Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
最新Windows8タブレット体験ソリューション活用セミナー                                                                オンラインの情報をオフラインで活用!          ...
エスキュービズムについて:会社概要              社名                              株式会社エスキュービズム (英名:S-cubism Inc.)              代表取締役         ...
エスキュービズムについて:特徴・特色                  テクノロジー企業成⻑率ランキング                                                                   iPh...
エスキュービズムについて:取り組み                                                                   Tablet POSレジシステム                      ...
はじめに、O2Oの現状についてCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved.   Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reser...
O2Oとは?  最近注目を集めている「O2O」とは、そもそも何か?                                             オンラインとオフラインを繋ぐ仕組み                           ...
O2OとECの市場規模比較                           O2Oの市場規模と、純粋なEC市場の規模比較(2012年)                                                     ...
O2O市場の成⻑予測                                                         ⽇本国内のO2O市場の成⻑予測                    60                  ...
O2O市場成⻑の可能性                                             より一層の拡⼤が期待されるO2O市場           ECとリアル                               ...
デバイスがメディアと市場を変えた                          デバイスの進化が、メディアと市場を変革している                                                         ...
O2Oの現在の潮流 / アメリカ⼩売業:Walmart                                                         オンラインで注文をした商品をリ                       ...
O2Oの現在の潮流 / アメリカ ネットビジネス eBay                                                         Ebayの持つ膨大なトラフィック                    ...
アメリカのO2O                                アメリカの⼩売りシーンで何がおきているのか                                                         購買のシ...
最新のトレンド               Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンド                             以下の内容は、弊社が運用するTablet情報サイト、Orange ...
2013年のトレンド予測:オンライン⼩売は熾烈な競争に直面      Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより                                       全⼩売に対するオ...
2013年のトレンド予測:モバイルコマースの普及      Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより                背景として、スマートデバイスの販売数増加があげられる          ...
2013年のトレンド予測:ショールーミングの一般化      Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより                                全ユーザ中24%がショールーミング利用...
2013年のトレンド予測:ショールーミングの一般化      Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより                                  ⽇本国内で最も多い、       ...
2013年のトレンド予測:販売チャネルを横断したシームレスな買い物体験      Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより                             いわゆるオムニチャネル・...
もっとも基本的なO2Oの形                                                         仕組みの側面から⾒たO2O                                       ...
O2Oを盛り上げる数々の仕組み                             O2Oを盛り上げるための数々の仕組みが生まれた           ポイント                                        ...
弊社の提供するサービス                                             弊社の提供する基本的なO2Oサービス                                              それ...
弊社のサービス:EC-Orange POS                                                         弊社、EC-Orange POSとは?                         ...
弊社のサービス:CRM機能を搭載し顧客管理を現場で実施                       目の前のお客様を深く理解するための                           オフラインCRM機能                  ...
弊社のサービス:接客データを記録                       接客時、会話しながらタブレットに                           お客様情報を蓄積          店舗を変える、          顧客情報の...
弊社のサービス:⽇本で唯一のEC連動型スマートデバイスPOS                     ECサイトと店舗は同じデータベース                      在庫と顧客の一元管理ができます                 ...
ご参考までに                                 どのような業務に、どのOSが適しているのか?                                 弊社のホワイトペーパーより抜粋いたします        ...
新たな戦略                          弊社のEC-Orange POS/Orange Tabletをベースに      全く新たな戦略構築、実現が可能です。Copyright © 2013 by S-cubism Inc...
ECの視点でリアルを⾒たときの問題点                                        ECなどに比べ、データが整理されておらず、                         1              人に依...
データがなく、マーケティングをしきれない                           結果のデータしかなく、その直前のデータがない                          たとえば、買われなかった商品のデータはほぼ皆無    ...
ECデータを活用するために:店舗でデータ利用                                        EC側のデータを店舗で活用できるよう                                       弊社の...
ECデータを活用するために:CRM/購買データ連携                                    CRM/購買履歴データの閲覧で                                より正確にお客様を把握できる...
ECデータを利用したこれからのアプローチ                                  しかし、これらは、                               ECのデータを⾒える化したのみ             ...
EC+リアルを理解している我々だからこその発想                                             技術の進化が、世界を変えつつある。               phase 1 / 現在これから浸透すると予...
⼩売の常識                   標準化                                     教育             成⻑                   業務はできる限りマニュアル         ...
接客の現場でおきていること                                         店員の営業⼒/接客⼒を強化するシステム                          店舗運営を⾏っている会社には、当然その運営のた...
これらの情報をシステム的に収集                             商談時の情報を集め、集約し、管理を実施します                                                        ...
弊社のシステムがあらかじめ所持している情報                                                                                購入・購買情報              ...
各種のデータをデジタル化し、活用できること                     弊社では、これらリアルでの情報に                デジタルのノウハウを加え、新しいO2Oの形を実現します                     ...
ユーザを育て上げるシステムアプローチ                                          ロイヤルカスタマの成⻑記録をベースに                                            ...
ユーザを育て上げるシステムアプローチ                                                                 メルマガ                                   ...
導入プロセスの想定                  まずはじめにEC-Orange O2Oパッケージを導入                その後時間をかけて戦略プロセス実装という方法が理想的                          ...
導入プロセスの想定:戦略構築                         1. CRMデータの分析・データベースの作成                               御社のCRMや顧客データなどをクリーニングし、必要と考えられ...
まとめ                          ECデータを店舗で⾒える化するだけでも、                          意味はあるが、その先がこれからは求められる。                         ...
サービスに関するお問い合わせ                                                            株式会社エスキュービズム                                    ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「オンラインの情報をオフラインで活用!~ECとリアル店舗のトータルの売上アップを実現するO2O施策とは?~」

2,856 views

Published on

2013年3月15日開催『最新Windows8タブレット体験ソリューション活用セミナー』の、株式会社エスキュービズム 岩井の講演資料です。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「オンラインの情報をオフラインで活用!~ECとリアル店舗のトータルの売上アップを実現するO2O施策とは?~」

  1. 1. 最新Windows8タブレット体験ソリューション活用セミナー オンラインの情報をオフラインで活用! 〜ECとリアル店舗のトータルの売上アップを実現するO2O施策とは?〜 株式会社 エスキュービズムCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 1
  2. 2. エスキュービズムについて:会社概要 社名   株式会社エスキュービズム (英名:S-cubism Inc.) 代表取締役    薮崎 敬祐 取締役(CTO)   神谷 浩之 取締役     武下 真典 監査役       加藤 一夫、角田 好志 資本⾦ 1億2157万5千円 主要株主     オリックスキャピタル株式会社、BIGLOBEキャピタル株式会社 他 設⽴ 2006年5⽉ 所在地 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4­1 芝パークビル A館 4階 事業内容      1.システム構築事業 「EC/タブレットPOS/CMS/SNS」           2.メディア運営事業「会社なび外注先探し」/「会社なび就職活動」           3.人工光水耕栽培プラント開発事業「箱庭栽培」 NECビッグローブ株式会社、ニフティ株式会社、新⽇鉄住⾦ソリューションズ株式会社、 カッパ・クリエ 主要取引先          イト株式会社、株式会社ココカラファイン、ニフティ株式会社、新⽇鉄ソリューションズ株式会社、 NTTナ レッジ・スクウェア株式会社、シナジーマーケティング株式会社、株式会社 DNPデジタルコム、株式会社博 報堂アイ・スタジオ、森永乳業株式会社、出光クレジット株式会社、などCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 2
  3. 3. エスキュービズムについて:特徴・特色 テクノロジー企業成⻑率ランキング iPhoneアプリ「就職活動」で検索、上位3位までを独占 第10回「デロイト 日本テクノロジー Fast50」にランクイン デロイト 日本テクノロジー Fast50 とは 2012 年で 10回目を迎えた「デロイト ⽇本テクノロジー Fast50」は、TMT(Technology, Media & Telecommunications)インダストリー の過去 3 年間の収益(売上⾼)成⻑率の上昇が著しい⽇本企業(上場・未上場問わず)の応 募からなるランキングプログラムです。 指標を収益成⻑率としていることにより、企業規模によらない成⻑性を表わすランキングと なります。弊社は2年連続、2回目の受賞をいたしました。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 3
  4. 4. エスキュービズムについて:取り組み Tablet POSレジシステム 「EC-Orange POS」 法人向けTablet情報サイト http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/ EC-システムパッケージ 「Orange Tablet」 ⼩売店、店舗などでご利用いただける、Tablet型POSレジ 「EC-Orange」 システム「EC-Orange POS」。 http://orange-tablet.jp/ http://ec-cube.ec-orange.jp/ 弊 社 の EC パ ッ ケ ージ 「 EC-Orange 」 との 連 携 に よ り 、 海外のTable利用動向や、⽇本国内での 法人向けTabletの O2O機能も充実。これからの社会に求められる、機動性、 オープンソース、ベンダーロックインなしのECサイト構築 最新動向などをまとめた情報サイトを運用しております。 インターネットを通じたECサイトとの親和性など、数多く パッケージ、EC-Orange。 国内外の最新のTabletへの取り組み事例などを把握するな のO2O機能をご用意いたしております。 パッケージの安⼼感・完成度と、オープンソースの良いと らぜひとも一度、ご訪問ください。 こ取りを実現した、次世代型ECプラットフォームです。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 4
  5. 5. はじめに、O2Oの現状についてCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 5
  6. 6. O2Oとは? 最近注目を集めている「O2O」とは、そもそも何か? オンラインとオフラインを繋ぐ仕組み ECやWebサイトに代表されるオンラインメディアで人を集め、店舗やショッ プなどに代表されるオフラインの場所に人を導く仕組み、仕掛け、あるいは 方法がそう呼ばれています。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 6
  7. 7. O2OとECの市場規模比較 O2Oの市場規模と、純粋なEC市場の規模比較(2012年) お よそ 7兆8千億円 29兆8千億円 日本国内、全EC市場規模 日本国内、O2O市場規模 市場規模は、圧倒的にO2Oの方が巨大 2012年の段階で、すでに3倍近い市場規模の差が存在している。 ECの市場はAmazonや楽天などが成⻑し、巨⼤な市場形成を⾏っているが、 O2O・⼩売 業界全体という視点から⾒れば、まだまだごく一部である。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 7
  8. 8. O2O市場の成⻑予測 ⽇本国内のO2O市場の成⻑予測 60 50.6 50 47.6 42.8 39.6 40 34.9 29.8 兆円 30 24.4 20 10 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 年度 わずか5年で、1.7倍の市場規模に成⻑Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 8
  9. 9. O2O市場成⻑の可能性 より一層の拡⼤が期待されるO2O市場 ECとリアル 販売機会を逃さず、 店舗とWebの連携が必要 いつでもすぐに売れる仕組み Webは、⽇常生活のすぐそばにあり、いつでも手の届く物 一瞬の広告、情報接触で、欲しいと思ったその瞬間に購買 に変化(=既に特別なものではなくなった) 可能なシステムの必要性が向上 ECとリアルを⾏き来する、 ユーザニーズの細分化に O2Oが多く求められる時代に デジタルとリアルで答える時代にCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 9
  10. 10. デバイスがメディアと市場を変えた デバイスの進化が、メディアと市場を変革している Mail Mail 携帯電話がスマートフォンに メールがソーシャルメディアに 携帯電話から、より扱う情報スマートフォンへとパーソナ メールからソーシャルメディアにコミュニケーションの主 ルデバイスが進化。 軸が変化。One to Oneから、One to manyへ。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 10
  11. 11. O2Oの現在の潮流 / アメリカ⼩売業:Walmart オンラインで注文をした商品をリ アル店舗で引き取るサービス 「Web Pick Up」。 ウォルマートのオンライン(通販サイト)で購入した商品を、 最寄りの店舗で受け取ることが可能。 通販というよりもいわば予約システムの為、送料無料、購入日 に受け取ることが可能です。 また、商品受け取りに特化したシステムを採用するなど、⾼効 率の接客を実現しました。 人件費などの運用コストの削減・購入意思決定の変化Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 11
  12. 12. O2Oの現在の潮流 / アメリカ ネットビジネス eBay Ebayの持つ膨大なトラフィック をリアルに誘導するサービス 「ebay Local Sell」 一画面から、 ・安く買いたい→オークション ・新品を買いたい→ECサイト ・すぐに欲しい→ローカル購買 への誘導を実現。 購買シーンの多様化とニーズの多様化の双方に対応し、トラ フィックを無駄にせず有効活用している。 シーンとニーズの変化、多様化に柔軟に対応Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 12
  13. 13. アメリカのO2O アメリカの⼩売りシーンで何がおきているのか 購買のシーンの変化が 1 大きくなりつつある Walmartに代表される、購買シーンの変化が発生しつつある。 Webとリアルの双方が有機的に連携し合う時代に。 すぐに、 2 というニーズが発生している 購買プロセスに、過去にはなかった新たな潮流が産まれつつあ る。それは、今すぐに、というニーズCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 13
  14. 14. 最新のトレンド Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンド 以下の内容は、弊社が運用するTablet情報サイト、Orange Tabletにて公開している記事より抜粋 オンライン⼩売は熾烈な競争に直⾯ オンライン⼩売は熾烈な競争に直面 モバイルコマースの普及 ショールーミング 実店舗における設備・技術投資の促進 販売チャネルを横断したシームレスな買い物体験 新たな競合相手の出現 グローバリゼーションの拡⼤ 国内外のソリューションマッピングなどから、上記の要素が非常に⼤きく、そして強く なってきていると考えております。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. (引用元:MARKETING PILGRAM『Laissez les Bons Temps Rouler! Online Retail Growing 10%! 』) Page 14
  15. 15. 2013年のトレンド予測:オンライン⼩売は熾烈な競争に直面 Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより 全⼩売に対するオンラインのシェアが続伸 上記の図は米国におけるオンライン販売額と全⼩売におけるオンライン販売のシェアの推 移です。オンライン販売の売上とシェアは着実に伸びてきており、この傾向は今後も続く と予想されます。 一方で店舗販売型⼩売が販売チャネルのマルチ化に投資していけばマーケットのシェアの 奪い合いが今後展開されていくと予想されます。オンラインでしか販売チャネルを持たな い企業はそのときシェアを死守する必要に迫られる。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. (引用元:MARKETING PILGRAM『Laissez les Bons Temps Rouler! Online Retail Growing 10%! 』) Page 15
  16. 16. 2013年のトレンド予測:モバイルコマースの普及 Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより 背景として、スマートデバイスの販売数増加があげられる 10億台を突破 1億7000万台越えの⾒込み 2013年度のスマートフォンの出荷台数は初めて世界で10億台を突破し、タブレットは1 億7200万台を越えると⾒込まれています。これによりモバイルショッピングの需要は⾼ まり、⼩売企業はウェブサイトやショッピングサイトをスマホやタブレット向けに最適化 する必要が出てきます。 またQRコードやギフトカード内蔵のモバイルアプリやバーコードスキャンに対応したア プリ、配送における即時⾒積もりなどに対応したサービスを提供していく必要があります。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. (引用元:MARKETING PILGRAM『Laissez les Bons Temps Rouler! Online Retail Growing 10%! 』) Page 16
  17. 17. 2013年のトレンド予測:ショールーミングの一般化 Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより 全ユーザ中24%がショールーミング利用 そのうちの40%がオンライン購入 リアル店舗で商品確認 EC最安値店舗で購入 店舗を訪れ商品を手にとって確かめてからオンラインで低価格で買う、といった消費者⾏ 動が増えています。このような消費者は米国だけでも 2013年には5900万人に、2014年 には6900万人に、2015年には7800万人に増えると⾒られています。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. (引用元:MARKETING PILGRAM『Laissez les Bons Temps Rouler! Online Retail Growing 10%! 』) Page 17
  18. 18. 2013年のトレンド予測:ショールーミングの一般化 Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより ⽇本国内で最も多い、 家電量販店でのショールーミングの流れ。 メーカーWebサイト 量販店店頭 価格.com ECサイト 探す/調べる ⾒る/確認する 買おうか悩む/ 買う 店頭は⾒る場所に 比較する ECが買う場所に ショールーミング この流れがCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 18
  19. 19. 2013年のトレンド予測:販売チャネルを横断したシームレスな買い物体験 Manhattan Associatesが予想する 2013年の⼩売トレンドより いわゆるオムニチャネル・リテイリングの 本格的な普及の段階に来ている チャネル毎のデータを用意 すべてのチャネルで同じ情報を利用 チャネル毎に購買体験を提供 同一の購買体験をすべてのチャネルで ECサイト 携帯・スマートフォン ECサイト 店舗 携帯・スマートフォン 店舗 クロスチャネル オムニチャネル それぞれの販売チャネルで、独自に商品を取り扱い、販売 すべてのチャネルで同一のユーザ情報、商品情報に基づき、 をしていた時代 シームレスに連携しながら商品販売を⾏う形Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 19
  20. 20. もっとも基本的なO2Oの形 仕組みの側面から⾒たO2O 店頭購買活動 SEOなどの流入施策 サイト導入 実店舗での Web誘導 送客 アクション in site action 検索/アフィリエイト型 店舗訪問 連動広告 オンラインとオフラインを繋ぐ仕組み ECやWebサイトに代表されるオンラインメディアで人を集め、店舗やショッ プなどに代表されるオフラインの場所に人を導く仕組み、仕掛け、あるいは 方法がそう呼ばれています。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 20
  21. 21. O2Oを盛り上げる数々の仕組み O2Oを盛り上げるための数々の仕組みが生まれた ポイント 商品マスタ クーポン 連携 共通化 連携 会員データ キャンペーン 共通化 連携 機能的な要素 マーケティング的な要素 ユーザに利便性を提供する、数多くの機能がリリースされ、 ポイント連携などのシステムベースのものから、キャンペーン ユーザにかつてない新たなメリットを提供し始めるまで成⻑。 連携やクーポン連携など様々な方法、手法が氾濫。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 21
  22. 22. 弊社の提供するサービス 弊社の提供する基本的なO2Oサービス それはECと店舗をつなげること システム的 連携 店舗側アプリとしてEC-Orange POS/ 弊社のECパッケージ EC-Orange Orange Tablet このつながりを軸に、弊社では数多くのモデル構築を⾏っています。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 22
  23. 23. 弊社のサービス:EC-Orange POS 弊社、EC-Orange POSとは? 日本で唯一 Windows8対応 ※ タブレットPOSレジ い ち 早 く 、 Windows8 に 対 応 。 iOS ベ ー ス の み 対 応 の Tablet POSが多い中、唯一のWindows対応システムです。 ECサイト連動型 タブレットソリューション POSレジとしての機能はもちろん、それだけにとどまらな い、+Webの機能を多数提供。 もちろん、O2Oを加速する 様々な機能を用意 レジとしてだけではなく、O2Oのための端末としての使い 方も多彩に可能。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. ※ エスキュービズム調べ Page 23
  24. 24. 弊社のサービス:CRM機能を搭載し顧客管理を現場で実施 目の前のお客様を深く理解するための オフラインCRM機能 どのような人で あるのか お客様が今まで、 ECサイトでの⾏動履歴などの情報を ECサイトでどのような ⾏動をしてきたのか? 店舗で閲覧、さらなる満⾜度を提供 ECシステムと連携したPOSシステムであるため、Web上での お客様の⾏動履歴などをPOSシステム上で閲覧可能。 お気に入り商品として登録している物や、最近⾒た商品の履 歴、そして購買履歴など、あらゆる情報をCRMとして連携管 理する事が可能です。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 24
  25. 25. 弊社のサービス:接客データを記録 接客時、会話しながらタブレットに お客様情報を蓄積 店舗を変える、 顧客情報のシステム記録機能 店舗での接客時、今まで捨てられていたお客様との接客履 歴というデータを記録可能。 次なる活用に、データを生かすことが可能です。 お客様アンケート 例えば事前にWEBでアンケートを収集し、接客時にアン ケート結果をタブレットで⾒ながら会話。 顧客カルテ 面談しながらお客様のパーソナリティーを蓄積していくこ とで、その場で顧客情報を最新に保つ。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 25
  26. 26. 弊社のサービス:⽇本で唯一のEC連動型スマートデバイスPOS ECサイトと店舗は同じデータベース 在庫と顧客の一元管理ができます 在庫、売上、顧客 そして帳票まで連携 在庫 情報 売上 情報 帳票 出⼒ EC-Orange POS EC-Orange ECサイト 各種情報等 日本で唯一、ECサイトと連動 すべての情報を一元管理 スマートデバイスPOSの中で⽇本で唯一、ECシステム・ECサ 購買に関わるすべての情報を一元管理可能。ECでの売上履歴 イトと連動。ECと店頭POSという、二つの購買接点をつなげ から店舗での売上履歴、その個人属性まで、あらゆる情報を ることが可能です。 ハンドリング出来ます。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 26
  27. 27. ご参考までに どのような業務に、どのOSが適しているのか? 弊社のホワイトペーパーより抜粋いたします https://ec-cube.ec-orange.jp/pos/download/Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 27
  28. 28. 新たな戦略 弊社のEC-Orange POS/Orange Tabletをベースに 全く新たな戦略構築、実現が可能です。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 28
  29. 29. ECの視点でリアルを⾒たときの問題点 ECなどに比べ、データが整理されておらず、 1 人に依存するオペレーションがメインである ECはデータを読み、PDCAプロセスを回して購買を向上させるというアプローチが一般 化。データは宝であり、それを活用することも増えた。 ECで存在する、数多くの購買向上技術が 2 ほとんどの場合適応できない 代表的な課題としては、店員がおすすめを⾏うことやプロセスが一般化されていないこ と。ECでいえば、これはレコメンドそのものの技術であり、定量化が可能な内容。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 29
  30. 30. データがなく、マーケティングをしきれない 結果のデータしかなく、その直前のデータがない たとえば、買われなかった商品のデータはほぼ皆無 Web/ECの場合には、 これらのデータはアクセスログという方で記録される しかし実店舗では、 同様の解析はできない 実店舗では、リサーチャーが顧客の⾏動をずっと確認し続けなければ、 顧客毎の興味レベルや情報共有などの調査は難しく、店舗での定量的な 購買検討の実際値を示すデータは今まで存在しませんでした。 このため、Webのようにユーザの⾏動履歴等を一括して参照し、購買 率向上のためのアプローチを⾏うことなどはできず、リアルの世界での 非常に貴重な情報の数々をただ捨てているだけの状況でした。 どのページにアクセスがあったのか、というデータと購買データをつき あわせれば、⾒られているページの商品が買われているのかどうか、ど こからきたユーザが商品を購入しているのか等が分かる。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. 30 Page 30
  31. 31. ECデータを活用するために:店舗でデータ利用 EC側のデータを店舗で活用できるよう 弊社のPOSシステムには、連携機能を用意 いままで、 何を買ってくれた? 接客の最前線で 何が好き? ECデータ活用環境を用意 弊社のPOSシステムを通じて、お客様の望みを御社店舗・店員が システムを通じて、お客様を正確に把握し、ど 把握できるようにすることが可能に。 のような人であり、どのような購買をし、どの ようになにを求めているのかを、お店で把握す ることができるように。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. 31 Page 31
  32. 32. ECデータを活用するために:CRM/購買データ連携 CRM/購買履歴データの閲覧で より正確にお客様を把握できるようにしていく システムでCRM解析 履歴の管理を最適に実施 今まで、何を買ってくれたのか? 何を⾒てくれたのか? システム利用時に必ずログイン。 ECシステムのデータや会員情報と連携するため、サイトの閲覧 だから今⽇、なにをオススメすれば満足し てもらえるのか、それを探すための⼤きな 情報を目の前のお客様とひもづけることが可能。 ⼒となるツール。 せっかくのその情報を、お店で生かすことができるよう、機能を 整理。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. 32 Page 32
  33. 33. ECデータを利用したこれからのアプローチ しかし、これらは、 ECのデータを⾒える化したのみ つまり、あくまでもこれらのデータはECのデータ(あるいはECの発想のデータ)を店頭で⾒れる ようにしただけでしかない。 これらのデータをEC的に加工し 今までにない戦略を作り上げますCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 33
  34. 34. EC+リアルを理解している我々だからこその発想 技術の進化が、世界を変えつつある。 phase 1 / 現在これから浸透すると予想 phase 2 / 近い未来、発展すると予想 phase 3 / 数年後に発展する技術と予想 CPや顧客誘導の 共通化が EC技術の 内容的発展 鍵となる段階 リアルでの活用 広報的O2O 機能的O2O ビジネス的O2O キャンペーンなどを利用した ECの集客、売上向上施策 クーポン連動型O2Oなど データマーケティングO2O Webと店舗を連動させたキャンペーンや、店舗とサイトの情報 ECのノウハウ、Webのデータマーケティング、これらを接客と を共通化したオムニチャネルリテイリングなど。 店舗改善に活用していく時代に。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 34
  35. 35. ⼩売の常識 標準化 教育 成⻑ 業務はできる限りマニュアル 教えてもらえなければ共有で 自主性を求めても、本部から 化を⾏い、標準化を進める。 きない何がある。 のコントロールには限界が 業務はマニュアル化 ノウハウは人に帰属 自主性には限界が 効率的な業務オペレーションを⾏おうにも おのずと情報やノウハウの共有化には限界があるCopyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 35
  36. 36. 接客の現場でおきていること 店員の営業⼒/接客⼒を強化するシステム 店舗運営を⾏っている会社には、当然その運営のためのノウハウと、膨⼤な情報が蓄積されているは ずです。しかし、在来のオペレーションでは、それを活用することができませんでした。 ⾒過ごされていた、 商談成功! 商談失敗 捨てられていたデータを利用し、 成功した店員Aの商談と、 新たな接客プロセスに生かします 失敗した店員Bの商談では、 何かが異なっていたはず 違っていたことはわかっていても、共有されなければそれには誰も気づけない 店員 A お客様 店員 B お客様 失敗・・・ 接客履歴、対応履歴という形での記録は残るが、その情報 店員 Aの接客を⾒て、横でなにかを吸収していれば、同じ には検索性が無く、活用もしにくい ようなアプローチは可能に。しかし、必ず可能というわけ ではない。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 36
  37. 37. これらの情報をシステム的に収集 商談時の情報を集め、集約し、管理を実施します 集約 店員 B お客様 店員 B お客様 店員 A お客様 店員 A お客様 Tabletシステム 店員 A お客様 店員 B お客様 たとえば、商談時の顧客の属性、反応、どのようなものを デジタルデータとしてすべての情報をTabletシステムに集 どのような順序で紹介したのか、などの商談自体対応履歴 約し、その検索性や分析⼒などを生かして、店舗接客時に をシステムとして記録、登録。 よりよい効果を生み出すことが可能です。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 37
  38. 38. 弊社のシステムがあらかじめ所持している情報 購入・購買情報 会員属性情報 EC連携型のEC-Orange POSでは、 これらの情報を標準的に収集 つなげなければならない情報ではなく、あらかじめ所持している情報。 これらの情報をTabletシステムで統計的に処理を⾏い、新たな戦略へと活用を⾏います。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 38
  39. 39. 各種のデータをデジタル化し、活用できること 弊社では、これらリアルでの情報に デジタルのノウハウを加え、新しいO2Oの形を実現します 会員属性情報 レコメンド 履歴活用 Tabletシステム 購入・購買情報 膨⼤な量の商談履歴 Tabletを通じて、 これらの情報を出⼒Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 39
  40. 40. ユーザを育て上げるシステムアプローチ ロイヤルカスタマの成⻑記録をベースに 新規お客様のロイヤル化を促進 今のロイヤルカスタ マにも、新規お客様 の時代はあった。 成⻑ 店員 A お客様 ロイヤル 様々なアプローチにより、徐々にロイヤルカスタマに成⻑ 過去の ・商品購買 カスタマ ロイヤル ・店舗接触.....等 カスタマの状況 他ユーザの成⻑履歴を参考に、 新規お客様になにを 最適なアプローチを提案。 すれば、ロイヤルカ なにが売れそうか? 商品の提案 スタマになるのか 店員 A お客様 どうすれば売れた? 方法の提案 新規 何に興味がある? キーワード提示 お客様 過去CRM情報を活用し新規お客様を育てるシステム 過去のロイヤルカスタマの「成⻑履歴」をCRMとして管理し、新規お客様の「ロイヤル化アプローチ」に活用。 新たなロイヤル顧客を継続的に、確実に創り上げるための仕組みです。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 40
  41. 41. ユーザを育て上げるシステムアプローチ メルマガ 追加紹介 商品購入 商品購 入 店員 A お客様 ロイヤル 過去の カスタマ ロイヤル パーソナルメタが カスタマの状況 類似しているお客様に 類似しているユーザ の場合 成功接客に基づいた接客を提供 ポイントポイントでの⾏動履歴を新規のお客様にも活用 店員 A お客様 新規お客様 新規 成⻑予測 お客様 施策、おすすめ情報等を 類似お客様の情報を複数解析 過去CRMをベースに提案 成果予測として、レコメンド ロイヤルカスタマが育った履歴と、ポイントポイントでどのような「商 何がどのような効果があるのか、という情報を、複数のユーザの成⻑履 談」「商品のおすすめ」「トーク」をしてきたか、という情報を活用し 歴と合わせて解析。 て提案することができます。 これにより、「これから先とるべき⾏動(商品、トーク内容等)」を複数、 可能性という形で提案することが可能です。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 41
  42. 42. 導入プロセスの想定 まずはじめにEC-Orange O2Oパッケージを導入 その後時間をかけて戦略プロセス実装という方法が理想的 店頭受け取りや、 店頭でのCRM活用など 1 18 12 16 2 14 12 10 11 3 8 6 4 2 10 0 4 9 5 8 6 7 EC-Orange O2Oパッケージを導入 戦略的機能を実装Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 42
  43. 43. 導入プロセスの想定:戦略構築 1. CRMデータの分析・データベースの作成 御社のCRMや顧客データなどをクリーニングし、必要と考えられる顧客情報がどのようなものであるのか、どの 5〜10回程度の試⾏実施 ような解析分析を⾏うのか、といった内容の定義を⾏います。 弊社からコンサルティング担当者が専任担当として赴き、データの収集、分析を⾏います。 2. 店舗での活用性設計 分析結果やデータの活用結果などから、CRMとPOSとの連携機能の確認、どのようなデータが取得できるのか といった詳細内容の確認を⾏い、どのような活用すべきであるのかの設計を⾏います。 ツール活用のため、弊社のスタッフがクライアント先にて、詳細な機能・内容の設計を実施致します。 3. 全店舗へのシステム導入 先⾏実施店である程度以上の精度が確認された場合、全店舗へのシステム導入を実施いたします。 弊社にて、各店舗の担当者へのトレーニングなどを実施させていただきます(利用方法やシステムの効果、データ のフィードバック方法など)。 サポートセンターなどの開局は別途にて想定いたします。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 43
  44. 44. まとめ ECデータを店舗で⾒える化するだけでも、 意味はあるが、その先がこれからは求められる。 弊社のシステムは、⾒える化するという部分まではシームレスに対応。 この部分を活用いただき、今後の戦略構築・強化に備えていただくことが可能に リアルのデータをEC的に処理することで、 かつてないシステム活用が可能になる。 今後求められるロイヤリティマーケティングや、Webなどとのシステム的連携、連動の実現 かつてない、顧客を育てるシステム、戦略が実現可能となります。 さらなる購買向上のための新たな戦略の実現実装 在来のO2Oとは違う、顧客の連携、そしてそのデータを生かしたどのように購買向上につなげ ていくのかという、次世代のシステム構築が可能となります。Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 44
  45. 45. サービスに関するお問い合わせ 株式会社エスキュービズム ソリューション事業部 03-6430-6730 http://www.s-cubism.jp/Copyright © 2013 by S-cubism Inc. All rights reserved. Page 45

×