Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

[Track4-6] ディープラーニングxものづくりが日本を強くする ~高専DCONの挑戦~

1,398 views

Published on

2020/8/1 Deep Learning Digital Conference
一般社団法人日本ディープラーニング協会
理事兼事務局長
岡田 隆太朗 氏

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

[Track4-6] ディープラーニングxものづくりが日本を強くする ~高専DCONの挑戦~

  1. 1. 1 DEEP LEARNING x ものづくり が日本を強くする ~高専DCONの挑戦~
  2. 2. 日本の勝ち筋「xものづくり」 >>担うのは高専生 • GAFAに代表されるようなインターネット人材を中心とする「ス マートな」ディープラーニングの活用ではなく、ものづくりに 密着した「現場感のある」「実践的な」ディープラーニングの 活用によって解決できる社会課題がたくさんあります。 • ものづくりの技術を実践的にかつ効率的に習得した各地の高専 生から、新たな企業が生まれ、大きな投資資金が流れれば、地 方経済にも大きな刺激になります。また、地方にある優良なも のづくり企業と連携していくことで、地元企業の底上げにも繋 がり、その中から、世界で通用する企業が生まれてくるかもし れません。 • 本セッションでは高専DCONから実際に起業に繋げた高専生のビ ジネスピッチを行います。 2
  3. 3. ディープラーニン グを活用 事業化を企図 事業評価高専生の持つ ものづくりスキル 「DCON」とは 3 機 械 電 気 プログ ラミン グ DL✕ 事 業✕ そもそも高専生が持つ「ものづくり」のスキルをベースに、ディープラーニングを活用した ビジネスを企図し「事業性」を競うコンテストです。最も事業評価額が大きいチームが優勝 となります。 JDLAより 教育プログラムの 無償提供 先輩起業家が メンターとして 事業化指南 ベンチャー キャピタリスト が評価額算定 プレゼンテ ーション メンター ジャッジ 本選当日
  4. 4. 4 2020開催決定! 新聞広告
  5. 5. 23
  6. 6. 6
  7. 7. 設立目的 本協会は、ディープラーニング技術の活用による 日本の産業競争力の向上を目指す。 そのため、ディープラーニングを事業の核とする企業およびディープラーニン グに関わる研究や人材育成に注力している有識者が中心となり、産業 活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言、国際連携、社会 との対話など、産業の健全な発展のために必要な活動を行う。
  8. 8. <ディープラーニングの事業活用エコシステム> 関心層開拓 DLをビジネス活用しようと考える ビジネス層 G検定 エンジニア層 E資格 関連情報発信 勉強会 レポート発信 学び合い 継続的な学習 アップデート 標準化活動 シラバス 策定 メディア パートナー 担い手 高専生育成 プログラム認定 学べる場所の拡大 実施事例の収 集 優秀事例の表彰 書籍発行 トライアル ハッカソンなど
  9. 9. <ディープラーニングの事業活用エコシステム> 関心層開拓 DLをビジネス活用しようと考える ビジネス層 G検定 エンジニア層 E資格 関連情報発信 勉強会 レポート発信 学び合い 継続的な学習 アップデート 標準化活動 シラバス 策定 メディア パートナー プログラム認定 学べる場所の拡大 実施事例の収 集 優秀事例の表彰 書籍発行 トライアル ハッカソンな ど 担い手 高専生育成
  10. 10. 「DCONコンソーシアム」 事業性 モノづくり ディープ ラーニング 高専 生 「DCONコンソーシアム」について ディープラーニングの担い手である高専生が、ディープラーニングとものづくりで事業価値を競う DCONへ優秀な事業を提出できるよう、年間を通じて様々なプログラムやアクティビティを提供す る。 >設立の背景< ・JDLAとして取り組む「高専生を応援する枠組み」を、DCON開催時だけでなく、 年間を通じて高専生を支援できる枠組みに拡大し、コンテストイベントにとどまらず、 通年のプログラムを企画し、継続的な支援を行う。 名称 DCONコンソーシアム 運営 DCON実行委員会 会員対象 DCON協賛社、JDLA賛助会員社 参加資格 DCON及びDCONを通じて行う活動に、賛同する企業や団体 DCONを通じて高専生を支援したい企業や団体 期間 DCON協賛社:1年間 JDLA賛助会員社:JDLA賛助会員入会から退会までの期間

×