Salesforce Identity

2,513 views

Published on

2012年12月6日 Cloudforce Japan Developer Zone内のシアターで講演された資料です。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,513
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,740
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Salesforce Identity

  1. 1. アイデンティティ管理の重要性 クイントン・ウォール テクニカルプラットフォーム マーケティング担当ディレクター @quintonwallMonday, December 17, 12
  2. 2. Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-K for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2011. This document and others are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.Monday, December 17, 12
  3. 3. "モバイルファースト" の世界 ‒ モバイルは今や当たり前Monday, December 17, 12
  4. 4. コンシューマが求めているのは、ソーシャルなアプリケーションMonday, December 17, 12
  5. 5. 企業は新たなニーズへの対応に四苦八苦 社員 システム管理者 自分が気に入っているモバイル 新しいモバイルアプリケーションを アプリケーションを使いたい 次々に使われては管理に困る。 セキュリティへの懸念もある 何度もログインするのは面倒 自社独自のプロセスなので仕方ない 複数のシステムを切り替えなくても、 既存のシステムはきちんと 仕事ができるようにしてほしい 活用しなければならないMonday, December 17, 12
  6. 6. 新機能 ‒ Salesforce Identity シンプル ‒ 各種クラウドサービスと統合された ID を使用して、クラウド & モバイル アプリケーションでのシングルサインオンを実現 ソーシャル ‒ ソーシャルネットワークに 容易にアクセス 信頼 ‒ アクセス管理やプロビジョニングを 一元的に実行 標準ベース – SAML 1.1、SAML 2.0、OAuth、 OPenID Connect、SCIM に対応Monday, December 17, 12
  7. 7. 複数のパスワードの管理を不要に パスワードを紛失する心配 安全性の低いパスワードを 複数のシステムで使い回す (覚えやすいから) ? 使えない「ゴーストタウン」アプリ ケーションを敬遠し、にわか仕立ての ツールで当座をしのぐMonday, December 17, 12
  8. 8. 複数のアプリケーションを単一の画面から管理 ワンクリックでプロファイルに アクセス権限を付与 モバイル、クラウド、レガシーなど、 あらゆるタイプのアプリケーションの 管理を一元化Monday, December 17, 12
  9. 9. プロセスをドラッグ & ドロップでカスタマイズ プロビジョニング/デプロビジョニングを 処理するカスタムのプロセスを作成 定義済みのコネクタを 利用できる ゼロから作成することも 可能Monday, December 17, 12
  10. 10. デモ Concur の Canvas アプリケーションMonday, December 17, 12
  11. 11. 接続済みアプリケーションのフレームワーク バージョン OAuth アクセス PIN コード IP 範囲 開発 インストール URL OAuth 範囲 による保護 パブリッシャ インストール URL を使用して アプリケ インストール ーション 基本構成 API 構成 モバイル構成 アクセス構成 IP 範囲 PIN コードによる 運用 アンインストール OAuth 範囲 保護の有効化 権限セット プロファイルMonday, December 17, 12
  12. 12. デモ 接続済みアプリケーションの構成Monday, December 17, 12
  13. 13. Thank You.Monday, December 17, 12

×