Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

効果的なRedmineの導入のヒント 20180826版

マズローの要求5段階説と抵抗の6階層への対応について

  • Be the first to comment

効果的なRedmineの導入のヒント 20180826版

  1. 1. 効果的なRedmineの導入のヒント マズローの欲求5段階説と抵抗の6階層への対応について Redmineエバンジェリストの会 20180826版 1
  2. 2. redmineエバンジェリストの会とは 2017年11月に発足した、Redmineをもっと効果的に利用できる方法があると考え、 仮説・検証と伝達を行っていく会です メンバー 2 @bowkoba @acha_821 @MadoWindahead twitterのハッシュタグ #redmineeva でオープンな議論を実施しています 詳細は↑こちらを 「redmineエバンジェリストの会」で検索 @ryouma_nagare
  3. 3. 今回のお話すること 1.導入のヒント概要/効果的な導入に向けての研究方針 2.マズローの欲求5段階説と運用対象業務 3.抵抗(難敵)の種類の洗い出しと区分け 4.5つの「さくせん」について 5.「さくせん」を実施するための「とくぎ」について 3
  4. 4. 導入のヒントの概要 マズロー 振舞 利用業務 難敵 武器 防具 仲間 回復魔法 攻撃魔法 5 4 3 2 1 4 チームの振舞 利用できるようにしたい業務 定着までの難敵を整理 「とくぎ」をまとめる 難敵の解決や利用業務の定着に向けて必要な 「さくせん」を考案 「さくせん」に基づき「とくぎ」を詳 細化
  5. 5. 効果的な導入に向けての研究方針 1 チームの振る舞いと対象業務 マズローの欲求5段階説 2 難敵 TOCの抵抗の6階層 3 さくせん 難敵を克服し対象業務の精度と成熟度を上げる・維持する 4 とくぎ 武器/防具・仲間・じゅもん 5 とくぎの内訳 武器/防具: ソフトウェア工学・リーダーシップ・ヒューマンスキ/心理的安全性と心理学的アプローチ Redmineの利用方法、テクニック 仲間:必要な人材。一緒に高めていく 回復じゅもん(白魔法):利用効果を測る方法・機能・プラグイン  攻撃じゅもん(黒魔法):UXを改善し、便利にするプラグイン
  6. 6. マズローの欲求5段階説 チームや組織の振る舞いが 段階によって変わってくる →できることも変わってくる 6 対象とする業務によって、 どの段階でないと 難しいものがあるのでは?
  7. 7. 難敵:抵抗の6階層 1.問題に対して同意しない 2.解決の方向性に同意しない 3.解決策が問題を解決することに同意しない 4.解決策を実行すると新たな問題が発生する 5.解決策実行前の障害を克服できない 6.未知の問題や障害に対する不安と恐れ 階層によって現れる 抵抗の種類が違う そのため対応方法も違う 7 今の段階を維持するときや、 次の段階に上がるときに 発生する 上から来る マウンティング
  8. 8. こんなこと感じていませんか? 8 Redmineを利用しやすい業務と、難しい業務がある チームの振る舞いや癖によって変わってくる Redmineの利用対象業務・利用方法がある内容に落ち着いてしまうしまう理由は? もっと便利な使い方が あるはずなのに・・・
  9. 9. それでは・・・ 9 現状を考えてみてください Redmineの活用で ・出来ていること、可能なこと ・やりたいこと、実現したいこと ・それに至るまでの問題点
  10. 10. マズローの欲求5段階説と運用対象業務 10 振舞 利用人数 リアルタイム性 チケット関連付 他システム連携 情報量 メトリクス 運用対象業務 自ら改善を始める 大多数 リアルタイム 作業経緯と成果物 の完全一致 すべての経緯 が確認できる 定量的改善 自律型ナレッジ ないと仕事にならな い 大多数 ほぼリアルタイム 作業と成果物が同 期されはじめる 作業や進捗状 況が見える 定量的改善 プロジェクト あれば便利 複数名 バッチ処理、ちょいリ アルタイム 作業との関連はそ れなり 記載の粒度が バラバラ (なし) チェックリスト スケジュール表 周りに合わせる 複数名 バッチ処理 作業との関連は薄 い 事象の把握の み。 (なし) 課題管理 命令されれば使う 1人 バッチ処理 なし 少ない (なし) 日報 上の段階であれば、下位の対象業務も実行可能と判断
  11. 11. 導入における障壁 〜抵抗の6階層〜 11 次の段階にあがるときの障壁は? 今の段階を維持するために解決し続けなければいけない課題は? 段階ごとに整理が必要
  12. 12. よくある意見をあげてみる 12 めんどくさい 見ない 見てる時間がない 今のままがいい  中身がわからない わからない 活動にあわない(導線の問題) やり方を変えたくない 使い方がわからない ダサい なんか嫌 派生したもののほうがハイレベル 他のもののほうが良い 相談できない 大変に感じる 放置される(活動、環境) 報告しろ(中身も見ないのに) あげあしとりがいる あの人に言われているから 教えてくれない ワクワクできない おもろない
  13. 13. 抵抗(難敵)の種類の洗い出しと区分け① 13 1.問題に対して同意しない  めんどくさい 取組む理由がわからない なんでやっているかわからない 見てる時間がない 2.解決の方向性に同意しない  今のままがいい なんで変えるかわからない 何か変わるのかわからない 3.解決策が問題を解決することに同意しない  もっといい解決策があるのでは 自分にメリットがない  個人的には解決している 使ったことがない 「人の発言・行動」 として考えてみる
  14. 14. 抵抗(難敵)の種類の洗い出しと区分け② 14 4.解決策を実行すると新たな問題が発生する  人間関係が悪化する 自分たちの仕事が増える システム化でこの業務がなくなるぞ  あの人が言っているし 5.解決策実行前の障害を克服できない  リソース(金も要員も時間など)がない 教えてくれない  技術的制約(セキュリティとか)でできない 6.未知の問題や障害に対する不安と恐れ  解決策実行を手伝ってくれない 前例がない 失敗したら責任は誰がとるんだ 「人の発言・行動」 として考えてみる
  15. 15. 各段階における難敵  15 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ なんでやっているか わからない 何が変わるかわから ない もっといい解決方法 があるのでは この業務なくなって大 丈夫? 技術的制約がある 前例がない プロジェクト なんでやっているか わからない なんで変えるかわか らない 個人として解決してい ると思っている 人間関係が悪化する リソースがない 責任は誰がとるんだ チェックリスト スケジュール表 取組む理由がわから ない なんで変えるかわか らない 自分にメリットがない 自分たちの仕事が増 える 教えてくれない 解決実行を手伝って くれない 課題管理 めんどくさい 今のままがいい 使ったことがない ー ー ー 日報 めんどくさい 今のままがいい 使ったことがない ー ー ー 難敵を解決しよう!
  16. 16. 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ なんでやっているかわ からないー 何が変わるかわからな い もっといい解決方法が あるのでは この業務なくなって大丈 夫? 技術的制約がある 前例がない プロジェクト なんでやっているかわ からない なんで変えるかわから ない 個人として解決している と思っている 人間関係が悪化する リソースがない 責任は誰がとるんだ チェックリスト スケジュール表 取組む理由がわからな い なんで変えるかわから ない― 自分にメリットがない 自分たちの仕事が増え る 教えてくれない 解決実行を手伝ってく れない 課題管理 めんどくさい 今のままがいい 使ったことがない ー ー ー 日報 めんどくさい 今のままがいい 使ったことがない ー ー ー 難敵の傾向  16 左下から右上に難敵が シフトしていく? この難敵は武器・防具・仲間の おかげでコツコツと順次に解決 重い・手強い難敵?! じゅもんが必要?! 個人やチーム内の努力で 何とかなる難敵
  17. 17. 難敵に対応するための「さくせん」 どの地点とどの難敵にトライしようか 17 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ プロジェクト チェックリスト スケジュール表 課題管理 ー ー ー 日報 ー ー ー 5パターンを準備しました
  18. 18. チェックリストとして使えるようになる さくせん1:パーティ組もうぜ 18 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ プロジェクト チェックリスト スケジュール表 課題管理 ー ー ー 日報 ー ー ー 習熟度をあげる(いきなりはできない) ナレッジとしての活用 教育・引継ぎコストの低減 事実の把握 できる人の力ではなくツールで巻き込む 同じことを別の人でもできるように 保守対応・パッケージ導入・環境構築など
  19. 19. プロジェクト管理ができるようになる さくせん2:パーティのレベルアップ 19 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ プロジェクト チェックリスト スケジュール表 課題管理 ー ー ー 日報 ー ー ー みんながんばれ・いろいろやろうぜ・・・ 目標+アルファをもって実施できる 高めあう仲間 習熟度を上げる工夫 技術的・心理的 事実の把握から、 予防、スケジュール把握へ 作戦1とは時間軸のとらえ方の違い リアルタイム性 専制型からサーバントリーダーシップ型へ
  20. 20. ナレッジとして活用できるようになる さくせん3:そして伝説へ 20 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ プロジェクト チェックリスト スケジュール表 課題管理 ー ー ー 日報 ー ー ー ほっといてもよくなっていくよ うな流れ 自律 神の手の仕組化 ツールは文房具(赤羽根さん) 決定の経緯があとから把握できる レベルを充分あげたうえで挑戦する (さくせん2の後に実施) 違和感や予感をすぐ次につなげられるようなチーム すぐにチケット化(課題管理からリスク管理へ) 安心につながる 個々は鋭く チームは丸く
  21. 21. 問題・解決方法を合意し対応できる さくせん4:仲間になりたそうにこっちを見てる 21 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ プロジェクト チェックリスト スケジュール表 課題管理 ー ー ー 日報 ー ー ー 使い続ける やれる範囲から やれる人から どういう結果が待っているかの 良いイメージ 身近なうまくいっている例 敷居を低くする 風通しのよい
  22. 22. 組織的な問題について対応できる さくせん5:できちゃった 22 問題に対して 解決の方向性 解決策に対して 実行すると新たな問 題発生 実行前の障害 未知への不安 自律的ナレッジ プロジェクト チェックリスト スケジュール表 課題管理 ー ー ー 日報 ー ー ー 事実ベース 承認より謝罪 もうやっちゃってます 特命係長 マフィアオファー 政治的圧力
  23. 23. とくぎの内訳について 23 1 武器/防具 Redmineの利用方法、テクニック ソフトウェア工学・リーダーシップ・ヒューマンスキル 心理的安全性と心理学的アプローチ 2 仲間 必要な人材。一緒に高めていく 3 回復じゅもん(白魔法) 利用効果を測る方法・機能・プラグイン 4 攻撃じゅもん(黒魔法) UXを改善し、便利にするプラグイン
  24. 24. 武器:ソフトウェア工学のアプローチ 防具:心理学のアプローチ 〜武器を使い「ありたい姿にたどり着き」、防具で「自分たちを守っていく」〜 ・業務フロー、プロセス   平易・複雑・用語や粒度 ・リーダーシップ  専制、共和、サーヴァント・主体的・従属的  アントレプラナー ・ヒューマンスキル  論理的思考・表現力・アピール力  個々の技術力・傾聴力 24 使いこなせない武器は 諸刃の剣になりうる レジリエンス 「抵抗力」 小さな成功体験
  25. 25. 武器と防具は表裏一体 〜組織やチームにおける安全度合い〜 ・心理的安全 「チケットに下手なこと書けねえよなあ」 「かけって言われるから書くけど」 「書いてないと、みんなに迷惑がかかる」 「書いておいたほうが、あとで自分が助かる」 「書いておくと、誰かが助けに来てくれる」 ・運用ルールと環境 「ルールは守らないとな」「良いルールに変えていこう」 ルールを順守、維持・廃止する仕組み。環境はいつでも使える?時間的制約あり? 25 MSHELL 不満が言える 前向きな意見になる いい衝突と悪い衝突 心理的安全性は作るものでは なく後からついてくるもの
  26. 26. プロジェクトコミュニケーションツールにおける 仲間 「こういう奴らがいればうまくいく」 Redmine警察(おまわりさん)、Redmineマイスター Redmineエバンジェリスト、Redmine神(島根) 敏腕PM、相談しやすいPMO(報告のしやすさ) 過去の自分や未来の自分 自然とルールの中で飼われる羊 活動のライブラリアン 政治力のある人・フォロワーシップ 環境を保守、維持してくれる人 悩みを聞く、前向きな意見に変える存在(スナックのママ) 26 こういう奴がいると 上手くいかない⇒難敵 階層が変わるときに 仲間が難敵にかわってしまう 場合もありうる ルールに縛られず、 本質や事実を見る 罪を憎んで人を憎まず
  27. 27. 回復じゅもん(白魔法)  〜こういう結果がでるから、さらに利用したくなる〜 ・活動、ガントチャート  チケットに確認すれば事足りる  「人に聞くな チケットに聞け」 ・関連付け  変更履歴や関連性がすべてわかる  決定の経緯が残っている ・同音異義語、同義語の調整、統一 ・ナレッジと未来予測  検索ルーチンの効率化(Redmineで高速に全文検索する方法)、EVM 27 「使ってて助かった」が キーワード
  28. 28. 攻撃じゅもん(黒魔法)  〜こういうことができるから、楽に利用できる〜 ・有名なプラグイン たくさんあります onozaty/redmine-view-customize akiko-pusu/redmine_issue_templates tkusukawa/redmine_wiki_lists haru/redmine_wiki_extensions 「作業効率が一気に上がるもの」 この内容については、 いろいろな方の知見が 多数あります redmineアップデートセンター 早よ 28
  29. 29. 打合せ履歴 今後の予定 難敵を解決すべく具体化していきます 悩みだったり、うまく解決した話をたくさん 知りたい、一緒に解決したい 29 〇redmineエバンジェリストの会 としての活動予定 月1回 川崎駅周辺に集合しての打ち合わせ 6月30日:武器・防具・仲間関連のすり合わせ 7月22日:さくせんについて 8月25日:SQiPの準備と7月の続きと 9月13日:SQiP  チームビルディングにおける心理学的障害の傾向と緩和策の提案 10月6日:武器・防具の定義と redmine.tokyo発表の準備 レビュー&意見交換会(温泉合宿)も検討中です 〇Twitterでの活動  ハッシュタグ #redmineeva を利用して実施しています  〇各種活動  ・・・Comming Soon・・・  ご相談は随時受け付けています 日々の経験もそうですが、 redmine.tokyoやredmine大阪など、 勉強会の仲間と雑談していることがこの活動の活力です!詳細は↑こちらを

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • SatoshiShimizu2

    May. 26, 2019

マズローの要求5段階説と抵抗の6階層への対応について

Views

Total views

664

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

98

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×