サイト移行の4つの方法

      FatWire株式会社
 営業部 ディレクター 佐藤高生
  takao.sato@fatwire.co.jp



       2010年10月7日




      Copyright 2010 F...
サイト移行の4つの方法


 サイト移行の4つの方法
 A)    既存サイトをそのまま移行(FlexImport)
 B)    既存サイトをアセット化し移行(XMLPost)
 C)    データベース(基幹)からのダイレクト移行(REST...
エンタープライズは様々なタイプ/言語のWebサイトを
所有




Web担当者フォーラム2008/2/4掲載記事より引用
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/02/04/2487
        ...
Webサイトにはそれぞれの目的と実装レベルがあ
る


 高い


                                  1
付加価値
戦略性
                                  2

      ...
例えば、 Ford Motor Company では




                                             ユーザ事例) http://www.ford.com/
  www.fatwire.com ...
Ford におけるそれぞれのWebの目的と実装レベル

                                                         オーナーサイト
 高い


                       ...
Webサイトの目的と実装レベル


 レベル1)付加価値大:高度な機能を実装したフラッグシップ
 サイト
  例えば、カスタマーチャネルでは、嗜好を凝らした施策を講じるこ
  とで他社と差別化し、顧客満足度を最大限に引き上げることで、顧
  客...
今日のエンタープライズのWebサイトの課題


 散在したWeb基盤を一つのクラウドサービスに集約し管理コス
 トの低減を図りつつ、それぞれのレベルに応じたより効率の良
 い運用ができるようにすること


                   ...
サイト移行には4つの方法が必要



 その課題のためには、サイトのレベルと実装状況に応じた4
    つの方法を駆使して移行していく必要がある
 A) 既存サイトをそのまま移行(FlexImport)
          そのまま移行
 B...
A)既存サイトをそのまま移行(FlexImport)


 FlexImportは、制作されたままのファイル群を読み込み、
 FatWire Content Serverの管理下に置くことができる

                      ...
A)そのまま移行:


                   項目                                        移行後
コンテンツ制作                            従来と変わらない(外...
B)既存サイトをアセット化し移行(XMLPost)


 B-1)ヘッダ・フッタ・ナビなど共通コンポーネントとボディの
 分離
 B-2)さらにボディの内部も構造化   ワークフロー
                             ...
B)アセット化移行:


                   項目                                        移行後
コンテンツ制作                            現場でHTMLエデ...
C)データベース(基幹)からのダイレクト移行(REST
API)


 データベースはテーブル間のリレーションを持った複雑な構造
 体
 テーブルtoテーブル(アセットタイプ)、レコードtoレコード(ア
 セット)、フィールドtoフィールドの格...
C)データベース移行:


                   項目                                        移行後
コンテンツ制作                            移行データへの付...
D)既存の文書管理/DAMからの連携(CIP)


  CIPとConnectorによって、既存の文書管理/DAMの運用をその
  ままにWebサイトに必要なコンテンツだけをContent Serverに
  自動連携
  Connectorは...
D)コンテンツ連携:


                   項目                                        移行後
コンテンツ制作                            連携データへの付加...
クラウドに基盤統合 - 4つの移行 - 3つのレベルに対
応

                                                                             オーナーサイト
D
Doc...
FatWire WEM は、オンライン上でのマーケティング・コ
ミュニケーション・顧客エクスペリエンスにおいて業界を
リードする


先進的でスケーラブルなプラットフォー
 ム:
 ターゲットマーケティングの為の動的配
 信と多言語対応コンテン...
Thank You




www.fatwire.com                                        20

                  Copyright 2010 FatWire Corporat...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

サイト移行4つの方法

1,339 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,339
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
22
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

サイト移行4つの方法

  1. 1. サイト移行の4つの方法 FatWire株式会社 営業部 ディレクター 佐藤高生 takao.sato@fatwire.co.jp 2010年10月7日 Copyright 2010 FatWire Corporation
  2. 2. サイト移行の4つの方法 サイト移行の4つの方法 A) 既存サイトをそのまま移行(FlexImport) B) 既存サイトをアセット化し移行(XMLPost) C) データベース(基幹)からのダイレクト移行(REST API) D) 既存の文書管理/DAMからの連携(CIP) USTREAM: 標準画質(SD): http://www.ustream.tv/channel/FatWireJP 高画質(HD): http://www.ustream.tv/channel/FatWireJP2 Twitter ハッシュタグ: #FWJP101007 (本セミナー専用) Follow me!!: http://twitter.com/FatWireJP www.fatwire.com 2 Copyright 2010 FatWire Corporation
  3. 3. エンタープライズは様々なタイプ/言語のWebサイトを 所有 Web担当者フォーラム2008/2/4掲載記事より引用 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/02/04/2487 www.fatwire.com 3 Copyright 2010 FatWire Corporation
  4. 4. Webサイトにはそれぞれの目的と実装レベルがあ る 高い 1 付加価値 戦略性 2 3 低い www.fatwire.com 4 Copyright 2010 FatWire Corporation
  5. 5. 例えば、 Ford Motor Company では ユーザ事例) http://www.ford.com/ www.fatwire.com 5 Copyright 2010 FatWire Corporation
  6. 6. Ford におけるそれぞれのWebの目的と実装レベル オーナーサイト 高い 1 製品情報サイト(各国) 付加価値 戦略性 2 コーポレート情報サイト (各国) 3 低い www.fatwire.com 6 Copyright 2010 FatWire Corporation
  7. 7. Webサイトの目的と実装レベル レベル1)付加価値大:高度な機能を実装したフラッグシップ サイト 例えば、カスタマーチャネルでは、嗜好を凝らした施策を講じるこ とで他社と差別化し、顧客満足度を最大限に引き上げることで、顧 客とのエンゲージメントをより強固にする役割を担う My Ford Owner Site は、マーケティング部門主導の下に複数部門 が協力し当初14の基幹システムと連動したカスタマー向けチャネ ルとしてスタート。現在ではMy Ford Lincoln Mercury Owner Site として更に発展 レベル2)付加価値中:製品情報サイトを中心としたコーポ レートブランディングのコントロール下に置かれるべきサイト ヘッダ、フッタ、ナビ、構造・配置など共通化 ボディは非構造的な自由なレイアウト、あるいは構造的な製品情報 レベル3)付加価値小:静的ページからなる比較的独立したサ イト www.fatwire.com 7 Copyright 2010 FatWire Corporation
  8. 8. 今日のエンタープライズのWebサイトの課題 散在したWeb基盤を一つのクラウドサービスに集約し管理コス トの低減を図りつつ、それぞれのレベルに応じたより効率の良 い運用ができるようにすること ? www.fatwire.com 8 Copyright 2010 FatWire Corporation
  9. 9. サイト移行には4つの方法が必要 その課題のためには、サイトのレベルと実装状況に応じた4 つの方法を駆使して移行していく必要がある A) 既存サイトをそのまま移行(FlexImport)  そのまま移行 B) 既存サイトをアセット化し移行(XMLPost)  アセット化移行 C) データベース(基幹)からのダイレクト移行(REST API)  データベース移行 D) 既存の文書管理/DAMからの連携(CIP) コンテンツ連携 www.fatwire.com 9 Copyright 2010 FatWire Corporation
  10. 10. A)既存サイトをそのまま移行(FlexImport) FlexImportは、制作されたままのファイル群を読み込み、 FatWire Content Serverの管理下に置くことができる ワークフロー 画像, 世代管理 メディアファイ スケジュール配信 ル JS CSS HTML FlexImport PDF, Word, Excel www.fatwire.com 10 Copyright 2010 FatWire Corporation
  11. 11. A)そのまま移行: 項目 移行後 コンテンツ制作 従来と変わらない(外部制作が殆ど) 新規施策の実現性 従来と変わらず困難 ページ間リンク 手組みのまま。リンク切れチェック コンテンツの承認(社内統制) ワークフロー化 コンテンツの世代管理 リビジョントラッキング・ロールバック パブリッシュ(公開) 自動化(時間指定) ワンソースマルチユース 従来と変わらず困難 移行コスト 低い 移行期間 短い 基盤統合分は低減。制作は従来と変わらな 運用コスト い(低くはない) www.fatwire.com 11 Copyright 2010 FatWire Corporation
  12. 12. B)既存サイトをアセット化し移行(XMLPost) B-1)ヘッダ・フッタ・ナビなど共通コンポーネントとボディの 分離 B-2)さらにボディの内部も構造化 ワークフロー 世代管理 スケジュール配信 XML XML XML XML Post XML XML XML www.fatwire.com 12 Copyright 2010 FatWire Corporation
  13. 13. B)アセット化移行: 項目 移行後 コンテンツ制作 現場でHTMLエディタ・フォーム入力 従来実施困難だった施策を企画、サイトに 新規施策の実現性 配置 Content Server配下のコンテンツ間はリン ページ間リンク ク切れを生じない コンテンツの承認(社内統制) ワークフロー化 コンテンツの世代管理 リビジョントラッキング・ロールバック パブリッシュ(公開) 自動化(時間指定) 携帯・スマートフォン・タブレットなど展 ワンソースマルチユース 開可能 移行コスト A)そのまま移行よりは高い 移行期間 A)そのまま移行よりは期間を要する 運用コスト 基盤統合分とコンテンツ外部制作費が低減 www.fatwire.com 13 Copyright 2010 FatWire Corporation
  14. 14. C)データベース(基幹)からのダイレクト移行(REST API) データベースはテーブル間のリレーションを持った複雑な構造 体 テーブルtoテーブル(アセットタイプ)、レコードtoレコード(ア セット)、フィールドtoフィールドの格納が可能でなければなら ない 既存データベース構造+αな構造定義が可能でなければならない リアルタイム性・双方向性 FlexAsset REST API www.fatwire.com 14 Copyright 2010 FatWire Corporation
  15. 15. C)データベース移行: 項目 移行後 コンテンツ制作 移行データへの付加価値 従来実施困難だった施策を企画、サイトに 新規施策の実現性 配置 Content Server配下のコンテンツ間はリン ページ間リンク ク切れを生じない コンテンツの承認(社内統制) ワークフロー化 コンテンツの世代管理 リビジョントラッキング・ロールバック パブリッシュ(公開) 自動化(時間指定) 携帯・スマートフォン・タブレットなど展 ワンソースマルチユース 開可能 移行コスト B)アセット化移行よりは高い 移行期間 A)そのまま移行よりは期間を要する 基盤統合分が低減。データメンテナンスコ 運用コスト www.fatwire.com スト自体は大きく変わることはない 15 Copyright 2010 FatWire Corporation
  16. 16. D)既存の文書管理/DAMからの連携(CIP) CIPとConnectorによって、既存の文書管理/DAMの運用をその ままにWebサイトに必要なコンテンツだけをContent Serverに 自動連携 Connectorは、EMC Documentum、Microsoft Office Sharepoint Server(MOSS)の他、eBase。その他開発が可能 FlexAsset Documentum SharePoint eBASE File System www.fatwire.com 16 Copyright 2010 FatWire Corporation
  17. 17. D)コンテンツ連携: 項目 移行後 コンテンツ制作 連携データへの付加価値 従来実施困難だった施策を企画、サイトに 新規施策の実現性 配置 Content Server配下のコンテンツ間はリン ページ間リンク ク切れを生じない コンテンツの承認(社内統制) ワークフロー化 コンテンツの世代管理 リビジョントラッキング・ロールバック パブリッシュ(公開) 自動化(時間指定) 携帯・スマートフォン・タブレットなど展 ワンソースマルチユース 開可能 移行コスト (連携コスト) 連携システムによる 移行期間 A)そのまま移行よりは期間を要する 基盤統合分が低減。データメンテナンスコ 運用コスト www.fatwire.com スト自体は大きく変わることはない 17 Copyright 2010 FatWire Corporation
  18. 18. クラウドに基盤統合 - 4つの移行 - 3つのレベルに対 応 オーナーサイト D Documentum FlexAsset SharePoint eBASE File System PIM 1 製品情報サイト(各国) C REST API 2 B コーポレート情報サイト (各国) XML Post A 3 FlexImport www.fatwire.com 18 Copyright 2010 FatWire Corporation
  19. 19. FatWire WEM は、オンライン上でのマーケティング・コ ミュニケーション・顧客エクスペリエンスにおいて業界を リードする 先進的でスケーラブルなプラットフォー ム: ターゲットマーケティングの為の動的配 信と多言語対応コンテンツ 強固な製品情報管理 企業向けのコンテンツインテグレーショ ン 多言語コンテンツ管理 多チャンネルへの配信 マーケティングと顧客エクスペリエンス の為のツール群: コンテンツターゲティングと分析 エンドユーザのパーソナライズ ユーザ作成コンテンツ管理 WCMと統合されたコラボレーション機能 www.fatwire.com 19 Copyright 2010 FatWire Corporation
  20. 20. Thank You www.fatwire.com 20 Copyright 2010 FatWire Corporation

×