SlideShare a Scribd company logo
1 of 28
Download to read offline
日本マイクロソフト株式会社
医療・製薬営業統括本部
先端技術がもたらす「より良いヘルスケアのかたち」
2021/2/20
高齢化時代の到来
総人口に占める
65 歳以上の割合
約 30%
社会保障給付費の高騰
2025 年
社会保障給付費推定
約 150兆円
医療サービスの不足と
地域格差
人口 10 万人対医療従事医師数
二次医療圏 過疎地域の
24%が減少
患者情報のたこつぼ化
一般病院の電子カルテ普及率
約 47%
ヘルスケア領域における取り組み
保健医療データの
整備・流通
先端技術の
積極活用
医療サービスの
生産性向上
※1 ※2 ※3 ※4
※1 出典:総務省統計局 統計トピックスNo.119 統計が語る平成のあゆみ
※2 出典:国立社会保障・人口問題研究所「平成26年度社会保障費用統計」、2015年度、2016年度厚生労働省推計、2016年度の国民所得額は「平成28年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度(平成28年1月22日閣議決定)
※3 出典:厚生労働省医政局「医師偏在対策について」
※4 出典:厚生労働省 医療施設調査
※5 出典:未来投資会議構造改革徹底推進会合
※5
次世代ヘルスケア変革に向けた日本の現状
幼児 学生 成年 老年
人の一生に寄り添う日本マイクロソフトの取り組み
予防接種
スケジューリング 臓器移植提供
意思カード
妊婦健診情報
の電子化
地域包括ケアを実現するための
ヘルスケアクラウドプラットフォーム
電子お薬手帳
アレルギー
給食サービス
保育所クラウドを活用した
地域の子育て支援
服薬管理
ソリューション
雇い入れ前
健康診断
介護施設での
コミュケーションロボット実証
集団検診
(歯科、内科)
糖尿病重症化予防
ソリューション
電子母子
健康手帳
疾病予防管理アプリ
妊婦健診
産後ケア
ソリューション
認知症ケア
幼児お薬手帳
歯磨き教室
(疾病予防)
見守り
ソリューション
在宅
オンライン診療
集団検診
(歯科、内科)
高齢者・家族市街地から離れ
て暮らす高齢の父親は、遠隔
診療により通院負担が軽減さ
れ、データ・AIを活用した診
療を無理なく受けられる。
要介護状態の母親は、データ・
AIを活用した最適なケアプラン
により要介護度が改善し、自宅
で過ごせるように。認知症患者
の服薬記録を実現。
医療・介護現場医師が、これま
でばらばらだった患者の健診・
治療・介護記録を、本人同意の
下確認し、個人に最適な治療が
いつでもどこでも可能に。
介護現場でも、ロボット・セン
サー等の活用により、夜間の見守
りなどをめぐる職員の厳しい労働
環境は大幅に改善。その分、専門
性を活かして個々の利用者に最適
なケアの提供が可能に。
“Society 5.0”変革後の生活・現場
 Mixed Reality技術を活用し、患者が「自身の病気を自分事にする」ことで「能動的な治療に望む」意識へ
 2020年以降、Microsoft HoloLens 2を用いて全国展開
(2020年に50医療機関、2022年末時点で1,000医療機関の導入を目指す)
アステラス製薬株式会社:
Microsoft HoloLensを活用した服薬アドヒアランス支援
信頼できるクラウドテクノロジの実現に向けて
 患者情報のクラウド利用に関する法的見解
 マイクロソフトのデータ提供に関するコミットメント
 3省2ガイドライン準拠リファレンス公開予定*
 CSV/GxPガイドライン提供
*3省2ガイドラインは2021年春公開予定
医療業界
製薬業界
研究機関
マイクロソフトのヘルスケアクラウド 利用実績例(一部抜粋)
五十音順にて表記(敬称略)
物体認識 Object Recognition
場面解析 Scene Analytics
A car is running A man is cutting a
piece of meat
A man is performing
on a stage
A man is riding a bike
A man is singing A panda is walking A woman is riding a horse A man is flying in a field
視覚
(Vision)
Speech Language
2016 2017 January 2018
March 2018
Microsoft AI による画期的な進歩
会話
(Speech)
言語
(Language)
Microsoft Researchの最新の取組
 糖尿病網膜症の早期発見支援目的で画像診断AIを活用
 米国のFDA クラスⅡの認可取得済
 コグニティブの正答率96%を実現
 診断に痛みを伴わず、10分以内に結果を通知
眼底画像診断のAI活用:
米INTELLEGENT RETINAL IMAGING SYSTEM様
通常の眼底写真 コグニティブによる網膜症傾向の特定
糖尿病網膜症のAI画像診断
Pill Identification PJ
0
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
Percentage
AI Pill Identifier Image Accuracy
Microsoft's AI NIH Competition Winner's AI
98.8%
83.1
• AIによる薬の識別および性能、副作用の情報提供
• AIによる人間の目では識別できない模倣品の識別
マンモグラフィー自動ポジショニング評価:
Volpara Solutions様
通常のマンモグラフィー画像
 乳腺密度が高い女性は乳がんリスクが高い一方で、技師や装置によって取得画像に大きな差異が生まれる
 ACRが定めるガイドラインに基づいた画像クオリティの評価について世界中のマンモグラフィーの画像から機械学習
 ソフトウェアで動作するため、特別な装置を購入することなく導入可能
AIによる自動ポジショニング評価
医師の暗黙知を可視化することによる定量的な医療評価の実現:
国立がん研究センター様
 『手術工程』、『使用術具』、『処置内容』などのアノテーション情報を時系列にラベリング
 “術具をどのように動かした時に出血が起きたか”の情報の定量評価が実現
 患者の負荷軽減ならびに高水準な医療が標準化が期待
手術映像を用いた “医師の暗黙知のデータベース”化
AIで電子カルテ情報を構造化
医療における「HoloLens」活用事例
「MR脊椎・関節手術トレーニングシステム」
稲波脊椎・関節病院様/ HoloLab
MR脊椎・関節手術トレーニングシステムにおいて
HoloLensやImmersive HMD装着者が手術対象
となる骨の3Dモデルやお互いの閲覧位置を共有し
ながら、音声によるメモを空間に配置するなどのコラ
ボレーション機能を実現
「解剖学におけるHoloLens活用」
Case Western Reserve University
ケース ウェスタン リザーブ大学とクリーブランド クリ
ニックでは、学生が人体解剖学をより深く学習し
て理解できるように、HoloLens を使ったまったく
新しい方法で次世代の内科医や外科医を訓練
「 HoloLensを使った手術システムが
初のFDA認証取得」
米Novarad社との協業により手術用医療技術として
FDA認定取得。切開を行うことなく身体の内部を確
認できるためより正確な医療を実現
•
•
•
•
•
•
22
• 目的、アルゴリズムによって異なる様々なアノテーションの品質と基準
• 排除が難しい「誤り」と「悪意」によるアノテーション
課題となるデータの確からしさとAI品質の関係
身元確認 保証
データの偏りがAIの品質の偏りと
して現れる
AIを適用する対象問題によって
は、学習データのバランス、透明
性は倫理上の問題に直結する。
23
A B C D
データ量と品質
24
• 時間と共に増える、変化する言葉
• 世代により意味を異にする言葉
時間と共に変動するデータの価値
変化するAI品質とデータの価値 順位 2018年 2019年
1 マジ卍 り
2 すこ パリピ
3 彼ピッピ タピる
4 バズる とりま
5 ワンチャン あね
6 パリピ それな
7 ズッ友 フロリダ
8 草 おけまる
9 ぷちょへんざ 乙
10 好きピ 草
やばい!
このラーメンやばいよ!
美味しい!
このラーメン美味しいよ!
Microsoft は AI の倫理面での検討、整備も会社として進めています
信頼できる AI の開発指針
永続的価値に基づく倫理基準を反映
AI for
世界へ

More Related Content

Similar to 先端技術がもたらす「より良いヘルスケアのかたち」

米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ
米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ
米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティEiji Sasahara, Ph.D., MBA 笹原英司
 
第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎
第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎
第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎遠矢 純一郎
 
在宅の地域連携におけるICT活用の実際
在宅の地域連携におけるICT活用の実際在宅の地域連携におけるICT活用の実際
在宅の地域連携におけるICT活用の実際遠矢 純一郎
 
地域Ict セミナー資料
地域Ict セミナー資料地域Ict セミナー資料
地域Ict セミナー資料Kikunaga Taishi
 
データから見る高齢社会の健康の課題
データから見る高齢社会の健康の課題データから見る高齢社会の健康の課題
データから見る高齢社会の健康の課題Atsushi Koshio
 
患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)
患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)
患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)Nobuyuki Kanai
 
外来医療_20170208
外来医療_20170208外来医療_20170208
外来医療_20170208奨 山崎
 
日本社会薬学会 20140914
日本社会薬学会 20140914日本社会薬学会 20140914
日本社会薬学会 20140914遠矢 純一郎
 
スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療
スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療
スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療遠矢 純一郎
 
2025年問題:2025年の福山の医療を考える
2025年問題:2025年の福山の医療を考える2025年問題:2025年の福山の医療を考える
2025年問題:2025年の福山の医療を考えるMasahiro Inoue
 
HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12
HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12
HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12遠矢 純一郎
 
医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて
医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて
医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けてjump-slide
 
エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待
エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待
エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待m3spbu2019
 

Similar to 先端技術がもたらす「より良いヘルスケアのかたち」 (15)

米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ
米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ
米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ
 
第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎
第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎
第2回神戸ict医療イノベーションフォーラム 遠矢純一郎
 
在宅の地域連携におけるICT活用の実際
在宅の地域連携におけるICT活用の実際在宅の地域連携におけるICT活用の実際
在宅の地域連携におけるICT活用の実際
 
地域Ict セミナー資料
地域Ict セミナー資料地域Ict セミナー資料
地域Ict セミナー資料
 
データから見る高齢社会の健康の課題
データから見る高齢社会の健康の課題データから見る高齢社会の健康の課題
データから見る高齢社会の健康の課題
 
患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)
患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)
患者ID統一とモバイルでSHAREする地域医療(金井伸行)
 
外来医療_20170208
外来医療_20170208外来医療_20170208
外来医療_20170208
 
日本社会薬学会 20140914
日本社会薬学会 20140914日本社会薬学会 20140914
日本社会薬学会 20140914
 
スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療
スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療
スマートフォンとクラウド型地域連携システムで切り拓く未来型在宅医療
 
J&J intern
J&J internJ&J intern
J&J intern
 
2025年問題:2025年の福山の医療を考える
2025年問題:2025年の福山の医療を考える2025年問題:2025年の福山の医療を考える
2025年問題:2025年の福山の医療を考える
 
Wagamachi01 05
Wagamachi01 05Wagamachi01 05
Wagamachi01 05
 
HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12
HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12
HIP(Home Infusion Pharmacy)研究会_2013.05.12
 
医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて
医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて
医療・介護・健康情報の抜本的な利活用強化に向けて
 
エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待
エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待
エムスリー 次世代リーダー育成プログラムへのご招待
 

More from Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)

AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方
AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方
AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 
[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究
[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究
[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 

More from Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ) (20)

Edge AI ソリューションを支える Azure IoT サービス
Edge AI ソリューションを支える Azure IoT サービスEdge AI ソリューションを支える Azure IoT サービス
Edge AI ソリューションを支える Azure IoT サービス
 
DLLAB Healthcare Day 2021 Event Report
DLLAB Healthcare Day 2021 Event ReportDLLAB Healthcare Day 2021 Event Report
DLLAB Healthcare Day 2021 Event Report
 
ICTを用いた健康なまちづくりの 取り組みとAI活用への期待​
ICTを用いた健康なまちづくりの 取り組みとAI活用への期待​ICTを用いた健康なまちづくりの 取り組みとAI活用への期待​
ICTを用いた健康なまちづくりの 取り組みとAI活用への期待​
 
医学と工学の垣根を越えた医療AI開発
医学と工学の垣根を越えた医療AI開発医学と工学の垣根を越えた医療AI開発
医学と工学の垣根を越えた医療AI開発
 
Intel AI in Healthcare 各国事例からみるAIとの向き合い方
Intel AI in Healthcare 各国事例からみるAIとの向き合い方Intel AI in Healthcare 各国事例からみるAIとの向き合い方
Intel AI in Healthcare 各国事例からみるAIとの向き合い方
 
厚生労働分野におけるAI技術の利活用について
厚生労働分野におけるAI技術の利活用について厚生労働分野におけるAI技術の利活用について
厚生労働分野におけるAI技術の利活用について
 
AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方
AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方
AIによる細胞診支援技術の紹介と、AI人材が考える医療バイオ領域における参入障壁の乗り越え方
 
「言語」×AI Digital Device
「言語」×AI Digital Device「言語」×AI Digital Device
「言語」×AI Digital Device
 
深層強化学習と実装例
深層強化学習と実装例深層強化学習と実装例
深層強化学習と実装例
 
深層強化学習を用いた複合機の搬送制御
深層強化学習を用いた複合機の搬送制御深層強化学習を用いた複合機の搬送制御
深層強化学習を用いた複合機の搬送制御
 
Azure ML 強化学習を用いた最新アルゴリズムの活用手法
Azure ML 強化学習を用いた最新アルゴリズムの活用手法Azure ML 強化学習を用いた最新アルゴリズムの活用手法
Azure ML 強化学習を用いた最新アルゴリズムの活用手法
 
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備
 
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoTJetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT
 
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream Azure IoT
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream Azure IoTJetson x Azure ハンズオン DeepStream Azure IoT
Jetson x Azure ハンズオン DeepStream Azure IoT
 
Jetson 活用による スタートアップ企業支援
Jetson 活用による スタートアップ企業支援Jetson 活用による スタートアップ企業支援
Jetson 活用による スタートアップ企業支援
 
[Track 4-6] ディープラーニングxものづくりが日本を強くする ~高専DCONの挑戦~
[Track 4-6] ディープラーニングxものづくりが日本を強くする ~高専DCONの挑戦~[Track 4-6] ディープラーニングxものづくりが日本を強くする ~高専DCONの挑戦~
[Track 4-6] ディープラーニングxものづくりが日本を強くする ~高専DCONの挑戦~
 
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
 
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
 
[Track1-2] ディープラーニングを用いたワインブドウの収穫量予測
[Track1-2] ディープラーニングを用いたワインブドウの収穫量予測[Track1-2] ディープラーニングを用いたワインブドウの収穫量予測
[Track1-2] ディープラーニングを用いたワインブドウの収穫量予測
 
[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究
[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究
[Track3-4] アカデミックにおけるAI/ディープラーニング の教育と学習支援に関する研究
 

Recently uploaded

論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayersToru Tamaki
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 

Recently uploaded (14)

論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 

先端技術がもたらす「より良いヘルスケアのかたち」