Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Interact2019 ws2019 s2d_IN05

1,335 views

Published on

Windows Server 2019 の S2D (Storage Spaces Direct) アップデート情報です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Interact2019 ws2019 s2d_IN05

  1. 1. Windows Server 2016 および 2019 の Storage Spaces Direct (S2D) MICROSOFT MVP CLOUD AND DATACENTER MANAGEMENT 松本 裕志 2019年6月29日 うるしまカップ 2019 #msinteract19 #IN05
  2. 2. ⚫ 松本 裕志 (Matsumoto, Hiroshi) ⚫ ハードウェアメーカー 勤務 ⚫ Hyper-V、S2D の設計構築や Azure Stack のインストールなど。 ⚫ System Center User Group Japan メンバー ⚫ ブログ:https://mhiroblog.wordpress.com/ ⚫ Facebook:https://www.facebook.com/people/Hiroshi-Matsumoto/100012360255052 自己紹介
  3. 3. System Center User Group Japan 第20回 勉強会 2019年7月20日 13時から@品川 https://scugj.connpass.com/event/135520/
  4. 4. ⚫ Storage Spaces Direct とは ⚫ What’s New 1. Windows Admin Center 2. Scale up to 4 PB per cluster (クラスターごとに 4 PB まで拡張可能) 3. Native support for persistent memory (パーシステントメモリのネイティブ サポート) 4. Deduplication and compression (重複除去と圧縮) 5. Cluster Aware Updating (クラスター対応更新) 6. Performance history (パフォーマンスヒストリー) 7. Drive latency outlier detection (ドライブの待機時間に関する外れ値の検出) 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) 10. Nested resiliency for two-node HCI at the edge (エッジの 2 ノード HCI に対する入れ子の回復性) 11. USB Witness (USB 監視) ⚫ まとめ Agenda
  5. 5. Storage Spaces Direct
  6. 6. S2D とは ⚫ 業界標準のハードウェアのローカルディスクで構成する Software Defined Storage の技術 ⚫ CI (Converged Infrastructure) や HCI (Hyper-Converged Infrastructure) に利用
  7. 7. Windows Server 2019 OS Edition Datacenter Standard Core Functionality 〇 〇 OSE/Hyper-V/Containers 上限なし 2 Windows Server Containers 上限なし 上限なし S2D Direct/ Storage Replica 〇 × Shielded VM, HGS 〇 × SDN 〇 ×
  8. 8. いままでのインフラストラクチャ ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI)
  9. 9. Internal Use - Confidential Industry-standard servers with internal drives
  10. 10. Internal Use - Confidential No shared storage, no fancy cables – just Ethernet
  11. 11. Internal Use - Confidential Create cluster
  12. 12. Internal Use - Confidential
  13. 13. Internal Use - Confidential Software-defined “pool” of storage
  14. 14. Internal Use - Confidential
  15. 15. Internal Use - Confidential Create volumes
  16. 16. Internal Use - Confidential Hyper-Converged Infrastructure (HCI)
  17. 17. 構築オプション DIY1 2 パートナーソリューション
  18. 18. DO IT YOURSELF
  19. 19. DO IT YOURSELF 記憶域スペース ダイレクトのドライブ要件 • SATA ドライブの直接接続 • NVMe ドライブの直接接続 • SAS ドライブで SAS ホスト バス アダプター (HBA) • SATA ドライブを使用した SAS ホスト バス アダプター (HBA) • RAID コント ローラー カードまたは SAN (ファイバ チャネル、iSCSI、FCoE) ストレージはサポートされていません。 ホスト バス アダプター (HBA) カードでは、 単純なパススルー モードを実装する必要があります。
  20. 20. Windows Server 2016 までは… Windows Server Software-Defined (WSSD)
  21. 21. Windows Server 2019 からは Azure Stack HCI https://www.microsoft.com/en-us/cloud-platform/azure-stack-hci-catalog
  22. 22. ハードウェア
  23. 23. Azure Stack / Azure Stack HCI Hybrid Security Application Innovation Hyper-converged Infrastructure
  24. 24. Azure Stack とは 特徴 ⚫ 動作検証済みのハードウェアパートナーから提供 ⚫ x86 サーバー で構成 ⚫ Software Defined の HCI 環境 ⚫ Azure との一貫性をオンプレミスで ⚫ Azure Marketplace の利用 ユースケース ⚫ ハイブリットクラウドアプリケーション構築 ⚫ オンプレミスで Azure サービスの利用 ⚫ プライベートクラウド (IaaS、PaaS、AKSなど)
  25. 25. Azure Stack HCI とは 特徴 ⚫ 動作検証済みのハードウェアパートナーから提供 ⚫ x86 サーバー で構成 ⚫ Software Defined の HCI 環境 ⚫ Windows Server 2019 データセンターエディション ⚫ Azure と ハイブリット データセンター ユースケース ⚫ 仮想基盤のリプレース ⚫ ブランチオフィスに設置 (2ノードなど) ⚫ VDI 基盤
  26. 26. Azure ファミリーの比較 Public Cloud Hybrid Cloud クラウドサービスをオンプレで Hybrid Data Center 検証済み HCI 環境をオンプレで Azure Azure Stack Azure Stack HCI Cloud compute, storage, and networking Azure hardware Hyperconverged, compute, storage, and networking 業界標準のハードウェア Azure Portal, API, IaaS and PaaS, and cloud platform admin tools On premises 利用できるサービス 100 を超えるサービスが 全世界 54 リージョンで利用可能 利用できるサービス Azure 仮想マシン (Windows 、Linux) Azure App Service と Functions Azure Key Vault Azure Resource Manager Azure Marketplace Containers Azure IoT Hub and Event Hubs Admin tools (Plans, offers, RBAC, etc.) 利用できるサービス 検証済みの HCI ソリューション (Windows Server 2019 の S2D と Hyper-Vを使用) Windows Admin Center での管理 Azure と ハイブリットで利用 Azure Backup Azure Site Recovery Azure Monitor や Update Management
  27. 27. Dell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCI ⚫ S2DRN (Storage Spaces Direct Ready Node) と呼ばれています。 ⚫ 検証済みのハードウェアで、16種類の構成パターンが可能です。 R740xd Storage Spaces Direct RN R640 Storage Spaces Direct RN R440 PowerEdge R740xd2 Storage Spaces Direct RN 特徴 ⚫ Windows Server 2016/2019 対応 ⚫ RDMA 採用 ⚫ オールフラッシュ構成 (NVMe、SSD) ⚫ ハイブリッド構成 (NVMe、SSD、HDD) ⚫ 2 ~ 16 ノード構成 ⚫ リファレンスアーキテクチャ
  28. 28. ハードウェア サポートマトリックス ⚫ ハードウェアのサポートマトリックスを公開しています。 BIOS、NIC、ディスク (NVMe、SSD、HDD)、スイッチ など検証済みハードウェアとFirmware で、安心して利用できます。 https://www.dell.com/support/article/au/en/aubsd1/sln313550/support-matrix-for-dell-emc-solutions-for-microsoft-azure- stack-hci?lang=en
  29. 29. What’s New Windows Server 2019
  30. 30. 1. Windows Admin Center 2. Scale up to 4 PB per cluster (クラスターごとに 4 PB まで拡張可能) 3. Native support for persistent memory (パーシステントメモリのネイティブ サポート) 4. Deduplication and compression (重複除去と圧縮) 5. Cluster Aware Updating (クラスター対応更新) 6. Performance history (パフォーマンスヒストリー) 7. Drive latency outlier detection (ドライブの待機時間に関する外れ値の検出) 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) 10. Nested resiliency for two-node HCI at the edge (エッジの 2 ノード HCI に対する入れ子の回復性) 11. USB Witness (USB 監視) What’s New : Storage Spaces Direct
  31. 31. 1. Windows Admin Center
  32. 32. Limit / Recommendation Windows Server 2016 Windows Server 2019 Increase Max servers per cluster 16 16 - Max drives per cluster 416 416 - Max raw capacity per cluster 1 PB 4 PB 4x Max raw capacity per server 100 TB 400 TB 4x Max number of volumes 32 64 2x Max size per volume 32 TB 64 TB 2x 2. Scale up to 4 PB per cluster (クラスターごとに 4 PB まで拡張可能)
  33. 33. ~ 10 ms 10,000,000 ns ~ 1 µs 1,000 ns ~ 0.1 ms 100,000 ns ~ 0.1 ms 100,000 ns Faster Slower Persistent Memory Non-Volatile Memory Express Solid-State Drive Hard Disk Drive 3. Native support for persistent memory (パーシステントメモリのネイティブ サポート)
  34. 34. Intel® Optane™ DC PM 3D X-Point as DDR4 module 128GB、256GB、512GB (Up to 6TB per Socket) Intel® Optane™ P4800X NVMe 3D X-Point as PCIe add-in-card Intel Optane DC パーシステント・メモリー
  35. 35. Internal Use - Confidential The very latest from Intel 12 x Intel® S2600WFT ✓ 384 GiB (12 x 32 GiB) memory ✓ 2 x 28-core future Intel® Xeon® Scalable processor ✓ 1.5 TB Intel® Optane™ DC persistent memory as cache ✓ 32 TB NVMe (4 x 8TB Intel® DC P4510) as capacity ✓ 2 x Mellanox ConnectX-4 25 Gbps The very latest from Microsoft ✓ Windows Server 2019 ✓ Insider Preview, build 17713 ✓ Hyper-V + Storage Spaces Direct
  36. 36. NEW IOPS RECORD 3 7 9 8 6 7 41 ,, Monday, September24, 2018 | Windows Server2019 with Intel® Optane™ DC persistentmemory
  37. 37. ⚫ ReFS で重複排除を利用可能 ⚫ Windows Admin Center から 1クリックで有効化 ⚫ 64TB のボリューム、1TB のファイルをサポート ⚫ 利用するには役割のインストールが必要 ➢ Install-WindowsFeature -Name FS-Data-Deduplication ➢ Install-WindowsFeature -Name Hyper-V,Failover-Clustering,Data-Center-Bridging,FS-Data-Deduplication - IncludeAllSubFeature -IncludeManagementTools –Verbose ⚫ Dedup をボリュームに対して有効にする ➢ Enable-DedupVolume -Volume "D:" -UsageType HyperV ➢ Enable-DedupVolume –Volume “¥¥?¥Volume{92922839-317A-4405-B0AB-1CA0BE90371E}¥“-UsageType HyperV 4. Deduplication and compression (重複除去と圧縮) 対象 削減効果 ドキュメント、写真、ビデオなど 30 – 50 % ファイルサーバー 50 – 60 % 仮想化ライブラリ (VHDファイル、ISO) 80 – 90 %
  38. 38. ⚫ サーバーマネージャーからも 重複除去を有効にすることができます。 4. Deduplication and compression (重複除去と圧縮)
  39. 39. 4. Deduplication and compression (重複除去と圧縮) 容量固定 100GB VHDX の仮想マシン が5台
  40. 40. 5. Cluster Aware Updating (クラスター対応更新) ⚫ クラスターノードのパッチ適用を自動化 ⚫ WSUS と Windows Update に標準対応 ⚫ S2D に対応、ストレージの同期が完了してから次のノード再起動。 Server 1 Server 2 Server 3 Server 4
  41. 41. 5. Cluster Aware Updating (クラスター対応更新) ⚫ 再起動後の ストレージの同期
  42. 42. 5. Cluster Aware Updating (クラスター対応更新) ⚫ 再起動後の ストレージの同期
  43. 43. 6. Performance history (パフォーマンスヒストリー) ⚫ リソース使用率とパフォーマンスを簡単に可視化できる機能です。 ⚫ Get-ClusterPerformanceHistory (Get-ClusterPerf) か、Windows Admin Center から確認できます。 ⚫ 50以上の重要なカウンターを自動的に収集し、クラスターに最大1年間保存されます。(16GB の3方向ミラー、約50GB) データ取得対象 詳細 Drives What's collected for drives Network adapters What's collected for network adapters Servers What's collected for servers Virtual hard disks What's collected for virtual hard disks Virtual machines What's collected for virtual machines Volumes What's collected for volumes Clusters What's collected for clusters タイムフレーム 間隔 保持期間 LastHour 10 秒毎 1 時間 LastDay 5 分毎 25 時間 LastWeek 15 分毎 8 日間 LastMonth 1 時間毎 35 日間 LastYear 1 日毎 400 日間 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/storage-spaces/performance-history
  44. 44. 6. Performance history (パフォーマンスヒストリー) ⚫ クラスターコアリソースとして、Cluster Performance History という名前で仮想ディスクが作成される ⚫ 16GB の3方向ミラーのため、50GB 程度 StoragePool から払い出される
  45. 45. 6. Performance history (パフォーマンスヒストリー) ⚫ コマンド例 オブジェクト コマンド例 Get-PhysicalDisk Get-PhysicalDisk -SerialNumber "XYZ456" | Get-ClusterPerf Get-NetAdapter Get-NetAdapter -Name NIC1 | Get-ClusterPerf -TimeFrame LastHour Get-ClusterNode Get-ClusterNode "Server123" | Get-ClusterPerf Get-VHD Get-VHD "C:¥ClusterStorage¥MyVolume¥MyVHD.vhdx" | Get-ClusterPerf Get-VM Get-VM "MyVM" | Get-ClusterPerf Get-Volume Get-Volume -FriendlyName "MyVolume" | Get-ClusterPerf Get-Cluster Get-Cluster "MyCluster" | Get-ClusterPerf https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/storage-spaces/performance-history#specify-the-object
  46. 46. 7. Drive latency outlier detection (ドライブの待機時間に関する外れ値の検出) ⚫ Azure で実績のあるアプローチで、待ち時間が異常なドライブを特定 ⚫ 低速ドライブには “Abnormal Latency” というラベルを付与 ⚫ Windows Admin Center でも警告アラートを表示
  47. 47. 7. Drive latency outlier detection (ドライブの待機時間に関する外れ値の検出) ⚫ コマンド例 Get-PhysicalDisk -SerialNumber * | Get-StorageHistory
  48. 48. Azure-inspired outlier detection algorithm (6) Group A (5) Group B (17) Group C Latency 7. Drive latency outlier detection (ドライブの待機時間に関する外れ値の検出) ⚫ Azure で培われた検出アルゴリズムを使用
  49. 49. 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) ⚫ Windows Server 2016 までは、すべてのノードにデータが配置されていました。
  50. 50. 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) ⚫ 3/6 台のノードで障害が発生した場合、すべてのボリュームが利用不可になっていました。
  51. 51. 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) ⚫ Windows Server 2019 では、ボリュームの回復性に応じてデータ配置されるノード数を制限することができます。 ⚫ 3 方向ミラーのみ設定することが可能です。Parity や Mirror Accelerated Parity ボリュームでは利用できません。
  52. 52. 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) ⚫ 3/6 台に障害が発生しても、データを持つノードにすべてに障害が起きなければボリュームを継続利用できるようになりまし た。
  53. 53. 8. Delimit the allocation of volumes (ボリュームの割り当てを区切る) ⚫ Delimit ボリュームを作成するコマンドです。データを配置するノード は “0~#” で指定します。 ⚫データがどのノードに配置されたかは、下記スクリプトファイルを実行することで確認できます。 ⚫ Get-VirtualDiskFootprintBySSU.ps1 # Delimit Volume $Servers = Get-StorageFaultDomain -Type StorageScaleUnit | Sort FriendlyName New-Volume -FriendlyName "Volume02" -Size 500GB -StorageFaultDomainsToUse $Servers[0,1,2] ノード 4 ~ 6 にデータを配置した例です。
  54. 54. 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) ⚫ ミラーとパリティを組み合わせた仮想ディスクのパフォーマンスが向上しました。 ⚫ パリティ計算の効率がよくなりました。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/refs/mirror-accelerated-parity Capacity efficiency in % Storage performance in IOPS * Mirror-accelerated parity outperforms dual parity, especially in Windows Server 2019, but three-way mirror remains the clear performance leader. * Three-way mirror has 33.3% storage efficiency. Dual parity starts at 50.0% and goes up to 80.0%. Mirror-accelerated parity is in between. Three-way mirror Dual parity Mirror-accelerated parity Three-way mirror Dual parity Mirror-accelerated parity 2 倍
  55. 55. 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) ⚫ 高速なミラーボリュームと容量重視のパリティを組 み合わせた階層化ディスクです。 ⚫ 3 方向ミラーのボリュームを利用するよりも、容量 効率が良いです。 ⚫ Mirror Accelerated Parity の容量効率は 40 ~50 % です。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/refs/mirror-accelerated-parity
  56. 56. 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) ⚫ 高速なミラー領域に書き込み、容量効率のよいパリティ領域にデータをローテーションします。 ⚫ ミラーからパリティへのデータローテーション開始の容量閾値は、ミラー領域が 85% です。 ⚫ レジストリにより、閾値の変更が可能です。 ⚫ ミラーとパリティの比率は、2:8 が推奨値となります。 ⚫ Mirror-accelerated parity のデータ書き込みは 3パターンあります。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/refs/mirror-accelerated-parity
  57. 57. 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) ミラー領域への書き込み ⚫ 1a, “既存データの更新“ が ミラー領域にあり、空き容量もある場合はミラー領域に書き込みをする。 ⚫ 1b, “新規書き込み” でミラー領域に空きがあれば、ミラー領域に書き込みをする。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/refs/mirror-accelerated-parity
  58. 58. 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) パリティ領域データを、ミラー領域へ新規書き込み (この動作がパフォーマンス向上を実現した!) 1. 入力書き込みがパリティ領域にあることを確認します。 2. ミラー領域の空き領域を確認します。 3. ミラー領域に空き領域を見つけた場合は、パリティ領域の既存データを無効にします。 4. ミラー領域に新規書き込みを行います。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/refs/mirror-accelerated-parity
  59. 59. 9. Mirror-accelerated parity is 2X faster (ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現) パリティ領域への書き込み ミラー領域で十分な空き領域を見つけられない場合は、パリティ領域に 新規データ書き込み or 既存データを修正をします。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/refs/mirror-accelerated-parity
  60. 60. Internal Use - Confidential ParityMirror 0, 1, 2, 3… ...N Data Data Data P1 Server 1 Server 2 Copy Copy Copy P1 Data Copy Copy Copy Parity Within server Two-way mirror Within server Two-way mirror Between servers Volume Mirror 0, 1, 2, 3… ...N Server 1 Server 2 Data Copy Copy Copy Two-way mirror Within server Two-way mirror Between servers Volume …that’s it, it’s like four-copy mirror! Nested two-way mirror Nested mirror-accelerated parity ~25% Usable ~40% Usable 10. Nested resiliency for two-node HCI at the edge (エッジの 2 ノード HCI に対する入れ子の回復性)
  61. 61. Two-way mirror – Copy Server 1 Server 2 ディスク障害 サーバー障害 1度に2ノード障害
  62. 62. Server 1 Server 2 0 1 0 1 0 1 0Data 0 1 0 1 0 1 0 0 1 0 1 0 1 0Copy 0 1 0 1 0 1 0 Nested resiliency 1度に2つの障害にも対応可能 Server 1 Server 2 0 1 0 1 0 1 0Data 0 1 0 1 0 1 0 0 1 0 1 0 1 0Copy 0 1 0 1 0 1 0
  63. 63. “Storage is cheap, downtime is expensive” Two-way mirror Nested mirror-accelerated parity 50 TB Physical 25 TB Usable 50 TB Physical 20 TB Usable
  64. 64. Windows Server 2019 で利用できる回復性 回復性 最小限必要な障害ドメイン 障害の許容数 容量効率 Two-way mirror 2 1 50.0% Three-way mirror 3 2 33.3 % Dual parity 4 2 50.0% - 80.0% Mirror Accelerated Parity 4 2 33.3% - 80.0% Nested Two-way mirror 2 ノードのみ利用可 2 25 % Nested mirror-accelerated parity 2 ノードのみ利用可 2 40 %
  65. 65. # 2way Mirror • New-Volume -FriendlyName "Volume01-2w" -StoragePoolFriendlyName *S2D* -Size 100GB -ResiliencySettingName Mirror -PhysicalDiskRedundancy 1 - Verbose # 3way mirror • New-Volume -FriendlyName "Volume02-3w" -StoragePoolFriendlyName *S2D* -Size 100GB -ResiliencySettingName Mirror -Verbose # Dual Parity • New-Volume -FriendlyName "Volume03-dp" -StoragePoolFriendlyName *S2D* -Size 100GB -ResiliencySettingName Parity -Verbose # Mirror Accelerated Parity • New-StorageTier -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName Performance -ResiliencySettingName Mirror -NumberOfDataCopies 2 -MediaType HDD • New-Volume -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName Volume04-map -StorageTierFriendlyNames Performance,Capacity -StorageTierSizes 20GB,80GB ## Nested Mirror (2ノード構成のみ) • New-StorageTier -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName NestedMirror -ResiliencySettingName Mirror -NumberOfDataCopies 4 -MediaType HDD • New-Volume -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName Volume05-n2w -StorageTierFriendlyNames NestedMirror -StorageTierSizes 100GB -Verbose ## Nested Parity (2ノード構成のみ) • New-StorageTier -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName NestedMirror -ResiliencySettingName Mirror -MediaType HDD -NumberOfDataCopies 4 • New-StorageTier -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName NestedParity -ResiliencySettingName Parity -MediaType HDD -NumberOfDataCopies 2 - PhysicalDiskRedundancy 1 -NumberOfGroups 1 -FaultDomainAwareness StorageScaleUnit -ColumnIsolation PhysicalDisk • New-Volume -StoragePoolFriendlyName S2D* -FriendlyName Volume06-nmap -StorageTierFriendlyNames NestedMirror,NestedParity -StorageTierSizes 20GB,80GB Windows Server 2019 で作成できる ボリュームの作り方
  66. 66. 11. USB Witness (USB 監視) ⚫ SMB2 対応デバイスをサポートするファイル共有監視 ⚫ ネットワーク機器に接続した USB デバイスを利用してクォーラ ムを構成 ⚫ 他サーバーや AD に共有フォルダを作成する必要なし ⚫ インターネット接続して Cloud Witness を利用する必要なし ⚫ クォーラム設定する際に、資格情報を指定できるようになった Set-ClusterQuorum -FileShareWitness ¥¥Server¥Share -Credential $(Get-Credential)
  67. 67. まとめ ⚫ WSSD から “Azure Stack HCI” にリブランディング ⚫ 認定ハードウェアパートナーの増加 (17社) ⚫ ハードウェアパートナー検証済みのハードウェアで利用できる ⚫ Azure Stack でも利用されている基盤 ⚫ 2 ノードから大規模環境まで利用することができる ⚫ Nested ボリュームを利用して、2ノードの耐障害性が向上 ⚫ Mirror Accelerated Parity で容量効率を重視しつつ、パフォーマンスも向上 ⚫ ReFS の Dedup 利用でストレージ効率増 ⚫ Windows Admin Center を利用することで、GUI で操作が可能 ⚫ 障害検出やパフォーマンスヒストリーなどの運用面の機能も向上
  68. 68. Reference • 記憶域スペース ダイレクトのハードウェア要件 – https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/storage/storage-spaces/storage-spaces-direct-hardware-requirements • 既存オンプレミスシステムのモダナイゼーションを実現する 「Azure Stack HCI」 – https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/17/microsoft1222/p9/?n_cid=nbpad_fbbn&fbclid=IwAR0FCOI- p9X0xA7MYVMWRyeEOhsWBKNebzI63GySn6AeJT-nKUdvkmmUMog • Azure Stack HCI の発表:Azure Stack ファミリの新メンバー – https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-azure-stack-hci-a-new-member-of-the-azure-stack-family/ • Windows Server software-defined datacenter – https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/sddc • 「Azure Stack HCI」の概要と狙い - マイクロソフトが説明会 – https://news.mynavi.jp/article/20190422-812998/ • Get Started with Windows Server 2019 – https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/get-started-19/get-started-19 • Hyper-converged infrastructure – https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/get-started-19/whats-new-19#hyper-converged-infrastructure • Github:WSLab/Scenarios/S2D Volumes deep dive/ – https://github.com/Microsoft/WSLab/tree/master/Scenarios/S2D%20Volumes%20deep%20dive
  69. 69. Appendix • S2D 環境の設定確認には、下記スクリプトが便利です。 • Audit-S2D.ps1 – https://github.com/SerreRom/TechCoffee/blob/master/PowerShell/Audit-S2D/Audit-S2D.ps1 • S2D 関連の設定情報を html ファイル形式で出力してくれます。
  70. 70. Microsoft/WSLab クリック

×