日本、日本の政治と Japan, Japanese Politics and Future of Hokkaido

407 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
407
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

日本、日本の政治と Japan, Japanese Politics and Future of Hokkaido

  1. 1. 北海道日米協会 2013年3月21日 英字新聞ジャパンタイムズ 編集局報道部次長 エリック・ジョンストン 日本、日本の政治と 北海道の将来
  2. 2. このPOWER POINT講演内容全て エリック・ジョンストンさん個人の 発言、意見と分析です。 ジャパンタイムズと一切関係ありま せん。ご理解してください。 まず、注意していただきたいと ころがあります
  3. 3. PART I 2012年12月16日選挙、 安部政権の発足
  4. 4. 2013年12月16日第46衆議院議員選挙結果 党派 選挙前 選挙後 民主党 230 57(-1 73) 自民党 118 294(+ 176) 公明党 21 31(+1 0) 日本維新 11 54(+4 3) みんなの党 8 18(+1 0) 未来 61 9(-52) 共産党 9 8(-1) 社民党 5 2(-3) 焦点 1)自民・公明連立政権は衆 議院席3分の2を当選した。 2)日本維新の会、初衆議院 選で11席から54席まで 増えた。 3)みんなの党は継続的に選 挙で席を増加した。(+1 0) 4)公明党は10席で増えた。 5) 日本未来の党は大失敗 で「反自・公政権」野党は 落選。
  5. 5. 選挙の特徴 民主党に反発。 大都市と地方の格差 「脱東京」のポピュリズム 国際情勢の不安間 高齢化してきている社会 保守的、右翼的になっている社 会?
  6. 6. なぜ民主党に反発  2009年、鳩山政権は小沢一郎に管理されている悪 いイメージ  永田町・霞ヶ関、山の手線内の官僚、財界、大手マ スコミには自民党政権破壊は大きな変更でした。大 きな変更は「大」「変」。  日米関係問題で鳩山政権は失敗(普天間移設は県外 の発音、その後の二転三転のコメント、騒ぎ)。  3・11、特に菅政権の直後対応の批判。  経済界、電力会社、経済産業省、原発立地自冶体は 再生エネルギーを拡大させるための固定買い取り制 度を大反対しました。  野田政権の消費税増税議論の反発
  7. 7. 大都市と地方の格差  経済格差: 大都市に暮らしている有権者のみの希 望に応じた小泉政権の促進した経済改革が地方で失 敗したという感覚で民主党が2009年衆議院選で圧 勝。ところが3・11以降、特に野田政権が小泉政 権と似ている経済政策を追求しているではなないか、 と心配していた地方の方が多かった。  公共事業、インフラ整備、社会福祉、経済的、財政 的な支援などの様々な地方に住んでいる有権者の ニーズ、民主党がちゃんと聞かなかったとの印象も。
  8. 8. 「脱東京」のポピュリズム 大阪では橋下徹市長と日本維 新の会の盛り上がり 「脱原発・反橋下」を中心に していた日本未来の党
  9. 9. 日本維新の会は大阪維新の会から生まれた 大阪市議会派 合計:86人 人数 大阪維新の会 33人 公明党 19人 自民党 17人 大阪みらい 9人 共産党 8人 大阪府議会派 合計:104人 人数 大阪維新の会 56人 公明党 21人 自民党 13人 民主党 9人 共産党 4人
  10. 10. 日本維新の会は「東軍」と「西軍」に分けてい るとの日本マスコミの分析によると。。。 「東軍」:14 人  石原慎太郎・平沼赳夫 に忠実である。  国会議員経験がある人 が多いです。  殆ど50歳以上の人  脱原発反対、TPP慎 重、憲法改正最優先、 地方分化にどこまで真 剣か 「西軍」:40人  橋下徹・松井一郎 に忠実である。  国会議員経験が尐ない  殆ど50歳以下の人  脱原発支持、TPP強 く支持、憲法改正重視、 地方分化は最優先。
  11. 11. 北海道比例代表の高橋美穂さんは「西軍」。 東京比例代表山田宏さんも 近畿比例代表3人、九州比例代表3人は「東軍」 でも「小選挙区」代表者14人の中 12人は大阪市小選挙区 しかし、 「東軍」=東日本出身と 「西軍」=西日本出身わけではない。
  12. 12. 日本未来の党 生活の党  「反橋下・反自民・公明」 党  脱原発や再生エネルギー を促進しているマニフェ スト  滋賀県知事を中心にして いた。  結局、小沢一郎と「離 婚」して力無くなった。  「小沢」党  各与野党と共通点があ るけど、力がないけど、 地方でやっていること が理解されている。 日本未来の党・生活の党
  13. 13. 尖閣問題:東京知事石原慎太郎「東京都は購入する」から、段々 エスカレートされた。米国、海外メデイア一部は「日中戦争は発 生する恐れがあるか」との報道も。 「強い日本、中国に対立できる国」の政治家からメッセージは説 得力があった。 竹島問題、慰安婦問題:韓国大統領前、この二つの問題が出来上 がった。日本人たくさんは「またか」で「証拠を見せよ」との反 応でした。 北朝鮮:ミサイル発射で「しっかり日本列島を守る政治家、政党 が欲しい」との有権者が多くなった。 選挙の特徴:国際情勢の不安間
  14. 14. 投票率は59.32%。前回選挙より10ポイ ント下  20-24歳: 35.30%  25-29歳: 40.2 5%  30-34歳: 48.51%  35-39歳: 52.6 4%  40-44歳: 56.6 9%  45-49歳: 62.4 7%  50-54歳: 66.6 8%  55-59歳: 69.3 7%  60-64歳: 73.1
  15. 15. 20ー49歳の女性投票率は同世代男性投票率 より 2-3ポイント高い。 50歳ー59歳:男女投票率は同様 60歳以上男性投票率は女性より 1ポイントー19ポイント(80歳以上)高 い。 投票率男女別
  16. 16. 保守的、右翼的になっている社会? 海外メデイアから見ると。。。  「日本の右翼政党は当 選」 カナダ放送協会、12月17日HP  「日本の総理大臣が右翼 野党に負けたことを認め る」 フランス24放送局、12月17日  「緊張している日本は選 挙前に右に移っていま す。」 USA TODAY  「日本は投票へ: 保守的 な自民党が戻ると見られて いる」 「保守的な自民党が圧勝」 BBC 12月17日 「右翼的な自民党は新内閣 を作る」 BBC 「オバマ大統領は安部総理 の右翼的な空想が日米関 係を破壊しないように確 認することを優先させば 良いです。」 TIME誌、2月日米首脳サミット直前
  17. 17. なぜそこまで報道したのか 第二次安部晋三内閣24人はこのような議員連盟に所 属  神道政治連盟国会議員懇談会:20人 (思想・目的: 女性天皇反対、米の自由貿易反対、在日韓国人の地方投 票権利反対、外国人に森の土地や「重要土地」販売反対、 「愛国的、精神的な教育」支持、男女共同参画教育反対  みんなで靖国神社に参拝する議員の会:19人(思想・目 的: 8月15日国会議員として正式的な靖国神社に参拝するこ とを促進)  日本会議:17人(思想・目的:憲法改正、精神教育促進、 君が代、日の丸への尊重、日本歴史、文化の中、天皇制 度の中心的な役割)
  18. 18. なぜそこまで報道したのか 第二次安部晋三内閣24人はこのような議員連盟に所属  憲法調査推進議員連盟15人:(思想・目的:憲法九 条を改正)  日本の前途と歴史教科書を考える議員の会:10人 (思想・目的:南京大虐殺、慰安婦史は教科書から 外して「愛国的な価値観」を学校で教えることを目 指しています。  慰安婦問題は日本の責任はないとの立場を正式的に 支持している7人もいます。
  19. 19. 参議院選挙に向け て PART I I
  20. 20. 参議院選は7月末 現在の院内勢力 政党 人数 民主党・新緑風会 87 自民党 83 公明党 19 みんなの党 12 生活の党 8 共産党 6 みどりの風 4 社民党 4 日本維新の会 3 国民新党 2 新党革命 2 無党派 5 欠員 6
  21. 21. 選挙への焦点  1)自公連立政権は161席の超過半数当選でき るのかー「超過半数」3分の2以上の席を両院であ れば憲法改正(96条その後9条)の実現性をもっと近 づいてくるでしょう。  2)自民党内にTPP交渉参加にどう反響さ れるのか。 ア)反TPP自民党議員たちどこまで当選、落選。 イ)選挙までに安部政権の支持率はどう変わ る?
  22. 22. 選挙への焦点  3)日本維新の会はどうなる? ア)石原慎太郎の役割 イ)橋下・松井は立候補するかどうか ウ)「東軍」対「西軍」紛争はどうなる?党は 分裂? ヱ)みんな党との関係はどう?  4)民主党はどうなる? ア)前原派は維新の会に行くか。みんな党に行 くか イ)菅派を中心にして新党を作るのか
  23. 23. 選挙への焦点  今回の選挙で決定的な政党は自民党、民主党、日 本維新の党より公明党です。  大阪市議会で大阪維新の会と公明党は野党です。 公明党の支持はないと日本維新の会の大阪基盤が 弱くなるとの見方が大阪評論家が信じている。  安部総理と大阪府知事に接触しているし、項目に よって自民党と日本維新の会は同意。ただし、大 阪基盤もある公明党は現行の日本維新の会と組ん で連立政権に入ることは反対か慎重に考えている そうです。
  24. 24. 参議院選挙:表の話題  アベノミックス:夏までに各地方で経済回復を見え るのかもうそろそろ回復になるではないかと自信を 持っている有権者は何割?  TPP:夏までにTPP交渉はどう進んでいるのか、 日本にとって有益な協定かどうか有権者たちはもっ と分かるでしょう。  憲法改正:まず96条を改正すべきかどうか  地方分権:東京一極集中官僚制度をどう離れるのか  3・11の関連問題(東北復興、原発のこれからの 政策)  高齢化のための福祉支援
  25. 25. 参議院選挙:裏の話題  自民党を応援しているゼネコン、大企業はアベノ ミックスの下でどこまで公共事業を落札するのか  一旦TPP交渉参加に入ると、海外で日本の自動 車、自動車部品メーカー、薬局会社、防衛産業に関 わっている大企業は今ほど積極的かどうか  直ぐ憲法9条を改正し、戦後防衛体制を変える必要 性はあるかどうか。
  26. 26. 参議院選挙:裏の話題  明治時代に設立した47都道府県制度を廃止して 道州制度(9-13州)は夢な話か実現できそう な話か  将来のエネルギー供給はどうするのか(早期に脱 原発かどうか、再生エネルギーにもっと転換すべ きかどうか、シェールガス、海外(米国、オース トラリアなどのLNG輸入拡大)  高齢化している有権者たちの社会福祉ニーズに応 じながら尐子化問題をどう対応すればいいのか。 日本に「女性の役割は何ですか」との議論に触れ る。
  27. 27. 変わっている政治、社会 と 北海道の可能性 PART I II
  28. 28. まず、北海道の魅力:在関西外国人から見 ると  環境  気候  スペース  食品質は日本一 (グルメ楽園で す)  多様的な日本人  自立する気が強い人が 多い  札幌、函館、小樽で西 洋文化が普及していま す。  自然エネルギー可能性 は極めて高い。  米国・ロシアと一番近 い日本の都道府県北海 道はもっと「日本と海 外の橋」の役割を果た せる。
  29. 29. もっと頑張って欲しいところ:在関西外国人から 見ると  「北海道で材料は一級、設備は二級、サービスは三級」 ということを北海道内外によく聞きます。東京・大阪並 みにサービス業界を上達する必要はないですが高齢化し てきている社会、個人旅行者、若い家族、環境観光者向 けに政治的、行政的、経済的な対策をもっと支援。  環境、観光ビジネスを拡大するために、米国、カナダ、 欧州の北国に新千歳に直行便導入。  国立再生エネルギー研究所を北海道で設立はどうか。そ の後、インドなどの国々のように内閣の中に「再生エネ ルギー庁、再生エネルギー大臣」を設立するために押し 付けてください。  地球温暖化によって2100年までに平均気温3-6度上が ります。どう対応すればいいのかをもっと北海道の声を もっと国会、海外で聞きたい。
  30. 30. 最後に。。。  昨年国立社会保障・人口問題研究所によると2060年までに 日本の人口は現行の1億2800万人から8700万人までに減っ ていくということです。当然、高齢者が多いです。それに合 わせてどんな国を作りたいかという問題は一番重要なので しょう。  今回の参議院選挙でインタネット、ソーシャルメデイアを初 めて使えるようになるから、どのように影響を与えるのか現 時点マスコミ、政治評論家は創造できないでしょう。  TPP議論によって北海道の有権者は日本の中の役割をもっ と真剣に考えさせるようになった。基本的に良い結果ですか ら、従来どおり、この政党あの政党ではなくて、今まで政治 にあまり関心ない北海道人たちは個人、個人立候補するかど うか北海道の将来にとって重要です。
  31. 31. 質疑はどうぞ (日本語でも英語でも構いませ ん) ありがとうございます。

×