Follow us @forcedotcom
認証プロバイダによる
ソーシャルサインオン
セールスフォース・ドットコム
セールスエンジニアリング本部
成田泰彦
Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may
contain forward-lo...
Follow us @forcedotcom
Agenda
認証プロバイダ機能概要
セットアップ手順
デモ
Follow us @forcedotcom
概要
Follow us @forcedotcom
これまでのCRM は、
顧客情報とシステムは断片的にしか繋がっていない
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
ソーシャルエンタープライズは、
コミュニケーションの新たな仕組みを実現
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
Follow us @forcedotcom
では、どのようにして顧客のソーシャルアカウントと
CRMデータベースを直接的に紐付けるのか?
Follow us @forcedotcom
そこで
ソーシャルサインオン
(認証プロバイダ機能)
Follow us @forcedotcom
ソーシャルサインオン(認証プロバイダ)
–  ポータルユーザーや取引先責任者の自動登録
–  外部認証による簡単なシングルサインオンによるユーザーの
 リピートアクセス率向上
–  ユーザーとの強い...
Follow us @forcedotcom
認証プロバイダ機能って何者?
認証プロパイダフレームワーク
–  事前設定済みシングルサインオン用認証プロバイダとの連携の仕組み
–  Salesforceユーザー、ポータルユーザーのアカウントの完...
Follow us @forcedotcom
認証プロバイダ機能はどこで使用する?
■コンシューマー向けビジネス
–  Facebook連携 もしくは、JanRain(エンドユーザーに複数の選択肢を提供)
■パートナー向けビジネス
–  Sal...
Follow us @forcedotcom
セットアップ手順
(Facebook連携)
Follow us @forcedotcom
セットアップ手順(Facebook連携)
1)Facebookアプリケーションの設定
2)Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを作成
3)接続のテスト
4)Facebookアカウ...
1)Facebookアプリケーションの設定
1-1) 「Facebook website」(https://developers.facebook.com/)に移
動して、新しいアプリケーションを作成します。
21
Salesforce.com...
2) Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを定義
Salesforce組織でFacebookプロバイダを設定するには、FacebookのApp IDとApp Secret
が必要です。
2-1) 「管理者設定」⇒「セキュリテ...
The image cannot be displayed. Your computer may not have enough memory to open the image, or the image may have been corr...
2) Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを定義
2-5) Facebookアプリ設定画面のサイトURLに、Salesforceの
    コールバックURLをペースト
  	
24
⑥コールバックURLを
 ペーストする
3)接続のテスト
3-1) Salesforceの画面から“テスト専用初期化URL”をコピーし、ブラウザ
    からそのURLにアクセスする
 	
25
①作成したアプリ名が表示
されていることを確認
②任意のFacebookユーザー
でログ...
3)接続のテスト
3-2) Salesforceにユーザー情報が伝達されていることを確認
	
26
Salesforce側にユーザーの情
報が渡されていることを
確認
4) FacebookアカウントとSalesforceユーザーの
  マッピング
4-1) Salesforceの画面から“既存ユーザーをリンクするURL”をコピーし、
    ブラウザからそのURLにアクセスする
27
①作成したアプリ名が表...
4) FacebookアカウントとSalesforceユーザーの
  マッピング
4-2) Salesforceのログイン画面からリンクさせたいユーザーでログインを
    行う
28
③マッピングする
Salesforceユーザーで
ログイン...
4) FacebookアカウントとSalesforceユーザーの
  マッピング
4-3) マッピングが完了したことを確認
29
④確認し、Allowボタンを
クリック
Follow us @forcedotcom
デモ
Follow us @forcedotcom
リソース情報
§  Social Single Sign-On – Authentication Providers in Spring ’12
http://blogs.developerfor...
DeveloperForce
Force.comに関する様々な技術情報を入手可能
テクニカルライブラリ
各種開発者向けドキュメントやツール
キット
Blog
Force.comに関する最新情報をご紹介
ディスカッションボード
コミュニティのユー...
トレーニングコースのご紹介
Force.comプラットフォームを正しく、効率よく学習する
対象のお客様
Selaesforce管理者/
コンサルタント
デベロッパー
無償オンライン・
トレーニング
• はじめよう:Salesforce の操作 ...
Follow us @forcedotcom
Q&A
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

認証プロバイダによるソーシャルサインオンWebinar

9,792 views

Published on

「認証プロバイダによるソーシャルサインオンWebinar」の発表資料です。

Developer Force JapanではForce.com開発者に必要な各種技術資料の公開や、Webinarセミナー等を定期的に開催しております。
http://jp.force.com/

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
9,792
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,251
Actions
Shares
0
Downloads
36
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

認証プロバイダによるソーシャルサインオンWebinar

  1. 1. Follow us @forcedotcom 認証プロバイダによる ソーシャルサインオン セールスフォース・ドットコム セールスエンジニアリング本部 成田泰彦
  2. 2. Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-K filed on April 30, 2008 and in other filings with the Securities and Exchange Commission. These documents are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements. Safe Harbor
  3. 3. Follow us @forcedotcom Agenda 認証プロバイダ機能概要 セットアップ手順 デモ
  4. 4. Follow us @forcedotcom 概要
  5. 5. Follow us @forcedotcom これまでのCRM は、 顧客情報とシステムは断片的にしか繋がっていない
  6. 6. Follow us @forcedotcom
  7. 7. Follow us @forcedotcom
  8. 8. Follow us @forcedotcom
  9. 9. Follow us @forcedotcom
  10. 10. Follow us @forcedotcom
  11. 11. Follow us @forcedotcom ソーシャルエンタープライズは、 コミュニケーションの新たな仕組みを実現
  12. 12. Follow us @forcedotcom
  13. 13. Follow us @forcedotcom
  14. 14. Follow us @forcedotcom では、どのようにして顧客のソーシャルアカウントと CRMデータベースを直接的に紐付けるのか?
  15. 15. Follow us @forcedotcom そこで ソーシャルサインオン (認証プロバイダ機能)
  16. 16. Follow us @forcedotcom ソーシャルサインオン(認証プロバイダ) –  ポータルユーザーや取引先責任者の自動登録 –  外部認証による簡単なシングルサインオンによるユーザーの  リピートアクセス率向上 –  ユーザーとの強いリレーションシップの為のアプリケーションサービスを提 供 –  ユーザー情報の自動アップデート
  17. 17. Follow us @forcedotcom 認証プロバイダ機能って何者? 認証プロパイダフレームワーク –  事前設定済みシングルサインオン用認証プロバイダとの連携の仕組み –  Salesforceユーザー、ポータルユーザーのアカウントの完全な自動登録処理 –  ユーザー登録処理時に、Apexレジストレーションハンドラーを介してのデー タモデリングのフルコントロール機能を実装 –  内部ユーザーアカウント(Salesforceユーザー)、外部ユーザーアカウント(ポー タルユーザー)の両方のユーザーアカウントで利用可能 サポートされる外部認証プロバイダ –  Facebook: B2C –  Salesforce: B2B –  JanRain: 様々な認証プロバイダサイトへの幅広い対応 (                            ) 
  18. 18. Follow us @forcedotcom 認証プロバイダ機能はどこで使用する? ■コンシューマー向けビジネス –  Facebook連携 もしくは、JanRain(エンドユーザーに複数の選択肢を提供) ■パートナー向けビジネス –  Salesforce認証連携(複数のSFDC組織利用にてパートナー/カスタマー     ポータルを使ってコラボレーションを行うような環境) –  SAMLによるポイントToポイントでの連携 ■従業員向けビジネス –  SAMLによる連携(複数SFDC間、既存の統合認証基盤との連携など)
  19. 19. Follow us @forcedotcom セットアップ手順 (Facebook連携)
  20. 20. Follow us @forcedotcom セットアップ手順(Facebook連携) 1)Facebookアプリケーションの設定 2)Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを作成 3)接続のテスト 4)FacebookアカウントとSalesforceユーザーのマッピング 5)Facebook認証でSalesforceにログイン 20 管理者による設定作業 エンドユーザーによる アカウント登録手続き
  21. 21. 1)Facebookアプリケーションの設定 1-1) 「Facebook website」(https://developers.facebook.com/)に移 動して、新しいアプリケーションを作成します。 21 Salesforce.com ①適当な名前を設定 ②アプリ管理者の メールアドレス ③salesforce.comを設定 ④これらの2つの 値を確認
  22. 22. 2) Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを定義 Salesforce組織でFacebookプロバイダを設定するには、FacebookのApp IDとApp Secret が必要です。 2-1) 「管理者設定」⇒「セキュリティのコントロール」⇒「認証プロバイダ」     を開く 2-1) 「新規」をクリック⇒Facebookを選択⇒プロバイダの名前を設定    22 ①Facebookを選択 ②適当な名前を設定 ③連携URLの最後の文字列で 使用したい文字列を設定 ④Facebookアプリ設定画面 からApp ID、App Secretをそ れぞれコピーする
  23. 23. The image cannot be displayed. Your computer may not have enough memory to open the image, or the image may have been corrupted. Restart your computer, and then open the file again. If the red x still appears, you may have to delete the image and then insert it again. 2) Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを定義 2-3) 登録ハンドラの Apex クラスを作成するには、   [ダミー登録ハンドラを自動作成] をクリックします。 2-4) 「保存」をクリック    23 ⑤コールバックURLを  コピーする
  24. 24. 2) Salesforce組織のFacebook認証プロバイダを定義 2-5) Facebookアプリ設定画面のサイトURLに、Salesforceの     コールバックURLをペースト    24 ⑥コールバックURLを  ペーストする
  25. 25. 3)接続のテスト 3-1) Salesforceの画面から“テスト専用初期化URL”をコピーし、ブラウザ     からそのURLにアクセスする   25 ①作成したアプリ名が表示 されていることを確認 ②任意のFacebookユーザー でログインしてみる
  26. 26. 3)接続のテスト 3-2) Salesforceにユーザー情報が伝達されていることを確認 26 Salesforce側にユーザーの情 報が渡されていることを 確認
  27. 27. 4) FacebookアカウントとSalesforceユーザーの   マッピング 4-1) Salesforceの画面から“既存ユーザーをリンクするURL”をコピーし、     ブラウザからそのURLにアクセスする 27 ①作成したアプリ名が表示 されていることを確認 ②Salesforceユーザーに マッピングしたいFacebook ユーザーでログインする
  28. 28. 4) FacebookアカウントとSalesforceユーザーの   マッピング 4-2) Salesforceのログイン画面からリンクさせたいユーザーでログインを     行う 28 ③マッピングする Salesforceユーザーで ログインする
  29. 29. 4) FacebookアカウントとSalesforceユーザーの   マッピング 4-3) マッピングが完了したことを確認 29 ④確認し、Allowボタンを クリック
  30. 30. Follow us @forcedotcom デモ
  31. 31. Follow us @forcedotcom リソース情報 §  Social Single Sign-On – Authentication Providers in Spring ’12 http://blogs.developerforce.com/developer-relations/2012/01/social-single-sign-on- authentication-providers-in-spring-12.html §  Janrain Social Sign-On http://janrain.com/salesforce §  Summer ‘12 Release Notes https://na1.salesforce.com/help/doc/en/salesforce_summer12_release_notes.pdf
  32. 32. DeveloperForce Force.comに関する様々な技術情報を入手可能 テクニカルライブラリ 各種開発者向けドキュメントやツール キット Blog Force.comに関する最新情報をご紹介 ディスカッションボード コミュニティのユーザ同士で開発に関する情 報交換
  33. 33. トレーニングコースのご紹介 Force.comプラットフォームを正しく、効率よく学習する 対象のお客様 Selaesforce管理者/ コンサルタント デベロッパー 無償オンライン・ トレーニング • はじめよう:Salesforce の操作 (25分) • はじめよう:Salesfor​ce の管理基礎 (60分) • はじめよう:レポート・ダッシュボードの利用 (26分) • ビジネスにおけるソーシャルメディア:Chatter (15分) https://help.salesforce.com/apex/HTTrainingCatalog よりアクセス! 集合研修/ プライベート・ トレーニング 認定資格 インプリメンテーション ワークショップ (2日) システム管理 者 コース 前編/ 後編 (2日/2日) 認定アドミニストレー ター ポイントスタディー (1日) Force.com 基礎コース (4日) Force.com 基礎コース (2日) ※システム管理者 コース修了者対象 Force.com 開発者コース(5日) Force.com コーティング技術概略(1日) Force.com インテグレーションコース(3日) New! または 認定 アドミニストレーター 認定Sales Cloud コンサルタント 認定Service Cloud コンサルタント 認定デベロッパー 認定上級デベロッパー ■トレーニング、認定資格に関する詳細、お申し込みは、 http://www.salesforce.com/jp/services-training/education-services/ ■お問合せ先 ・TEL : 03-5785-8435 ・Email : jtraining@salesforce.com
  34. 34. Follow us @forcedotcom Q&A

×