Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
AIと著作権を考える際の前提知識
@katax
#LegalLT
• Twitter :@katax
• Blog :企業法務について
自己紹介
“AI”は一義的な概念ではない
AI as a tool
AI as an agent
AI as an alternative
“AI”は一義的な概念ではない
人が設定した基準に従ってAI
が判断する
AIが自ら基準を設定し、
それに従ってAIが判断する
“AI”は一義的な概念ではない
「AIによる創作」で括らず、
創作主体がAIか人間かを見る
“AI”は一義的な概念ではない
創作主体が人間の場合、
著作権的な特殊性は特にない
“AI”は一義的な概念ではない
“AI”は一義的な概念ではない
問題は・・・
AIが自律的に創作し始めた場合
既にAIによる創作物は存在する
既にAIによる創作物は存在する
既にAIによる創作物は存在する
既にAIによる創作物は存在する
人の手によるものであれば、
いずれも(二次的)著作物
既にAIによる創作物は存在する
とはいえ、著作権的には
特に問題視されることはない
AI創作物によって
著作権秩序は変容する
AI創作物による著作権秩序の変容
AIが自律的に創作し始めた場合
現行法を前提にすると、
AI創作物は著作物には該当しない
AI創作物による著作権秩序の変容
外形的には著作物だが、
著作権を伴わない創作物が
大量に発生することになる
AI創作物による著作権秩序の変容
想定1:
AI創作物を自らの手による創
作物であるとして、著作権を
主張する人が登場
AI創作物による著作権秩序の変容
想定2:
既存の著作物の特徴量を抽出
し、独自に「新作」を発表す
るAIが登場(そして、それは
PD)
AI創作物による著作権秩序の変容
想定3:
AIが大量に創作物を生成・公
開することで、著作物の独自
性が希釈化する(似たような
PD創作物が容易にみつかる)
AI創作物による著作権秩序の変容
AIが権利を持つ?
AIが権利者になれないことを前提にす
ると、AI創作物の権利は、
• AIの作成者に帰属する?
• 創作を指示した人に帰属する?
• 事後調整をした人に帰属する?
AIが権利を持つ?
法人のように、登録したAIに権利能力
を認めてはどうか、という議論はある
AIが権利を持つ?
登録制がワークするなら、罰則の直接
適用も考えられる。
禁錮(利用禁止)や罰金、場合によっ
ては死刑(削除)も・・・
AIが権利を持つ?
おわり
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AIと著作権を考える際の前提知識

17,251 views

Published on

第4回法務系ライトニングトーク資料

Published in: Law
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

AIと著作権を考える際の前提知識

  1. 1. AIと著作権を考える際の前提知識 @katax #LegalLT
  2. 2. • Twitter :@katax • Blog :企業法務について 自己紹介
  3. 3. “AI”は一義的な概念ではない
  4. 4. AI as a tool AI as an agent AI as an alternative “AI”は一義的な概念ではない
  5. 5. 人が設定した基準に従ってAI が判断する AIが自ら基準を設定し、 それに従ってAIが判断する “AI”は一義的な概念ではない
  6. 6. 「AIによる創作」で括らず、 創作主体がAIか人間かを見る “AI”は一義的な概念ではない
  7. 7. 創作主体が人間の場合、 著作権的な特殊性は特にない “AI”は一義的な概念ではない
  8. 8. “AI”は一義的な概念ではない 問題は・・・ AIが自律的に創作し始めた場合
  9. 9. 既にAIによる創作物は存在する
  10. 10. 既にAIによる創作物は存在する
  11. 11. 既にAIによる創作物は存在する
  12. 12. 既にAIによる創作物は存在する 人の手によるものであれば、 いずれも(二次的)著作物
  13. 13. 既にAIによる創作物は存在する とはいえ、著作権的には 特に問題視されることはない
  14. 14. AI創作物によって 著作権秩序は変容する
  15. 15. AI創作物による著作権秩序の変容 AIが自律的に創作し始めた場合
  16. 16. 現行法を前提にすると、 AI創作物は著作物には該当しない AI創作物による著作権秩序の変容
  17. 17. 外形的には著作物だが、 著作権を伴わない創作物が 大量に発生することになる AI創作物による著作権秩序の変容
  18. 18. 想定1: AI創作物を自らの手による創 作物であるとして、著作権を 主張する人が登場 AI創作物による著作権秩序の変容
  19. 19. 想定2: 既存の著作物の特徴量を抽出 し、独自に「新作」を発表す るAIが登場(そして、それは PD) AI創作物による著作権秩序の変容
  20. 20. 想定3: AIが大量に創作物を生成・公 開することで、著作物の独自 性が希釈化する(似たような PD創作物が容易にみつかる) AI創作物による著作権秩序の変容
  21. 21. AIが権利を持つ?
  22. 22. AIが権利者になれないことを前提にす ると、AI創作物の権利は、 • AIの作成者に帰属する? • 創作を指示した人に帰属する? • 事後調整をした人に帰属する? AIが権利を持つ?
  23. 23. 法人のように、登録したAIに権利能力 を認めてはどうか、という議論はある AIが権利を持つ?
  24. 24. 登録制がワークするなら、罰則の直接 適用も考えられる。 禁錮(利用禁止)や罰金、場合によっ ては死刑(削除)も・・・ AIが権利を持つ?
  25. 25. おわり

×