Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Controlling tello using microwitch

Controlling tello using microwitch.

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Controlling tello using microwitch

  1. 1. micro:witch で Tello を 制御する方法 山梨学院大学 伊藤栄一郎
  2. 2. Tello はUDPで制御できる ● Tello は無線LANのアクセスポイントとなります。(SSID: Tello-xxxxx ) ● アドレス 192.168.1.10 のポート番号 8889 へ UDP で文字列を送ると、Tello を制御することができます。 ● なお、起動直後に「command」を送る必要があります。 コマンドの例 内容 takeoff 離陸する land 着陸する up 30 30cm上昇する forward 50 50cm前進する 「04 Tello Commands | Telloのコマンド一覧」より抜粋 https://drone-an.pro/tellosdk_trans/04_tello_commands/
  3. 3. MakeCode で Tello を制御する ● micro:bit とPCを使って Tello を制御する方法があります。 魔法の杖(micro:bit)でトイドローンTelloを操作してみた[Magic Wand] https://qiita.com/daiking1756/items/4e96e10514231e2cef1c ● micro:bit と PC とをBluetooth で接続します。 ● PC 上の node.js のプログラムが Bluetooh のメッセージを受け取り、そのメ ッセージをUDP送信します。
  4. 4. MicroPython は Bluetooth が使えない micro:witch が利用している MicroPython では、Bluetooth での通信をサポートし ていません。(Bluetooth - BBC micro:bit MicroPython ページより) MicroPython では Bluetooth ではなく、radio モジュールによる通信を推奨してい ます。
  5. 5. radio 送信 UART 送信 micro:bit (A) micro:bit (B) M5StickC Tello UDP 送信 2台の micro:bit と M5StickC を使う ● 1台目の micro:bit (A) は、Tello のコマンドをradio で送信する。 ● 2台目の micro:bit (B) は、radio で受信したコマンドを UART に出力する。 ● M5StickC は UART で受信したコマンドをUDP で送信する。 ● UDPで受信したコマンドで Tello が動く。 Tello サーバ
  6. 6. micro:bit (B) と M5StickC の接続方法 micro:bit (B) M5StickC Pin 0 G36 3V 3V3 GND GND micro:bit (B) の電源は M5StickC から供給します。
  7. 7. micro:bit (A) のサンプルプログラム ● 無線メッセージで Tello のコマンドを送るプ ログラムであれば何でも構いません。
  8. 8. micro:bit (B) のプログラム ● UARTの設定が行われた後、micro:witch での制御が効かなくなります。 ● 基本的に修正の必要はありませんが、プログラムを変更したい場合、start の 表示が終わる前までに接続して、Stop を押して止める必要があります。
  9. 9. M5StickC の操作方法 電源オン 電源ボタンを押します。自動的にTello に接続します。 電源オフ 電源ボタンを6秒長押しします。 離陸 モードボタンで take off にして、M5ボタンを押します。 着陸 モードボタンで land にして、M5ボタンを押します。 【注意事項】 ● M5StickC のバッテリー容量が少ないので、モバイルバッテリー等に接続して使ってください。 ● バッテリーを完全に放電させると、起動しないことがあります。30分ほど充電させてから、電源 オン・オフの操作を繰り返してみてください。 【ディスプレイ表示】 1行目: 状態 2行目: Tello のアクセスポイント名 3行目: Tello のIPアドレス・ポート番号 4行目: 送信メッセージ 6行目: M5StickC のバッテリー残量 7行目: 制御モード 電源 ディスプレイ モード M5
  10. 10. 長所と短所 【長所】 ● Tello の制御のためのPCを必要としない。 ● 勝手に Tello と接続してくれる。 ● 多(micro:bit)対一(Tello)の制御ができる。 【短所】 ● M5StickC が必要。 ● micro:bit が2台以上必要。
  11. 11. 利用したソフトウェアについて micro:witch https://github.com/EiichiroIto/microwitch M5StickC UART to UDP bridge https://github.com/EiichiroIto/m5stickcUartUdpBridge

×