A 1-1 tfs on azure で始めるイマドキのソフトウェア開発

1,542 views

Published on

A-1-1

TFS on Azure で始めるイマドキのソフトウェア開発

TFSUG
MVP for Visual Studio ALM 中村 薫

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,542
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

A 1-1 tfs on azure で始めるイマドキのソフトウェア開発

  1. 1. TFS  on  Azure  で始めるイマドキのソフトウェア開発
  2. 2. TFSUGについて• TFSUG  は、Microsoft  の開発環境プラットフォームである  Team  Foundation   Server  (TFS)  を中⼼心に、昨今のソフトウェア開発に必要なアプリケーションライ フサイクル管理理(ALM)や、アジャイルなどの開発⽅方法論論やプラクティスについ ての情報を共有することを⽬目的とした⾮非営利利のコミュニティです• TFS、Visual  Studio  ALM、ALM、アジャイル開発や、開発プロセス改善、開発プ ラクティスに関⼼心のある⽅方はどなたでも参加できます。TFS  や  Visual  Studio  の ユーザー経験も問いません。  • ⽉月⼀一回の勉強会が主な活動です。• ハッシュタグは  #tfsug• TFSUG.com 2
  3. 3. 3
  4. 4. ⾃自⼰己紹介中村  薫(なかむら  かおる)@kaorun55 4
  5. 5. お話しすること• TFSについて• TFSがAzure上で動作する(サービスとして提供される)と何が嬉しいのか• イマドキのソフトウェア開発について 5
  6. 6. アジェンダ• TFSの概要• ALMの概要• TFServiceの概要• イマドキのソフトウェア開発 6
  7. 7. ⽤用語TFS Team  Founda2on  Server Team  Founda2on  ServiceTFService TFS  on  AzureVS Visual  StudioALM Applica2on  Lifecycle  Management 7
  8. 8. TFSの概要 8
  9. 9. TFS使ってますか? hFp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550/ 9
  10. 10. TFS2010• ソフトウェア開発における、必要な ツールを網羅羅しているツール• リポジトリを⼀一元化することで、情報 を有機的に関連づけることができる• リポジトリの情報を⾒見見るツールにVS、 Eclipse、Excelなどがある 10
  11. 11. TFS2010の機能• バージョン管理理• 作業項⽬目管理理• ⾃自動ビルド(⾃自動テスト)• テスト項⽬目• レポート出⼒力力 11
  12. 12. TFS2012• 「開発」を超えて「運⽤用」までサポートする• 「開発」と「運⽤用」を有機的に関連づける hFp://www.microsoP.com/visualstudio/11/ja-­‐jp/products/alm 12
  13. 13. TFS2012の新機能• フィードバックのサポート hFp://www.microsoP.com/visualstudio/11/ja-­‐jp/products/alm 13
  14. 14. TFS2012のエディション• TFS2012• TFS2012  Express(←  NEW!!)• TFService  (←  NEW!!) 14
  15. 15. ALMの概要 15
  16. 16. ALMとは• ビジネスの中で果たすソフトウェアの⼀一⽣生• 開発や運⽤用を進めていく中で考えること 16
  17. 17. ビジネスの中のソフトウェア 17
  18. 18. TFS/VSの適⽤用範囲の変遷 18
  19. 19. VS6ーVS  .NET  2003 個⼈人開発者や少数のチームが対象 hFp://www.microsoP.com/visualstudio/11/ja-­‐jp/products/alm 19
  20. 20. VS2005ーVS2008チームコラボレーションの導⼊入と洗練 hFp://www.microsoP.com/visualstudio/11/ja-­‐jp/products/alm 20
  21. 21. VS2010 アジャイルなプロセスを導⼊入 hFp://www.microsoP.com/visualstudio/11/ja-­‐jp/products/alm 21
  22. 22. VS2012 開発から運⽤用まで含めた流流れの導⼊入 hFp://www.microsoP.com/visualstudio/11/ja-­‐jp/products/alm 22
  23. 23. 新しい概念念 Continuous  FeedbackContinuous  Delivery 23
  24. 24. 24
  25. 25. 世界中の開発者が利利⽤用する ツールの 標準になるという意味 25
  26. 26. Team  Foundation  Service 26
  27. 27. TFServiceの概要• TFSをAzure上でクラウド化したサービス• TFS2012とほぼ同等の機能を備える 27
  28. 28. 背景• TFSで⼀一番問い合わせが多いものはイ ンストールと運⽤用• これらをサポートすることで、ユー ザーは開発に注⼒力力することができる 28
  29. 29. TFServiceとAzure• TFServiceからAzureへワンクリックで デプロイできる• Azureをビルドサーバーとして利利⽤用で きる 29
  30. 30. TFSがAzureで動くと嬉しいこと• 構築や運⽤用の⼈人的コストを減らすこと ができる• 注⼒力力すべき開発に専念念できる• 場合によっては、⼿手元で動かすよりレ スポンスが良良い 30
  31. 31. TFServiceとTFS2012 31
  32. 32. TFS2012  RC 32
  33. 33. TFService  Preview 33
  34. 34. バックログ 34
  35. 35. スプリント 35
  36. 36. タスクボード 36
  37. 37. 作業項⽬目 37
  38. 38. イマドキのソフトウェア開発 38
  39. 39. 開発プロセス• アジャイル –Scrum –XP• 従来型 –ウォーターフォール(的ななにか) –V字モデル 39
  40. 40. 従来型のV字モデル 要求 受け入れテスト 設計 結合テスト 実装 っっっっっっz ユニットテスト 40
  41. 41. 従来型のV字モデル 要求 受け入れテストバックログ 受け⼊入れテスト 設計 結合テスト CI タスク UIテスト 実装 っっっっっっz ユニットテスト バージョン管理理 ユニットテスト 41
  42. 42. Scrumのサイクル hFp://www.mountaingoatsoPware.com/scrum-­‐a-­‐presenta2on
  43. 43. Scrumのサイクルユニットテスト バージョン管理理 UIテスト CI タスク 受け⼊入れテスト バックログ hFp://www.mountaingoatsoPware.com/scrum-­‐a-­‐presenta2on
  44. 44. TFSと開発プロセス 44
  45. 45. 世界中の開発者が利利⽤用する ツールの 標準になるという意味 45
  46. 46. 46
  47. 47. 47
  48. 48. 48
  49. 49. 49
  50. 50. Scrumのサイクルユニットテスト バージョン管理理 UIテスト CI タスク 受け⼊入れテスト バックログ hFp://www.mountaingoatsoPware.com/scrum-­‐a-­‐presenta2on
  51. 51. 海外の状況 51
  52. 52. 出てきた⾔言葉葉• Business Value• DevOps• Continuous Delivery , Feedback• Scrum , Kanban , Lean Startup• XP(TDD , Pair Programming)•… 52
  53. 53. 出てこなかった⾔言葉葉• Continuous Integration• Bug Tracking System• Source Code Mangement 53
  54. 54. まとめ 54
  55. 55. hFp://zachholman.com/talk/how-­‐github-­‐uses-­‐github-­‐to-­‐build-­‐github 55
  56. 56. 良良いプロダクトに必要なもの• 個々⼈人の技術• 適切切なツール  • ほどよいプロセス良良いプロダクト=技術×ツール×プロセス ただし、バランスが⼤大切切 56
  57. 57. 2012年年07⽉月13⽇日(⾦金金)  19:00-‐‑‒21:00 ⽇日本マイクロソフト  品川本社 hFp://kokucheese.com/event/index/43281/ 57
  58. 58. ステキなチームとステキなツールで素晴らしいプロダクトを 58

×