Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Movable Type Data API Swiftアプリ作成事例

356 views

Published on

MTDDC Meetup TOKYO 2016の登壇スライドです

Sample Source Code:
https://github.com/FromF/MTSearchSwift

Published in: Technology

Movable Type Data API Swiftアプリ作成事例

  1. 1. Movable Type Data API Swiftアプリ作成事例 MTDDC Meetup TOKYO 2016
  2. 2. 発 表 内 容 • 自己紹介 • 勉強会の紹介 • 書籍紹介 • サイト紹介 • デモ • DataAPIの紹介 • iOSアプリのソース実装ポイント紹 介 2
  3. 3. 自己紹介 出身は、さいたま市です。 オリンパスソフトウェアテクノロジー㈱ デジタルカメラのFW開発(PEN/OM-D) 3 藤 治仁 (ふじ はるひと)
  4. 4. 勉強会を運営しています DoorKeeperで 「Swiftビギナーズ倶楽部」 「Ruby / Railsビギナーズ倶楽部」 「WordPress もくもくクラブ」 検索 Swiftビギナーズ倶楽部 Ruby on Rails ビギナーズ倶楽部 WordPressもくもく倶楽部
  5. 5. 勉強会を運営しています Swiftビギナーズ倶楽部 WordPressもくもく倶楽部 勉強会の目的 • 未経験者が開発を行えるようになること • セッションがうまくなること • 交流して仲間を増やすこと Ruby on Rails ビギナーズ倶楽部
  6. 6. Swiftビギナーズ倶楽部
  7. 7. Swift3 & Xcode8対応 10 (火)25 全国書店で販売中 / ~Swiftではじめるプログラミングの第一歩~ これからつくるiPhoneアプリ開発入門 Amazon Swiftビギナーズ倶楽部から生まれた! Click!
  8. 8. ハンズオンセミナー開催 2016年3月・5月 2回開催 分析結果を書籍に入魂! ・各章を一コマとして授業形式で開催。 ・各章ごとに参加者の方々にヒアリングを実施。 ・参加者の方々が最初につまずいた声を 徹底的に収集して分析。 ▼ これからつくるiPhoneアプリ開発入門
  9. 9. 本 書 の 特 徴 こ ん な 人 に レッスンごとに「カスタマイズ編」を用意 公式サイトでは「応用編」を用意 本 書 の 特 典 他の入門書が難しかった人 これからアプリを作ってみたい人 これからつくるiPhoneアプリ開発入門 https://swiftbg.github.io/swiftbook/
  10. 10. 本書の2日目 Lessson 4
  11. 11. http://makanai.sixapart.jp/ Six Apartのごはんレシピ
  12. 12. D E M O • 検索窓にキーワードを入力すると該当する投稿リスト表示 • リストから投稿を選択するとアプリ内ブラウザ起動し記事を表示 12
  13. 13. Movable Type Data APIについて • Movable Typeで蓄積されたデータを外部から取り出すことができる • Data APIを使うと他のアプリケーションとのデータの受渡しが可能 • MovableTypeからのレスポンスはJSON形式 13
  14. 14. 主なAPIカテゴリ、様々なAPIが用意されている 14 Movable Type Data APIについて Common API バージョンに関わらず利用できるAPI Authentication 認証に関連するAPI群。トークン、セッションID取得など Assets 画像データ格納など Categories カテゴリの管理 Comments コメントの管理 Entries 記事の一覧取得 Search 記事検索
  15. 15. search 今回のアプリでは検索Searchの機能を確認する エンドポイント
  16. 16. search searchは必須パ ラメータ optional →省略可 省略時の デフォルト値
  17. 17. Data APIリクエスト 検索キーワードを URLエンコードする エンドポイント 作成 リクエスト実行 リクエスト実行箇所
  18. 18. レスポンスを確認 Data APIを使ってレスポンスを確認する Chrome拡張機能”JSONView”が便利 18 記事のURL 記事のタイトル
  19. 19. JSONデータパース レスポンスデータを パースする “items”を取り出す JSONパース箇所 “categories>label”を取り 出す
  20. 20. 検索ボタン押された時 検索窓パーツの情報が渡される キーボードを閉じる
  21. 21. 一 覧 表 示 1件ごとの 表示内容設定
  22. 22. A T S • ATS(App Transport Security)は、iOSアプリとインターネットを安全に接 続するために提供されているサービス • 初期設定では、ATSが有効になっています。そのため、iOSアプリからは「 http://…」のように、httpから始まるHTTP通信はできません。通信を行った 場合は、接続失敗となりエラーとなる • HTTPS通信はATSが有効時でも通信はできる • HTTP通信する場合には、ATSの設定が必要 詳しくはこれから作るiPhoneアプリ開発入門公式サポートサイトで!! https://swiftbg.github.io/swiftbook/tips/ios10ats.html
  23. 23. ま と め • 検索するときのData APIはSearch • JSONの内容を確認するときはChromeブラウザ向け拡張機能 ”JSONView”使うと便利 • JSONの解析(パース)するときはJSONSerializationクラスで行う • http通信でリクエストする場合には ATSの制限解除の設定が必要 サンプルコードはGitHubで公開中 https://github.com/FromF/MTSearchSwift
  24. 24. 次 回 開 催
  25. 25. 25 ご静聴ありがとうございました ブースにてデモ中!! 書籍も販売中!

×