Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Hinemos ver.6.0 クラウド・仮想化環境の運用管理

1,312 views

Published on

Hinemosは、システム運用管理で要求される各種機能を備えた、「統合運用管理ソフトウェア」です。

本資料は、2017/04/18(火)開催
Hinemos ver.6.0 製品発表『Hinemos ver.6.0 クラウド・仮想化環境の運用管理』セッション講演資料となります。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Hinemos ver.6.0 クラウド・仮想化環境の運用管理

  1. 1. 1 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance Hinemos ver.6.0 クラウド・仮想化環境の運用管理 2017年4月18日 NTTデータ先端技術株式会社 佐野 譲
  2. 2. 2 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance INDEX 1.クラウド環境、仮想化環境の運用とは 2.クラウド環境、仮想化環境の運用における課題 3.Hinemosによる課題の解決策 4.クラウド管理、VM管理の機能紹介 5.まとめ
  3. 3. 3 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド環境、仮想化環境の運用とは
  4. 4. 4 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド・仮想化環境の運用  物理サーバ・ストレージ環境とは異なる特徴 仮想化環境クラウド環境 迅速性、柔軟性、拡張性 サーバ/ストレージのリソースを即時に変更・追 加が可能。 環境の組み合わせが可能 物理サーバ・ストレージ環境にクラウド、仮想 化環境を組み合わせたハイブリッドな環境 を構築することが可能。 VMware vSphere Hyper-V 使用時間、量で課金されるクラウドサービスは、 不要なリソースを停止などで、コスト削減が可能。 従量課金制(クラウド) Microsoft Azure これらメリットを十分に享受し た運用が必要
  5. 5. 5 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド環境、仮想化環境の 運用における課題
  6. 6. 6 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance 環境変更による課題  クラウド・仮想化環境の特徴は「迅速性、柔軟性、拡張性」 サーバ、ストレージなどのリソースを即時に、必要な量・大きさを 確保できること  激しく変化するクラウド・仮想化環境にリアルタイムに適応して、 クラウド・仮想化環境のスピードを活かした運用管理を行う必要が ある 管理対象 クラウドサービス クラウドサービス 確保 解放
  7. 7. 7 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance ハイブリッド環境による課題  仮想化環境や物理サーバ・ストレージ環境が混在するような ハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境のコントロールは非常に 難しい。  各プラットフォーム、運用管理手順が異なり、管理が複雑化。  複数プラットフォームの運用管理を統一できるようにする必要がある 物理サーバ・ストレージ環境 クラウドサービス システムの スモールスタート 物理サーバ・ストレージ環境 クラウドサービス 一時的な リソース確保 安定稼動後に、 コストの高い 部分を物理 サーバ・スト レージ環境 へ移行。 一時的にリ ソースを増強 して、物理 サーバ・スト レージ環境と 連携して運用。
  8. 8. 8 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance 課金コスト管理の課題  クラウドの特徴はリソースを使った時間、量だけ課金されること  メリットを享受するために –コストがかかっている箇所を簡易に把握・分析して必要なリソース を適切な量、時間だけ利用できるようにする必要がある
  9. 9. 9 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance Hinemosによる課題の解決策
  10. 10. 10 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance 環境変更への追随 •Hinemosならば、クラウド、仮想化環境で提供される管理APIを利用 して最新の構成情報を取得し、構成管理DBに反映できます。 •リソースの役割に合った、ジョブや監視を自動で行うことが可能です。 管理API via AWS SDK for Java VMware vSphere Web Services SDK ... 仮想化環境 クラウド環境 VMware vSphere Hyper-V Microsoft Azure リソースの自動検出、自動 割り当てにより、環境変更 への追随が可能。
  11. 11. 11 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance ハイブリッド環境への対応 • Hinemosは単一画面で物理サーバ、クラウド、仮想化のリソースを組み合わせた環境を 俯瞰的に管理することができます。また、Hinemosによって統一手順で各リソースの運用 管理が可能となります。 (パブリック・クラウドAWS & Azure + オンプレミスVMwareの場合) AWS Azure VMware
  12. 12. 12 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance 課金管理の実現 •サーバ・システム単位での利用状況を可視化する課金配賦機能を備えています。 •サーバ・システム単位での課金アラートから、日単位の料金の増分表示など、 様々な課金管理を実現する機能があります サーバやシステム単位に振り分けられた課金データ 任意のグループ単位の 課金状況でアラート 集計・集約したデータから レポート作成 • AWSリソースにタグ付けするだけでHinemosが任意の単位で 集計 • EC2とEBSの紐付けはタグ付け不要 Hinemosが構成情報から自動判定 • 見やすい日単位の料金で集計表示
  13. 13. 13 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance リソース管理によるコスト削減 • リソースを利用していない時間帯などの情報を基に、リソース起動/停止の操 作をジョブフローとして自動実行することで、利用料金の無駄を抑えることが できます。 後処理 サービス 停止 インスタンス 停止 インスタンスのコントロールをジョブネット へ組み込み可能 バックアップ 前処理 インスタンス 起動 サービス 開始 夜間 利用していない
  14. 14. 14 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド管理、VM管理の機能紹介
  15. 15. 15 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド・VM管理オプション ・クラウド管理機能: パブリッククラウドの運用自動化 ・VM管理機能: 仮想化環境の運用自動化 クラウド オンプレミス 仮想化 ベアメタル • 一元管理 • シームレス • システム間連携 クラウド専用機能 仮想化専用機能
  16. 16. 16 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance VM管理機能 (1/2) 自動構成管理 タグ情報 スコープ割当 ルール Webサーバ APサーバ DBサーバ Linux Windows + 仮想マシン 検出 識別 タグを使った自動識別 HinemosにvCenterへの接続情報(ユーザ・パスワード)を登録すると、ESXサーバ や仮想マシン、及び仮想マシンとESXサーバのマッピングを自動検出し、運用開始後 も自動追尾して、環境変更時に伴う運用操作は必要ありません
  17. 17. 17 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance 項目 追加で監視・収集できるVMwareリソース値 CPU (正しい)CPU使用率 [%]/CPU不足量 [msec] ... MEM バルーン使用量 [MByte] ... DISK データストア使用率 [%] ... 仮想 マシン ESX Server vCenter Server ・VMware APIをコールして取得する専用のリソース値 ・ESX/DataStoreの状態やイベント・ステータスの監視  VMware特有のリソース値、ステータスの情報にも対応しています。  ステータスについて、VMware環境の状態がわかる専用画面も用意しています。 VM管理機能 (2/2)
  18. 18. 18 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド管理機能 (1/2) 自動構成管理 タグを使った自動識別 HinemosにAWSへの接続情報(アクセスキー・シークレットキー)を登録すると、AWS 上のEC2インスタンス情報を取得し、リージョン、アベイラビリティゾーン、VPC、サブネット の単位で自動グルーピングします。運用開始後も自動追尾して、環境変更時に伴う 運用操作は必要ありません。 タグ情報 スコープ割当ルール Webサーバ APサーバ DBサーバ Linux Windows + EC2インスタンス 検出 識別
  19. 19. 19 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance クラウド管理機能 (2/2) ■CloudWatch連携 CloudWatchの必要性 CloudWatchの課題 ・CloudWatch経由で取得が必要なリソース値 AWSの各種PaaS EBS(ネットワークストレージ) ・業務カレンダとして連携した監視/通知抑制 ・業務層の監視(Webシナリオ監視等) ■Health Dashboard連携 AWS環境はクラウドサービスとして提供されたインフラですが、この インフラ・サービスが正常に動作していることを監視する必要があり ます。 ■CloudTrail操作ログ監視 AWS環境のインターネット環境に公開されたパブリッククラウドで す。そのため、AWS環境変更については、プライベートクラウドより センシティブに管理・監視が必要です。 API 操作ログ • 不正なログイン • 許可の無いEC2インスタンスの作成 • 危険なセキュリティグループの変更  AWS特有のリソース値、インフラ状況、ログ情報の取得にも対応しています。
  20. 20. 20 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance まとめ
  21. 21. 21 © 2017 NTT DATA INTELLILINK CORPORATIONHinemos Alliance まとめ リソースの自動管理 Hinemosでクラウド仮想化活用メリットを最大化 ハイブリッド対応 従量課金制のコスト管理 クラウド、仮想化管理機能の特徴

×