Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
博⼠学⽣キャリアパスセミナー
@慶應義塾⼤学⽮上キャンパス
⽚岡 裕雄, Ph.D.
産業技術総合研究所
知能システム研究部⾨ コンピュータビジョン研究グループ (CVRG)
http://www.hirokatsukataoka.net/
⾃⼰紹介
産業技術総合研究所 コンピュータビジョン研究グループ
研究員 ⽚岡裕雄(かたおか ひろかつ)
 2014年慶應義塾⼤学⼤学院理⼯学研究科修了,博⼠(⼯学).2013,2014年
ミュンヘン⼯科⼤学Visiting Scientist,...
なぜ、博⼠課程に進学したか?
研究者になりたかった!
なぜ、研究者になりたかった?
•  新たな概念(コンセプト)を世に出したい
–  今あるものだけでなく、ないものを⽣み出す
•  100年以上⽣き続けるコンセプトってカッコイイ!
•  e.g. 電話の概念は19世紀後半以降、現在も受け継がれて...
慶應大 (M・D)	 東大(PD)	 産総研(PD・RS)	
コンピュータビジョンとの出会い[1]
–  ⼤学3年⽣、⻘⽊義満先⽣(当時芝浦⼯⼤准教授)の授業を受けた
–  「⼈命を救えるビジョン」というところが引っかかった
–  頼み込んで、...
学部・修⼠時代の研究
慶應大 (M・D)	 東大(PD)	 産総研(PD・RS)	
博⼠課程に進学した経緯[2]
–  M2春に内定が決まっていた!
–  「研究部⾨に配属できない」と⾔われ内定は辞退、進学希望
[1] コンピュータビジョンとの出会い
[2] 博⼠課...
慶應大 (M・D)	 東大(PD)	 産総研(PD・RS)	
博⼠課程進学後、(いきなり)産総研への道が開ける[3]
–  国際会議に参加、今の上司からインターンのオファー
–  奈良のカフェでお昼を⾷べながら説明を受けた
[1] コンピュータ...
ところで、博⼠進学後は何をしていた?
•  慶應に(ほとんど)いませんでした!
–  在籍は2011〜2014年
–  うち2年半は外部機関で研究していた(もしくは準備していた)
–  落ち着いたのは最後の半年、博⼠論⽂を書いていた時くらい
–...
博⼠修了後の進路[4]について
•  ⼆つの選択肢があった
–  産総研の常勤職員
•  2年間準備するも0次⾯接で落とされる
–  学振DCから学振PDに切り替え
•  慶應か?他機関か?
•  最後は東⼤の研究室へ
慶應大 (M・D)	 東...
修了後すぐ常勤?ポスドク(PD)で修⾏?
•  (今から思えば)2年間修⾏できたのが良かった
–  2014年@東⼤
•  他分野の⽂化や知⾒を学ぶことができた
•  ⼈脈を作ることができた
–  2015年@産総研
•  プロの研究者と議論す...
PD時の就職活動
•  ⾝の回りの就職先から始めた
–  ミュンヘン⼯科⼤学PD
•  海外に数年⾏ってから⽇本のポストを狙うプラン
•  結果的に、グループリーダーの移籍によりお⾦が⽤意しづらい状況
–  産総研PD(をしながら常勤職員の審査...
結局、何が就活に良かったのか?
•  まず成果を出す、その次に⽬⽴つ!
–  成果:学術論⽂誌の本数を増やしたのが良かった
•  D3までで5本の学術論⽂誌に再録
•  その後、現在まで国際会議にフォーカス
–  ⽬⽴つ:毎年(必ず)参加する学...
現在の状況:産総研 研究職員
•  2016年4⽉より現職
–  産総研、めっちゃ楽しいですよ!
–  ⼈・設備・制度の⾯で研究体制が整う
–  インターン・ポスドク含め2年間所属したので慣れた環境
研究者としての活動
•  cvpaper.challengeというプロジェクトを推進
–  CV及び周辺分野の論⽂を読破・まとめ・アイディア考案・議論・実
装・論⽂執筆(・社会実装)に⾄るまで取り組む集団
–  2015はトップ会議の全602本...
1,000
計
本を達成
@2016
論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿
1,000
計
本を達成
@2016
論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿
2 papers@ECCV 2016 Workshop
Oral presentation at BNMW
1,000
計
本を達成
@2016
論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿
2 papers@ECCV 2016 Workshop
Oral presentation at BNMW
Accepted 4 papers
Submitted...
1,000
計
本を達成
@2016
論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿
2 papers@ECCV 2016 Workshop
Oral & Best Paper at BNMW
Accepted 4 papers
Submitted...
今後の展望
•  追従型の研究よりも、⾃ら問題設定を作る研究へシフト
–  以前(〜博⼠課程・ポスドク)
•  従来技術の改良
•  基本的に⼀⼈で研究を進めていた
–  現在(常勤職員〜)
•  「新しい問題を作るには?」という問いへ挑戦
•...
博⼠課程の進学や修了後にリスクや
不安があるのは当然ですが,プレッ
シャーを楽しめるくらい努⼒する覚
悟があるならリスクをチャンスにで
きます.
分野を変えるくらいの意気込みと,
フィロソフィー(Ph.D.)を持って,新
しい概念を作りに⾏きま...
おまけ
•  12年ルール?:やりたいと思ったことが12年で実現
–  海外で勉強がしたい!(12歳:⼩学6年⽣)
•  24歳の時に⽶国留学が決定 [Completed!!]
–  つくばで働き(勉強し)たい!(17歳:⾼校2年⽣)
•  2...
【慶應大学講演】なぜ、博士課程に進学したか?
【慶應大学講演】なぜ、博士課程に進学したか?
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【慶應大学講演】なぜ、博士課程に進学したか?

2,499 views

Published on

2017年1月28日開催の博士学生キャリアパスセミナー@矢上キャンパスにおける資料です。

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【慶應大学講演】なぜ、博士課程に進学したか?

  1. 1. 博⼠学⽣キャリアパスセミナー @慶應義塾⼤学⽮上キャンパス ⽚岡 裕雄, Ph.D. 産業技術総合研究所 知能システム研究部⾨ コンピュータビジョン研究グループ (CVRG) http://www.hirokatsukataoka.net/
  2. 2. ⾃⼰紹介 産業技術総合研究所 コンピュータビジョン研究グループ 研究員 ⽚岡裕雄(かたおか ひろかつ)  2014年慶應義塾⼤学⼤学院理⼯学研究科修了,博⼠(⼯学).2013,2014年 ミュンヘン⼯科⼤学Visiting Scientist,2014年東京⼤学博⼠研究員,2015年産総 研特別研究員.2016年4⽉より現職.画像認識,動画解析,⼈物⾏動解析に興 味を持つ.cvpaper.challenge主宰.2011年ViEW⼩⽥原賞,2013年電気学会誌論 ⽂奨励賞,2014年藤原賞,2016年ECCV WS Brave New Idea Award. mypage: http://www.hirokatsukataoka.net/ cvpaper.challenge: https://sites.google.com/site/cvpaperchallenge/ 慶應義塾には2009〜2014在籍(MとD) 電⼦⼯学科 ⻘⽊義満研究室修了
  3. 3. なぜ、博⼠課程に進学したか?
  4. 4. 研究者になりたかった!
  5. 5. なぜ、研究者になりたかった? •  新たな概念(コンセプト)を世に出したい –  今あるものだけでなく、ないものを⽣み出す •  100年以上⽣き続けるコンセプトってカッコイイ! •  e.g. 電話の概念は19世紀後半以降、現在も受け継がれている –  コンピュータの視覚が⼈の視覚を超えるところにそれがある? •  ⼈の視覚を超えるCV技術を実装し続ける –  (⼤きく⾔うと)⼈類のブレークスルーがありそう –  昨今のAIブームがそれを象徴している?
  6. 6. 慶應大 (M・D) 東大(PD) 産総研(PD・RS) コンピュータビジョンとの出会い[1] –  ⼤学3年⽣、⻘⽊義満先⽣(当時芝浦⼯⼤准教授)の授業を受けた –  「⼈命を救えるビジョン」というところが引っかかった –  頼み込んで、夏頃には研究室に出⼊りしていた [1] コンピュータビジョンとの出会い 芝浦工大(B)
  7. 7. 学部・修⼠時代の研究
  8. 8. 慶應大 (M・D) 東大(PD) 産総研(PD・RS) 博⼠課程に進学した経緯[2] –  M2春に内定が決まっていた! –  「研究部⾨に配属できない」と⾔われ内定は辞退、進学希望 [1] コンピュータビジョンとの出会い [2] 博⼠課程に進学した経緯 芝浦工大(B)
  9. 9. 慶應大 (M・D) 東大(PD) 産総研(PD・RS) 博⼠課程進学後、(いきなり)産総研への道が開ける[3] –  国際会議に参加、今の上司からインターンのオファー –  奈良のカフェでお昼を⾷べながら説明を受けた [1] コンピュータビジョンとの出会い [2] 博⼠課程に進学した経緯 [3] 産総研への道が開ける 芝浦工大(B)
  10. 10. ところで、博⼠進学後は何をしていた? •  慶應に(ほとんど)いませんでした! –  在籍は2011〜2014年 –  うち2年半は外部機関で研究していた(もしくは準備していた) –  落ち着いたのは最後の半年、博⼠論⽂を書いていた時くらい –  指導教官、研究室の理解があったからできた
  11. 11. 博⼠修了後の進路[4]について •  ⼆つの選択肢があった –  産総研の常勤職員 •  2年間準備するも0次⾯接で落とされる –  学振DCから学振PDに切り替え •  慶應か?他機関か? •  最後は東⼤の研究室へ 慶應大 (M・D) 東大(PD) 産総研(PD・RS) [1] コンピュータビジョンとの出会い [2] 博⼠課程に進学した経緯 [3] 産総研への道が開ける [4] 博⼠終了後の進路 芝浦工大(B)
  12. 12. 修了後すぐ常勤?ポスドク(PD)で修⾏? •  (今から思えば)2年間修⾏できたのが良かった –  2014年@東⼤ •  他分野の⽂化や知⾒を学ぶことができた •  ⼈脈を作ることができた –  2015年@産総研 •  プロの研究者と議論することで磨かれた •  論⽂を膨⼤に読み、知識量が増えた (年間600本くらい) –  プレッシャーを楽しむことができた
  13. 13. PD時の就職活動 •  ⾝の回りの就職先から始めた –  ミュンヘン⼯科⼤学PD •  海外に数年⾏ってから⽇本のポストを狙うプラン •  結果的に、グループリーダーの移籍によりお⾦が⽤意しづらい状況 –  産総研PD(をしながら常勤職員の審査を受ける) •  ポスドクになって業績を貯めてから常勤へトライ •  幸運にも⼀年⽬でポストを獲得
  14. 14. 結局、何が就活に良かったのか? •  まず成果を出す、その次に⽬⽴つ! –  成果:学術論⽂誌の本数を増やしたのが良かった •  D3までで5本の学術論⽂誌に再録 •  その後、現在まで国際会議にフォーカス –  ⽬⽴つ:毎年(必ず)参加する学会を作る + 成果をアピール •  成果があっても⽬に留まらないといけない •  ⽬⽴ち⽅も、戦略的に!
  15. 15. 現在の状況:産総研 研究職員 •  2016年4⽉より現職 –  産総研、めっちゃ楽しいですよ! –  ⼈・設備・制度の⾯で研究体制が整う –  インターン・ポスドク含め2年間所属したので慣れた環境
  16. 16. 研究者としての活動 •  cvpaper.challengeというプロジェクトを推進 –  CV及び周辺分野の論⽂を読破・まとめ・アイディア考案・議論・実 装・論⽂執筆(・社会実装)に⾄るまで取り組む集団 –  2015はトップ会議の全602本、2016は1,000論⽂を読破しまとめを共有 –  2017はアウトプットに拘り、洗練された問題設定を投稿予定 Twitter: @CVpaperChalleng SlideShare: @cvpaperchallenge HP: https://sites.google.com/site/cvpaperchallenge/home
  17. 17. 1,000 計 本を達成 @2016 論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿
  18. 18. 1,000 計 本を達成 @2016 論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿 2 papers@ECCV 2016 Workshop Oral presentation at BNMW
  19. 19. 1,000 計 本を達成 @2016 論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿 2 papers@ECCV 2016 Workshop Oral presentation at BNMW Accepted 4 papers Submitted 4 papers (2 top conferences) Preparing 3 papers
  20. 20. 1,000 計 本を達成 @2016 論⽂1,000本読破 + 上位会議への投稿 2 papers@ECCV 2016 Workshop Oral & Best Paper at BNMW Accepted 4 papers Submitted 4 papers (2 top conferences) Preparing 3 papersViEW若⼿奨励賞 Best Paper Award@BNMW
  21. 21. 今後の展望 •  追従型の研究よりも、⾃ら問題設定を作る研究へシフト –  以前(〜博⼠課程・ポスドク) •  従来技術の改良 •  基本的に⼀⼈で研究を進めていた –  現在(常勤職員〜) •  「新しい問題を作るには?」という問いへ挑戦 •  論⽂を年間数百本単位で読んで、アイディアを研究グループ内で議論、常に 複数のプロジェクトを並⾏
  22. 22. 博⼠課程の進学や修了後にリスクや 不安があるのは当然ですが,プレッ シャーを楽しめるくらい努⼒する覚 悟があるならリスクをチャンスにで きます. 分野を変えるくらいの意気込みと, フィロソフィー(Ph.D.)を持って,新 しい概念を作りに⾏きましょう!
  23. 23. おまけ •  12年ルール?:やりたいと思ったことが12年で実現 –  海外で勉強がしたい!(12歳:⼩学6年⽣) •  24歳の時に⽶国留学が決定 [Completed!!] –  つくばで働き(勉強し)たい!(17歳:⾼校2年⽣) •  29歳の時に現職に就いた [Completed!!] –  その他のプロジェクトも稼働中。。。

×