Salesforce1モバイルアプリ開発入門
2014年2月7日
Safe Harbor
Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995:
This presentation may contai...
Speaker
Mitsuhiro Okamoto
Developer Programs Manager
@mitsuhiro

#forcedotcomjp
エンタープライズ界隈でもモバイルが台頭
モバイル端末

売上高

iOS/Android
2億3000万台

PC

Windows/Mac
7600万台

3Q08

#forcedotcomjp

2Q09

1Q10

4Q10

3Q1...
2017年、90%のエンタープライズアプリはモバイル化

20%

のエンタープライズアプリ
がモバイル対応

#forcedotcomjp
Source: Gartner, Ian Finley, Research VP; 2010

90%...
しかしモバイルアプリケーションの開発は難しい

回答比率

60%

40%

20%

モバイルアプリは
非常に重要

アプリケーション
開発のギャップ
モバイルアプリ
を導入した

1/2

以下
アプリケーション
開発に成功
複雑な構成要...
Salesforce1とは
過去の知識や投資が
無駄にならない構成
フィードへのアクセス
CRMのデータ
カスタマイズした
タブ、アプリケーション

今、そして今後のリリース
での対応予定
通知プラットフォーム
ドラッグ & ドロップによる
U...
Salesforce1は
アプリ or プラットフォーム?
両方です

#forcedotcomjp
The Salesforce1 Customer Platform

Salesforce1 App
Salesforce1 Platform APIs

Force.com
#forcedotcomjp

Heroku1
Salesforce...
例題となる要件を用いて
Salesforce1をデザインする

#forcedotcomjp
社内行事を管理するアプリケーション

#forcedotcomjp
人材/教育/社会貢献 担当マネージャ
§  参加対象者や関連する対象者を検索
‒  通知を送信
‒  登録情報を送信

§  総参加時間や回数など、アクティブ
な参加者を分析する
§  社内行事の情報を更新し、通知する

#forcedo...
従業員のモバイルニーズ
§  社内行事の登録
§  オンサイトでのチェックイン
§  参加時の写真のアップロード
§  他の参加者や主催者とのコラボレーション

#forcedotcomjp
要件
各種のイベントを検索する

参加登録情報を通知

オンサイトチェックイン

結果の分析データを閲覧、共有

#forcedotcomjp
Demo

#forcedotcomjp
パブリッシャーアクション
Chatter上パブリッシャーボタン上
にカスタムのアクションを作成できる
§  グローバル vs オブジェクトレベル
‒  宣言的: 作成, 更新, 電話ログ
‒  プログラミング: Visualforce, Ca...
プロファイルスキル
§  スキルではユーザが持つ技能を共有できる
‒  システム管理者はスキル設定を行い、ユーザがど
のように関連するスキルを投稿するかを制御でき
ます

§  ユーザはスキルを追加、削除、推挙できる
‒  プロファイルフィ...
Salesforce1と通知
§  Salesforce1の通知機能を使って、特定
の物事が起きた際に通知する事が可能

各種のイベントを検索する

参加登録情報を通知

オンサイトチェックイン

‒  アプリケーション内
‒  プッシュ通知...
フィード上のCanvas
§  Force.com Canvasをフィードアイテ
ム上に表示する事が可能
‒  ChatterフィードにCanvasアプリ経由もしく
あChatter APIを使ってポスト可能
‒  Canvas アプリがCh...
モバイルVisualforce

各種のイベントを検索する

参加登録情報を通知

§  Salesforce1のどこにVisualforce
ページを配置できるか?

オンサイトチェックイン

‒  ナビゲーションメニュー
‒  パブリッシ...
モバイルVisualforce
§  HTML5エレメント
‒  Geolocation API

各種のイベントを検索する

参加登録情報を通知

オンサイトチェックイン

•  JSリモートアクション
•  SOQL DISTANCE ク...
分析
§  Visualforceで分析APIを利用できる
‒  モバイルカード

各種のイベントを検索する

参加登録情報を通知

オンサイトチェックイン

‒  タブ

§  宣言的

結果の分析データを閲覧、共有

‒  モバイル内の...
実際にで試してみましょう
§  jp.force.com
‒  Develper Editionにサインアップ
•  Developer Edition: bit.ly/DE-join

§  Salesforce1 Dev Guide(英...
Salesforce1リソース
§  Dreamforceセッション(英語)‒ bit.ly/s1-df-sessions
§  Salesforce1 Essentialビデオ
§  Salesforce1 サンプルアプリケーション
‒...
Q&A
Mitsuhiro Okamoto
Developer Programs Manager
@mitsuhiro

#forcewebinar
Developer Forceをフォロー
@developerforcej / #forcedotcomjp
Developer Force Japan
+Developer Force Japan
Developer Force
Develo...
ありがとうござました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Salesforce1モバイルアプリ開発入門Webinar

2,236 views

Published on

Salesforce1モバイルアプリケーションでは開発者は宣言的なアプリケーション開発機能、Visualforce、JavaScriptおよびHTMLといった既存のテクノロジを駆使してモバイルアプリケーション開発が可能となります。もしあなたがForce.com上に既にアプリケーションを開発しているなら、モバイルアプリケーションをすぐにでも作成できます。このWebinarでは新しいSalesforce1モバイルアプリケーションの機能にフォーカスして、Visualforceをつかったアプリケーションの拡張から、Force.com Canvasを使ったインテグレーション、ダイナミックな分析ページの作成方法、位置情報やカメラへのアクセスといったHTML5の機能などをどうやって新しいSalesforce1モバイルコンテナに詰め込むかについて、デモンストレーションを交えてご紹介します。

http://events.developerforce.com/en/events/webinars/jp-intros1mobiledev

Published in: Technology, Business

Salesforce1モバイルアプリ開発入門Webinar

  1. 1. Salesforce1モバイルアプリ開発入門 2014年2月7日
  2. 2. Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling nonsalesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2012. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements. #forcedotcomjp
  3. 3. Speaker Mitsuhiro Okamoto Developer Programs Manager @mitsuhiro #forcedotcomjp
  4. 4. エンタープライズ界隈でもモバイルが台頭 モバイル端末 売上高 iOS/Android 2億3000万台 PC Windows/Mac 7600万台 3Q08 #forcedotcomjp 2Q09 1Q10 4Q10 3Q11 2Q12 1Q13 2Q13
  5. 5. 2017年、90%のエンタープライズアプリはモバイル化 20% のエンタープライズアプリ がモバイル対応 #forcedotcomjp Source: Gartner, Ian Finley, Research VP; 2010 90% のエンタープライズアプリ がデスクトップおよびモバイル対応
  6. 6. しかしモバイルアプリケーションの開発は難しい 回答比率 60% 40% 20% モバイルアプリは 非常に重要 アプリケーション 開発のギャップ モバイルアプリ を導入した 1/2 以下 アプリケーション 開発に成功 複雑な構成要素 開発者の確保 複数のオペレーティングシステム 複数のデバイス #forcedotcomjp
  7. 7. Salesforce1とは 過去の知識や投資が 無駄にならない構成 フィードへのアクセス CRMのデータ カスタマイズした タブ、アプリケーション 今、そして今後のリリース での対応予定 通知プラットフォーム ドラッグ & ドロップによる UIのカスタマイズ パブリッシャー アクション iPhone, Android 両対応 Salesforce1アプリは既にダウンロード可能 #forcedotcomjp https://yourinstance.salesforce.com/one/one.app
  8. 8. Salesforce1は アプリ or プラットフォーム? 両方です #forcedotcomjp
  9. 9. The Salesforce1 Customer Platform Salesforce1 App Salesforce1 Platform APIs Force.com #forcedotcomjp Heroku1 Salesforce1 Platform Services ExactTarget Fuel
  10. 10. 例題となる要件を用いて Salesforce1をデザインする #forcedotcomjp
  11. 11. 社内行事を管理するアプリケーション #forcedotcomjp
  12. 12. 人材/教育/社会貢献 担当マネージャ §  参加対象者や関連する対象者を検索 ‒  通知を送信 ‒  登録情報を送信 §  総参加時間や回数など、アクティブ な参加者を分析する §  社内行事の情報を更新し、通知する #forcedotcomjp
  13. 13. 従業員のモバイルニーズ §  社内行事の登録 §  オンサイトでのチェックイン §  参加時の写真のアップロード §  他の参加者や主催者とのコラボレーション #forcedotcomjp
  14. 14. 要件 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン 結果の分析データを閲覧、共有 #forcedotcomjp
  15. 15. Demo #forcedotcomjp
  16. 16. パブリッシャーアクション Chatter上パブリッシャーボタン上 にカスタムのアクションを作成できる §  グローバル vs オブジェクトレベル ‒  宣言的: 作成, 更新, 電話ログ ‒  プログラミング: Visualforce, Canvas §  パブリッシャーイベント ‒  Javascriptイベントによって パブリッシャと通信 •  例 : publisher.setValidForSubmit #forcedotcomjp 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン 結果の分析データを閲覧、共有
  17. 17. プロファイルスキル §  スキルではユーザが持つ技能を共有できる ‒  システム管理者はスキル設定を行い、ユーザがど のように関連するスキルを投稿するかを制御でき ます §  ユーザはスキルを追加、削除、推挙できる ‒  プロファイルフィード ‒  ユーザフィード #forcedotcomjp 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン 結果の分析データを閲覧、共有
  18. 18. Salesforce1と通知 §  Salesforce1の通知機能を使って、特定 の物事が起きた際に通知する事が可能 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン ‒  アプリケーション内 ‒  プッシュ通知 §  Spring 14ではより多くの物事に対して Salesforce1のプッシュ通知が利用可能 ‒  タスクのアサイン ‒  項目への不正フラグ ‒  コミュニティからの通知 #forcedotcomjp 結果の分析データを閲覧、共有
  19. 19. フィード上のCanvas §  Force.com Canvasをフィードアイテ ム上に表示する事が可能 ‒  ChatterフィードにCanvasアプリ経由もしく あChatter APIを使ってポスト可能 ‒  Canvas アプリがChatterフィードアイテム の中に §  Salesforce1ではいくつかの情報をキャ ンバスアプリケーションに渡す事が可能 ‒  位置情報 ‒  ユーザ/組織の情報 ‒  アプリケーション固有のパラメータ #forcedotcomjp 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン 結果の分析データを閲覧、共有
  20. 20. モバイルVisualforce 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 §  Salesforce1のどこにVisualforce ページを配置できるか? オンサイトチェックイン ‒  ナビゲーションメニュー ‒  パブリッシャー ‒  レコード詳細ページ §  CSSのデザインが大変な場合 ‒  Mobile templatesを使用する §  ナビゲーション: sforce.one object §  JSリモーティング/VF Remote Objects を活用する #forcedotcomjp 結果の分析データを閲覧、共有
  21. 21. モバイルVisualforce §  HTML5エレメント ‒  Geolocation API 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン •  JSリモートアクション •  SOQL DISTANCE クエリ ‒  HTML FileReader > Chatterファイル §  パブリッシャーイベント ‒  Javascriptイベントによって パブリッシャと通信 •  setValidForSubmit(検証時) •  post(送信時) •  close(閉じる時) #forcedotcomjp 結果の分析データを閲覧、共有
  22. 22. 分析 §  Visualforceで分析APIを利用できる ‒  モバイルカード 各種のイベントを検索する 参加登録情報を通知 オンサイトチェックイン ‒  タブ §  宣言的 結果の分析データを閲覧、共有 ‒  モバイル内のダッシュボード ‒  レコード詳細ページへのチャートの埋め込み §  履歴トレンド ‒  オブジェクトおよび項目に履歴トレンドを有効にする ‒  Report type = [対象オブジェクト] with historical trending §  Apex内で分析APIを利用する #forcedotcomjp
  23. 23. 実際にで試してみましょう §  jp.force.com ‒  Develper Editionにサインアップ •  Developer Edition: bit.ly/DE-join §  Salesforce1 Dev Guide(英語) - bit.ly/s1-dev-guide ‒  日本語版翻訳中 §  アプリケーションを実際にテストする方法 ‒  Salesforce1アプリケーションをダウンロードする ‒  モバイルブラウザで以下を開く: •  https://[--yourinstance--].salesforce.com/one/one.app #forcedotcomjp
  24. 24. Salesforce1リソース §  Dreamforceセッション(英語)‒ bit.ly/s1-df-sessions §  Salesforce1 Essentialビデオ §  Salesforce1 サンプルアプリケーション ‒  https://github.com/DeveloperForceJapan/demo-s1app-jp #forcedotcomjp
  25. 25. Q&A Mitsuhiro Okamoto Developer Programs Manager @mitsuhiro #forcewebinar
  26. 26. Developer Forceをフォロー @developerforcej / #forcedotcomjp Developer Force Japan +Developer Force Japan Developer Force Developer Force Group #forcedotcomjp
  27. 27. ありがとうござました

×