群馬勉強会 あじゃいる完成版

847 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
847
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

群馬勉強会 あじゃいる完成版

  1. 1. プレゼンの前に 自己紹介 羽鳥 と申します。 php歴 2年弱、  興味のある言語 ルビー  今はフラッシュをしています。
  2. 2. あじゃいるのはじまり   2001年2月  20人くらいのアメリカでの会合  中間成果物が多いがプロジェクトが失敗する問題 について会合が開かれた。 そこで新しいプロジェクトモデル アジャイルが 生まれました。
  3. 3. それまでの プロジェクトモデル 1 ウォーターフォール・モデル (1970年)  2 スパイラルモデル (1988年) 3 アジャイルモデル (2001年) Wiki 調べ
  4. 4. まずあじゃいるな心意気というものがあるそうです 1  他人のバグを怒らない 怒っても解決しない。  怒る前に自分でできることはないか聞いてみよう 2 知識は共有しよう。共有しても自分の知識はなくならない。 フィードバックしてチームのレベルを引き上げることができる 3 他人を非難しない、プロジェクトをややこしくしない、とりあえず 全体の成果を重視する 4  ※ ややこしいプロジェクトだったら?そっこうオサラバするのが いいらしいです。 ※  他人を非難したり、問題を先送りしたり、   責任をおしつけるプロジェクト 
  5. 5. あじゃいるな手法 <ul><li>あじゃいるで使われている 手法に 注目しました
  6. 6. ①あじゃいるテスト
  7. 7. ②あじゃいる計画表  </li></ul>
  8. 8. アジャイルテスト <ul><li>テストにはフレームワークを使う
  9. 9. なぜか?往々して共通化したテストケースが
  10. 10. フレームワークに含まれているから 
  11. 11. (これが一番の理由)
  12. 12. UNITフレームワーク 
  13. 13. ~ を使うと無難でよろしいらしい
  14. 14. PHPでいえばPHPUNIT JAVAでいえばJAVAUNIT
  15. 15. アクションスクリプトならFLEXUNIT 
  16. 16. いろいろあります。 </li></ul>
  17. 17. アジャイルテスト のついでに <ul><li>ドキュメントを自動化する。 
  18. 18. PHPDOC JAVADOC
  19. 19. コードの上に
  20. 20. /**
  21. 21. * XML/XSL ファイルを読み込み、変換結果を返します
  22. 22. * @access public
  23. 23. * @param String $xml XML ファイル名
  24. 24. * @param String $xsl XSLT ファイル名
  25. 25. * @return String 変換結果
  26. 26. */
  27. 27. と書くと自動化ソフトで簡単な API マニュアルが作成されます。 </li></ul>
  28. 28. アジャイルな計画 <ul><li>バックログを使う (まだやってないリスト)
  29. 29. 「積み残した仕事」
  30. 30. 箇条書で やること 1依頼者 2優先 3完了条件
  31. 31. これをメモに書き出す。
  32. 32. パーセント進捗はいいけど、計画管理には不向き
  33. 33. 80パーセント進捗を繰り返し問題を引き起こす可能性
  34. 34. がある、ならここまでやったというリストのほうが
  35. 35. 効率的 </li></ul>
  36. 36. <ul><li>あじゃいるなネタは多くあるが、時間がないので
  37. 37. 省略いたします。
  38. 38. 小規模のプロジェクトなら安定した成果が
  39. 39. あげられるとは思う、しかし間違った使い方をすると、
  40. 40. 成果が上がらない
  41. 41. 例として ソース管理(サブバージョンなど)をしているのにコミットするのが三日に一回とか、期間がながいとソース管理の意味をなさなくなる。 </li></ul>
  42. 42. 最後 <ul><li>アジャイルネタは多くありますが、初めてということもありこれで終わります。
  43. 43. このネタはwiki とアジャイルプラティクスという
  44. 44. 書籍を参考にしました ありがとうございました。 </li></ul>

×