Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Web CMS 導入前のチェックポイント(1)  ~ 制作・運用の 「効率化」 の視点から ~~Web CMSの選定の際に見逃されているポイント~         2011年2月3日    Webマーケティング コンサルタント         ...
目次1. 誰がCMSを選ぶのか?2. CMSを導入する目的は?3. 制作・運用の効率化を見越したチェックポイントは?4. まとめ                      © Office Kitagawa 2011
1. 誰がCMSを選ぶのか?             © Office Kitagawa 2011
日本企業と欧米企業のWeb運営           日本企業       欧米企業          広報、宣伝運営部門                 マーケティング          情報システム         広報宣伝メディア位置づけ ...
日本企業がCMSを選定する際のメンバー社内• コンテンツ・オーナー(事業部、広報、マーケティング)• Webマスター(運用部門)• クリエイティブ(コンテンツ制作部門)• IT部門• 経営企画部門社外• 外部の制作会社• Webコンサルタント ...
CMS選定に大きな影響を持つメンバー   社内・社外のコンテンツ制作担当者良い点 制作側の視点でCMSを選定できる欠如しがちな点 部門横断的な運用の視点 ビジネスの視点                    © Office Kitagawa ...
日本のWeb制作会社の一般的な傾向      事業          web    マーケティング      デザイン    事業分析力                  技術    ビジネス経験                  知識    ...
日本のWeb制作会社の一般的な傾向      事業          web    マーケティング      デザイン    事業分析力                  技術    ビジネス経験                  知識    ...
日本のWeb制作会社の一般的な傾向      事業          webWebには詳しいが、企業活動に関する業務経験が少ない広告・宣伝的なコンテンツ制作を志向するビジネス(事業)の戦略立案、施策実行の経験が少ない              ...
CMSを選定に必要な2つの視点• コンテンツ制作・運用の最適化  主役:Webコンテンツ制作者  役割:コンテンツの最適化+CMSを利用した運用管理• CMSとWebを活用したビジネスの最適化   主役:コンテンツ・オーナー   役割:コンテン...
2. CMSを導入する目的は?             © Office Kitagawa 2011
エンタープライズ規模のWeb CMS導入の目的 数百ページ以上のWebサイトで求められていること1.制作・運用業務の効率化   迅速な業務により、鮮度の高い情報を発信したい2.制作業務の分散化   専門分野に特化してコンテンツを制作したい3.コ...
制作・運用業務の効率化1.未来スケジュールの割り込み処理を含む完全自動化   運用の自動化2.複数ページの一括更新   大量コンテンツの一括処理3.ページ構成要素(画像、PDF、CSS)の効率的更新   迅速な処理  機能の○×方式で、CMSを...
制作・運用業務の効率化1.運用の自動化のチェックポイント  未来スケジュールの割り込み処理を含む完全自動化(例) 2月3日(木)の出来事です   7日(月)からのキャンペーン情報をCMSにアップしました。   5日(土)のイベントの告知を、4日...
制作・運用業務の効率化2.大量コンテンツの一括処理のチェックポイント  複数ページの一括更新(例)ある製品カテゴリーにのみ、新製品の案内を挿入したいと要求がありました。   同時に下記の要求がありました。   1)販売中止になったxx製品カテゴ...
制作・運用業務の効率化3.迅速な更新処理  ページ構成要素(画像、PDF、CSS)の効率的更新(例)複数ページで使われている画像やPDFを更新したいと要求がありました。(例)サイトのイメージアップのために、CSSを入れ替えてデザイン変更したいと...
補足:コンテンツの共通要素を定義する■共通要素を定義するメリット •Webサイト全体の品質の維持・向上 •制作負荷の大幅に削減  アセット化を実現するだけでも、制作の負荷が減少する  CMSを利用すれば、制作コストを一層削減し、運用負荷を削減で...
補足:コンテンツの共通要素を定義する アセットの定義     アセットを用いた設計      実運用大見出し段落・テキスト ・イメージ           共通仕様化                                 Webサイト...
3. 制作・運用の効率化を見越した     チェックポイントは?             © Office Kitagawa 2011
制作・運用の効率化を見越したチェックポイントWebサイト運用に欠かせない機能がCMSに備わっているか1.運用の自動化・無人化2.複数ページの一括処理(リニューアルで特に重要)3.ページ構成要素の利用・再利用の容易性CMSの導入効果を検証するプロ...
4. まとめ         © Office Kitagawa 2011
Web CMS 導入前のチェックポイント(1)数百ページを超える大規模サイト用WebCMSの評価           CMS機能の○×で評価・選定しない        プレゼンテーションの良し悪しで評価・選定しない          自社の実運...
お問い合わせ先Office Kitagawa Webマーケティング コンサルタント 北川 仁 kithi02@pop07.odn.ne.jp                           © Office Kitagawa 2011
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

運用まで見越したWeb CMS導入のチェックポイント[効率化] Webマスター必見!

1,346 views

Published on

【FatWire無料セミナー】 2月3日開催

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

運用まで見越したWeb CMS導入のチェックポイント[効率化] Webマスター必見!

  1. 1. Web CMS 導入前のチェックポイント(1) ~ 制作・運用の 「効率化」 の視点から ~~Web CMSの選定の際に見逃されているポイント~ 2011年2月3日 Webマーケティング コンサルタント 北川 仁 © Office Kitagawa 2011
  2. 2. 目次1. 誰がCMSを選ぶのか?2. CMSを導入する目的は?3. 制作・運用の効率化を見越したチェックポイントは?4. まとめ © Office Kitagawa 2011
  3. 3. 1. 誰がCMSを選ぶのか? © Office Kitagawa 2011
  4. 4. 日本企業と欧米企業のWeb運営 日本企業 欧米企業 広報、宣伝運営部門 マーケティング 情報システム 広報宣伝メディア位置づけ カスタマーサポート ビジネスツール 販売チャネルITシステム Web更新 基幹システム連動 © Office Kitagawa 2011
  5. 5. 日本企業がCMSを選定する際のメンバー社内• コンテンツ・オーナー(事業部、広報、マーケティング)• Webマスター(運用部門)• クリエイティブ(コンテンツ制作部門)• IT部門• 経営企画部門社外• 外部の制作会社• Webコンサルタント © Office Kitagawa 2011
  6. 6. CMS選定に大きな影響を持つメンバー 社内・社外のコンテンツ制作担当者良い点 制作側の視点でCMSを選定できる欠如しがちな点 部門横断的な運用の視点 ビジネスの視点 © Office Kitagawa 2011
  7. 7. 日本のWeb制作会社の一般的な傾向 事業 web マーケティング デザイン 事業分析力 技術 ビジネス経験 知識 広告・宣伝 知識 設計Webには詳しいが、企業活動に関する業務経験が少ない広告・宣伝的なコンテンツ制作を志向するビジネス(事業)の戦略立案、施策実行の経験が少ない © Office Kitagawa 2011
  8. 8. 日本のWeb制作会社の一般的な傾向 事業 web マーケティング デザイン 事業分析力 技術 ビジネス経験 知識 広告・宣伝 知識 設計Webには詳しいが、企業活動に関する業務経験が少ない広告・宣伝的なコンテンツ制作を志向するビジネス(事業)の戦略立案、施策実行の経験が少ない © Office Kitagawa 2011
  9. 9. 日本のWeb制作会社の一般的な傾向 事業 webWebには詳しいが、企業活動に関する業務経験が少ない広告・宣伝的なコンテンツ制作を志向するビジネス(事業)の戦略立案、施策実行の経験が少ない © Office Kitagawa 2011
  10. 10. CMSを選定に必要な2つの視点• コンテンツ制作・運用の最適化 主役:Webコンテンツ制作者 役割:コンテンツの最適化+CMSを利用した運用管理• CMSとWebを活用したビジネスの最適化 主役:コンテンツ・オーナー 役割:コンテンツの提供+CMSへの入力 © Office Kitagawa 2011
  11. 11. 2. CMSを導入する目的は? © Office Kitagawa 2011
  12. 12. エンタープライズ規模のWeb CMS導入の目的 数百ページ以上のWebサイトで求められていること1.制作・運用業務の効率化 迅速な業務により、鮮度の高い情報を発信したい2.制作業務の分散化 専門分野に特化してコンテンツを制作したい3.コンテンツ管理の一元化 分散処理(分業)しても、管理は一元化したい © Office Kitagawa 2011
  13. 13. 制作・運用業務の効率化1.未来スケジュールの割り込み処理を含む完全自動化 運用の自動化2.複数ページの一括更新 大量コンテンツの一括処理3.ページ構成要素(画像、PDF、CSS)の効率的更新 迅速な処理 機能の○×方式で、CMSを比較することは難しい 自社の実業務(運用)の視点からの評価・比較が重要 © Office Kitagawa 2011
  14. 14. 制作・運用業務の効率化1.運用の自動化のチェックポイント 未来スケジュールの割り込み処理を含む完全自動化(例) 2月3日(木)の出来事です 7日(月)からのキャンペーン情報をCMSにアップしました。 5日(土)のイベントの告知を、4日(金)の夜にアップして、 6日(日)は元の状態に戻してほしいと依頼されました。 あなたの(考えている)CMSで自動運用ができますか?通常のチェックポイント(評価基準) →「指定したスケジュールに従い配信できること」運用の自動化を考慮したチェックポイント →「指定したスケジュールに従い自動配信ができること」 「複数の配信スケジュールを設定することができること」 「設定したスケジュールの前に、新たなスケジュールを設定できること」 © Office Kitagawa 2011
  15. 15. 制作・運用業務の効率化2.大量コンテンツの一括処理のチェックポイント 複数ページの一括更新(例)ある製品カテゴリーにのみ、新製品の案内を挿入したいと要求がありました。 同時に下記の要求がありました。 1)販売中止になったxx製品カテゴリー全体を削除してほしい 2)季節ごとに商品情報をまとめて変更したい あなたの(考えている)CMSでは容易に作業できますか?通常のチェックポイント(評価基準) →「効率的にコンテンツを更新できること」大量コンテンツの一括処理を考慮したチェックポイント →「複数ページを一括で制作・修正・削除できること」 「修正・削除するページの指定が容易にできること」 「複数ページに対して、同じ内容の部分修正を一括して実行できること」 © Office Kitagawa 2011
  16. 16. 制作・運用業務の効率化3.迅速な更新処理 ページ構成要素(画像、PDF、CSS)の効率的更新(例)複数ページで使われている画像やPDFを更新したいと要求がありました。(例)サイトのイメージアップのために、CSSを入れ替えてデザイン変更したいと 要求がありました。 あなたの(考えている)CMSでは迅速に作業できますか?通常のチェックポイント(評価基準) →「サイト内で共通的に使用される画像などを部品化できること」ページ構成要素の効率的更新を考慮したチェックポイント →「サイト内で共通的に使用される画像などを部品化できること」 「元の部品を変更すれば、その部品が使用されているページが変更できること」 「元のCSSを変更すれば、そのCSSが使用されているページが変更できること」 © Office Kitagawa 2011
  17. 17. 補足:コンテンツの共通要素を定義する■共通要素を定義するメリット •Webサイト全体の品質の維持・向上 •制作負荷の大幅に削減 アセット化を実現するだけでも、制作の負荷が減少する CMSを利用すれば、制作コストを一層削減し、運用負荷を削減できる■共通要素の導入ステップ アセットの定義 アセットを用いた設計 実運用 © Office Kitagawa 2011
  18. 18. 補足:コンテンツの共通要素を定義する アセットの定義 アセットを用いた設計 実運用大見出し段落・テキスト ・イメージ 共通仕様化 Webサイト中見出し 設計・制作を効率化段落・テキスト ・イメージ共通化する部品、レイアウト © Office Kitagawa 2011
  19. 19. 3. 制作・運用の効率化を見越した チェックポイントは? © Office Kitagawa 2011
  20. 20. 制作・運用の効率化を見越したチェックポイントWebサイト運用に欠かせない機能がCMSに備わっているか1.運用の自動化・無人化2.複数ページの一括処理(リニューアルで特に重要)3.ページ構成要素の利用・再利用の容易性CMSの導入効果を検証するプロセスが確立されているか © Office Kitagawa 2011
  21. 21. 4. まとめ © Office Kitagawa 2011
  22. 22. Web CMS 導入前のチェックポイント(1)数百ページを超える大規模サイト用WebCMSの評価 CMS機能の○×で評価・選定しない プレゼンテーションの良し悪しで評価・選定しない 自社の実運用の視点から評価する 大規模サイトの運用効率化に必須の機能を必ず評価する評価のプロセス• RFI (Request For Information) 情報提供依頼書• RFP (Request For Proposal)提案依頼書• POC (Proof of Concept)概念実証 © Office Kitagawa 2011
  23. 23. お問い合わせ先Office Kitagawa Webマーケティング コンサルタント 北川 仁 kithi02@pop07.odn.ne.jp © Office Kitagawa 2011

×