Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
職務発明制度まわりの
主要な論点と判断基準
@katax
•使用者原始帰属の採否
•「相当の利益」の設計
•退職者への「相当の利益」の支払い
•不出願職務発明の取り扱い
職務発明制度の主要な論点
•一応メリットもある。一応。
→ 二重譲渡・共同発明
•法的なデメリットは規程でカバー可能
•でも、海外出願を念頭に置くと、結局
実務はほとんど変わらないよね
→ 規程改定の手間が判断基準・・・?
使用者原始帰属の採否
「相当の利益」の設計
出願時報奨
•金額どうする問題
•松:驚け!10万円over
•竹:3~5万円
•梅:メーカーレベルの数千円
※「以上」で含みを持たせる?
「相当の利益」の設計
登録時報奨
•金額どうする問題
•実績報奨としての性質を兼ねるか
•段階を設けるか
•設ける場合、判定に不満を抱かれな
いようにするための工夫
「相当の利益」の設計
登録時報奨
•出願時報奨にまとめるのはどうか?
•Pros:退職者対応の省力化
•Pros:インセンティブとしてのインパクト大
•Pros:登録が目的化するのを防げる
「相当の利益」の設計
登録時報奨
•Cons:金額算定難しいよね
•Cons:登録歩留まり気にしちゃうよね
•出願時報奨にまとめるのはどうか?
「相当の利益」の設計
実績報奨
•なんとかしてやめたい。だって・・・
•発明者の期待とのギャップがひどい
•Web屋だと算定結果の合理性が疑わしい
•計算するのがめんどくs・・・辛い
•継続的な支払事務が重い
「相当の利益」の設計
実績報奨
ガイドライン:
例えば、特許出願時や特許登録時に発明を実施することによる
期待利益を評価し、その評価に応じた相当の利益を与えるという
方式であっても、直ちに不合理性を肯定する方向に働くことはな
い。この場合、当該...
「相当の利益」の設計
実績報奨
ガイドライン:
例えば、特許出願時や特許登録時に発明を実施することによる
期待利益を評価し、その評価に応じた相当の利益を与えるという
方式であっても、直ちに不合理性を肯定する方向に働くことはな
い。この場合、当該...
「相当の利益」の設計
実績報奨
特許法35条5項
協議の状況、策定された当該基準の開示の状況、相当の
利益の内容の決定について行われる従業者等からの意見の
聴取の状況等を考慮して不合理であってはならない
実体面=金額は、合理性判断の一要素という...
「相当の利益」の設計
実績報奨
もう、やめちゃおうぜ!
•一括払い化は問題ないことがガイドライン
で明記された
→ 一括払いにする場合は労働条件の
不利益変更に留意
退職者への「相当の利益」の支払い
• いっその事払わないのは?
→放棄承諾書を取得
→承諾してもらえなかったとき面倒
• 規程で明記
→無効になるかもしれないけど無いよりまし
→無効になったとしても、リスクは限定的
退職者への「相当の利益」の支払い
• 原始帰属や自動承継の場合、届け出がなされ
なかった場合も相当の利益の支払い義務が発
生する
• 発明者に返す場合は問題ない
→独占的利益がない
• サーバーサイドの発明等、あえてノウハウとして
保持する場合は支払わないとまずいよね
→ちゃん...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

職務発明制度の主要な論点と判断基準

16,351 views

Published on

特許知財系ライトニングトーク用資料 #PatentLT

Published in: Law
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

職務発明制度の主要な論点と判断基準

  1. 1. 職務発明制度まわりの 主要な論点と判断基準 @katax
  2. 2. •使用者原始帰属の採否 •「相当の利益」の設計 •退職者への「相当の利益」の支払い •不出願職務発明の取り扱い 職務発明制度の主要な論点
  3. 3. •一応メリットもある。一応。 → 二重譲渡・共同発明 •法的なデメリットは規程でカバー可能 •でも、海外出願を念頭に置くと、結局 実務はほとんど変わらないよね → 規程改定の手間が判断基準・・・? 使用者原始帰属の採否
  4. 4. 「相当の利益」の設計 出願時報奨 •金額どうする問題 •松:驚け!10万円over •竹:3~5万円 •梅:メーカーレベルの数千円 ※「以上」で含みを持たせる?
  5. 5. 「相当の利益」の設計 登録時報奨 •金額どうする問題 •実績報奨としての性質を兼ねるか •段階を設けるか •設ける場合、判定に不満を抱かれな いようにするための工夫
  6. 6. 「相当の利益」の設計 登録時報奨 •出願時報奨にまとめるのはどうか? •Pros:退職者対応の省力化 •Pros:インセンティブとしてのインパクト大 •Pros:登録が目的化するのを防げる
  7. 7. 「相当の利益」の設計 登録時報奨 •Cons:金額算定難しいよね •Cons:登録歩留まり気にしちゃうよね •出願時報奨にまとめるのはどうか?
  8. 8. 「相当の利益」の設計 実績報奨 •なんとかしてやめたい。だって・・・ •発明者の期待とのギャップがひどい •Web屋だと算定結果の合理性が疑わしい •計算するのがめんどくs・・・辛い •継続的な支払事務が重い
  9. 9. 「相当の利益」の設計 実績報奨 ガイドライン: 例えば、特許出願時や特許登録時に発明を実施することによる 期待利益を評価し、その評価に応じた相当の利益を与えるという 方式であっても、直ちに不合理性を肯定する方向に働くことはな い。この場合、当該期待利益と実際に使用者等が得た利益が 結果的に乖離したとしても、そのことのみをもって、不合理性の判 断において、直ちに不合理性を肯定する方向に働くことはない。
  10. 10. 「相当の利益」の設計 実績報奨 ガイドライン: 例えば、特許出願時や特許登録時に発明を実施することによる 期待利益を評価し、その評価に応じた相当の利益を与えるという 方式であっても、直ちに不合理性を肯定する方向に働くことはな い。この場合、当該期待利益と実際に使用者等が得た利益が 結果的に乖離したとしても、そのことのみをもって、不合理性の判 断において、直ちに不合理性を肯定する方向に働くことはない。
  11. 11. 「相当の利益」の設計 実績報奨 特許法35条5項 協議の状況、策定された当該基準の開示の状況、相当の 利益の内容の決定について行われる従業者等からの意見の 聴取の状況等を考慮して不合理であってはならない 実体面=金額は、合理性判断の一要素という建付け →低額でも手続面の合理性が厳しく見られるだけ?
  12. 12. 「相当の利益」の設計 実績報奨 もう、やめちゃおうぜ!
  13. 13. •一括払い化は問題ないことがガイドライン で明記された → 一括払いにする場合は労働条件の 不利益変更に留意 退職者への「相当の利益」の支払い
  14. 14. • いっその事払わないのは? →放棄承諾書を取得 →承諾してもらえなかったとき面倒 • 規程で明記 →無効になるかもしれないけど無いよりまし →無効になったとしても、リスクは限定的 退職者への「相当の利益」の支払い
  15. 15. • 原始帰属や自動承継の場合、届け出がなされ なかった場合も相当の利益の支払い義務が発 生する • 発明者に返す場合は問題ない →独占的利益がない • サーバーサイドの発明等、あえてノウハウとして 保持する場合は支払わないとまずいよね →ちゃんとやってる? 不出願職務発明の取り扱い

×