Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
TensorFlowの動作環境構築
WINDOW + VIRTUALBOX(CENTOS OR UBUNTU)
おまけ:WINDOWS10+ANACONDA
先端IT活用コンソーシアム(HTTP://AITC.JP/)
TENSORFLOW研究...
想定環境
 OS
 Windows + VirtualBox(CentOS or Ubuntu)
- 2016年11月頃より公式にWindows10に対応
 VirtualBox上で動かしているだけなので、通常のCentOS or Ubu...
VirtualBoxのインストール
• Windows Installerをクリック
• exeファイルをダウンロードし、インストール
【ダウンロード】
http://www.oracle.com/technetwork/server-stor...
仮想OSのイメージをダウンロード
※ここでは例としてUbuntuを利用
【ダウンロード】
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.h...
ISOイメージを利用し、VirtualBox上で仮想OSを作成
1
2
3
【VirtualBoxを起動】
①新規→②で「その他」をクリック
③先ほどダウンロードしたISOイメージを指定
VirtualBox上の仮想OSの設定について
 仮想OSに割り当てるメモリは1GB以上あるとハッピー
 仮想OSに割り当てるHDD/SSDは10GB以上あるとハッピー
とりあえず動かして検証してみるだけであれば、CentOSやUbuntu...
VirtualBox上の仮想OSの起動
インストールされたUbuntu VirtualBox上で起動したUbuntu
Anacondaによるpython環境構築(1/2)
【ダウンロード】
https://www.continuum.io/downloads
仮想化したUbuntu上のブラウザでアクセスし、Linux版をダウンロード
pythonの仮想環境構築...
【インストール】
$ bash Anaconda3-x.x.x-Linux-x86_64.sh
途中、ライセンスの確認や環境変数の設定確認が入るので、すべて yes と入力
Pythonのバージョンを確認し、下記の画面が出たらAnaconda環...
そもそもAnacondaってなに?
 pythonの様々なパッケージ・ライブラリが一括してインストールできるpythonのディス
トリビューション
 condaコマンドでバージョン管理やパッケージ・ライブラリのインストール・アンイン
ストー...
Anaconda環境下でのTensorFlow (1/5)
 TensorFlowをはじめ、pythonの各種ディープラーニングフレームワーク
はインストールされているパッケージ・ライブラリの影響を受けることが
多い
 condaコマンドで...
 tensorflowというディレクトリを作成し、移動する
 condaコマンドでpythonの仮想環境を作成
コマンド: conda create -n 仮想環境名 python=x.x インストールパッケージ
$ conda creat...
 TensorFlowのインストール
condaで作成したtensorflow仮想環境をアクティベートし、pipまたはcondaでインストールが可能
$ conda install -c conda-forge tensorflow
または
...
 Jupyter Notebook上での起動(Anacondaには組み込み済み)
Newタブをクリックすると、デ
フォルトのpython環境に加え、仮
想環境として作成したカーネルも
認識してくれるため、コマンドラ
インからアクティベーション...
TensorFlowをimportし、「Hello AITC TensorFlow」を出力
Anaconda環境下でのTensorFlow (5/5)
TensorFlowがWindows10に対応
 TensorFlowがv0.12からWindows10に対応(Anniversary Updateでbashが使えるようになったため)
1. Anaconda公式サイトからWin用のexeファ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Windows+VirtualBoxで作るTensorFlow環境

1,590 views

Published on

先端IT活用コンソーシアム
TensorFlow研究会公開資料です。

Windows+VirtualBoxで作成するTensorFlowの実行環境と、
おまけでWindows10で動作するTensorFlow環境を簡単にまとめています。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Windows+VirtualBoxで作るTensorFlow環境

  1. 1. TensorFlowの動作環境構築 WINDOW + VIRTUALBOX(CENTOS OR UBUNTU) おまけ:WINDOWS10+ANACONDA 先端IT活用コンソーシアム(HTTP://AITC.JP/) TENSORFLOW研究会 稲村博央 TensorFlow, the TensorFlow logo and any related marks are trademarks of Google Inc.
  2. 2. 想定環境  OS  Windows + VirtualBox(CentOS or Ubuntu) - 2016年11月頃より公式にWindows10に対応  VirtualBox上で動かしているだけなので、通常のCentOS or Ubuntu上でももち ろんOK  Anaconda3がインストールされた環境を想定  anacondaは利用者が比較的多い  初心者がpython環境構築としてanacondaを利用することが多い
  3. 3. VirtualBoxのインストール • Windows Installerをクリック • exeファイルをダウンロードし、インストール 【ダウンロード】 http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html
  4. 4. 仮想OSのイメージをダウンロード ※ここでは例としてUbuntuを利用 【ダウンロード】 http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html • ISOイメージををダウンロード
  5. 5. ISOイメージを利用し、VirtualBox上で仮想OSを作成 1 2 3 【VirtualBoxを起動】 ①新規→②で「その他」をクリック ③先ほどダウンロードしたISOイメージを指定
  6. 6. VirtualBox上の仮想OSの設定について  仮想OSに割り当てるメモリは1GB以上あるとハッピー  仮想OSに割り当てるHDD/SSDは10GB以上あるとハッピー とりあえず動かして検証してみるだけであれば、CentOSやUbuntuが最低限動くスペックを 確保できていればOK この後、インストールは通常のCentOSやUbuntuのインストールと同様に進みます。
  7. 7. VirtualBox上の仮想OSの起動 インストールされたUbuntu VirtualBox上で起動したUbuntu
  8. 8. Anacondaによるpython環境構築(1/2) 【ダウンロード】 https://www.continuum.io/downloads 仮想化したUbuntu上のブラウザでアクセスし、Linux版をダウンロード pythonの仮想環境構築「pyenv」を利用し、Anaconda環境を仮想的に作ることもできるが、今回は通常インストール (Anaconda環境下ではcondaコマンドでpythonの仮想環境が構築でき、TensorFlow環境をそこで構築するため、仮想仮想仮想・・・とわけわから ないことになってしまうため)
  9. 9. 【インストール】 $ bash Anaconda3-x.x.x-Linux-x86_64.sh 途中、ライセンスの確認や環境変数の設定確認が入るので、すべて yes と入力 Pythonのバージョンを確認し、下記の画面が出たらAnaconda環境の構築が完了 Anacondaによるpython環境構築(2/2) ※2016年11月時点でanacondaの最新版はAnaconda3-4.2.0-Linux-x86_64.sh ※本資料で利用したバージョンはAnaconda3-4.1.1
  10. 10. そもそもAnacondaってなに?  pythonの様々なパッケージ・ライブラリが一括してインストールできるpythonのディス トリビューション  condaコマンドでバージョン管理やパッケージ・ライブラリのインストール・アンイン ストールが可能  condaコマンドでpythonの仮想環境管理が可能 • pythonはバージョンの違い、パッケージ・ライブラリのバージョンの違いなどで動作す るしないが多い • 公式のpythonを使おうとすると、バージョン管理にバージョン管理が必要だったり、大 変なことになってくる
  11. 11. Anaconda環境下でのTensorFlow (1/5)  TensorFlowをはじめ、pythonの各種ディープラーニングフレームワーク はインストールされているパッケージ・ライブラリの影響を受けることが 多い  condaコマンドでクリーンなpythonの仮想環境を構築し、案件や目的に合わせ、 メインの環境を汚染することなく環境を構築する  condaコマンドでTensorFlow用、Chainer用、caffe用、実験用など他に影響を 与えない様々なpython環境を構築できる pyenv、virtualenvなどpythonの仮想環境構築が色々あるため、初心者や初級者に混乱をも たらすことが多すぎるため、ある程度理解が進むまでは、condaで
  12. 12.  tensorflowというディレクトリを作成し、移動する  condaコマンドでpythonの仮想環境を作成 コマンド: conda create -n 仮想環境名 python=x.x インストールパッケージ $ conda create -n tensorflow python=3.5 pythonはライブラリ間の依存関係や目的に応じて必要なバージョンが変わることが多いため、影響を 無くすため、pythonの仮想環境を作ることでその中だけで有効なpython環境を作る  ここでは先ほど作成した「tensorflow」という名前の仮想環境をアクティベート Anaconda環境下でのTensorFlow (2/5)
  13. 13.  TensorFlowのインストール condaで作成したtensorflow仮想環境をアクティベートし、pipまたはcondaでインストールが可能 $ conda install -c conda-forge tensorflow または $ pip install –upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/cpu/tensorflow- 0.12.0rc0-cp35-cp35m-linux_x86_64.whl 赤文字の部分は使用環境に応じて変更する必要がある(linux or mac / CPU or GPU / python3.5 or 3.4 or 2.7) importが確認できたらインストール無事完了 Anaconda環境下でのTensorFlow (3/5)
  14. 14.  Jupyter Notebook上での起動(Anacondaには組み込み済み) Newタブをクリックすると、デ フォルトのpython環境に加え、仮 想環境として作成したカーネルも 認識してくれるため、コマンドラ インからアクティベーションせず とも、起動が可能 Anaconda環境下でのTensorFlow (4/5)
  15. 15. TensorFlowをimportし、「Hello AITC TensorFlow」を出力 Anaconda環境下でのTensorFlow (5/5)
  16. 16. TensorFlowがWindows10に対応  TensorFlowがv0.12からWindows10に対応(Anniversary Updateでbashが使えるようになったため) 1. Anaconda公式サイトからWin用のexeファイルをDL 2. Anacondaをインストール 3. コマンドプロンプト(またはAnaconda Prompt)を起動し、TensorFlow用の仮 想環境を設定 (C:Anaconda3) C:Usershiro->conda create --name=tensorflow python=3.5 4. 仮想環境をアクティベート (C:Anaconda3) C:Usershiro->activate tensorflow 5. TensorFlowをインストール [tensorflow](C:Anaconda3) C:Usershiro->pip install --upgrade -I setuptools バージョンにより、setuptoolsがコンフリクトするためアップグレード [tensorflow](C:Anaconda3) C:Usershiro->pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/windows/cpu/tensorflow-0.12.0rc0-cp35-cp35m-win_amd64.whl ※現状python3.5、64bitのみ ※TensorFlowのバージョンは変わってる可能性があるので都度調べましょう

×