Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【エイカレ・サミット2020】実証実験 ファイナリスト ダイキン工業株式会社

新世代エイジョカレッジ(http://eijyo.com/)の2020年度サミットにて、次世代営業モデルの創出に取り組んだ実証実験の中から、ファイナリストに残ったダイキン工業株式会社「ダイキンバーシティ 〜うるおいをあなたに、さらなる価値を〜」のプレゼンテーションスライドです。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【エイカレ・サミット2020】実証実験 ファイナリスト ダイキン工業株式会社

  1. 1. DAIKINVERSITY ~うるおいをあなたに、 さらなる価値を~ ダイキン工業株式会社 多田 駒井 森 定木 田中
  2. 2. ダイキン工業では2020年6月~9月 100%出社を実施 しかし、現場社員の気持ちはさまざま “業務内容によって場所を選択することで、 主体的&効率的に働くことが出来るワークスタイル“の確立 取り組みテーマ 日本経済新聞 2020/6/16掲載 ・集中したいのに周りが気になる ・時間を有効に活用したい ・対面とWEBのベストミックス 効率的な働き方って・・・ 1 毎日出社して自席デスクで働くこと=仕事 私たちが壊したい「当たり前」
  3. 3. 背景・実証実験概要 2 ・どこで何の業務をすれば効率的かわからない(指標がない) ・会社以外で働くと生産性が落ちるのではないかという不安 ・上司・部下の相互不安(さぼっていないか?ちゃんと評価されているか?) 「働く場所を自由に選べるワークスタイルの獲得」には、 生産性や効果を見える化する事が必要 ◉被験者 ・20~50歳男女 計32名 ・営業/企画/業務など多様な構成 ➢ 働く場所を選択できた場合、生産性の維持・向上が可能なのか? ➢ 人や業務の内容によって効率の良い場所が異なるのか? ➢ そのような働き方をした場合、従業員満足度の向上となるのか? 目的 概要 ◆実証実験 ◉実証実験期間 ・11月9日~12月4日 社内 フリースペース 自席 シェアオフィス 自宅 背景
  4. 4. 実証実験項目 30分毎の活動を記録(ABW※を参考に作成) 環境データ測定(Beside) 空気質測定デバイス Beside(ダイキン製) ・温湿度、CO2濃度、計測・記録 ・生産性の関係性の傾向があるか検証 ・オフィス空間提案の材料に 上司面談 アンケート 上司・被験者で実施 単純計算による集中度計測 クレペリンテストを場所ごとに実施 3 個人作業 アイデア出し 共有作業 客先 ➀ ※Activity Based Workingの略で、 仕事の内容や目的に合わせて オフィスの中で作業する場所を選択でき多様な 働き方を実現できる考え方 ② ➃ ③ ⑤
  5. 5. ②共有・報告: 会議室よりフリースペースで行った方が 前向きな気持ちで取組めた ③アイデア出し:会議室に比べ、フリースペースやシェアオフィス の方が活発な討議が出来た 実証実験結果① 業務内容毎の傾向 ①個人作業:オフィスの自席以外(フリースペース、シェアオフィス、自宅)の方が、自席よりも集中できる フリースペースの方が開放的で 自由な発言がし 易かった(30代男性) ⑶集中度テスト結果 “自席以外”の方が集中度が高い結果! ”邪魔が入らず集中できる“ 4 被験者アンケートより その他 共有・報告でのポジティブ主観 ⑵活動記録書: 個人作業で集中できた場所 ⑴集中できた場所はどこですか 回答数20%増 誤答数65%減 (自席比) 結果 業務内容毎にポジティブに働ける場所が判明 85% +32Pt 活動記録書より +30Pt 被験者アンケートより +5Pt +19Pt 自席 フリー 自宅
  6. 6. 生産性が高くなる 自席中心で働く方が生産性が高い 以前から実施していたので生産性は変わらない 【上司アンケート】 場所を選択して働ける会社であることのメリットは何ですか 【社員アンケート】 働く場所を選択できる会社で働き続けたいですか 「働く場所を自由に選べるワークスタイル」を継続するには、コミュニケーションの補足が必須! ➡これからの、上司部下のコミュニケーション手段と頻度を決めて貰い、現在も運用中 実証実験結果②上司・部下の評価 結果 社員:生産性を上げる為、働く場所を選択できる会社で働き続けたい! 上司:生産性の向上、人材確保、社外評価の向上につながる! 追加実証 上司においても、管理職の立場で生産性が向上するかを検証 ➡結果:場所を変えることで生産性が高いと感じた 被験者全員がYESと回答 【上司アンケート】 場所を選んでみてどのように感じましたか? 今どこで何をしているかが分からないと上司・部下、 チーム間の コミュニケーションが取りにくい為、それを見える化 する必要がある(部下B) 部下が迷わないようにチームのミッションを決めておく。 予め業務の趣旨を理解させ、やり方は任せる、 としておくと追加業務も生じにくくうまくいくように思う。 (上司A) 【上司部下双方間やチーム間で改善すべきことは?】 5 社員の生産性アップ 9 社員のモチベーションアップ 5 優秀な人材の確保 2 社外からのイメージアップ 3 消費者に対し新しい働き方をPR 3 その他 1 はい 32 いいえ 0
  7. 7. ≪本社移転準備チーム≫※2024年に本社移転予定 (客先ヒアリング・被験者アンケートより) 実証実験結果③顧客価値 働く場所を選択する事に 対する客先の反応 Q.期間中に対応等に問題 なかったか? WEBが効果的 ・セミナー ・製品紹介 営業スタイル:WEB/対面の使い分け ➢ 製造業の課題 事業部ごとに業務体系が異なるため 一本化は難しい ⇒WEB活用増加 オフィス使用率68.5%⇒オフィス縮小の可能性 社内WEB会議率23.1%⇒個別ブース拡充の必要性 問題なし 100% まずは営業部門で ワークスタイルの確立を目指し続けます 継続 6 オフィス利用時間の割合 実証実験中 WEB会議率約23% 従来の働き方 30%削減提案 ≪人事部≫ ◆実証実験結果①~④の社内への共有 実証実験結果➃労働生産性 見積件数増加 個人作業効率UP 残業時間削減 効率/生産性UP +12Pt 内勤メンバー 外勤メンバー
  8. 8. 69% 83% ポジティブ ネガティブ 環境データとの関連性 実証実験結果⑤ 環境データ:CO2濃度と生産性の関連性 換気前 7 結果(1) CO2濃度が低い方が生産性が高くなる傾向がある 推奨: 1時間に1回5分の換気 ・在宅時に生産性維持 =CO2濃度コントロール ・空気質への関心は更に 高まっている 在宅環境での 換気ビジネスへの活用 (顧客価値) 結果(2) 在宅勤務時CO2高⇒換気後は生産性が高くなる ◆実証実験より CO2データと主観データ(ポジティブ/ ネガティブ)の相関を確認 濃度が低い方がポジティブに感じる割合が多いという結果 始業時 換気前 換気後 就業時 ・4畳半 ・電気ヒーター有 心理/主観評価を測る指標 換気後 7 VAS 採点評価 ・CO2濃度が高い事に気づかず 在宅勤務していたと知った ・室内環境を改善させている、 という行為自体も気分転換に 繋がると感じた
  9. 9. 空気環境と効率化の検証 顧客価値:新ビジネスモデル ◇センサーと見える化で、安心・安全・働きやすい環境を提供 コロナによる オフィス不要論 センターオフィス に求められる機能 密の見える化 換気気流可視化 Co2濃度 換気風量測定 ・換気量UP ・空気清浄の風量up ・無人エリアの換気量down(省エネ) ・気流の発生 ・空調制御 ▶大手取引先様とwithコロナ時代のオフィスや働き方についてワーキングをスタート ◆高原の風を再現 心地よい風で気流を作りCo2ムラを平準化 WBGT計測 空気・環境 オフィスに求められる機能が変わりつつある今、「安心・安全・働きやすいオフィス空間」を顧客に提案 新ビジネスモデル : 空気質ビジネス A社様に CO2濃度見える化、換気量連動内定 8
  10. 10. 顧客価値に繋がる巻き込み ◆社内研究部門(TIC) テクノロジーイノベーションセンター point0marunouchi 研究部門や自社運営シェアオフィスと、空気質と安全性・生産性の顧客展開を協業 ・Co2濃度・生産性の相関のエビデンス立証 ・安心安全な空間提案 ◆自社運営シェアオフィス(Point0) ・安心なオフィス 換気、空気清浄、調湿 ・Well認証支援 Co2濃度、温湿度見える化 9
  11. 11. エイジョ 生産性 実証実験 生産性をテーマに社内外で協業・協創 社内シェアオフィス point 0 marunouchi 人事部 総務部 客先 自部門 研究所 (TIC) ・空気環境診断 ・Co2濃度と効率性の検証・ 換気・Co2対策提案 顧客価値:ビジネスへの展開 ・Co2と生産性の関連研究 ・顧客提案 密アラート、Well認証支援検討 ・ABWの検証 ・働き方の多様性の実現 ・Point0サテライトへの活用 巻込み:社内展開 ・効率的な場所データ提示 ・執務室レイアウトへの活用 ・高い生産性と協創の場作り 課題:事業部毎に異なる業務体系 →営業部門のモデルケース提示 他事業部での展開の可能性模索 ・人材の確保、帰属意識向上 若手/中堅/ベテラン/管理職全員が 効率的に働けるワークスタイルの確立 個々が主体性を持った業務参画 東京支社 活性化PJ 本社 移転PJ 10
  12. 12. わかった事と、私たちの決意 自主的に動く事で会社、社会を変えていく!! 11 生産性が上がる働き方をして自分がキラキラ輝いてること で会社ブランド力へ貢献する 世にまだない価値・技術を生み出せる営業 誰もが個性を生かし、いきいきと働ける環境を作る 営業力 持続力 技術力 ブランド力 成長力 一歩先の提案、顧客に寄り添える・痒いところに手が届く唯一無二の営業 自分の生産性が上がるよう、主体的に働き、進化しつづける 実証実験でわかった事 生産性向上 ポジティブに働ける 自分たちで変えられる

×