Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
PowerApps を
ざっくりさわってみた
※現時点では Preview 版です
@HiroakiOikawa
2016/05/07
目次
 PowerApps ってなに?
 実際に試してみる
 サンプルを動かしてみる
 まとめ
2
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp
PowerAppsって
なに?
そもそも PowerAppsってなんなのという
ところからはじめます。
3
PowerApps とは
ビジネス上の課題解決のため、さまざまな
テクノロジーやサービスをつなぎ合わせたカ
スタムアプリケーションを、コードを書かずに
開発するための仕組み。
4
 PowerApps によるアプリケーション開発の主な特徴
•...
PowerApps に関する情報源
 2016年5月7日現在、日本語の公式情報は皆無。
 本家のチュートリアルを見れば、PowerApps ででき
ることとやり方を一通り把握できます。
https://powerapps.microsoft...
実際に試してみる PowerApps を実際に試してみたので、
画面ショット付きでご紹介します。
6
まずはサイトにアクセス
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 7
https://powerapps.microsoft.com
サインアップ、サインイン
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 8
右上の [Sign up free] をクリックして、サインアップの
プロセスを進めます。
すでにサインアップ済みの場合は、...
サインアップ、サインイン
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 9
サインアップの場合、メールアドレスを入力するように言わ
れるので、組織アカウントのメールアドレスを入力して、サ
インアッププ...
初回アクセス
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 10
サインアッププロセスが完了すると Accept ダイアログが
表示されるので、[Accept] をクリックします。
ホームページ
サインイン、サインアップが完了すると、PowerApps の
ホームページが表示されます。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 11
ホームページ
ホームページはレスポンシブ対応。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 12
アプリのダウンロード
ホームページの右上の下矢印をクリックすると、モバイル
版 PowerApps と、PowerApps の開発ツール
「PowerApps Studio」のダウンロードができます。
© SharePoint Develope...
ホームページのメニュー
ホームページ左のメニューからは、自分が利用可能なア
プリの一覧や、MSサイトのチュートリアルにアクセスできま
す。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 14
Flows
ホームページ左のメニューにある [Flows] をクリックする
と、PowerApps とともに公開された「Microsoft
Flow」の一覧にアクセスできます。
下図ではまだ何も Flow を作成していないので表示さ
れていませ...
Flows
Flow の作成ページでは、テンプレートをもとにするか、
まっさらな状態から作成するかのどちらかの方法で Flow
を作成できます。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 16
Connections
ホームページ左のメニューにある [Connections] をク
リックすると、PowerApps と連携可能なデータソースや
サービスの一覧が表示されます。
下図ではまだ何も Connection をしていないので表示...
Connections
Connection の追加ページでは、PowerApps に接
続可能なクラウドサービスの一覧が表示されます。
この中から接続するサービスを選択します。
© SharePoint Developer
sharepoin...
Connections
SharePoint Online と接続する際には、以下のような
ダイアログが表示され、認証を通すことで PowerApps
から接続可能になります。
© SharePoint Developer
sharepoint...
Connections
接続の設定が済んだサービスは一覧で確認できます。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 20
Connections
New connection ページの [Custom] から、任意の
Web API への接続設定が可能です。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 21
サンプルを
動かしてみる
百聞は一見に如かず、手っ取り早く
PowerApps を知るためにサンプルを動
かしてみました。
22
サンプルの一覧
ホームページには、あらかじめいくつかのサンプルが掲載さ
れています。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 23
PowerApps サンプル 「Service Desk」
ホームページにある、「Service Desk」というサンプルを
動かしてみます。
サンプルの「Service Desk」
をクリックすると、左図のダイア
ログが表示されます。
[Op...
サンプル「Service Desk」
タブレットに最適化されたサンプルページが表示されます。
このサンプルは、サービスデスクのチケット(インシデント)管
理のサンプルになります。
© SharePoint Developer
sharepoin...
サンプル「Service Desk」
右上の [+] アイコンをクリックすると新たなチケットの登
録ができます。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 26
サンプル「Service Desk」
チケットの新規登録ページです。
必要事項を入力し [Create ticket] をクリックするとチ
ケットが登録されます。
© SharePoint Developer
sharepoint.oriver...
サンプル「Service Desk」
こんな感じで日本語もきちんと登録できます。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 28
サンプル「Service Desk」
登録したチケットの詳細ページです。更新もできます。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 29
サンプル「Service Desk」
選択肢項目の更新をすると、こんな感じで選択肢の一
覧が表示されます。
選択肢に色を付けたりできるみたいですね。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 30
サンプル「Service Desk」
普通に更新できました。
© SharePoint Developer
sharepoint.orivers.jp 31
まとめ 本資料のまとめ
32
まとめ
今回はホームページ周りの確認と、サンプルを少し動かしてみただけですが、
PowerApps の可能性を感じることができました。
マイクロソフトがうたい文句にしている通り、これだけのものを一切コーディングせ
ずに実現できるようになるので、...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

PowerApps をざっくりさわってみた

12,431 views

Published on

PowerApps (Preview版) がどんなものかを知るために、サンプルをざっくりさわってみました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

PowerApps をざっくりさわってみた

  1. 1. PowerApps を ざっくりさわってみた ※現時点では Preview 版です @HiroakiOikawa 2016/05/07
  2. 2. 目次  PowerApps ってなに?  実際に試してみる  サンプルを動かしてみる  まとめ 2 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp
  3. 3. PowerAppsって なに? そもそも PowerAppsってなんなのという ところからはじめます。 3
  4. 4. PowerApps とは ビジネス上の課題解決のため、さまざまな テクノロジーやサービスをつなぎ合わせたカ スタムアプリケーションを、コードを書かずに 開発するための仕組み。 4  PowerApps によるアプリケーション開発の主な特徴 • SharePoint Online や Dynamics CRM Online など、普段利用しているクラウド サービスに蓄積されたデータをもとに、カスタムアプリケーションを開発できる。 • タブレット、スマートフォンなどのデバイスに対応したレスポンシブなカスタムアプリケーションを 手軽に開発できる。 • 一切コードを書かず、既存のサービスやデータをつなぎ合わせるだけで開発できる。 • 独自の業務ロジックなどが必要な場合は、Web API を開発者が開発し、Microsoft Flow を使って PowerApps と連携させることができる。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp
  5. 5. PowerApps に関する情報源  2016年5月7日現在、日本語の公式情報は皆無。  本家のチュートリアルを見れば、PowerApps ででき ることとやり方を一通り把握できます。 https://powerapps.microsoft.com/en- us/tutorials/getting-started/ © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 5
  6. 6. 実際に試してみる PowerApps を実際に試してみたので、 画面ショット付きでご紹介します。 6
  7. 7. まずはサイトにアクセス © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 7 https://powerapps.microsoft.com
  8. 8. サインアップ、サインイン © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 8 右上の [Sign up free] をクリックして、サインアップの プロセスを進めます。 すでにサインアップ済みの場合は、[Sign in] をクリックし ます。
  9. 9. サインアップ、サインイン © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 9 サインアップの場合、メールアドレスを入力するように言わ れるので、組織アカウントのメールアドレスを入力して、サ インアッププロセスを進めます。
  10. 10. 初回アクセス © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 10 サインアッププロセスが完了すると Accept ダイアログが 表示されるので、[Accept] をクリックします。
  11. 11. ホームページ サインイン、サインアップが完了すると、PowerApps の ホームページが表示されます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 11
  12. 12. ホームページ ホームページはレスポンシブ対応。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 12
  13. 13. アプリのダウンロード ホームページの右上の下矢印をクリックすると、モバイル 版 PowerApps と、PowerApps の開発ツール 「PowerApps Studio」のダウンロードができます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 13
  14. 14. ホームページのメニュー ホームページ左のメニューからは、自分が利用可能なア プリの一覧や、MSサイトのチュートリアルにアクセスできま す。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 14
  15. 15. Flows ホームページ左のメニューにある [Flows] をクリックする と、PowerApps とともに公開された「Microsoft Flow」の一覧にアクセスできます。 下図ではまだ何も Flow を作成していないので表示さ れていません。 [Create a flow] をクリックすると新たな Flow を作れ ます。(次ページ参照) © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 15
  16. 16. Flows Flow の作成ページでは、テンプレートをもとにするか、 まっさらな状態から作成するかのどちらかの方法で Flow を作成できます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 16
  17. 17. Connections ホームページ左のメニューにある [Connections] をク リックすると、PowerApps と連携可能なデータソースや サービスの一覧が表示されます。 下図ではまだ何も Connection をしていないので表示 されていません。 [New connection] をクリックすると新たに Connection を追加できます。(次ページ参照) © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 17
  18. 18. Connections Connection の追加ページでは、PowerApps に接 続可能なクラウドサービスの一覧が表示されます。 この中から接続するサービスを選択します。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 18
  19. 19. Connections SharePoint Online と接続する際には、以下のような ダイアログが表示され、認証を通すことで PowerApps から接続可能になります。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 19
  20. 20. Connections 接続の設定が済んだサービスは一覧で確認できます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 20
  21. 21. Connections New connection ページの [Custom] から、任意の Web API への接続設定が可能です。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 21
  22. 22. サンプルを 動かしてみる 百聞は一見に如かず、手っ取り早く PowerApps を知るためにサンプルを動 かしてみました。 22
  23. 23. サンプルの一覧 ホームページには、あらかじめいくつかのサンプルが掲載さ れています。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 23
  24. 24. PowerApps サンプル 「Service Desk」 ホームページにある、「Service Desk」というサンプルを 動かしてみます。 サンプルの「Service Desk」 をクリックすると、左図のダイア ログが表示されます。 [Open for tablet] を クリックしてサンプルを起動 します。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 24
  25. 25. サンプル「Service Desk」 タブレットに最適化されたサンプルページが表示されます。 このサンプルは、サービスデスクのチケット(インシデント)管 理のサンプルになります。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 25
  26. 26. サンプル「Service Desk」 右上の [+] アイコンをクリックすると新たなチケットの登 録ができます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 26
  27. 27. サンプル「Service Desk」 チケットの新規登録ページです。 必要事項を入力し [Create ticket] をクリックするとチ ケットが登録されます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 27
  28. 28. サンプル「Service Desk」 こんな感じで日本語もきちんと登録できます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 28
  29. 29. サンプル「Service Desk」 登録したチケットの詳細ページです。更新もできます。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 29
  30. 30. サンプル「Service Desk」 選択肢項目の更新をすると、こんな感じで選択肢の一 覧が表示されます。 選択肢に色を付けたりできるみたいですね。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 30
  31. 31. サンプル「Service Desk」 普通に更新できました。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 31
  32. 32. まとめ 本資料のまとめ 32
  33. 33. まとめ 今回はホームページ周りの確認と、サンプルを少し動かしてみただけですが、 PowerApps の可能性を感じることができました。 マイクロソフトがうたい文句にしている通り、これだけのものを一切コーディングせ ずに実現できるようになるので、これまで以上に高度なアプリケーションを、ユー ザーが自ら作成するようになる時代が確実に来ますね。 ※ただし、Excel 関数を使って式を作るくらいの知識は必要です。 そんな時代に向けて、私を含め SI を生業にしている技術者は、PowerApps から利用するための Web API 等のサービスの開発や、より高度な技術や専 門性を活かした開発にシフトしていくように心がけないといけないですね。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 33

×