縄文土器のつくりかた。
粘土、道具(竹ベラ、縄)、水のボウル、布を用意する。
布はボウルに浸して軽く絞っておく。
これで手を湿らせながらつくる。指が乾いたら布で水分補給。水浸しにはしない。
底からつくる。まず粘土を取って小さな団子にする。
親指で窪みをつけながら底の形をつくる。
輪積みをする。まず粘土を台の上で転がして粘土紐をつくる。
太さは器の厚みよりもっと太く。
器の縁の少し内側に粘土紐をあてがって押さえる。
形が多少崩れても気にしない。しっかり押さえて粘土同士をくっつける。
今度は外側から、つなぎ目を下から上↑に向かって押さえる。
同様に、つなぎ目を上から下↓に向かって押さえる。
これで粘土紐が確実にくっついた。
両手で粘土をつまんで粘土紐の厚みを潰すようにして、器の形と厚みを整える。
それから表面を湿らせた指でなでて整える。小さなヒビもこれで直せる。
輪積みを繰り返して、上まで形をつくる。
ここから文様を入れる。
隆線文(盛り上がった文様)の入れ方。
まずは、ずっと細い粘土紐をつくる。
粘土紐を押し当ててくっつける。
このとき、器の内側にも指をあてがって挟み込むにする。こうすれば器が崩れない。
隆線文は乾燥や焼きのときに剥がれやすい。丹念に押さえる。
それから湿らせた指でなでて形を整える。
隆線文の仕上げに、へりに竹ベラを沿わせる。竹ベラも布で拭って湿らせること。
こうすることで剥がれにくく、文様がくっきり浮き立つ。
沈線文(溝になった文様)の入れ方。
竹ベラを沿わせて線を刻む。失敗した線は指で撫でてやれば消えるので、やりなおせる。
突起文様の入れ方。
粘土粒を、隆線文と同じ要領でくっつける。それから竹ベラで形を整える。
縄目文様の入れ方。
まずは縄をボウルで濡らして、軽く水をはたく。
縄を器の表面に沿わせる。同じ所を往復するように転がせばくっきり縄目が付く。
逆側の手で、指を内側にあてがっておくと器が崩れない。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

縄文土器のつくりかた

1,875 views

Published on

30分で作った。

Published in: Art & Photos
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,875
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
107
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

縄文土器のつくりかた

  1. 1. 縄文土器のつくりかた。 粘土、道具(竹ベラ、縄)、水のボウル、布を用意する。 布はボウルに浸して軽く絞っておく。 これで手を湿らせながらつくる。指が乾いたら布で水分補給。水浸しにはしない。
  2. 2. 底からつくる。まず粘土を取って小さな団子にする。 親指で窪みをつけながら底の形をつくる。
  3. 3. 輪積みをする。まず粘土を台の上で転がして粘土紐をつくる。 太さは器の厚みよりもっと太く。 器の縁の少し内側に粘土紐をあてがって押さえる。 形が多少崩れても気にしない。しっかり押さえて粘土同士をくっつける。
  4. 4. 今度は外側から、つなぎ目を下から上↑に向かって押さえる。 同様に、つなぎ目を上から下↓に向かって押さえる。 これで粘土紐が確実にくっついた。
  5. 5. 両手で粘土をつまんで粘土紐の厚みを潰すようにして、器の形と厚みを整える。 それから表面を湿らせた指でなでて整える。小さなヒビもこれで直せる。 輪積みを繰り返して、上まで形をつくる。 ここから文様を入れる。
  6. 6. 隆線文(盛り上がった文様)の入れ方。 まずは、ずっと細い粘土紐をつくる。 粘土紐を押し当ててくっつける。 このとき、器の内側にも指をあてがって挟み込むにする。こうすれば器が崩れない。
  7. 7. 隆線文は乾燥や焼きのときに剥がれやすい。丹念に押さえる。 それから湿らせた指でなでて形を整える。 隆線文の仕上げに、へりに竹ベラを沿わせる。竹ベラも布で拭って湿らせること。 こうすることで剥がれにくく、文様がくっきり浮き立つ。
  8. 8. 沈線文(溝になった文様)の入れ方。 竹ベラを沿わせて線を刻む。失敗した線は指で撫でてやれば消えるので、やりなおせる。 突起文様の入れ方。 粘土粒を、隆線文と同じ要領でくっつける。それから竹ベラで形を整える。
  9. 9. 縄目文様の入れ方。 まずは縄をボウルで濡らして、軽く水をはたく。 縄を器の表面に沿わせる。同じ所を往復するように転がせばくっきり縄目が付く。 逆側の手で、指を内側にあてがっておくと器が崩れない。

×