Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Amazon Web Servicesで未来へススメ!

2,197 views

Published on

東北IT物産展 in 青森での発表資料です。

Published in: Internet
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

Amazon Web Servicesで未来へススメ!

  1. 1. Amazon Web Servicesで未来へススメ! 〜⻘森とクラウドと私〜 アマゾンデータサービスジャパン株式会社 ストラテジックソリューション部 ソリューションアーキテクト 渡邉源太
  2. 2. 自己紹介 • 名前 – 渡邉源太 • 所属 – アマゾンデータサービスジャパン株式会社 – ストラテジックソリューション部(エンタープライズ) • Twitter ID – @gentaw0 • 好きなAWSサービス – Amazon WorkSpaces Application Manager
  3. 3. Solutions Architect at Amazon • AWSの⽇本での利⽤促 進を⾏う – AWSに関する技術支援 (無料) – セミナー、ハンズオン等 登壇 – ブログ等での情報発信 • Black beltやってます 毎週水曜18:00〜 Black belt Webinar配信中! #awsblackbelt 「AWS セミナー」で検索
  4. 4. クラウドとは? • 初期投資不要 • 使った分だけ従量課⾦ • 瞬時にリソース確保、解放 • リリースまでの時間を速く • 本来のビジネスに集中できる
  5. 5. クラウドとは?: 初期投資不要/従量課⾦ • ハードウェア等を事前 にサイジングして購入 しなくていい • 使った分だけ従量課⾦ • 例えるなら「電気」 – 今や誰も発電機は持って ない – 使った分だけ電気代を 払っている
  6. 6. クラウドとは?: 瞬時にリソース確保、解放 • 使いたいと思った時に リソースをすぐ確保で きる – クラウド側が⼤量のリ ソースを持っている • 必要に合わせて柔軟に リソースを利⽤ • 使わなくなったらその 場で削除するだけ
  7. 7. クラウドとは?: 素早くリリース、ビジネス価値向上 • いち早くリリースし て改善を続けられる – インフラ準備に何週間 もかけてられない • ⾯倒な管理をクラウ ドに任せ、本来のビ ジネスに集中する
  8. 8. クラウドとは?: 改善と革新 • 改善: 今までもできたこ とを、より簡単に – よりビジネス価値を高め ることに集中 • 革新: 今までできなかっ たことを、可能に – クラウドだからこそ可能 になるビジネスへ
  9. 9. Amazon S3 Amazon SQS Amazon EC2 Amazon Simple DB Amazon EBS Amazon CloudFront Elastic Load Balancing Auto Scaling Amazon VPC Amazon RDS Amazon SNS Amazon IAM Amazon Route 53 Amazon SES AWS Elastic Beanstalk AWS CloudFormation Amazon Elasticache AWS Direct Connect AWS GovCloud AWS Storage Gateway Amazon DynamoDB Amazon CloudSearch Amazon SWF Amazon Glacier Amazon Redshift AWS Data Pipeline Amazon Elastic Transcoder AWS OpsWorks Amazon CloudHSM Amazon AppStream Amazon CloudTrail Amazon WorkSpaces Amazon Kinesis Amazon ECS Amazon Lambda Amazon Config AWS CodeDeploy Amazon RDS for Aurora AWS KMS Amazon Cognito Amazon WorkDocs AWS Directory Service Amazon Mobile Analytics 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 Amazon WorkMail AWSのイノベーションの歴史 AWS has been continually expanding its services to support virtually any cloud workload, and it now has more than 40 services. July 9, 2015 Amazon EFS Amazon Machine Learning AWS Device Farm Amazon API Gateway AWS CodePipeline AWS CodeCommit
  10. 10. TECHNICAL & BUSINESS SUPPORT Account Management Support Professional Services Solutions Architects Training & Certification Security & Pricing Reports Partner Ecosystem AWS MARKETPLACE Backup Big Data & HPC Business Apps Databases Development Industry Solutions Security MANAGEMENT TOOLS Queuing Notifications Search Orchestration Email ENTERPRISE APPS Virtual Desktops Storage Gateway Sharing & Collaboration Email & Calendaring Directories HYBRID CLOUD MANAGEMENT Backups Deployment Direct Connect Identity Federation Integrated Management SECURITY & MANAGEMENT Virtual Private Networks Identity & Access Encryption Keys Configuration Monitoring Dedicated INFRASTRUCTURE SERVICES Regions Availability Zones Compute Storage O b j e c t s , B l o c k s , F i l e s Databases SQL, NoSQL, Caching CDNNetworking PLATFORM SERVICES APP Mobile & Web Front-end Functions Identity Data Store Real-time DEVELOPMENT Containers Source Code Build Tools Deploymen t DevOps MOBILE Sync Identity Push Notifications Mobile Analytics Mobile Backend ANALYTICS Data Warehousing Hadoop Streaming Data Pipelines Machine Learning
  11. 11. Amazon for Work
  12. 12. エンタープライズアプリケーション 仮想デスクトップサービス マネージド型電子メール・カレンダー 企業向けファイル共有サービス Preview
  13. 13. Amazon WorkSpaces • クラウドで動作するマネージド型のデスクトッ プコンピューテイングサービス – Windows/Mac/iPad/Kindle Fire/Androidタブレットなど任意 のデバイスからアクセス – マネジメントコンソールを数回クリックするだけでデスクトッ プをユーザー数を問わずに展開可能
  14. 14. Amazon WorkSpacesへの接続
  15. 15. Amazon WorkSpaces Application Manager • Amazon WorkSpaces向けのアプリケーション をデプロイおよび管理 – Windowsアプリケーションを仮想化されたコンテナにパッケー ジ – AWS Marketplace for Desktop Appsの利⽤
  16. 16. Amazon WAMオーバービュー WorkSpaces Amazon WAM カタログ アプリの デプロイ for Desktop Apps ライセンスを所有しているアプリ ケーション 特定業務向けアプ リケーション さまざまな種類のアプリケーションを提供
  17. 17. Amazon WorkDocs • フルマネージド型のセキュアなエンタープライ ズストレージおよび共有サービス – ユーザーの⽣産性を高める強⼒な管理制御とフィードバック機 能 – ユーザーはWindows、Mac、iOS/Androidタブレットなどのデ バイスからどこにいてもアクセスが可能
  18. 18. Amazon WorkMail(プレビュー) • セキュリティにすぐれたマネージド型の企業向 けEメールおよびカレンダーサービス – Microsoft Outlook、Webブラウザ、iOS/Androidネイティブの Eメールアプリケーションからのアクセス – データを暗号化するためのキーとデータを保存する場所を管理 することが可能
  19. 19. マネージドサービスの利点 Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App Installation Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App Installation Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation オンプレミス EC2上に構築 マネージドサービス (WorkSpaces/WorkDocs/WorkMail) App Installation User Education User Education User Education
  20. 20. さまざまなデバイスからのアクセス • iOS • Kindle Fire HDX • Android • Windows • Mac OS X • PCoIPゼロクライアント
  21. 21. 高いセキュリティ • PCoIPプロトコ ルによるスト リーミング • 多要素認証 (MFA) • すべてのデータ を暗号化して保 存 • CloudTrailによる 監査ログの取得 • AWS Key Management Service (KMS) による 鍵管理 • データ保管場所 の選択が可能
  22. 22. AWS Directory Service • フルマネージド型のディレクトリサービス – AWS上のスタンドアロンのディレクトリを新規に作成 – 既存のActive Directory認証を利⽤して: • AWSアプリケーションへのアクセス(Amazon WorkSpaces, WorkDocs, WorkMail) • IAMロールによるAWS Management Consoleへのアクセス
  23. 23. Amazon for Mobile Apps
  24. 24. ユーザ認証 ユーザの管理や IDプロバイダとの連携 アクセスの認可 クラウドリソースへの セキュアなアクセス データの同期 ユーザ設定等の複数 デバイス間での同期 ユーザの⾏動分析 アクティブユーザや エンゲージメントの追跡 保持率の追跡 ファンネルやキャペーン 効果の管理 メディアの管理 ユーザが投稿した写真やその他 メディアの保存と共有 メディアの配信 モバイルデバイスの⾃動識別と 素早く、グローバルなコンテンツの配信 プッシュ通知の送 信ユーザをアクティブに保つための信頼性の高い メッセージ送信 共有データの保存 複数ユーザ、デバイス間における共有データの 保存と高速な検索 データのリアルタイム解析 リアルタイムなクリックストリームやログ等の 収集とそれに対する素早いアクションの実施 Your Mobil e App モバイルアプリ開発の課題
  25. 25. AWS モバイルサービスのご紹介 Amazon Cognito Kinesis Connector DynamoDB Connector S3 Connector SQS Connector SES Connector グローバルインフラ (リージョン、アベイラビリティゾーン、エッジロケーション) コアとなるサービス群 モバイルに最適化 されたコネクタ モバイルに最適化 されたサービス お客様のモバイルアプリ、ゲーム、デバイス AWS Mobile SDK, API Endpoints, Management Console コンピュート ストレージ ネットワーク 分析 データベース 統合されたSDK Amazon Mobile Analytics Amazon SNS Mobile Push
  26. 26. ユーザ認証 アクセスの認可 データの同期 ユーザの⾏動分析 保持率の追跡 メディアの管理 メディアの配信 プッシュ通知の送 信 共有データの保存 データのリアルタイム解析 Your Mobil e App モバイルアプリ開発の課題 Amazon Cognito (Identity Broker) AWS Identity and Access Management Amazon Cognito (Sync) Amazon Mobile Analytics Amazon Mobile Analytics Amazon S3 Transfer Manager Amazon CloudFront (Device Detection) Amazon DynamoDB (Object Mapper) Amazon Kinesis (Recorder) Amazon SNS Mobile Push AWS Mobile SDK
  27. 27. AWSのマネージドサービスを活用した 2-tierのアーキテクチャが組める • モバイル端末やブラウザから直接AWSの各種 サービスを呼ぶ – AWSのマネージドサービスを組み合わせてバックエンドに – しかもプラットフォーム横断で連携!
  28. 28. AWS Lambda
  29. 29. AWS Lambdaとは? • インフラを⼀切気にすることなくコードを実⾏ できるコンピュートサービス – 実⾏基盤は全てAWSが管理 – AWSサービスと連携してイベントドリブンなアプリケーション を実装可能 – コード実⾏時間に対しての課⾦でありコスト効率が⾮常に高い
  30. 30. Followers 写真共有モバイルアプリ 4. メタデータをDynamoDBに登録 - タイトル、コメント等 1. 認証・認可 ・ FBアプリと連携 6. Push通知 - フレンドやフォロワーに通知 Cognito Mobile Analytics DynamoDB S3 SNS7. 画像をポストしたことをAnalyticsに登録 3. 画像のリサイズ 2. S3への画像アップロード 5. 結果をSNSへ通知 App with AWS Mobile SDK
  31. 31. モーションセンサーを利用した観客参加型ゲーム • 加速度センサーの値をKinesisに流し込み、Lambdaで計算し、結果を DynamoDBへ • PCブラウザから結果を取得してリアルタイムにビジュアライズ SmartPhone with JavaScriptSDK DynamoDB S3 1. HTML/JS 4. センサーの計算結果 を記録 3. Function起動 Amazon Kinesis 2. センサーの値を取得してPUT Lambda JavaScript SDK 5. HTML/JS 6. データを取得して、JSでビ ジュアライズ
  32. 32. Amazon API Gateway
  33. 33. API • Application Programming Interface • アプリケーションから利⽤する処理のためのイン ターフェース • WebAPI – Webベースのシステムで⽤意される – HTTPをベースにデータをやり取りする – SOAP、REST
  34. 34. APIコールの流れ Internet Mobile Apps Websites Services API Gateway AWS Lambda functions AWS API Gateway Cache Endpoints on Amazon EC2 / Amazon Elastic Beanstalk Any other publicly accessible endpoint Amazon CloudWatch Monitoring
  35. 35. クラウドネイティブなアーキテクチャ Lambda (ロジック) API Gateway DynamoDB (データ保存)
  36. 36. Amazon for Big Data
  37. 37. ビッグデータパイプライン S3 Kinesis DynamoDB AWS Lambda KCL Apps EMR EMR Redshift Machine Learning Collect Process Analyze Store Data Collection and Storage Data Processing Event Processing Data Analysis
  38. 38. あきんどスシロー様 捨てていたデータをクラウドに送り、他のデータと合わせて分析することで、 今まで⾒えなかったことがデータとして可視化ができた。
  39. 39. 機械学習の例 • このメールはスパムメールか? – 過去のメールアーカイブをもとにYes/Noを予測する • この商品は本、⽇⽤品、食品のいずれなのか? – 多くの商品データをもとにその商品のカテゴリを予測する • 明⽇の売上はどのくらいになるか? – 過去の売上データなどをもとに明⽇の売上を予測する
  40. 40. Amazon MLの登場 使いやすく、マネージド。開発者のた めに作られた機械学習サービス Amazon内部のシステムで利⽤されて いた堅牢でパワフルな機械学習の技術 AWSクラウドにすでに格納されている データを元にモデルを作成可能 モデルを⼀瞬で本番環境に適⽤できる
  41. 41. 4つのステップ 1. 教師⽤/評価⽤データを準備 2. モデルを作成(学習、トレーニング) 3. モデルの品質評価 4. 実際の予測の実施
  42. 42. 1.教師用/評価用データを準備 Data Sourceの作成 S3、 Amazon Redshift、 RDS上の MySQLに格納されたデータを指定し、教 師データ/評価⽤データとして利⽤する デフォルトの設定を使うと、⾃動的に7 割を教師データ(T)、3割を評価⽤データ (E)に分割して管理してくれる s3://SOURCEDATA T E S3、Redshift、RDS が利用可能
  43. 43. 2.教師データからモデルを作成 二項分類 ロジスティック回帰 多クラス分類 多項式ロジスティック回帰 回帰分析 線形回帰 教師データを元にAmazon Machine Learningが⾃動的に モデルを選択してくれる。例 えば予測対象のカラムが二値 型であれば二項分類が⾃動的 に選択される。
  44. 44. 3. モデルの品質評価 作成したモデルに対して評価 (評価⽤のデータを流してみて 予測の精度を測ること)を実施 する。 精度に満⾜できない場合、教師 データのETLや量を精査し、ト レーニングと品質評価を繰り返 す。
  45. 45. 4.実際の予測の実施 バッチ予測 S3(S3、Redshift、RDS)等 にアップロードされた予測対 象データに対してまとめて予 測を実施 リアルタイム予測 データ1件ずつAPIを使って 予測を実施する Model ml = Aws::MachineLearning::Client.new record = { attr_A: ‘foo’, attr_B: ‘bar’,... } result = ml.predict( ml_model_id: MODELID, record: record, predict_endpoint: ENDPOIND ) 予測対象 データ S3バケット 結果 データ S3バケット 予測対象 データ 予測対象 データ
  46. 46. Amazon Machine Learningを使うと・・・ • 機械学習の導入を⾮常に容易にしてくれる。機 械学習やそのためのシステムについての専門家 がいなくても可能。 • S3やRedshiftにデータがあればすぐにでも使い はじめることができる。 溜めていたデータの評価や、その先のビジネスへ の活⽤を簡単に始めることができる。
  47. 47. Amazon for IoT
  48. 48. Internet of Things (IoT)とは? “… ネットワーク連携をする物理的なパーツ もしくは、電気的、ソフトウェア、センサー及び 通信機能を持ったデバイスによる、その他のシス テムや別の連携デバイスとのデータ通信をするこ とでより高い価値やサービスを提供する仕組み “
  49. 49. Python (boto) DynamoDBKinesis App Kinesis 収集 ダッシュボード Lambda イベント ソース SNS TempTracker: IoT センサーデータ収集例
  50. 50. 2lemetryとは • 2011年創業のIoTプラットフォーム開発会社 • 2015年3月にAmazonが買収 • オープンテクノロジを利⽤した IoTプラットフォームサービスを提供 • プラットフォームはAWS上で稼働 • IoTコミュニティ、オープンソース、 技術書籍にコントリビュート
  51. 51. 2lemetry ThingFabric™ 概要 2lemetry ThingFabric は、Internet of Things の価値創造を支援する機能を提供します。 THINGS COMMUNICATION INFRASTRUCTURE COMPUTING INFRASTRUCTURE DATA ANALYTICS & RULES ENGINE
  52. 52. Amazon Echoとは? 人工知能スピーカー • Voice Interaction • Advanced Audio Design • Connected home カレンダ連携 アラーム ショッピング 音楽/News Q&A 機能の追加
  53. 53. Alexa Skill Kit (ASK) • Amazon Echoに独⾃の スキルを覚えさせること ができる! • しかも、AWS Lambda を使ってプログラミング できる!
  54. 54. Alexa Voice Service(AVS) - Developer Preview • Amazon Echoで使⽤されている⾃然言語応答 サービスをAPIとして公開 – ハードウェアメーカーや新しくエキサイティングなIoTの世界の 参加者はプレビューが利⽤可能になったときに通知を受け取る ためのサインアップが可能 • スピーカー、マイクとインターネット接続があ るあらゆるデバイスが数⾏のコードでAlexaと 統合
  55. 55. まとめ • Amazonのイノベーションと最近のITトレンド – ワークスタイル変革 – モバイルアプリ開発 – ビッグデータ/機械学習 – Internet of Things • 時代はクラウドファーストからクラウドネイ ティブへ

×