Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ポスト・クラウド時代のトレンドと求められる人材

385 views

Published on

2017年10月13日トレノケートG-Techセミナー<ポスト・クラウド時代のトレンドと求められる人材>資料

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ポスト・クラウド時代のトレンドと求められる人材

  1. 1. ポスト・クラウド時代のトレンドと 求められる人材 2017年10月13日
  2. 2. 2 2014.7 工数精算型ビジネスの限界 2016.1 ポストSIビジネスの戦略とシナリオ このままじゃヤバいよ! なんでそんなことになるの? ならばこうしよう!
  3. 3. 3 2017.1 ITを知らない人のために ITの発展によって いままでできなかったことが できるようになった こう向き合う、つきあおう!
  4. 4. 4 2015.3 2017.5 ITのトレンドを知る
  5. 5. 5 http://www.netcommerce.co.jp/g-teck PPTX形式/ロイヤリティフリー 有効期限:2017年10月20日(金) パスワード 1013
  6. 6. クラウドによるコスト改善例
  7. 7. 評価対象としたアプリケーション 7 アンケート登録/集計システム
  8. 8. 8 店舗入力 ダウンロード イベント ログイン画面 店頭用入力画面 集計ファイル作成画面 ダッシュボード画面 イベント用入力画面 Write Write Read Read 認証されたユーザのみ アクセス可能なページ 評価対象としたアプリケーション/処理フロー よ く あ り が ち な webシステム
  9. 9. 構築事例:従来型のWebアプリケーション・アーキテクチャ 9 EC2 Internet クライアント Elastic Load Balancing EC2 冗長化 EC2 EC2 EC2 EC2 EC2 冗長化 冗長化EC2 EC2 Web AP DB死活監視 DNS DNSのセットアップが必要 APはそのまま移行。ただし、セッション管理等、一部改修が 必要な場合がある。 ミドルウェアが必要 (Oracle、 SQLServer、死活監視ソフト等の購入) DBMSのセットアップが必要 EC2:1台 365日24時間稼働:$175.2 EC2:9台 365日24時間稼働:$1576.8 ELB:1台 365日24時間稼働:$236.52+α ELB:2台 365日24時間稼働:$473.04+α リージョン:東京 <EC2> インスタンスタイプ:t2.micro (最少) 料金:$0.020/1時間 <ELB> 料金:$0.027/1時間 +$0.008/1GB 年間:約$2049.84 約254,980円 ※2015/3/20時点
  10. 10. 構築事例:AWSサービスを活かしたアーキテクチャ 10 EC2 Internet クライアント Elastic Load Balancing EC2 冗長化 EC2 EC2 冗長化 Web AP DB DNS Route 53に 設定するのみ 死活監視のソフトウェア不要 基本的に無料/アラーム設定でメール通知 DBMSはインストール不要 ➢ Oracle、SQLServer等のライセンス料込 ➢ EC2の接続先を変更するだけ 冗長構成はMulti-AZを選択するのみ EC2:4台 365日24時間稼働:$700.8 ELB:2台 365日24時間稼働:$473.04+α RDS: 365日24時間稼働:$455.52 Route53: 1年間:$26.4(最少) リージョン:東京 <EC2> インスタンスタイプ:t2.micro (最少) 料金:$0.020/1時間 <ELB> 料金:$0.027/1時間 +$0.008/1GB <RDS> インスタンスタイプ: t2.micro (最少) 年間:約$1655.76 約198,691円 Cloud Watch Route 53 RDS(Master) RDS(Slave) DynamoDB セッション 管理 ※2015/3/20時点
  11. 11. 構築事例:AWSサービスを最大限活かしたアーキテクチャ 11 Internet クライアント Cloud Front 画面表示は、 クライアント側 アプリ メールサーバー不要 冗長構成、拡張・データ再配置 はAWS任せ リージョン:東京 <S3> 料金:$0.0330/GB +リクエスト数+データ転 送量 <CloudFront> 料金:$7.2/年 (試算した結果) <Lambda> 料金:$0 <DynamoDB> 料金:$0 (試算した結果) 年間:約$7.56 約907円 Cloud Watch JavaScript 入力ページ(HTML) コンテンツ 非公開コンテンツ Log等 S3 DynamoDB Lambda Node.js テーブル Cognito Webサーバー機能 3箇所以上で自動複製、容量無制限 キャッシュ SSL証明書 任意のタイミングで処理実行 負荷分散、障害対策はAWS任せ AWS認証 アプリ認証 SignedURL発行 サーバ側アプリ ※2015/3/20時点 ※条件によって料金は異なります
  12. 12. クラウド・ビジネスへの期待と誤解 12 物理システムを仮想化しIaaSへ移行し、その 作業工数を稼ぐ。 IaaSへ移行後の運用管理で、工数を稼ぐ。 クラウド・ベースでアプリケーションを開発 し、その工数と運用管理を受託する。 クラウド・ビジネスへの期待 クラウドの価値を最大限に活かして、お客様のビジネスの成果に貢献する ユーザー企業にあらたな価値が生まれない。むしろ、 コンプラインスやセキュリティ、スループットなどの 非機能要件が満たされない可能性がある。 運用管理の多くが自動化されるので、物理マシンの運 用管理と比べると、大幅に工数が減少する。 SaaSやPaaS、FaaSを利用することで、アプリケー ション開発や運用管理の工数は大幅に減少する。 クラウド・ビジネスについての誤解 クラウド・サービス に精通する 収益構造を変える 働き方を変える
  13. 13. アジャイル開発とDevOps
  14. 14. これからのシステム開発ビジネス 14 ビジネス・スピードの加速 アプリケーション開発・変更への迅速な対応 eXtreme Programing,Scrum,Test Driven Development など 本番環境への迅速な移行・継続的デリバリー Chef,Jenkis,Hashicorp など インフラ環境の迅速な調達・構築・変更 OpenStack,vCloud Air,Azure Stack など 高速で俊敏な開発・実行環境 Cloud Foundry,BlueMIx,Microsoft Azure,Force.com など アジャイル開発 Agile Development DevOps Development/Operation クラウド SDI/IaaS & PaaS
  15. 15. これからの「ITビジネスの方程式」 15 情報システムの 品質 成 果 生産量 スピード 最大 ビジネス
  16. 16. 不確実性のコーン 16 システム企画 要件定義 基本設計 詳細設計 プログラミング 4.0x 2.0x 1.0x 0.5x 0.25x 初期の プロダクト定義 承認された プロダクト定義 設計仕様 詳細設計 研修された ソフトウエア 要求仕様 見 積 金 額 の 変 動 幅 プロジェクトフェーズ スティーブ・マコネル著「ソフトウェア見積り 人月の暗黙知を解き明かす」 倍 の 振 れ 幅 16
  17. 17. システム開発の理想と現実 17 品質 Quality 納期 Delivery 費用 Cost 品質 Quality 納期 Delivery 費用 Cost 品 質 の 低 下 納期とコストの厳守 理想の結果 実際の結果
  18. 18. 早期の仕様確定がムダを減らすというのは迷信 18 Standish Group Study Reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairman ほとんど/決して使われていない: 64% 常に/しばしば使われている: 20%
  19. 19. 「仕様書通り作る」から「ビジネスの成果への貢献」へ 19 ビジネスの成果に直接貢献する 加速するビジネス・スピード に即応する 本当に「使う」システムだけ を開発・運用する アジャイル開発 ビジネスと一体化した開発 DevOps 開発と運用の同期化 自動化と高速開発 クラウド前提の環境
  20. 20. SIビジネスの現実と課題
  21. 21. 根拠なき「工数見積」と顧客との信頼関係の崩壊 21 手続き型プログラミング COBOLやPL/Iなど シーケンシャル・コーディング ✓ 上から順に書いてゆく ✓ 1ヶ月に書けるステップ数は誰がやっても同じ ✓ 工数算定の根拠/基準が明確でぶれが少ない ファンクション・ポイント法 ✓ シーケンシャル・コーディングを前提 ✓ 機能数や複雑さに応じて点数化 ✓ 点数→ステップ数→工数の一致 妥当な工数が算定可能 オブジェクト指向プログラミング JavaやC++など 開発生産性の飛躍的向上 設計次第/エンジニアのスキル次第で 工数が大幅に変動 KKD(Keiken + Kan + Dokyo)法 ✓ 過去の経験と勘にもとづく規模感 ✓ 過去に経験が無い場合は類似例を元に推計 ✓ 赤字案件が増えコンティンジェンシを上乗せ 見積工数の積算根拠が曖昧 顧客との信頼関係を醸成 顧客との信頼関係が崩壊 利益確保と予測が可能 利益確保と予測が困難瑕疵担保 責任
  22. 22. 工数ビジネスの限界 22 人月単価 人件費 若者人口の減少と高齢化 「働き方改革」による労働時間短縮 クラウドや自動化 オフショア開発 利 益 の 減 少 予測困難な 需要の変動 自分で自分の未来が描けない
  23. 23. 「いつまで大丈夫ですか?」への回答 23 売上利益 現状 限界ゼロ 資金余力があるうちに 新規事業のための再投資
  24. 24. これからのビジネス戦略
  25. 25. デジタル・トランスフォーメーション 25 IoT 人工知能 クラウド コンピューティング ヒト・モノ 日常生活・社会活動 環境変化・産業活動 現実世界/Physical World サイバー世界/Cyber World Cyber Physical System/現実世界とサイバー世界が緊密に結合されたシステム デジタル トランスフォーメーション
  26. 26. デジタル・トランスフォーメーションの意味 26 人間を前提に最適化したビジネス・プロセス IN OUT 機械を前提に最適化したビジネス・プロセス IN OUT ロボット アプリケーション サービス人工知能 IoT クラウド・コンピューティング
  27. 27. UBERとTaxi 27 Taxi  タクシー資産  コールセンター運営経費  施設維持管理  事務・管理経費 など ドライバー収入 運賃 UBER  アプリ開発・保守費  クラウド利用量など ドライバー収入 機械を前提とした ビジネスプロセス の最適化 人間を前提とした ビジネスプロセス の最適化
  28. 28. ビジネス・プロセスのデジタル化による変化 28 クラウド・サービス スマート・アシスタント 時間 地域 規制 既存の制約や秩序を超えた 新しいビジネス・プロセス ビジネス・プロセス の デジタル化 新しい産業やビジネス価値の創出 新しい顧客接点へのシフト 既存の産業やビジネス価値の破壊
  29. 29. デジタル・トランスフォーメーションの実際 29 UBER airbnb NETFLIX Spotify PayPal タクシー・レンタカー業界 レンタル・ビデオ業界 ホテル・旅館業界 レコード・CD業界 銀行業界(決済・為替)
  30. 30. ビジネスの変革を牽引するビジネス・トレンド ク ラ ウ ド ・ ネ イ テ ィ ブ アンビエントIT デジタル トランス フォーメーション デジタル ディスラプション サーバーレス 自動化・自律化 Internet of Things DevOps サイバー・セキュリティ & ガバナンス 様々なアクティビティをデ ジタルで捉え、アナログな 現実正解を動かす仕組み 人工知能やロボッ トにより、人間の 知的・肉体的労働 を代替する仕組み コンテナやAPIエコノミー など、サーバの存在を意識 させない開発・実行環境 運用管理の自動化、PaaSや 超高速開発ツールを駆使し た開発と運用の新たな関係 の構築 クラウドやIoT、モバイルや ウェアラブルなど、社内外 の境界を越えた利用環境を 前提とした統合認証基盤や 上流から考えるアプリケー ション・セキュリティなど の視点を重視 テクノロジーで既存のビジネス・プロセスを変革 効率化のためのITから差別化のためのITへのパラダイムシフト
  31. 31. 求められるスキルの転換
  32. 32. ビジネス価値と文化の違い 32 ユーザー部門のITへの期待の変化 顧客に製品やサービスを“いかに買ってもらうか”を狙う 顧客が製品やサービスを“買ってから”を処理、格納する ➢ ユーザー部門の要求は明確 ➢ IT部門はその要求に応える 求められる価値:スピード 求められる価値:安定性 SoE SoR System of Engagement System of Record 『キャズム』の著者Geoffrey A. Mooreの言葉を参考に作成 ➢ ユーザー部門は要求が不明 ➢ IT部門はその要求を一緒に探す ✓ ERP ✓ SCM ✓ 販売管理など ✓ CRM ✓ MA ✓ ECなど 結果を処理するシステム 結果を創出するシステム ≈ モード2 モード1 ≈
  33. 33. モード1とモード2の特性 モード1 モード2 安定性重視 速度重視 ウォーターフォール アジャイル IT部門が集中管理 ユーザー部門が分散管理 予測可能業務 探索型業務 武士:領地や報酬を死守 忍者:何が有効なのかを探る 運用者(オペレーター) 革新者(イノベーター) 効率性やROI 新規性や大きなリターン 統率力や実行力 機動力や柔軟性 月次〜年次 日次(or 時次)〜週次 性向 手法 管理 業務 例え 対象 期待 実践 期間 トップダウン ボトムアップ経営 方針が確定した後に軍隊的統率力で実行する力 方向性が見えない状況での探索能力や機動力
  34. 34. モード1とモード2を取り持つガーディアン モード1 モード2 落ち着きなくチャラチャラした 無責任で軽い存在だと煙たがる 古臭く動きが遅い足手まといの 恐竜の化石のように感じる それぞれの強みがありながらも 文化的対立が起きやすい両者を共存させるために 双方に敬意を払いつつ間を取り持ち調整を行う 方針が確定した後に軍隊的統率力で実行する力 方向性が見えない状況での探索能力や機動力 ガーディアン
  35. 35. いま起こりつつある情報サービス産業の構造変化 35 情報サービス産業協会(JISA)情報サービス産業の30年より 売上規模20兆円、従業員数100万人前後を維持 民族大移動 モード2 モード1 売上や利益、社員のモード2へのシフト
  36. 36. 何が起こっているのか? 36 「モード1でも、まだしばらくは何とかなりそうだ。」 「世の中はモード2に向かっているのに大丈夫だろうか?」 自分の身を守らなくては! 人材流失 優秀な人材から ➢モード2企業 ➢ユーザー企業 思考停止 指示待ち症候群 リスク回避症候群 他者依存症候群 ストレス 不安 メンタル問題 変革の騎手 を失う
  37. 37. ポストSIの4つの戦略と9つのシナリオ 37 特化型 SaaS/PaaS ビジネス サービス 業種・業務特化 インテグレーション アプリケーション クラウド コンサルテーション クラウド インフラ構築 クラウド運用管理 内製化支援 シチズン デベロッパー支援 アジャイル型 受託開発 汎用型 SaaS/PaaS データセンター インフラ 専 門 特 化 ス ピ ー ド アプリケーション プロフェッショナル 戦略 ビジネス同期化戦略 クラウド プロフェッショナル 戦略 インフラ提供戦略 IaaS
  38. 38. 詳細はこちらをご覧下さい m(_ _)m 38  歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具 体的な対策を示すこと。  身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメー ジを描きやすくすること。  新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践 的なノウハウを解説すること。 新しいステージに立つためにどうすればいいのか これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難 しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビ ジネスに再生させることができます。 その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。 本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フ リーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や 企画書の資料として、ご使用下さい。 発売日:2016年1月25日 著書:斎藤 昌義+後藤 晃 体裁:A5判/本文2色/240ページ ISBN:978-4-7741-7872-1 価格:1,880円(+税) http://amzn.to/1QViFJ1
  39. 39. 「求められる人材」を育てるために! 39 IoT 人工知能 クラウド デジタル トランス フォーメーション ITとビジネスの一体化 デジタル・ビジネス・プラットフォーム デジタルトランスフォームされたビジネス基盤 ビジネスの成果に直接貢献する クラウドや自動化、AIやIoT、アジャイル開発やDevOpsなど  経営者がITのトレンドに関心を持ち自らのビジネスをトランスフォームせよ! ➢ 「社員の思考停止」と「優秀な人材の流失」を防ぐため。  「経営や業務」と「ITの役割や価値」を体験的に学ばせよ! ➢ 「言われたとおり」から脱却し、お客様との対話を通じ共にビジネスを創るため。  気づかせて動かせ! ➢ 本当のことを社員に知らせ、彼らの自発的行動を促すため。
  40. 40. 40 ネットコマース株式会社 180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-17 エスト・グランデール・カーロ 1201 http://www.netcommerce.co.jp/

×