Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Hpcビジネスコンテンスト発表資料

732 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Hpcビジネスコンテンスト発表資料

  1. 1. バイオ水冷式冷却システムのもたらす 大規模計算機環境と低炭素社会の実現 東京農工大学 情報工学科・生命工学科コラボチーム 東京農工大学 情報工学科3年 老子 裕輝1
  2. 2. 自己紹介 東京農工大学 情報工学科 3年 趣味:自作PC HPCについては駆け出しの初心者 本日は東京農工大学 生命工学科 池袋研究室とのコラ ボチームとしてビジネスモデルコンテストに参加 2
  3. 3. バイオ水冷式冷却システムとは? 2010年「第2回戦略的高性能計算システム開発に関する ワークショップ」にて中條先生が発案! 妄想! ⇒ 「これ,ネタでしょ?」 (八杉先生@当時京大談) 学内「実体験型イノベーション人材育成プログラム」 に採択され,老子がプロトタイプを製作およびビジネ スモデルを考案・実験を行う 3
  4. 4. 概要 計算機の(ほとんど使えない)排熱を利用し光合成微生 物を培養し,二酸化炭素を吸収して低炭素社会を実現 スパコンの性能を落とさず,エコロジーを目指す方法! 農工大の「農」と「工」を融合させた斬新な計算機冷却 システム 4
  5. 5. 可能性の実証実験 実際に光合成実験を行い二酸化炭素の吸収を実証 グリッドコンピューティング(BOINC)の実行で,一定温 度確保 青/赤色LED 培養液 エアポンプ 農工大学長の発見 した,高温でも生 き延びるバクテリ 水温ロガー 撮影装置 ア! 5 システム図 培養後のシアノバクテリア
  6. 6. 可能性の実証実験 シアノバクテリアの至適育成温度は約30~35℃ パソコンの排熱によって約25℃まで上昇 理論的には最適環境ならば10時間で菌体量2倍 ⇒1週間で約216≒6万5千倍,1か月で約272≒5×1021倍,1年で… 水温変化 30 25 水槽1内側 20 水槽1外側 水温[℃] 15 水槽2内側 水槽2外側 10 室内温度 5 0 145 485 5 25 45 65 85 105 125 165 185 205 225 245 265 285 305 325 345 365 385 405 425 445 465 505 525 545 565 経過時間[分]
  7. 7. ビジネスモデルへの適用1 バイオマスエネルギーの生産・売買  バイオマスエネルギーに利用可能な光合成微生物を培養  データセンターやスパコンなどの大きな発熱・計算能力 を持つ大規模計算環境にシステムを導入  本来の目的である計算+バイオマスエネルギーの生産  ⇒計算機の使用電力ための発電エネルギーも自給可能に 7
  8. 8. バイオマスエネルギーの現状 オイル含有量が60%程度の光合成微生物も存在 米グリーンフューエル社  火力発電所の排出二酸化炭素を利用して藍藻を培養  1トンのCO2から0.5トンの藍藻を培養 8
  9. 9. ビジネスモデルへの適用2 光合成微生物の流通に関するビジネス  各家庭のパソコンへの冷却システムの導入を考え,光合 成培養ボックスの回収・交換ビジネスなど新たな雇用の 創出 9
  10. 10. 将来性 平成18年「バイオマス・ニッポン総合戦略」  国内でもバイオ燃料導入の下地が整いつつある  バイオ水冷式冷却システムの導入を国が推進すると, エネルギー問題,温暖化問題を同時に解決できる可能 性 HPCで世界を牽引する日本が 新エネルギーを輸出できるようになり, 日本各地がドバイのような街に! 10
  11. 11. おわりに 実はつい3日前に中條研究室に配属が決まりました! 研究内容 並列処理,計算機アーキテクチャ,ハイパフォーマンスコンピュー ティング 近い将来,研究発表でお会いできるよう頑張ります 11

×