Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Meta Humans を
HoloLens で表示する
2021/03/22
株式会社ホロラボ
加藤 広務
Tokyo HoloLens ミートアップ vol.25
自己紹介
氏名:加藤 広務(Hiromu Kato)
所属:株式会社ホロラボ
Microsoft MVP
Twitter: @hi_rom_
2
MetaHumans プロジェクトの入手
 マーケットプレイスから MetaHumans プロジェクトを入手
プロジェクト作成
 MetaHumans プロジェクトの作成
【余談】毎月無料
コンテンツがある
のでライブラリが
潤沢に!
試み①:Sample Project をそのまま利用
 まずは MetaHuman のサンプルプロジェクトをそのまま HoloLens 2 向けに利用でき
ないかを確認
失敗:Sample Project をそのまま利用
 Microsoft Windows Mixed Reality プラグインを有効にし、必要最低限の設定をした
テスト用レベルを作成(HoloLens プラグインはあらかじめ有効になっていた...
失敗:Sample Project をそのまま利用
 ストリーミングはあきらめて HoloLens 向けのパッケージを作成してデプロイ
するも、何も表示されない、一定時間経過するとアプリが落ちる
 なお、パッケージサイズが 約1.5GB あ...
試み②:新規プロジェクトにMetaHuman
を取り込み
 ベースとなる HoloLens 向けのプロジェクト作成についてはドキュメント参照
 https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-
...
試み②:新規プロジェクトにMetaHuman
を取り込み
先に作成したMetaHumansプロジェクト 新規作成したHoloLens向けプロジェクト
 MetaHumans のサンプルプロジェクトから必要なものを新規プロジェクトコ
ピーすると...
試み②:新規プロジェクトにMetaHuman
を取り込み
 取り込んだもの:SampleMetaHumans フォルダ、Materials フォルダ配下
試み②:新規プロジェクトにMetaHuman
を取り込み
 ワールドにキャラクターを配置
ドラッグ&ドロップ
試み②:新規プロジェクトにMetaHuman
を取り込み
 すべて Enable Missing… を選択して、再起動
ストリーミング
 ストリーミングとデプロイの方法についてはドキュメント参照
 https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-
reality/develop/unreal/tutorials/...
ストリーミング(LODの確認)
動画
ストリーミング(Live Link Face連携)
動画
Live Link Face 対応
 Apple ARKit, Apple ARKit Face Support プラグインを有効化
 BP_metahuman_004 を選択して、LLinkFace Subj に表示された iPhone ...
まとめ
 HoloLens に MetaHuman を表示することができました
 Live Link Face 連携により表情を変えることも可能です
 今回試した方法では現状として以下のような課題があります
 ストリーミングでは動作した...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20210322 Tokyo HoloLens meetup vol.25

Tokyo HoloLens ミートアップ vol.25 の LT スライドです。
https://hololens.connpass.com/event/204946/

「Meta Humans を HoloLens で表示する」

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20210322 Tokyo HoloLens meetup vol.25

  1. 1. Meta Humans を HoloLens で表示する 2021/03/22 株式会社ホロラボ 加藤 広務 Tokyo HoloLens ミートアップ vol.25
  2. 2. 自己紹介 氏名:加藤 広務(Hiromu Kato) 所属:株式会社ホロラボ Microsoft MVP Twitter: @hi_rom_ 2
  3. 3. MetaHumans プロジェクトの入手  マーケットプレイスから MetaHumans プロジェクトを入手
  4. 4. プロジェクト作成  MetaHumans プロジェクトの作成 【余談】毎月無料 コンテンツがある のでライブラリが 潤沢に!
  5. 5. 試み①:Sample Project をそのまま利用  まずは MetaHuman のサンプルプロジェクトをそのまま HoloLens 2 向けに利用でき ないかを確認
  6. 6. 失敗:Sample Project をそのまま利用  Microsoft Windows Mixed Reality プラグインを有効にし、必要最低限の設定をした テスト用レベルを作成(HoloLens プラグインはあらかじめ有効になっていた)  Streaming をしようと Connect ボタンを押すと必ずクラッシュ
  7. 7. 失敗:Sample Project をそのまま利用  ストリーミングはあきらめて HoloLens 向けのパッケージを作成してデプロイ するも、何も表示されない、一定時間経過するとアプリが落ちる  なお、パッケージサイズが 約1.5GB あった。。(キャラクター1体分のデータ を削除してサイズ削減などは試したが効果なし)
  8. 8. 試み②:新規プロジェクトにMetaHuman を取り込み  ベースとなる HoloLens 向けのプロジェクト作成についてはドキュメント参照  https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed- reality/develop/unreal/tutorials/unreal-uxt-ch1  上記手順の通り進めたものを Youtube で公開しています  https://www.youtube.com/watch?v=3pL2M2A2dP0
  9. 9. 試み②:新規プロジェクトにMetaHuman を取り込み 先に作成したMetaHumansプロジェクト 新規作成したHoloLens向けプロジェクト  MetaHumans のサンプルプロジェクトから必要なものを新規プロジェクトコ ピーするという流れ
  10. 10. 試み②:新規プロジェクトにMetaHuman を取り込み  取り込んだもの:SampleMetaHumans フォルダ、Materials フォルダ配下
  11. 11. 試み②:新規プロジェクトにMetaHuman を取り込み  ワールドにキャラクターを配置 ドラッグ&ドロップ
  12. 12. 試み②:新規プロジェクトにMetaHuman を取り込み  すべて Enable Missing… を選択して、再起動
  13. 13. ストリーミング  ストリーミングとデプロイの方法についてはドキュメント参照  https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed- reality/develop/unreal/tutorials/unreal-uxt-ch6
  14. 14. ストリーミング(LODの確認) 動画
  15. 15. ストリーミング(Live Link Face連携) 動画
  16. 16. Live Link Face 対応  Apple ARKit, Apple ARKit Face Support プラグインを有効化  BP_metahuman_004 を選択して、LLinkFace Subj に表示された iPhone を設定 する 参考:【Meta Humans×Live Link】デジタルヒューマンをフェイシャルキャプチャで動かす https://zenn.dev/iwaken71/articles/metahumans-livelink
  17. 17. まとめ  HoloLens に MetaHuman を表示することができました  Live Link Face 連携により表情を変えることも可能です  今回試した方法では現状として以下のような課題があります  ストリーミングでは動作したが、HoloLens にデプロイしたアプリは動作しなかった

×