデル(Deep Learning)の限界は何か?  限界はどのように突破されうるか? ◦ さらに脳に学ぶ必要があるのだろうか? 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 9
  10. 10. 脳制約足枷論:工学にとって,脳を真似ることは単なる 足枷でしかない.しかも脳科学を学ぶのは骨が折れる  そもそも脳から学ぶ工学的な価値は何か?  脳のガイドのもとに新たな要素技術は生み出せるか?  脳にガイドされた統合技術は可能なのか?  どこまで脳に似せておけば,脳がガイドとして機能すると 期待できるか? ◦ Deep Learningは脳に学んだ統合アーキテクチャの例か? 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 10
  11. 11.  汎用的なWBA技術の評価ベンチマークはどうあるべ きか?  そして段階的に何を目標として進んでいくべきか?  ベンチマーク自体が汎用である必要があるか? ◦ 汎用のベンチマーク: Robocup@Homeのような ◦ 特化したベンチマーク: 特定の課題 第2回 全脳アーキテクチャー勉強会 2014/1/30 11

×