Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備

Ad

DEEPSTREAM WITH
AZURE IOT事前準備

Ad

2
全体のアーキテクチャ
IoT Edge Agent
IoT Edge Runtime
IoT Hub
Container Registry
VLC media player
Visual Studio Code
ImageのPull
IoT...

Ad

3
1. Azure IoT Hubを作成
2. IoT Edge デバイスの登録
3. IoT Edgeのインストール
4. 開発環境のセットアップ
手順

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Loading in …3
×

Check these out next

1 of 43 Ad
1 of 43 Ad

Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備

Download to read offline

NVIDIA x Microsoft Startup Day

大串 正矢
エヌビディア合同会社
シニアソリューションアーキテクト

NVIDIA x Microsoft Startup Day

大串 正矢
エヌビディア合同会社
シニアソリューションアーキテクト

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (19)

Similar to Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備 (20)

Advertisement

More from Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ) (20)

Advertisement

Jetson x Azure ハンズオン DeepStream With Azure IoT 事前準備

  1. 1. DEEPSTREAM WITH AZURE IOT事前準備
  2. 2. 2 全体のアーキテクチャ IoT Edge Agent IoT Edge Runtime IoT Hub Container Registry VLC media player Visual Studio Code ImageのPull IoT Edge の 管理、指示 Module配置情報の転送 Azure Deep Stream
  3. 3. 3 1. Azure IoT Hubを作成 2. IoT Edge デバイスの登録 3. IoT Edgeのインストール 4. 開発環境のセットアップ 手順
  4. 4. 4 全体のアーキテクチャ IoT Edge Agent IoT Edge Runtime IoT Hub Container Registry VLC media player Visual Studio Code ImageのPull IoT Edge の 管理、指示 Module配置情報の転送 Azure Deep Stream
  5. 5. 5 Azure IoT Hubを作成 英語設定にしている方はやらなくて良いです。 Azure Portalへアクセス: https://portal.azure.com/#home Portal Settingsをクリック Language & region Language:Englishを選択
  6. 6. 6 Azure IoT Hubを作成 シークレットウィンドウを使用している方はデフォルトで開くウィンドウがシークレットウィンドウではないので注意 Azure Portalへアクセス(すでにアクセスしている方はやらなくて良いです。 ): https://portal.azure.com/#home “+”ボタンをクリックしCreate a resourceを選択
  7. 7. 7 Azure IoT Hubを作成 ”IoT Hub”を検索
  8. 8. 8 Azure IoT Hubを作成 ”IoT Hub”で”create”でIoT Hubを作成
  9. 9. 9 Subscriptionを指定: 料金の支払い方法に 依存 Resource Group: 既存のものがある場合は 選択。ない場合は任意の名称(例: deepStreamAzureHackathon)を入力して 新規作成 Region: 日本の場合はJapan Eastもしくは Japan West IoT Hub名: 任意の名称(例: deepStreamAzureHackathon )を入力 (緑のチェックマークが出ていればOK) 新規作成の際に指定 Azure IoT Hubを作成
  10. 10. 10 Size and scaleタブを選択 Pricing and scale tier F1: Free tierで無料を選択,ただし無料枠 を超えた場合、再作成の必要があるので課 金されるがS1を選んだ方が再作成の必要が ない。 もしすでに作成している場合は自分の状況に 合わせて選択 Azure IoT Hubを作成
  11. 11. 11 Review + createをクリック Createをクリック Azure IoT Hubを作成
  12. 12. 12 作成が成功すれば上記のような画面になる。 “Go to resource”にアクセス Azure IoT Hubを作成
  13. 13. 13 上記のように作成されたことを確認する Azure IoT Hubを作成
  14. 14. 15 IoT Hubの左のメニューから”IoT Edge”をクリック “Add an IoT Edge device”をクリック IoT Edgeデバイスの登録
  15. 15. 16 Device ID: 任意の名称(例: deepStreamAzureHackathonDevice)を入力(緑 のチェックマークが出ればOK) 下記の項目はデフォルト設定で良い Authentication type: 認証の種類 Symmetric keyを選択 Primary Key, Secondary Key: 空欄 Auto-generate keys: Primary Key, Secondary Keyを自動生成にチェック Connect this device to an IoT hub: IoT hubにデバ イスを接続する設定を有効化:Enable Child devices: 子デバイスがある場合に使用。今回は 何も設定しない Saveをクリック IoT Edgeデバイスの登録
  16. 16. 17 先ほど作成したデバイスIDをクリック IoT Edgeデバイスの登録
  17. 17. 18 “Primary Connection String“の伏字を確認して後で使用するためメモしておく(目のボタンで内容が確認 でき、隣のボタンでコピーできる) IoT Edgeデバイスの登録
  18. 18. 19 IoT Edge Agent IoT Edge Runtime IoT Hub Container Registry VLC media player Visual Studio Code ImageのPull IoT Edge の 管理、指示 Module配置情報の転送 Azure Deep Stream 全体のアーキテクチャ
  19. 19. 20 Jetson上で下記コマンドで必要な情報を取得してメモしておく ユーザー名:echo $USER IPアドレス:ifconfig Visual Studio codeのTerminalを開く IoT Edgeのインストール
  20. 20. 21 言語が英語設定の方はやらなくて良いです。 Visual Studio codeを開く Visual Studio codeで[Ctrl]+[Shift]+[P]キーをクリック Configure Display Languageを入力してenを選択 Visual Studio codeをRestart IoT Edgeのインストール
  21. 21. 22 ディスプレイ、キーボード、マウスがある方はそれらを使ってJetsonにアクセスもしくはsshでアクセスしてください。 sshアクセスしない場合はPCからファイルを送るので、この方法を選択される方はGoogle Driveなどの何らか の方法でファイルを共有できるようにしてください。 sshアクセスしない場合は29ページ以降の処理をお願いしま す。 Jetsonへssh接続する方はご自身のお好みの方法でssh接続してください。一例を下記から29ページまで示 します。 Visual Studio codeでTerminal->New Terminalでターミナルを開く IoT Edgeのインストール
  22. 22. 23 下記コマンドを入力してsshキーの作成 passphraseは入力しないでEnter sftpで作成した公開鍵を送る 公開鍵をJetson Nanoに登録。コピーペーストの際は改行が入るので注意 IoT Edgeのインストール ssh-keygen -b 2048 -f deep_stream_hands_on_id_rsa sftp {Jetson NanoのUser Name}@{Jetson Nanoのip address} sftp> put deep_stream_hands_on_id_rsa.pub sftp> exit ssh {Jetson NanoのUser Name}@{Jetson Nanoのip address} "mkdir -p ~/.ssh && chmod 700 ~/.ssh && cat ~/deep_stream_hands_on_id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys && chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys"
  23. 23. 24 sshアクセスするための一例:Visual Studio Code にRemote sshをインストール https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms-vscode-remote.remote-ssh Installをクリック IoT Edgeのインストール
  24. 24. 25 Ctrl + Shift + Pをクリック Remote-SSH: Connect をクリック。 Remote-SSH: Connect to Hostを選択 Configure SSH Hosts..を選択 IoT Edgeのインストール
  25. 25. 26 アップデートするSSH configuration fileを選択。C:Users{ユーザー名}.sshconfigファイルを選択 下記の項目を追加。秘密鍵を作成したパスはターミナルの`pwd`コマンドで確認した現在のパス。パス区切り は””指定 IoT Edgeのインストール Host jetson-nano HostName {Jetson NanoのIPアドレス} User {Jetson Nanoのユーザー名} ForwardAgent yes IdentityFile “{秘密鍵を作成したパス}deep_stream_hands_on_id_rsa"
  26. 26. 27 Ctrl + Shift + Pをクリック Remote-SSH: Connect をクリック。 Remote-SSH: Connect to Hostを選択 先ほど設定したjetson-nanoを選択すると、新しくVisual Studio CodeのWindowが開く IoT Edgeのインストール
  27. 27. 28 接続先のプラットフォーム Linuxを選択 /home/{Jetson ユーザー名}のフォルダを開く IoT Edgeのインストール
  28. 28. 29 Terminal -> New Terminalでターミナルを開く コマンドを入力するためのTerminalが開く IoT Edgeのインストール
  29. 29. 30 JetsonのTerminal上で各コマンドを入力。curlのインストール 下記のコマンドを入力 curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/multiarch/prod.list > ./microsoft-prod.list sudo cp microsoft-prod.list /etc/apt/sources.list.d/ curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg sudo cp ./microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/ sudo apt-get update sudo apt-get install curl IoT Edgeのインストール
  30. 30. 31 Azure IoT Edge セキュリティデーモンのインストール セキュリティデーモンを編集。下記の処理をしないとVisual Studio Code上でファイル編集できない Visual Studio Codeを使用している場合はFile -> Open Folderで/etc/iotedgeフォルダを開く sudo apt-get update sudo apt-get install iotedge=1.0.10-1 libiothsm-std=1.0.10-1 sudo chmod -R 777 /etc/iotedge/ IoT Edgeのインストール
  31. 31. 32 /etc/iotedge/config.yamlを開き下記項目の“device_connection_string”を先ほど控えた“Primary Connection String“に修正。Visual Studio Codeの権限の関係で修正できない場合は開きなおしが必要 # Manual provisioning configuration provisioning: source: "manual" device_connection_string: "先ほど控えたPrimary Connection String“ dynamic_reprovisioning: false IoT Edgeのインストール
  32. 32. 33 JetsonのTerminal上でAzure IoT Edge セキュリティデーモンの再起動 sudo systemctl restart iotedge IoT Edgeのインストール
  33. 33. 34 JetsonのTerminal上で下記コマンドを入力:インストールが成功しているか確認 iotedgeが”active(running)”状態か確認 systemctl status iotedge IoT Edgeのインストール
  34. 34. 35 JetsonのTerminal上で下記コマンドを入力:インストールが成功しているか確認 Iotedgeコンテナが動作しているか確認 sudo iotedge list IoT Edgeのインストール
  35. 35. 36 JetsonのTerminal上で下記コマンドを入力:動作ログの確認 Iotedgeのログを確認:”Edge runtime”が“running”か確認 journalctl -u iotedge --no-pager --no-full IoT Edgeのインストール
  36. 36. 37 先ほど使用したIoT Edgeデバイスの登録画面にてランタイムの状態を確認できます。 IoT Edgeのインストール
  37. 37. 38 IoT Edge Agent IoT Edge Runtime IoT Hub Container Registry VLC media player Visual Studio Code ImageのPull IoT Edge の 管理、指示 Module配置情報の転送 Azure Deep Stream 全体のアーキテクチャ
  38. 38. 39 Visual Studio CodeにAzure IoT Toolsをインストールする https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=vsciot-vscode.azure-iot-tools#overview 開発環境のセットアップ
  39. 39. 40 Visual Studio codeで”Explorer”を開く “Azure IoT Hub”をクリック 開発環境のセットアップ
  40. 40. 41 Select IoT Hubを選択 Signed in していない場合はSigned inのポッ プアップされる Azure subscriptionを選択 対応するIoT Hubを選択 開発環境のセットアップ
  41. 41. 42 Azure IoT Hubに登録したデバイス名と一致 するか確認 開発環境のセットアップ
  42. 42. 43 Jetsonに任意の方法でsshアクセス(Visual Studio Codeでアクセスしている場合は2つWindowがあるので注 意)もしくはディスプレイ、マウス、キーボードを使ってアクセス ターミナルで下記コマンドを入力してiotedgeを止める sudo systemctl stop iotedge IoT Edgeを止める

×