Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Microsoft Azureの運用ポイントwith Hinemos

4,309 views

Published on

Hinemosは、システム運用管理で要求される各種機能を備えた、「統合運用管理ソフトウェア」です。

本資料は、2015/02/6(金)に、
「『Hinemos with Microsoft Azure×Hyper-V』クラウド運用管理ソリューション紹介セミナ」
にて講演しました
「HinemosによるMicrosoft Azureの運用管理」セッションの発表資料となります。

Published in: Technology
  • Login to see the comments

Microsoft Azureの運用ポイントwith Hinemos

  1. 1. Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 株式会社NTTデータ 高畑 知也 takahatat@nttdata.co.jp 2015年2月6日 Microsoft Azureの運用ポイント with Hinemos ~これからのクラウド運用の歩き方~
  2. 2. 2Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 自己紹介  高畑 知也 (たかはた ともや)  株式会社NTTデータ Hinemos Team所属  Hinemosの開発・製品保守・導入支援などを行っています  クラウドやSDIに関するHinemosの情報発信もやってます http://www.hinemos.info/technology
  3. 3. Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 3 1. まずはシステム運用管理の基本から
  4. 4. 4Copyright © 2015 NTT DATA Corporation そもそもシステム運用管理とは? ITシステムは企業のビジネスに強く関与しています。 企業のビジネス活動を停滞させないように、 ITシステムの健全性を維持する活動がシステム運用管理。 止められない エンタープライズシステム 障害を即座に検知して、一時対処&復旧 予兆を掴んで機能不全を回避 Jan 15 11:01:01 web1 [INFO] xxxxx Jan 15 11:01:01 web1 [INFO] yyyyy Jan 15 11:10:01 web1 [WARN] zzzzz ...
  5. 5. 5Copyright © 2015 NTT DATA Corporation これまでのシステム運用管理はどうだったのか? サービスインからシステム更改時まで ほぼ構成が変わらないシステムを運用し続ける。 開発時 システム構成が変わらないことを前提に運用フローを設計してきた 1年目 変わらないまま 5年目 (ハードウェア更改) static EOL ピークを満たす製品を選定 故障した ハードウェアを交換
  6. 6. 6Copyright © 2015 NTT DATA Corporation システム運用管理をどう効率的に実現してきたか? システムの健全性を自動的に監視し、 ジョブ(定時バッチなど)を自動的に制御したい。 その仕組みを提供するのが、統合運用管理ソフトウェア。 運用管理 ソフトウェア エンタープライズシステム PINGによる監視 リソース状況の監視 プロセス存在の監視 ・・・ コマンド実行 メール 画面表示 ・・・ 業務データ 書き出し サービス 停止 拠点A 業務データ 書き出し サービス 停止 拠点B 業務データ 集約 中核拠点 業務データ バックアップ バックアップ拠点 レポート 作成 業務バッチA モニタリング ジョブコントロール アラート 状態可視化 管理するサーバ・スイッチなどの システム構成定義は、あまりアップデートしない。 たまに、監視・ジョブの設定を増減をする程度。
  7. 7. 7Copyright © 2015 NTT DATA Corporation NTTデータで開発している統合運用管理ソフトウェア 状態監視 ジョブ制御 ノード管理 パフォーマンス管理 システム運用管理で要求される幅広い機能を備えた 統合運用管理ソフトウェア ✔ ✔ ▲ Microsoft Azure/Hyper-Vのいずれも動作環境としてサポートしております。
  8. 8. 8Copyright © 2015 NTT DATA Corporation Hinemosによる状態監視 ITシステムの稼働状況を確認するために必要十分な 様々な種類の監視を完備しています 標準の監視種別 PING監視 システムログ監視 Hinemosエージェント監視 HTTP監視 プロセス監視 リソース監視 SQL監視 SNMP監視 SNMPTRAP監視 ログファイル監視サービス・ポート監視 カスタム監視 Windowsサービス監視 Windowsイベント監視 選択 ・監視対象 ノード ・通知設定 監視設定 ノード ・監視間隔:○分 ・判定条件(閾値指定)
  9. 9. 9Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 監視コンソールで 視覚的に通知 監視結果の通知 Hinemosマネージャ イベント通知 ステータス通知 ジョブ通知 コマンド通知 監視結果に連動して 処理実行 監視結果を 外部に通知 メール通知 ログエスカレーション通知 ✔ ✔ ▲ syslog 監視結果は運用者に様々な手段で通知できます
  10. 10. 10Copyright © 2015 NTT DATA Corporation Hinemosによるパフォーマンス管理 管理対象の情報を定期的に収集・蓄積し、 グラフ化・エクスポートできます パフォーマンス CPU メモリ ディスク ネットワーク ファイルシステム PING応答時間 HTTP応答時間 SQL実行結果 サービス・ポート 応答時間 プロセス数 ユーザ定義コマンド 実行結果
  11. 11. 11Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 業務に沿った管理の実施 業務スケジュールに合わせたカレンダ設定が可能 → カレンダをもとに監視(ジョブ)のスケジューリングが可能
  12. 12. Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 12 2. Microsoft Azureを活かした運用ポイントとは? ~IaaS編~
  13. 13. 13Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウド上に構築したシステムの特徴 (もちろん、従来通りのシステムもできるが...) オンデマンド・スケーラブルにリソースが確保できるため、 その時に必要な分のリソースを購入したほうが経済的。 開発時 1年目 n年目 (ソフトウェア更改) (ハードウェア更改) dynamic リソースの増減でパフォーマンスがスケールするITシステム、 状態を把握しながら常にシステム構成を最適化できる運用フロー、が必須に。 従来のこういった運用が不要となる ビジネス状況に応じて、 リソース量を調整 更改の基準がハードウェアから OS, ミドルウェア...などの 上位レイヤにシフト。
  14. 14. 14Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウドを従来の仕組みで単純に運用すると... システム運用者の負担は劇的に増大します... 運用管理ソフトウェア エンタープライズシステム PINGによる監視 リソース状況の監視 プロセス存在の監視 ・・・ Manual システム運用者 構成管理DB監視定義DB VMインスタンス追加 いつの間にか 増えてるし... 最新化しないと。 システムエンジニア 明日からキャンペーンだから、 リソースを増強しておよう。 クラウドでよかった♪ vs.
  15. 15. 15Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウド運用では、どんな仕組みが必要なのか? ① 従来の監視の仕組みはそもそも必要? クラウドベンダは、各サーバ内でどのようなプロセスが動作しているかどうか、 確認していません。。。 OSより上位の健全性はシステム提供者の責任。 状態変化・異常などを検知する手段を確保する必要があります。 いつの間にかダウンしていました == 運用していない、 なので、もちろん必須!
  16. 16. 16Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 1. 従来の監視の仕組みはそもそも必要? Hinemosでは、ITシステムの稼働状況を確認するために 必要十分な様々な種類の監視を具備しています。 標準の監視種別 PING監視 システムログ監視 Hinemosエージェント監視 HTTP監視 プロセス監視 リソース監視 SQL監視 SNMP監視 SNMPTRAP監視 ログファイル監視サービス・ポート監視 カスタム監視 Windowsサービス監視 Windowsイベント監視 蓄積
  17. 17. 17Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウド運用では、どんな仕組みが必要なのか? ② 現状のシステム構成を常時検出・反映する仕組み システム構成を短期間で変更できることがクラウドのメリットの一つ。 せっかくのメリットを運用都合で阻害しない、 構成管理の新しい仕組みが必要になります。 システム管理データベース(CMDB)の手動管理 vs クラウド
  18. 18. 18Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 2. 現状のシステム構成を常時検出・反映する仕組み 運用環境構築 運用自動化 リポジトリ データベース 環境情報を自動検出 サブスクリプションID 秘密キー サブスクリプションID を登録するだけ リポジトリ データベース 環境変更に自動追随 監視の自動継続 ジョブの自動継続 IaaSの拡張 IaaSの拡張 Hinemosでは、サブスクリプション情報を登録するだけで、 アカウント配下のインスタンス情報を構成管理DBに自動で同期します。
  19. 19. 19Copyright © 2015 NTT DATA Corporation ② 現状のシステム構成を常時検出・反映する仕組み ①クラウドサービスとして Azureを選択 ②サブスクリプションID・ 管理証明書の情報を登録 ③サブスクリプション管理下の 仮想マシンが自動で反映
  20. 20. 20Copyright © 2015 NTT DATA Corporation ② 現状のシステム構成を常時検出・反映する仕組み ④表形式のみでなく、 マッピング配置することも可能
  21. 21. 21Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウド運用では、どんな仕組みが必要なのか? ③ 検出したサーバの属性を自動認識させる仕組み 仮想サーバを単に検出しても その仮想サーバに適切な監視を自動で開始できません。 自動検出に加えて、適切な監視設定を自動で割り当てることが必要。 仮想サーバの自動認識 == サーバの存在以上の認識も重要!
  22. 22. 22Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 3. 検出したサーバの属性を自動認識させる仕組み ap001 salesstorage001 salesstorage001 ap001=salesweb_web_europe 仮想サーバap001はwebシステム サーバsalesweb_web_Europe として自動割当
  23. 23. 23Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウド運用では、どんな仕組みが必要なのか? ④ 特性に応じてシステム構成を自動制御する仕組み システムに必要なリソースは時間軸で変動します。 業務フローと連動したリソース制御により、 クラウドによる真の運用コスト削減が実現されます。 "構成変更はできるだけしない..." vs クラウド
  24. 24. 24Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 4. 特性に応じてシステム構成を自動制御する仕組み インスタンス 停止 サービス 停止 サブシステムA インスタンス 停止 サービス 停止 サブシステムB バックアップ 世代管理 レポート 作成 システムC Hinemosでは、ジョブコントロールに IaaS環境のリソース制御を組み込んでスケジューリングできます。 業務カレンダ制御 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 日曜日、祝日は システム停止 第3金曜日に バッチ処理実行
  25. 25. 25Copyright © 2015 NTT DATA Corporation クラウド運用では、どんな仕組みが必要なのか? ⑤構成変更に対するより厳格な監査が必要 クラウドベンダが提供するインタフェースにより、 柔軟にインフラ構成を変更できるようになりました。 運用者のアカウント権限管理とともに、 いつ誰が構成変更をしたのか、traceできることが重要
  26. 26. 26Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 5. 構成変更に対するより厳格な監査が必要 /var/log/.../AzureOperationLog.log https://management.core.windows.net/${SUBSCRIPTION_ID}/operations?...
  27. 27. Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 27 3. Microsoft Azureを活かした運用ポイントとは? ~PaaS/SaaS編~
  28. 28. 28Copyright © 2015 NTT DATA Corporation PaaS/SaaSを利用することのメリット オンプレミス IaaS PaaS SaaS アプリケーション ユーザ管理 ユーザ管理 ユーザ管理 ベンダー管理 データ ランタイム ベンダー管理 ミドルウェア OS 仮想化 ベンダー管理 サーバ ストレージ ネットワーク
  29. 29. 29Copyright © 2015 NTT DATA Corporation とはいっても、ある程度の健全性の把握は必要! アプリ データレスポンスが悪い アプリケーションの レスポンスタイムの推移 SQL Databaseの レスポンスタイムの推移 状態の捉え方が、 IaaSと同じとは限らないことに注意 データファイルへのI/O DBの調子が 影響していてそうだ うまくキャッシュに ヒットしていない? 確かに遅くなっている
  30. 30. 30Copyright © 2015 NTT DATA Corporation では、どうやって監視すればよいのか? 例えば、WebSiteであれば... HTTPという汎用プロトコルの特性を活かして、 エンドユーザ視点での応答時間を監視
  31. 31. 31Copyright © 2015 NTT DATA Corporation では、どうやって監視すればよいのか? 例えば、SQL Databaseであれば... SQLにてアクセス可能な管理ビューから値を監視 クエリ実行における 待機時間を収集し、 パフォーマンス傾向を分析 CPU/MEMに加えて、 データファイル・ログ・ファイ ルへのアクセス傾向を把握
  32. 32. Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 32 4. Azure & Hyper-V対応の統合運用管理製品Hinemos
  33. 33. 33Copyright © 2014 NTT DATA Corporation Azureの運用には、ぜひHinemos クラウド管理オプション クラウド管理 オプション • 自動検知 • ノード操作 • テンプレート管理 • ・・・ SourceForge.JPにて 無償公開中 基本機能(監視、ジョブ)にクラウド環境との連携機能をアドオンし、 ICT資源の運用効率化を促進する のオプション製品です。
  34. 34. 34Copyright © 2014 NTT DATA Corporation Hyper-Vの運用にはHinemos VM管理オプション VM管理 オプション Windows Server Hyper-V VM1 VM2 VM2 • 自動検知 • ノード操作 • Hyper-V経由での リソース監視 • ・・・ クラウド管理と同様に、 Hyper-V上の仮想マシンの運用効率化も 実現します。 HAオプションを使えば、 Hyper-V上のVM x 2を用いた高可用性構成も可能。 Hyper-V Hinemos #1 Hyper-V Hinemos #2
  35. 35. 35Copyright © 2014 NTT DATA Corporation ハイブリッドクラウドの運用管理の一元化 クラウド環境とオンプレミス環境をシンプルかつシームレスに管理します。  従来環境の運用ノウハウを活用し、運用者の学習コストを軽減  クラウド環境専用の監視ツールを包含する充実の機能を提供 パブリッククラウドサービス プライベートクラウドサービス オンプレミス環境クラウド管理オプション VM管理オプション 基本機能 Windows Server Hyper-V Windows Server
  36. 36. 36Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 密に連携したハイブリッドシステムを管理 プライベートクラウド (Hyper-V) お客様拠点 Azure ITpro EXPO AWARD 優秀賞 受賞 Hyper-V仮想化インフラから 管理対象の情報を自動で登録 Microsoft Azure環境から 管理対象の情報を自動で登録 両環境を1つのコンソールで 容易に統合管理可能 ハイブリッド構成のシステムをHinemosで統合監視可能です
  37. 37. Copyright © 2015 NTT DATA Corporation 37 5. 最後に
  38. 38. 38Copyright © 2015 NTT DATA Corporation どんな人にお勧め? は
  39. 39. 39Copyright © 2015 NTT DATA Corporation スモールスタートしたい方、試しに初めてみたい方 • OSSなので、使うだけなら勿論無償です • All in One のパッケージをインストールするだけ! なら大丈夫! クラウドだし、 スモールスタート したいけど・・・ 試してみたいけど、 お試しで料金は 払いたくないなぁ・・・ 使い始めるまで 大変じゃないかな・・・
  40. 40. 40Copyright © 2015 NTT DATA Corporation ミッションクリティカル・エンタープライズ領域でも安心 きちんとしたサポートが 無いと安心して使えない・・・ とめられないシステムの 運用はできるかな・・・ なら大丈夫! • NTTデータが責任をもって開発 • Hinemosパートナー各社が保守サポートを提供 • Hinemos HA オプション など、ミッションクリ ティカル向けの機能も充実 Hinemos HA オプション 万が一障害が発生してしまった際にも 自動的に運用を継続できます。 ユーザへの自動通知と既定の復旧手順により サービスを止めない障害復旧が可能です。 障害発生時も サービスを止めずに復旧可能 障害発生時も自動で運用継続 設定が複雑なクラスタリングソフトや 高価な共有ディスクを使わず HAクラスタを実現します。 特殊なハードウェアや ソフトウェアが不要
  41. 41. 41Copyright © 2014 NTT DATA Corporation Microsoft Azure上で提供される仮想マシンでご利用いただけます Hinemos for Windows Ubuntu対応版Hinemos
  42. 42. 42Copyright © 2014 NTT DATA Corporation いますぐに活用できる情報が満載! Software Design 新連載 「Hinemosで学ぶジョブ管理超入門」 茶納 佑季、眞野 将徳、山本未希 著 定価: 本体1,220円+税 B5判: 204ページ 出版社: 技術評論社 発売日: 2014/9/18 Software Design plusシリーズ 「Hinemos 統合管理[実践]入門」 倉田晃次,澤井健,幸坂大輔 著 定価: 本体3,700円+税 大型本: 520ページ 出版社: 技術評論社 発売日: 2014/8/5 Hinemosポータル http://www.hinemos.info/ 技術情報 「クラウド運用管理特集」 Hinemosクラウド管理スタートアップ Hinemosで始めるクラウド管理 パブリッククラウドの操作ログ管理 ...
  43. 43. Copyright © 2011 NTT DATA Corporation Copyright © 2015 NTT DATA Corporation

×