Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

入社100日の新人がクラスメソッドでの激速の日々を赤裸々に語る

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 42 Ad

入社100日の新人がクラスメソッドでの激速の日々を赤裸々に語る

Download to read offline

2017年9月1日に入社した私が、 クラスメソッドの異次元スピードに翻弄されながら、AWSソリューションアーキテクトとして激速で成長する過程を お届けいたします。 入社直後の業務イメージが 湧くこと請け合いです!

2017年9月1日に入社した私が、 クラスメソッドの異次元スピードに翻弄されながら、AWSソリューションアーキテクトとして激速で成長する過程を お届けいたします。 入社直後の業務イメージが 湧くこと請け合いです!

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 入社100日の新人がクラスメソッドでの激速の日々を赤裸々に語る (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

入社100日の新人がクラスメソッドでの激速の日々を赤裸々に語る

  1. 1. 入社100日の新人がクラスメソッドでの 激速の日々を赤裸々に語る AWS事業部 ソリューションアーキテクト 濱田孝治 2017/12/20 1
  2. 2. 2 2017年9月1日に入社した私が、 クラスメソッドの異次元スピードに翻弄さ れながら、AWSソリューションアーキテク トとして激速で成長する過程を お届けいたします。 入社直後の業務イメージが 湧くこと請け合いです!
  3. 3. 3しゃべる事、しゃべらない事 ・個人的な経験 ・感じた事 しゃべる事 しゃべらない事 ・会社の話 ・AWS事業部 全体の話
  4. 4. 4今日のキーワード 赤裸々
  5. 5. 5しゃべる事アジェンダ  自己紹介  転職・入社理由  業務の流れ  100日もがいて感じた事
  6. 6. 6 自己紹介
  7. 7. 7自己紹介 濱田 孝治 • 2017年9月入社(new!!) • SIerからクラスチェンジ • @hamako9999 • 実家:大阪市住之江区北加賀屋 • 実家:銭湯営業 • 高校:チャリ通学 • 大学:チャリ通学 • 社会人:東京
  8. 8. 8 転職・入社理由
  9. 9. 9これ読んでください https://dev.classmethod.jp/etc/hamada-joined-classmethod/
  10. 10. 10前職でやってたこと 独立系SIerに新卒入社 17年間勤務 • 顧客向け業務システムのコーディング、テスト、設 計、PM • 各受託プロジェクトのアーキテクチャ設計や、共通 チームリーダー • 新規事業(家庭菜園SNSの構築・運用)の開発リー ダー • オープンソースコミュニティ参加(Drupal)
  11. 11. 11ふと我に返る時がある 自分はエンジニアとして 何者なんだろう?
  12. 12. 12ふと我に返る時がある 自分は何をもって世の中に バリューを提供できているのか?
  13. 13. 13ふと我に返る時がある 何か一つ「コア」となるものが無いと 将来が不安
  14. 14. 14
  15. 15. 15単純に考えた 食いっぱぐれがなさそう
  16. 16. 16 あれやこれやとあって入社することに
  17. 17. 17 業務の進め方
  18. 18. 18所属と業務の話(AWS事業部内) アーキテクトグループ • AWSシステム環境・構築・運用支援 • プリセールス • AWSインフラに関する設計・構築 • AWSインフラに関するコンサルティング オペレーショングループ • AWSシステム環境の運用自動化支援 サービスグループ • AWSを利用したサービス開発 ここ →
  19. 19. 19業務の流れ 営業・プリセからの 引き継ぎ 詳細パラメータ設計 構築、検収 顧客引き渡し 社内引き継ぎ(オペ レーション契約な ど)
  20. 20. 20 100日もがいて感じたこと
  21. 21. 21自分なりの結論 クラスメソッドは AWSエンジニアとして成長するのに 日本一の環境である
  22. 22. 22日本一の理由 理由①:膨大かつ多種多様な案件がある 理由②:社内人材が最強すぎる 理由③:ブログがある
  23. 23. 23 理由①:膨大かつ多種多様な案件がある
  24. 24. 24理由①:膨大かつ多種多様な案件がある
  25. 25. 25理由①:膨大かつ多種多様な案件がある 業界 法人 EC2(Amazon Linux)、ALB、RDS(PostgreSQL)、Route53 インフラ EC2(m4.16xlarge)、ELB、CloudFront、WAF、SES、S3、CloudWatch、AWS Batch、 Lambda、Route53 バックアップシェルの作成・テスト(2本) EC EC2、RDS(Aurora)、ELB、CloudFront、WAF、S3、Codeシリーズ(CodePipeline、 CodeBuild、CodeDeploy、CodeCommit )に関する情報提供 メーカー 短期案件(1週間で引き渡し) ELB、EC2(ubuntu)、RDS(Aurora) 金融 アセスメント実施(現環境ヒアリング)、AWS構成提案、移行方針策定、検証環境 構築 濱田担当分(メイン)のもの
  26. 26. 26 案件のとり方も基本は立候補性 ・自分が弱点と思っているところをこれを機会に 補強したい ・自分の得意分野がこの超デカイ顧客相手にどこ まで通用するか、おもいっきりぶつけてみたい といった、調整もある程度は効く 理由①:膨大かつ多種多様な案件がある
  27. 27. 27 理由②:社内人材が最強すぎる
  28. 28. 28理由②:社内人材が最強すぎる [入社直後、3日目ぐらい] CloudFormationとか、全然知らんし・・・覚え なあかんこと、むっちゃあるなぁ。 ググってみるか。 あれ、テンプレートってYAML対応してたっけ?
  29. 29. https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-cloudformation- yaml-format/
  30. 30. 32 (隣にすわっとるやんけ・・・)
  31. 31. 33 理由③:ブログがある
  32. 32. 34理由③:ブログがある [入社しばらくして] ACMで証明書発行したり、CSR作ってみたり、な んか作業しているけど、俺、そもそも、ちゃんと SSLわかってないな・・・ 勉強しよ
  33. 33. 35理由③:ブログがある 「勉強したら、ブログ書く。それが社訓」
  34. 34. 36 https://dev.classmethod.jp/etc/bookreview-ssl-getting-started/
  35. 35. 37理由③:ブログがある 書く=教えること 教える=きちんとした理解 が必須 ブログを書く=自然とスキ ルアップにつながる
  36. 36. 38日本一の理由(再掲) 理由①:膨大かつ多種多様な案件がある 理由②:社内人材が最強すぎる 理由③:ブログがある
  37. 37. 39 まとめ
  38. 38. 40まとめ • 食いっぱぐれないエンジニアになる ためにAWSエンジニアを選んだ • 匂いがあってそうなクラスメソッド に入社した • AWSエンジニアとして成長するに は日本一の環境と感じている
  39. 39. 41 是非、ご一緒にお仕事をさせてください
  40. 40. 42 ご清聴ありがとうございました

Editor's Notes

  • 「(タイトル)」と題しまして、AWS事業部、ソリューションアーキテクト、濱田がお話させていただきます。
    だいたい、20分ほどの内容となります。
    説明会とはいえども、大分内容としては、「ゆるい!」です。なので、リラックスしてお聞きいただければと思います。

    で、本日お話する内容がこちら。


  • (読み上げ)

    たいてい、こういう登壇する時の内容とかタイトルとか概要含めて、事前レビューとかチェックみたいなのは皆無です。
    で、勢いで書くと、まぁ、こういう無駄に勢いのよい概要ができあがったりしますね。

  • で、もうすこし、かいつまんで、本日しゃべること、としゃべらないことをざっくり共有いたします。

    喋ること:個人的な経験、感じたこと
    しゃべらないこと:クラスメソッドの話とか、AWS事業部全体の話

    基本的な目線としては、自分目線です。前職から入社した理由から含めて、実際クラスメソッドで働いてみてどうだったかという視点がメインですね。

    で、全体的な方針とか、AWS事業部自体が何をやっているのか的な話は、最後、AWS事業部長の佐々木のほうが、がっつり喋ると思いますのでそちらも楽しみにしていただければと思います。

    で、改めまして本日のキーワードはこちら


  • 「赤裸々」でございます。まぁ、タイトルにも書いてますからね。
    いくぶん、ポエム臭が強いかもしれませんが、ご了承いただければと思います。

    ということで、今日のアジェンダ的なものですが
  • 喋ることのアジェンダですね。こんな流れで喋っていきますよーというところです。
    ・自己紹介、転職・入社の理由、業務の流れ、入社依頼100日もがいて感じたこと
  • まず、最初自己紹介



  • なんで、わざわざ転職・入社理由をお話するかというとですね。今、自分がクラスメソッド入社して感じている点を説明するときに、もともと何を期待し何を考えて転職したのか、その背景を説明したほうが、分かりやすいと考えたからです。

    今回、会社説明会という体でここに私がいるわけですが、皆さん、それぞれ思いがあって、転職活動をしており、そのなかでクラスメソッドに興味をもっていただいてこちらにいらしていると。ということなので、自分をショーケースとしてここからお話したほうが、ストーリーとして納得いただけるのではないかなぁと思ってます。

    で、転職・入社理由なんですが

  • これ読んで下さい。全員書いてます。初日の仕事です。

    僕が参加した説明会2017年4月とかなんですが、まぁそれも緩かったですね。仕事の話3割ぐらいでした。面白かったですが。
    とか言ってすましてしまうのもあれなので、だいたい個々に書いている内容ですが、転職・入社理由をざくっと説明していきます。

    簡単に経歴を説明しますと
  • (よみあげ)

    というところで、まぁ、それなりに楽しくワイワイ好き勝手やっていたんですが。エンジニアとしてある程度経験と年齢を重ねてくるとですね、ふと我に返るときがありました。
  • 「自分はエンジニアとして何者なんだろう?」と。
  • 「自分は何をもって世の中にバリューを提供できているのか?」

    端的に言うと、エンジニアとしての市場価値です。恐らく、今日お越しいただいている皆様もですね、転職という前提の説明会に参加いただいている背景には、こういった問題意識が多かれ少なかれあると思うんですね。

    で、自分も前職である程度年齢重ねてきた時にですね
  • 正直ベースで不安になりました。このまま、この会社で、今の延長でやっていっていいものかと。
    そこで、ある程度業務で触っていて楽しかったし、専門にしてみる価値は絶対あるなぁと感じたのがこちら
  • 「Amazon Web Servicies」です。

    まぁ勢いが凄いですね。この前にre:Invent2017にも参加したんですが、一つの企業がやっているイベントとは思えないぐらいの規模ですね。

    これを思いついた時に、自分こう思いました。
  • 頭悪そうですね。でも、端的にこれなんですね。自分が好きで、さらにその技術の存在感、未来への展望、広がり具合を考えた時に、やっぱこれでしょうという腹落ちをしました。
  • というところで、あれこれ転職活動しながら、もちろんクラスメソッドも候補にあがりまして、説明会参加。
    書類選考→1次面接→2次面接と、ご縁をいただき、入社することになりました。
  • ここまで、入社の背景を説明させていただきましたが、実際に入社したあとの、自分の業務の進め方の典型的なパターンをご紹介します。
    それなりに、入社後の業務イメージがわくかと思います。
  • 立ち位置から説明したほうがよいかと思いますので〜

×