Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ProSight

1,467 views

Published on

右側のチェックシートで実情を把握してみてください。弊社ソフトウェアを使えば現場主体での改善も可能となります。また定期サポートも対応できます。http://www.hcs-asia.com/j.html

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ProSight

  1. 1. 海外子会社工場へのご提案 PROSIGN SYSTEM PHILIPPINES, INC.からの ご提案:現地化ご支援プログラム 1、基本的な考え方 2、現状はどうでしょうか ① 社員のみなさまへ教育の場をご提供する ② 現地人主体のローコスト経営化を図る 3、日本の現場で鍛えられた 生産管理システムによる 体質教化をご提案いたします 生産管理システム(PRODUCT SIGHT)+定期サポート Production Control Supplier Customer Monthly Forecast Monthly Forecast Weekly Orders Weekly Orders Weekly Daily Daily Daily Daily Daily Production SupervisorWeekly I I I 2500 Machine (-4) 3360 (-6) 1680 5 dy 45 sec 10 dy 7 dy 3500 1 1 1 Inspect Package 4 dy 30 sec 4 dy 10 sec I 2000 2000 I I 2000 Ship 4 dy Daily 40 sec 1 Hone 5 sec Cln/Deburr 10,080 pcs/month (-4) 6,720 (-6) 3,360 504 pcs/day (-4) 336 pcs/day (-6) 168 pcs/day 12 containers/day 1 Shift/Day (8.5 hrs) 0.5 hr (Lunch) 0.5 hrs (Breaks) Available Time=460 min/dy CT=44 sec C/O=60 min Lot=1000 pc Avail=27,600 Uptime=87% CT=40 sec C/O=5 min Lot=1000 pc Avail=27,600 Uptime=99% CT= 5 sec C/O=0.0 min Lot=1000 pc Avail=27,600 Uptime=80% CT=30 sec C/O=5 min Lot=1000 pc Avail=27,600 Uptime=99% CT=10 sec C/O=5 min Lot=1000 pc Avail=27,600 Uptime=99% Lead Time=34 day Total Cycle Time=130 sec Total Work Time=130 sec 4、推奨推進体制 5、システム導入に向けての基本大日程 第1ステップ 現状把握作業 (1日) 第2ステップ 仕様報告会 (1日) 第3ステップ マスター整備 (30日) 日付: 2013年 見える化 プロジェクトチーム 御社 PSPI 関係部署 ○ ○ マネジメント ○ 1 □ 2 □ 3 □ 4 □ 5 □ 6 □ 7 □ 8 □ 9 □ 10 □ 11 □ 12 □ 13 □ 14 □ 15 □ 16 □ 17 □ 18 □ 19 □ 20 □ 刃物の使用時間がわからない 部品や工具の発注履歴を調べるのに時間がかかる どの顧客のどの製品で儲かっているか損しているかわからない 常備品や工具の正確なデータがほしい 棚卸をしても台帳とあわない 品質データがたくさんあって、まとめるのに時間がかかる 計画に対して生産が遅れているのか把握できない ローカルスタッフ教化のツールがほしい 顧客との価格交渉で使う正確なデータ収取に時間がかかる 在庫管理がうまくいかない、在庫が正確に把握できない 現場の改善がうまくできない 製造途中の仕掛品がいくらなのか、評価できない 人手はかけているが、必要なデータがタイムリーにでてこない 原価の改善ができない ムダがいくらあるのかないのか、把握が難しい どこ(プロセス、工程、倉庫、部門)に問題があるのかわからない 利益はでているが、中身が把握できない 原価差異が生じているがその中身(要因)が把握できない カイゼン活動でコストダウンしているはずが、利益が増えない 製品(部品)の本当の原価がわからない ご用命は ハリーコンサルティング事務所 www.hcs-asia.com/j.htmlへ お電話 080-5893-1214 代表 松村 晴彦

×