Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【CEDEC 2017】過去のお約束を捨てることがVRの始まり ~ PlayStationRVR ヘディング工場のゲームデザインと演出

830 views

Published on

2017年8月30に開催されたCEDEC2017の講演スライドです。

ジェムドロップ株式会社
北尾 雄一郎 (代表取締役 / スタジオディレクター)
増田 幸紀 (アートディレクター)

http://cedec.cesa.or.jp/2017/session/GD/s58e09dc75fc72/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【CEDEC 2017】過去のお約束を捨てることがVRの始まり ~ PlayStationRVR ヘディング工場のゲームデザインと演出

  1. 1. 過去のお約束を捨てることがVRの始まり PlayStation®VR ヘディング工場の ゲームデザインと演出
  2. 2. 本日のお題目 ・自己紹介/弊社ご紹介/ヘディング工場ご紹介 ・開発コンセプト ・開発概要 ・過去のお約束を捨てるという結論に至った経緯 ・過去のお約束を捨てるということ ・アート/プログラム篇 ・ゲームデザイン篇 ・まとめ と VRゲーム制作の所感 ・質疑応答
  3. 3. 本日のスライドは後日公開致しますので 撮影して頂かなくてもOKです!
  4. 4. 自己紹介 / 弊社ご紹介
  5. 5. 自己紹介 ジェムドロップ株式会社 北尾 雄一郎 代表取締役 / スタジオディレクター 増田 幸紀 アートディレクター
  6. 6. 弊社紹介 VR + 家庭用 + スマートフォン + アーケード 面白そうなら 何でも手を付ける ゲーム制作会社
  7. 7. 弊社紹介 直近の制作コンテンツ 新作RPGの制作やVRコンテンツ制作なども進行中
  8. 8. ヘディング工場とは
  9. 9. ヘディング工場 コントローラー・文字・文章・説明を一切使わず 頭だけを使う VRヘディングアクションアドベンチャー 2017年2月発売 PlayStation®VR にてリリース 日本・アジア版リリース済み・欧州北米準備中
  10. 10. (ゲーム動画)
  11. 11. 開発コンセプト
  12. 12. 開発コンセプト(表) ・だれでも遊べるVRゲーム(VRが初めての人でも遊べる) ・今までのゲームのお約束を全て捨てる ・一番台数の出ているHMD向けにまずはリリースする
  13. 13. 開発コンセプト(裏) ・我々がVR初めてすぎて無理をしないように ・とにかく短期間で制作(自社パブリッシュのため) ・スペックが不定のハード向けに作るの怖い
  14. 14. キレイな言葉に置き換えると ・制限の中で最大のパフォーマンスを出す! ・問題に対してアイデアで解決する!
  15. 15. コンセプトから導き出された方針 ・コントローラー・文字・文章・説明・UI不使用 → 視線誘導重視 ・身体をコントローラとしVRでしかできないゲーム性を目指す ・テーマパークにあるライド物のアトラクションのような形 ・一人たりともVR酔いをさせない!! ・現実より非現実の世界を描く ・まずは PS VR で制作をする ・短期間開発 → PS4でも制作実績のあるUnityを採用
  16. 16. 開発概要
  17. 17. 開発スケジュール 試作 (その1 DK2) 試作 (その2 PS VR) 本制作 試作期間の6ヶ月は2名 アートコンセプトは2016年6月頃から アートアセット量産は2016年8月~11月 (途中でTGS出展なども挟みロケテストの成果と仕上げが混在しぬ) 2015年7月~2015年9月頃 約2ヶ月 2016年4月~2016年7月頃 約4ヶ月 2016年8月~2017年1月 約6ヶ月
  18. 18. スタッフ構成 ・ディレクター ・プログラマー ・ゲームデザイナー ・アーティスト ※QAも自社で完結 ・キャラクター ・モーション/エフェクト/カットシーン ・マップアセット/レイアウト ・アート/環境/ライティング 1名 1名 (別でシニアプログラマーがヘルプ+監修) 1名 (コンセプトが固まってから合流) 1名 1名 (別でヘルプ1名) 4名 (別でヘルプ1名) 1名
  19. 19. 2016年9月時点のゲーム動画 TGS2016出展の10日前 マスターアップの約5ヶ月前
  20. 20. (開発中のゲーム動画)
  21. 21. 過去のお約束を捨てる という結論に至った経緯
  22. 22. VRの試作を進めてみて分かった問題 ・UI問題 ・演出問題 ・オエー(酔い/ベクション)問題 ・VRにおけるゲームの違和感
  23. 23. VRの試作を進めてみて分かった問題 ・UI問題 → キモい!! ・演出問題 → キモい!! ・オエー(酔い/ベクション)問題 → キモい!! ・VRにおけるゲームの違和感 → キモい!!
  24. 24. 過去のお約束を捨てる (アート/プログラム篇)
  25. 25. 過去のお約束を捨てる(アート/プログラム篇) アート側がVRで気をつけたこと ・世界レイアウト ・酔いカメラ ・負荷 ・立体感
  26. 26. 世界レイアウト
  27. 27. 世界レイアウト だいたいのゲームでは画面の下半分は地面
  28. 28. 世界レイアウト 主に見渡すのは正面から上の範囲まで 現実の日常風景レイアウトに近い →VRで現実を再現してどうするよ? もっと非現実のVR体感を上げたいよ!
  29. 29. 世界レイアウト 地面を排除! 360度観てもらう!
  30. 30. 360度レイアウトにした結果 ・地面排除でアセット削減 ・上も下もよく観察してくれた ・高所感がでた ・おまけに風景の異質感がでた 世界レイアウト
  31. 31. 酔いカメラ
  32. 32. 「ヘディング工場」は レールカメラ一本道のゲームです 酔いカメラ
  33. 33. レール移動中、視界全体で強い映像変化を 与え続けるとオエーっと酔いやすい 酔いカメラ (移動カメラ) メインプログラマ
  34. 34. 対応1: 移動速度をかなり抑える 酔いカメラ (移動カメラ) メインプログラマ
  35. 35. 対応2: 通路左右カーブや上下の変化も緩めにする 10~20度くらいに制限 酔いカメラ (移動カメラ) 移動ルート
  36. 36. 坂道で上下方向にカメラを強制するとオエー 酔いカメラ (強制カメラ) メインプログラマ
  37. 37. 対応:なにもしない!プレイヤにまかせる! 酔いカメラ (強制カメラ) メインプログラマ
  38. 38. イベントで注目してほしいところへ カメラを強制的に向けるとオエー なにか絵 酔いカメラ (強制カメラ) メインプログラマ
  39. 39. 対応:何もしない! 視線誘導するけど、プレイヤにまかせる! 酔いカメラ (強制カメラ) メインプログラマ
  40. 40. 負荷
  41. 41. PS VR は60fpsが最低条件 (これ未満だとそもそも酔いやすい) 現在のVR解像度だとジャギも目立ち これが視界全体から酔いに繋がる可能性 MSAAをかけるも負荷が増し処理落ちした 負荷
  42. 42. 対応:GPU/CPUが安定するまで削減した アーティスト側 ・ポリゴン削減 ・オブジェクト削減 プログラマー側 ・カリング処理 負荷 24000 → 12000
  43. 43. 立体感
  44. 44. VRは立体視なので凸凹感で嘘をつけない 例えばシャボン玉エフェクトでは・・・ ビルボードの板々しさがバレた 立体感
  45. 45. 対応:真面目にメッシュで作ったよ! 立体感
  46. 46. 過去のお約束を捨てる (ゲームデザイン篇)
  47. 47. 過去のお約束を捨てる(ゲームデザイン篇) ・ビデオゲームのお約束を捨てる ・VRという体験を最大限に使う
  48. 48. ビデオゲームのお約束を捨てる
  49. 49. ビデオゲームのお約束を捨てる VRの世界に入っていることを満喫して頂くための対応 ・ロードやセーブの概念を排除 → 自動ロード&セーブ ・メニューの類は全て排除 → タイトル画面やオプション画面なし ・コントローラーは握らせない ・文字や音声を使わない
  50. 50. 文字やメニューを排除した結果 ビジュアルの醸す不思議な感じと 言葉の無い世界設定が上手くマッチした! ストーリーも言葉では説明されないため どのユーザーさんもゲーム中の進行やエンディング(2種)の 内容について各自で見解が違っており良い結果が出た! → アレって◯◯ってこと? ここは××なのか?
  51. 51. ナビゲーションキャラクターの工夫 彼をバディとして とにかく彼を見てほしいという設計にした
  52. 52. ナビゲーションキャラクターの工夫 彼に機能を持たせて集約した ・攻撃手段である球を飛ばしてくる ・VR世界で迷わないようにナビする ・やるべきことを先に見せてくれる (チュートリアル) ・プレイヤーの感情を揺さぶる
  53. 53. (開発中のゲーム動画)
  54. 54. VRという体験を最大限に使う
  55. 55. VRという体験を最大限に使うとは? 「HMD=自分」「ユーザーさんは仮想世界という現実 世界に居る」ということを創り手側が最大限に意識す ること ・現実世界ではありえないことを体験させない ・現実世界ではありえない体験をして頂く
  56. 56. 体験させたくないこと 違和感のある体験 (違和感のある「ありえない体験」) ・時間経過が中断される → ポーズ/演出/メニュー ・空中にウィンドウが出てメッセージが書かれている ・視点を強制的に奪われる(カメラ演出など) ・リアクションが薄い
  57. 57. 体験させたいこと 違和感のない体験 (違和感のない「ありえない体験」) ・簡単操作のヘディングで遠くにボールを爽快に飛ばす ・飛ばしたボールを使って爽快にオブジェクトを破壊する ・空に浮かんだ不思議な世界を旅する (本来なら死ぬ…) ・自分が乗り物に固定されているという状況を活かした演出 → ユーザーの感情を揺さぶる
  58. 58. 乗り物に固定されている状況を活かした演出 (ゲーム動画)
  59. 59. とにかくVR世界に居ることを意識する! VRの世界に居ることを使った遊びを考える (ヘッドセットを付ける手間をかけさせた上での体験を意識する) ユーザーさんを冷めさせない工夫や おもてなしを大切にすること ただし酔いの問題解決などのために 「違和感のない範囲で」必要に応じてウソをつく
  60. 60. まとめ と VRゲーム制作の所感
  61. 61. まとめ (ある意味ラッキーだった点) ・予算と人員とスケジュールに大きな制限があることが好転した → これらの結論に至った始まりは全てこれ → 各セクションが「アイデアで解決しよう」と動いた → 一つのアイデアで複数の問題を解決することの意識 → お約束を捨てることでオーバーヘッドを大幅にカット ・でも予算とスケジュールは大事 → PS VR のローンチを逃したのは大きい → プロモーションなどが今後の課題
  62. 62. まとめ (VRゲーム制作の所感) ・HMDのハードウェアは日々進化している ・入力装置も日々進化しておりモーキャプの代用も ・ARやMRにも取り込める知見がある ・新しい表現や新しいゲームデザインがまだまだ可能 → チーム全体でVRを理解して一体で取り組む必要あり → 特にアートのスタッフとの連携は重要 まだVRなら新しいゲーム体験を発明できる余地はある!
  63. 63. ご清聴ありがとうございました
  64. 64. お知らせ 1 ボーンデジタルさんの「ゲームグラフィック2017」に「 ヘディング工場」掲載されています!グラフィック内容に 関してはコチラにタップリ載ってます! ※2階のCEDEC書房で買えます
  65. 65. お知らせ 2 ★ 開発スタッフ募集中 ★ ゲームデザイナー/プログラマー/アーティスト VR・家庭用ゲーム・スマートフォン・インディー
  66. 66. 質疑応答 4階にある Made with Unity のブースにて 本作の実機展示もしております。ぜひ試遊してみて下さい! お問い合わせ・ご質問はこちらまで contact@gemdrops.co.jp

×