Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第31回WebSig会議【セッション2】 タブレットが与える影響について考える

3,195 views

Published on

2012年12月1日(土)第31回WebSig会議「創り手が意識すべきタブレット,ユーザが使い始めるタブレット」【セッション2】タブレットが与える影響について考える~石橋秀仁(ゼロベース株式会社代表取締役社長/ウェブ・アーキテクト)
http://websig247.jp/meeting/31/000254.html

Published in: Design
  • Be the first to comment

第31回WebSig会議【セッション2】 タブレットが与える影響について考える

  1. 1. タブレットが与える影響について考える石橋秀仁@zerobase
  2. 2. 概要→ • ユーザーインターフェイスの進化 • アーキテクチャの進化 • デバイスの多様化 • デバイスフリー化(コンテンツ/サービス) • アビリティ
  3. 3. UIの進化 • CUI • GUI • NUI「UIの進化」を考えるための3つのキーワード
  4. 4. CUI Character User Interfaceコンソール、俗に「黒い画面」。キャラクター=文字。
  5. 5. CLI Command Line InterfaceMacのTerminal。GUI OS内のCUI。CUIを別名CLIとも言う。
  6. 6. GUI Graphical User Interfaceグラフィカル=視覚的
  7. 7. NUI Natural User InterfaceWii、Kinnect、iPhone。CUI=文字のみ。GUI=視覚的。NUI=より自然。「自然」とは何か?掘り下げると深いので保留。
  8. 8. iPad 2010-今日のテーマ「タブレット」
  9. 9. UIの進化 • CUI • GUI • NUI3つのキーワードを説明してきたので、ようやく「UIの進化」
  10. 10. UIの進化 CUI GUI NUI ? 透明化透明:道具が意識にのぼらない。道具を用いる対象のみが意識されている。
  11. 11. 透明メガネは透明:道具を意識せず、道具を使う対象に意識を集中できる。障害(曇り)→半透明:道具が意識に上る。道具は手段。透明が理想。
  12. 12. 透明箸は透明。麺がすべる→半透明(眼鏡の曇り)。未習熟→半透明(道具を用いる対象より、道具そのものに意識が向く)。ナイフとフォーク→フレンチ楽しめない→箸。
  13. 13. UIの進化 CUI GUI NUI ? 透明化ポイント:UIの透明化にはマシンパワーが必要。
  14. 14. 概要 • ユーザーインターフェイスの進化→ • アーキテクチャの進化 • デバイスの多様化 • デバイスフリー化(コンテンツ/サービス) • アビリティ
  15. 15. アーキテクチャの進化 コンソール クライアント ブラウザ アプリ メイン ウェブ サーバー クラウド フレーム サーバーコンピューターの歴史。リモート/ローカルのマシンパワー。
  16. 16. 共進化 ユーザー アーキテクチャ インタフェーイスUIが進化→UI処理負荷が重く→デバイスへの要求が高まる→性能向上→高まったデバイス能力を使った、さらに自然なUI →リモート(ロジック)とローカル(UI)の役割分担
  17. 17. アーキテクチャの進化コンソール クライアント ブラウザ アプリ UI ロジック メイン ウェブ サーバー クラウド フレーム サーバーローカルはUI処理。裏側のロジックをリモートに任せる。例えばAPI叩くだけのスマホアプリ。スマートデバイスのUIをどんどんリッチにしよう。そのためのマシンパワーはある。
  18. 18. 潤沢なマシンパワーをUIに振り向けよう。 増井俊之氏の提唱する「富豪的プログラミング」。
  19. 19. 概要 • ユーザーインターフェイスの進化 • アーキテクチャの進化→ • デバイスの多様化 • デバイスフリー化(コンテンツ/サービス) • アビリティ
  20. 20. スマートデバイス
  21. 21. スマートデバイス• 携帯性• タッチ操作• アプリ(プログラマブル)• 周辺機器(Wi-Fi, Bluetooth, イヤホンジャック)
  22. 22. イヤホンジャック Square registerイヤホンジャックに差すと、iPhoneがクレジットカード決済端末に。
  23. 23. イヤホンジャック スマートフォンの為のお手軽センサーネットワーク(案) by Naoji Taniguchi (谷口直嗣) on Aug 30, 2012イヤホンジャックを使って各種センサーを拡張 → 発想次第で無限の可能性
  24. 24. スマートデバイス +αすでにある「何か」をつなぐ発想 → 独自のHWとアプリを一緒に開発する発想へ。すでに技術は安価になった。クラウドファンディングもある。デバイスを「+α」で考えてみよう。
  25. 25. タブレットを活かす • ミクロ発想:タブレットから • マクロ発想:エコシステムから • ユーザー中心発想(UX指向)ミクロ:タブレットの機能や特徴から考える。マクロ:多様なデバイスのエコシステムから考える。クロスチャンネル。タブレットで何でもかんでもやらなくていい。モノではなくユーザーから考える。「タブレット」をほかのデバイスに入れ替えても同様。
  26. 26. デバイスの多様化デバイスフリー化 (コンテンツ/サービス)
  27. 27. 概要 • ユーザーインターフェイスの進化 • アーキテクチャの進化 • デバイスの多様化→ • デバイスフリー化(コンテンツ/サービス) • アビリティ
  28. 28. デバイスフリー化 (コンテンツ/サービス) • マークアップ:HTML5 / RWD / PE • セマンティクス:Web標準 / XML • オブジェクトモデリング:UML / DDD • API連携:JSON / REST / SOA • ID連携:OpenID / OAuthデバイスフリー化を進めるためには裏側の技術が大事。RWDはレスポンシブウェブデザイン。PEはプログレッシブ・エンハンスメント。DDDはドメイン駆動設計。IAには馴染みのない言葉もありそう。
  29. 29. IA & ITA Information Architect IT ArchitectTechnlogy の T の違い。よいアーキテクチャを実現するためには協業が欠かせない。
  30. 30. IA ITA互いの歩み寄りで共通言語を。IAはUMLを。ITAもワイヤフレームやサイトマップを。
  31. 31. 概要 • ユーザーインターフェイスの進化 • アーキテクチャの進化 • デバイスの多様化 • デバイスフリー化(コンテンツ/サービス)→ • アビリティ
  32. 32. アビリティ • ユーザビリティ • アクセシビリティ • リーダビリティ • ファインダビリティ • ****ビリティ総称、アビリティ :できなかったことが、できるようになること。Webのアビリティを高める→ユーザーのアビリティが高まる。
  33. 33. アビリティ予算の獲得 • デバイスフリー化 • 未知のハードウェア • クロスチャネル化 • プラットフォーム化 • オープンイノベーションアビリティの推進は現場の良心(職業倫理)だけでは足りない。クライアントが求めなくても、やるべきことをやるには?→ビジネスメリットを示して予算を獲得。IAとITAの協力で推進。
  34. 34. デバイスフリー化HTML 4.01 書かれたのは 1999 年。13年前。いまでも読める。 未知のハードウェアに対応している。 デバイスフリー。→プログレッシブ・エンハンスメント。
  35. 35. クロスチャネル化Web標準、RWD、API→多様なデバイスに対応→クロスチャネル化。店舗との連携→裏側の情報システム/データベースも重要。
  36. 36. プラットフォーム化Twitter。PC、iPhone、Android、iPad、iアプリ、携帯、Windows Phone 7、ノキア s40。
  37. 37. オープンイノベーション社外の開発者(サードパーティー)によるイノベーションを奨励。 API機能: Togetter、Twilog、iOS。ログイン機能:OAuth(ID連携、認証)。
  38. 38. アビリティ予算の獲得 • デバイスフリー化 • 未知のハードウェア • クロスチャネル化 • プラットフォーム化 • オープンイノベーションタブレットという新たなデバイスの登場を契機に、アビリティを推進しよう。
  39. 39. アビリティ • ユーザビリティ • アクセシビリティ • リーダビリティ • ファインダビリティ • ****ビリティWebのアビリティを高める→ユーザーのアビリティが高まる。
  40. 40. 概要 • ユーザーインターフェイスの進化 • アーキテクチャの進化 • デバイスの多様化 • デバイスフリー化(コンテンツ/サービス) • アビリティおさらい。タブレットをコンピューティングの進化の歴史的文脈に位置づけた。次に、スマートデバイスの新たな可能性を考察した。最後に、デバイスフリー化と、アビリティ向上について考えた。以上。
  41. 41. タブレットが与える影響について考える石橋秀仁@zerobase おわり

×