ADAPTIVE CASE MANAGEMENT AND MASTERING THE UNPREDICTABLE 日 本 語 事 前 学 習 資 料 Hiki (市川 義規  yoshinori ichikawa ) http://blog.l...
おことわり <ul><li>この資料は Keith Swenson 氏来日ディスカッション ※ の内容を充実させるために、 ACM に関連した情報を事前に展開する目的で作成されています </li></ul><ul><ul><ul><li>※  ...
IT IS ALL TAILOR'S FAULT <ul><li>The concept behind Adaptive Case Management </li></ul>
IT IS ALL TAILOR'S FAULT <ul><li>It is All Tailor's Fault  in  Thoughts on Collaborative Planning </li></ul><ul><ul><li>ht...
勝手要約(1/2) <ul><li>既存の BPM は フレデリック・テイラー 的である </li></ul><ul><ul><li>フレデリック・テイラー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Fredrick Win...
勝手要約(2/2) <ul><li>既存の BPM の対象がルーチン・ワークであるならば、それに替わる手法が対象とすべきは(ドラッカーの言う) ナレッジ・ワーク(知識労働) である </li></ul><ul><ul><li>ピーター・ドラッカ...
ACM IS… <ul><li>The description of Workflow Management Coalition  </li></ul>
ACM IS… <ul><li>Adaptive Case Management (ACM) is information technology that exposes structured and unstructured business...
ACM IS… :勝手訳 <ul><li>Adaptive Case Management (ACM) は、セキュアかつ透過的に、ルーティンワークおよび突発的なプロセスを実行するための </li></ul><ul><ul><li>構造化された ...
 
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Acm japanese 0627_2345

1,738 views

Published on

"Mastering the Unpredictable" presentation by Keith Swensonさん (BPMinna)の日本語学習資料です
http://atnd.org/events/5954

Published in: Technology, Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,738
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Acm japanese 0627_2345

  1. 1. ADAPTIVE CASE MANAGEMENT AND MASTERING THE UNPREDICTABLE 日 本 語 事 前 学 習 資 料 Hiki (市川 義規 yoshinori ichikawa ) http://blog.livedoor.jp/hikiko_mori/ http://twitter.com/hikiko_mori 2010/06/27 ver1.0
  2. 2. おことわり <ul><li>この資料は Keith Swenson 氏来日ディスカッション ※ の内容を充実させるために、 ACM に関連した情報を事前に展開する目的で作成されています </li></ul><ul><ul><ul><li>※ &quot;Mastering the Unpredictable&quot; presentation by Keith Swenson さん (BPMinna) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://atnd.org/events/5954 </li></ul></ul></ul><ul><li>本資料の内容は、 Adaptive Case Management および Mastering the Unpredictable について、 いかなる事実も保証しません 。日本語訳の正確さも保証しません。とにかく何も保証しないし、どこかの会社の公式な見解というわけでもありません。私が私的な時間に趣味の一環で作っている営利を目的としない 同人誌だと考えてください </li></ul><ul><li>二次配布は自由ですが、営利目的での利用はご遠慮ください </li></ul>
  3. 3. IT IS ALL TAILOR'S FAULT <ul><li>The concept behind Adaptive Case Management </li></ul>
  4. 4. IT IS ALL TAILOR'S FAULT <ul><li>It is All Tailor's Fault in Thoughts on Collaborative Planning </li></ul><ul><ul><li>http://kswenson.wordpress.com/2010/01/08/it-is-all-taylors-fault/#more-707 </li></ul></ul>
  5. 5. 勝手要約(1/2) <ul><li>既存の BPM は フレデリック・テイラー 的である </li></ul><ul><ul><li>フレデリック・テイラー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Fredrick Winslow Taylor (1856-1915). 科学的管理法 の父。工場労働者の作業を分解し、時間計測を行うことで作業改善に結びつける「 作業研究 」の手法で知られる。作業研究の手法は 統計的品質管理 と結びつき、 経営工学 として発展し、大量生産/大量消費時代を支えた </li></ul></ul></ul><ul><li>既存の BPM の自動化による業務改善は、まさにテイラーの手法に則ったものである </li></ul><ul><ul><li>決してそれは誤りではない </li></ul></ul><ul><ul><li>しかし、この手法は 何度も繰り返し実施され、また手順や活動内容が予測可能な業務プロセス にしか適用できないため、限界がある </li></ul></ul><ul><ul><li>まさに大量生産が対象であり、一回限りの特注品、カスタマイズ品には適用できないからだ </li></ul></ul>
  6. 6. 勝手要約(2/2) <ul><li>既存の BPM の対象がルーチン・ワークであるならば、それに替わる手法が対象とすべきは(ドラッカーの言う) ナレッジ・ワーク(知識労働) である </li></ul><ul><ul><li>ピーター・ドラッカー </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Peter Ferdinand Drucker (1909-2005). 経営学者/社会学者。活動は実証よりも概念の創造に重きが置かれた。代表的なものに「知識労働者」、「目標による管理」 </li></ul></ul></ul><ul><li>医師の診察に代表されるような、数多くの結論を持ち、無数の経験則に基づいた業務を改善する手法が 適応的案件管理 (Adaptive Case Management) である </li></ul><ul><li>下記のような業務プロセスを対象にする </li></ul><ul><ul><li>手順や活動内容を事前に定義しにくい </li></ul></ul><ul><ul><li>繰り返されることは少ないか、ない </li></ul></ul><ul><ul><li>事前に結論を予測しにくいか、できない </li></ul></ul>
  7. 7. ACM IS… <ul><li>The description of Workflow Management Coalition </li></ul>
  8. 8. ACM IS… <ul><li>Adaptive Case Management (ACM) is information technology that exposes structured and unstructured business information (business data and content) and allows structured (business) and unstructured (social) organizations to execute work (routine and emergent processes) in a secure but transparent manner. </li></ul><ul><li>ACM involves three distinctive paradigm shifts: </li></ul><ul><ul><li>ACM is a productive system that deploys not only the organization and process structure but through backend interfaces becomes the system of record for the business data entities and content involved. All processes are completely transparent as per access authorization and fully auditable. </li></ul></ul><ul><ul><li>ACM enables non-technical business users in virtual organizations to seamlessly create/consolidate processes from business entities, content, social interactions, and business rules. ACM can be unstructured or strict. </li></ul></ul><ul><ul><li>ACM moves the process knowledge gathering in the life cycle from the template analysis/modeling/simulation phase into the process execution. The ACM system collects actionable knowledge (no discussion necessary how) based on process patterns created by business users. </li></ul></ul><ul><li>For a complete description of Adaptive Case Management, please refer to the book Mastering the Unpredictable . </li></ul>Workflow Management Coalition http://www.xpdl.org/nugen/p/adaptive-case-management/public.htm
  9. 9. ACM IS… :勝手訳 <ul><li>Adaptive Case Management (ACM) は、セキュアかつ透過的に、ルーティンワークおよび突発的なプロセスを実行するための </li></ul><ul><ul><li>構造化された IT </li></ul></ul><ul><ul><li>非構造的な業務情報(データやコンテンツ) </li></ul></ul><ul><ul><li>構造的/非構造的な組織(仕事を対象とした組織は構造的であり、社会においての活動を対象とした場合は非構造的である) </li></ul></ul><ul><li>を指す </li></ul><ul><li>ACM は3つのパラダイム・シフトを意味する </li></ul><ul><ul><li>ACM は組織とプロセスの構造だけでなく、バックエンドのシステムを介して業務データやコンテンツを展開する。すべてのプロセスが、アクセス認可に従って完全に透過的で、監査可能である。 </li></ul></ul><ul><ul><li>ACM は技術的でなく、バーチャルな組織に属している業務ユーザーに、業務プロセスを取りまとめたり、創造することを可能にする。業務プロセスは業務データやコンテンツ、社会的な関わり合い、業務ルールから作られる。 ACM は非構造的にもなりえるし、厳密に構造的にもなりえる </li></ul></ul><ul><ul><li>ACM は分析/モデリング/シミュレーション/実行のライフサイクルで実現される。業務ユーザーがプロセス・パターンに基づいて作成した実施可能なナレッジを収集している。このナレッジは、「どうやって実現するか」という議論無しで実施可能である </li></ul></ul>

×