9月3日

631 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
631
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • メインフレームの時代 ハードウエアリソース(メモリ)を有効活用 オープン化 保守性重視、標準への準拠 開発者(組織)重視 クラウド 開発の速度重視、エンジニアの負荷軽減 開発者(個人)重視
  • クラウドも揺籃期(覇者が決定していない) システム開発速度を最大化 運用負荷最小化 開発者は各クラウドの特徴(得手・不得手)を配慮して選択 複数クラウドへの対応
  • 9月3日

    1. 1. <ul><li>プログラム自動生成ツールの紹介 </li></ul>Amazon EC2で稼動するプログラムを生成 2009 年 9 月3日 藤城雄二
    2. 2. <ul><li>自己紹介 </li></ul><ul><li>氏名 藤城雄二 </li></ul><ul><li>フリーエンジニア(個人事業主)です </li></ul><ul><li>昨年まで某 SIer でシステム開発に従事 </li></ul><ul><li>過去の経験 </li></ul><ul><ul><li>メインフレーム・アプリケーション開発 </li></ul></ul><ul><ul><li>AI 応用システムの開発 </li></ul></ul><ul><ul><li>Web アプリケーション開発 </li></ul></ul>
    3. 3. <ul><li>本日お話する内容 </li></ul><ul><li>ツール開発の背景 </li></ul><ul><li>プログラム自動生成ツールの紹介 </li></ul><ul><ul><li>RubyOnRails 準拠のコードを AmazonEC2 に配置 </li></ul></ul><ul><li>デモ </li></ul>
    4. 4. <ul><li>ツール開発の背景 -APフレームワークの発達 </li></ul>メインフレーム時代 ハードウエアリソース(メモリ)を有効活用 オープン化 保守性重視、標準への準拠 Web2.0, クラウド 開発の速度重視、エンジニアの負荷軽減 HW,OS AP プログラム言語 HW,OS AP プログラム言語 AP フレームワーク HW,OS AP
    5. 5. <ul><li>ツール開発の背景 -クラウドの時代 </li></ul><ul><li>納期の短縮 </li></ul>本番機手配 環境構築 従来 クラウド利用 リリース プログラム開発 プログラム開発 リリース HW 運用管理 ミドルウエア 運用管理 AP 運用管理 従来 クラウド利用 HW 運用管理 クラウドベンダ ミドルウエア クラウドベンダ AP 運用管理 <ul><li>運用管理の負荷軽減 </li></ul>
    6. 6. <ul><li>APフレームワーク×クラウド </li></ul><ul><li>AP フレームワーク( RubyOnRails) を活用し、クラウド (AmazonEC2) に配置するツールを開発 </li></ul><ul><li>狙い </li></ul>開発期間の大幅な短縮   AP フレームワークの速度 × クラウドの速度 運用までを含めたフルスタック・フレームワーク
    7. 7. <ul><li>ツールの概観 </li></ul>管理サイト Amazon EC2 AP 監視・運用機能 ツール部品 AP 定義 コード自動生成 <ul><li>ツールの構成要素 </li></ul><ul><li>部品 </li></ul><ul><li>コード生成ツール </li></ul><ul><li>運用機能 </li></ul><ul><li>管理サイト </li></ul>
    8. 8. <ul><li>デモ </li></ul>
    9. 9. <ul><li>デモの内容 </li></ul><ul><li>デモ1 ブログ </li></ul><ul><ul><li>ソースコードからプログラムを生成する流れ </li></ul></ul><ul><li>デモ2 ワークフロー </li></ul><ul><ul><li>ツールが提供する部品の品揃え紹介 </li></ul></ul><ul><ul><li>運用機能の紹介 </li></ul></ul>
    10. 10. <ul><li>技術的特徴 </li></ul><ul><li>RubyOnRails の scaffold(CRUD 操作自動生成機能)を拡張 </li></ul><ul><ul><li>リレーション操作機能を強化 </li></ul></ul><ul><li>画面生成に重点 </li></ul><ul><ul><li>画面を構造化して定義 </li></ul></ul><ul><li>コード生成に AI ツールを活用 </li></ul><ul><ul><li>推論エンジンを Ruby 上に実装 </li></ul></ul>
    11. 11. ご静聴有難うございました ビジネスパートナー募集中です [email_address]
    12. 12. <ul><li>生産性 (サンプルソースライン数) </li></ul>16001 (565k) 3620 (104k) total 1687 (49k) .yml (byte) 8786 (362k) 596 (19k) .erb (byte) 7215 (203k) 1337 (36k) .rb (byte) rails 本ツール

    ×