Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Java EE から Jakarta EE へ - Eclipse Foundation への移行で気になってたこと Ian Robinsonたちに全部聞いてみた -

4,392 views

Published on

2018/4/27に行われた日本GlassFishユーザー会に登壇した際に使用した資料です。

Published in: Technology

Java EE から Jakarta EE へ - Eclipse Foundation への移行で気になってたこと Ian Robinsonたちに全部聞いてみた -

  1. 1. 2018/4/27 GlassFish Users Group Japan セッション資料 から へ - Eclipse Foundation への移行で気になってたこと Ian Robinsonたちに全部聞いてみた - SOMPOシステムズ株式会社 西野大介 @nishino_chekhov
  2. 2. SOMPOシステムズ株式会社 西野大介 @nishino_chekhov • SOMPOシステムズは 損保ジャパン日本興亜のシステム会社 スピーカー紹介 • 超大規模 Java EE 7 開発案件進行中
  3. 3. Agenda • One-on-One Session • IBM Think 2018
  4. 4. • 資料公開あり はじめに • 口頭補足多め ※時間の都合上で一部説明割愛 • ハッシュタグ #glassfish_jp
  5. 5. IBM Think 2018
  6. 6. 開催日: 2018年3月19日~22日(米国現地時間) 開催場所: Mandalay Bay Hotel(ネバダ州 ラスベガス) ✔1000人以上の専門家 ✔1000を超えるテクノロジーセッション ✔4万人以上の参加者
  7. 7. 大盛況
  8. 8. 当社登壇時の様子
  9. 9. おかげさまで大好評
  10. 10. THINK Japanも開催
  11. 11. One-on-One Session
  12. 12. One-on-One Session? 個別の問い合わせ事項について 関係するスペシャリストに 直接対面による説明・対話の時間をいただくセッション。
  13. 13. こんな場所で開催
  14. 14. 今回参加いただいたメンバー (左から) Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect) Steve Wallin (IBM Runtime Technology architect) Kevin Sutter (MicroProfile and Jakarta EE architect ) Mike Thompson (WebSphere Architect) Kyle Brown(DE, Cloud Architecture and Solition Engineering) (右) Jason McGee (IBM Fellow, VP and CTO, Cloud Platform) (左から) Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) Walt Noffsinger (WebSphere Director)
  15. 15. 上段2枚: JavaOne2017 Keynote 下段: JavaOne2017 Community Keynote Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  16. 16. せっかくですので、ぜひ皆さんも インタビューに立ち会ったつもりで きいてください。
  17. 17. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 本編
  18. 18. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp EE4Jの最新状況は? EE4Jの最新状況
  19. 19. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp EE4Jの最新状況 • 37 Java EEコンポーネントのうち約半分 Eclipse管理下のリポジトリ*へ移行済 • Mike Milinkovich( Eclipse Foundation エグゼクティブディレクター)は次のバ ージョンのJava EEをJakarta EEという新 名称でさらに発展させてリリースする基 礎が整ったと、4月 or 5月くらいに発表 したいと考えている (全コードやTCKの移行完了) Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) Oracle管理下 https://github.com/javaee EE4J管理下 https://github.com/eclipse-ee4j *
  20. 20. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • コミュニティはここ数年のEnterprise Javaの進化(の遅さ)にものすごくフラ ストしていたので、Eclipseで進化が加速 するはず • 例えばMicroProfileをみると、非常に早 いスピードで進化 • Jakarta EEも同様のスピード感となるは ず EE4Jの最新状況 Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies)
  21. 21. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 比較 - コミュニティ活動の活発度 https://www.infoq.com/jp/news/2016/08/JavaEEGuardians “解決した課題とリビジョン管理のコミット数が一貫して 下落傾向にあることを描いたチャート” https://groups.google.com/forum/#!forum/microprofile
  22. 22. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Java SEは今後もOracle管理下? Java SEとJakarta EEの関係
  23. 23. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Java SEとJakarta EEの関係 • Java SEの機能拡張はJEP、仕様策定は JCPのJSRという仕組みは継続 • Jakarta EEはEclipse管理下になるものの 現状ではOracleはJavaテクノロジーの全 てをオープンソース化できていないこと になる Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies)
  24. 24. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Java SEとJakarta EEの関係 • 一方でIBMはJVM実装を昨年9月にOpen J9としてオープンソース化 • OpenJ9はIBM SDK 8 SR5 以上および今 年9月にでてくるIBM SDK 11のベースに • IBMは商用のJavaからオープンな形でビ ルドされ開発されるJavaに移行していく Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies)
  25. 25. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 確認的なQA • Java SEに対し、Eclipse Foundationおよび MicroProfileからのアプローチは(少なくとも 言及できるレベルでは)されていない • IBM社はOpenJ9によってよりオープンな方向へ Java SEとJakarta EEの関係
  26. 26. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Java 9、日本では(西野の観測範囲で は)ほとんど使われていない • そんな中、もうJava 10がリリース • このリリースサイクルの速さは、 Agilityは高いものの、日本ではあまり 受け入れられていない印象 • この傾向に、コミュニティを運営する 立場からの見解は? Java 9とリリースサイクル
  27. 27. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Java 9とリリースサイクル • Java 9があまり使われていないのは、日本だけで はない(把握している中で本番でJava 9を使って いるのは1,2件) • 多くはJava 8を継続利用 • 個人の見解ではJava 9,10はDev/Test 用途がメイ ン • 現時点ではJava 11が業界のフォーカス(その準 備用がJava9,10) Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies)
  28. 28. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Java 9, 10とJava 11の差は? (11のマイグレーションコストを 懸念) • 仕様策定側は前提としてこういう (11準備という)ユースケースを想 定している? Java 9とリリースサイクル
  29. 29. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • リリース間での差異はかなり小さい • Java 10は直近6週間で1つFixが入った程度 • リリースサイクル間の6ヶ月の間に、初期の 頃のコードにいくつか変更が入り、そのあ と安定化され、最後の数週間のビルドは非 常に安定 • つまり、まず9から10へのマイグレーション はごくごく小さい Java 9とリリースサイクル Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies)
  30. 30. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • そして10から11も同じ傾向になる想定 • このように今後6ヶ月のサイクルで出てく るリリース間のマイグレーションは難しく ない • むしろもっともチャレンジングなのはJava 8から9のマイグレーション • Java 8から9へのマイグレーションが完了す れば、そのあとのマイグレーションは格段 に楽になるはず Java 9とリリースサイクル Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies)
  31. 31. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Java バージョンのサポートロードマップ Java 11(18.9)のロングタームサポートの活用 Java 8 Java 11 Java 9とリリースサイクル
  32. 32. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Java10で追加されたフィーチャー http://openjdk.java.net/projects/jdk/10/ Features 286: Local-Variable Type Inference 296: Consolidate the JDK Forest into a Single Repository 304: Garbage-Collector Interface 307: Parallel Full GC for G1 310: Application Class-Data Sharing 312: Thread-Local Handshakes 313: Remove the Native-Header Generation Tool (javah) 314: Additional Unicode Language-Tag Extensions 316: Heap Allocation on Alternative Memory Devices 317: Experimental Java-Based JIT Compiler 319: Root Certificates 322: Time-Based Release Versioning コーディング上の唯一の変更点 286: Local-Variable Type Inference ローカル変数型推論(var) https://tryjshell.org/ フィーチャー一覧 Java 9とリリースサイクル
  33. 33. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 個人的な見解 • 日本でも一時Twitterで話題になっていた観点 (9,10で準備し11に備える) • 仕様策定側の想定でもあると理解 • 「ロングタームサポート期間の最大活用」 「顧客への開発スケジュール説明材料」などのメリット Java 9とリリースサイクル
  34. 34. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp IBMがWebSphereでどのような戦略をもっているか ⇒Javaユーザーとして押さえておくべき • WebSphere Libertyのストラテジー (+最新トピック)とは? * Libertyのストラテジー
  35. 35. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • ①エンタープライズJavaへの対応 • ②プログラミングモデル Libertyのストラテジー Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  36. 36. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • MicroProfile1.3への対応:完了 • Java EE 8 への対応:まもなく完了 • Jakarta EEというリブランド(移管)は、 WebSphereに非常によいニュース Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect) Libertyのストラテジー① エンタープライズJava 対応状況
  37. 37. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Jakarta EEというリブランドによる利点 • IBMにとって、すでにMicroProfileで取り 組んできた内容をJakarta EEの次のバー ジョンにとても取り入れやすくなった • IBMはJakarta EEの次のバージョンに最 も早く対応できるはず(すでに MicroProfileの機能をLibertyに取り入れ ているため) Libertyのストラテジー① エンタープライズJava Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  38. 38. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Jakarta EE + MicroProfileにより、さらに実現したいこと • Jakarta EEとMicroProfileで標準アプリ ケーション・プログラミング・モデル を定義したい • 標準モデルにのっとったアプリケーシ ョンをLibertyにデプロイするだけで、 実装上に定義された拡張機能をコンテ ナに構築された環境とつなぐことがで きる、といったことを実現したい Libertyのストラテジー②プログラミングモデル Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  39. 39. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 標準アプリケーション・プログラミング・モデルの例 • あるアプリに、マイクロサービスによるヘルス チェックのエンドポイントがあるとする • MicroProfileには、ヘルスチェックのエンドポ イントをAnnotationする標準の仕組みを定義し てある • Libertyの世界では、「MicroProfileで定義され たメソッド」を基盤のクラウド・インフラの機 能とつなぎ、ヘルスチェックエンドポイントを 使ってマイクロサービスの死活状態を確認する といったことができるようになる( Liberty側 にて、この仕組みに関連する実装+アプリをデ プロイする際にLibertyと一緒に利用されるツー ルを用いることで実現) Libertyのストラテジー②プログラミングモデル Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  40. 40. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • アプリサーバとしての対応状況の速さ • Jakarta EEとLibertyの親和性 • アプリサーバと言語仕様、その両面でマイクロサービ ス対応に高いプライオリティを置いて継続している (MicroProfileを作り始めた流れ通り) ここまでに対する見解 (“エンタープライズJavaへの対応”について) Libertyのストラテジー
  41. 41. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 多くのレイヤー(言語、VM、コンテナ、クラウド)が 絡む中、マイクロサービスというアーキテクチャに対 し、言語仕様そのものがシームレスにつながるという ことを強調 ここまでに対する見解 ( “標準アプリケーション・プログラミング・モデル”について) Libertyのストラテジー
  42. 42. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • MicroProfileに対する力の入れよう • もちろん、LibertyやCloudに直結する性質であるという ことも関連 • MicroProfileは、ある種コミュニティ主導で仕様策定す るという意思の象徴(次ページ) ここまでに対する見解 (”MicroProfile”について) Libertyのストラテジー
  43. 43. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 2016 • Java One開催のタイミングで MicroProfileについて発表 過去の出来事 おさらい 2017 • Oracle / IBM / Red Hatの鼎談 https://www.youtube.com/watch?v=6emPnRChsEE https://www.slideshare.net/DaisukeNishino1/oow2017-and-javaone2017-report-daisuke-nishinosompo-systems Libertyのストラテジー ~2015 • Java界隈の様々な課題
  44. 44. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp MicroProfileと、Jakarta EEの今後の 関係性は? 言語仕様や製品間のConflict
  45. 45. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp MicroProfileはJakarta EEに統合していく つもり 言語仕様や製品間のConflict Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  46. 46. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp それらの機能やコンセプトにConflict (衝突)するところはない? 言語仕様や製品間のConflict
  47. 47. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Java EEとMicroProfileにConflictする部分 はない • MicroProfileはCDIとJAX-RSをベースとし てJava EEテクノロジを拡張するもの • 例えば、MicroProfileで定義されるFault Tolerant Annotationを例にとると、Fault Tolerantの振る舞いはCDIコンテナ(CDI managed bean)を介してEnableされるよ うデザインされている • MicroProfileはJava EEを拡張するものであ り、進化を妨げるものではない 言語仕様や製品間のConflict Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  48. 48. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Istioのようなマイクロサービス向けの 製品などとMicroProfileのConflictする 部分については? 言語仕様や製品間のConflict
  49. 49. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Google、IBM、Lyftが開発し、2017年5月にオープンソース化した ソフトウェア • 「サービスメッシュ」と呼ばれる機能を果たす • サービスメッシュでは、マイクロサービス間の通信を統一的な仕組 みで制御 • これにより、きめ細かなセキュリティの確保、流量制御、フェイル オーバー、ブルー/グリーンデプロイメント、カナリアデプロイメ ントなどを容易にする Istioとは(以下引用) 引用元 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1802/09/news015.html 言語仕様や製品間のConflict
  50. 50. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Istioやk8sが持つ機能とMicroProfileの仕様 がConflictしやすいのは確か • Libertyの実装ではPlatform側の機能と Conflictしないようデザインしている 言語仕様や製品間のConflict Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  51. 51. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • MicroProfileにはヘルスチェック機能が定 義されている • このヘルスチェックのエンドポイントを k8sの管理Planeにexposeする • つまり、k8sがマイクロサービスのヘルス チェックやステータス確認をする際にはこ のエンドポイントを利用するようにする 例1:ヘルスチェック 言語仕様や製品間のConflict Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  52. 52. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • あるサービスがもう1つのサービスの呼出をリ トライするケースにおいて、Istioが存在する場 合は、 Istio Proxyも、Fault Tolerantと同じよ うなハンドリングを行う機能があるので Conflictしてしまう • Istioが存在する環境において、Fault Tolerant 構成がされたアプリケーションがデプロイされ た場合、IstioがRetryロジックの支配権を握れる ようにする実装をLibertyに入れている(ただし、 アプリケーション側でFallbackは使えるように することで、矛盾がおきないようにする) 例2:フォールトトレラント 言語仕様や製品間のConflict Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  53. 53. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 言語仕様や製品間のConflict • 言語や製品は栄枯盛衰がある(Conflictは避けられない) • アプリ実装に専念するために、周辺製品やサービス側で どこまで対応してくれるかは重要 • 標準モデルによる解決が見られるか • MicroProfileをJakarta EEに統合していく方向性を直接確 認できたことの価値 見解
  54. 54. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 環境差異をなくすのがJavaにおける WORA – Write Once, Run Anywhere というコンセプト • IBM JavaとOracle主導のJavaの間の 差異については? Java間の差異SKIP
  55. 55. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • OpenJDKとのAPIサービスの差異をなくす ための努力を継続 • その1つの取り組みが昨年秋に行った OpenJ9(IBM J9 JVMのEclipse配下でのオ ープンソース化) • 現在はIBM JavaはOpenJDKとEclipse OpenJ9ベースで作成 • したがって、APIサービスのレベルでは OpenJDKと全く同じに Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) Java間の差異SKIP
  56. 56. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 以前は、IBM Javaは異なるXMLやJavaテク ノロジーの中で異なるコンポーネントを実 装 • OpenJ9でその差異を最小限にする • 一方で、IBM Javaでは最高のパフォーマン スを実現するJVM機能の提供を • Footprint、起動時のパフォーマンス、IOT テクノロジーなどの領域へ • これにより、OpenJDK with OpenJ9はベス トなCloud Javaテクノロジーを提供する Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) Java間の差異SKIP
  57. 57. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 番外編QA(サーバレスについて) IBM Cloud Functions のコンセプトは オープンであること Oracle:オープン重視 AWS:オープンの意識は見えない IBM:中間くらい? 当初からもっともオープンを意識している のはIBM Jason McGee (IBM Fellow, VP and CTO, Cloud Platform) Java間の差異SKIP
  58. 58. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 提供サービスについて総合的にオープンであることに高いプラ イオリティ設定 • WebSphere Libertyは、オンプレ、クラウド(パブリック/プラ イベート)など自由に持ち運べるというのがコンセプト • WORAの恩恵でベンダーロックインの心配も少ない • クラウド環境でJavaを選択されるケースは限られるが、Javaの 持つ優位性 • Java間の差異が少なくなることでさらに最適化 見解 Java間の差異SKIP
  59. 59. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • クラウド、サーバレスでJavaは流行 っていない • それらの環境でJavaを使う意義は? クラウド、サーバレス環境におけるJavaSKIP
  60. 60. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect) • IBM Cloud FunctionsではNode.jsやPHPが多い • Javaの起動時間の課題は、Cloud Functionsの インスタンス間でJVMをキープすることで最適 化することも対策 • ただ、Javaにとって最適な領域は堅牢でハイ・ パフォーマンスが求められるアプリケーション で、コンスタントにアクセスがあるもの • 不定期に利用されるFunctionsなら他言語推奨 クラウド、サーバレス環境におけるJavaSKIP
  61. 61. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • サーバレスとは課金モデルを指す • 一方Cloud Functionsはプログラミング・モデル • ビジネス・ロジックをシンプルなインとアウトの インターフェースで定義し、ビジネス機能として 実装するもの Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) クラウド、サーバレス環境におけるJavaSKIP
  62. 62. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) クラウド、サーバレス環境におけるJava • 不定期に利用されるがI/Oバウンドが非常に大き いネットワークインタラクティブなファンクショ ンではあればNode.js • そうではなく、CPUを多く消費するファンクシ ョンであればJava SKIP
  63. 63. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 起動時間のケア • あとは実態としてのビジネスロジックの性質+課金モデル • 技術特性以外には、Javaの人気 • 対するJavascriptやPythonの扱いやすさ • varのような間口を広げる進化の今後 見解 クラウド、サーバレス環境におけるJavaSKIP
  64. 64. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp MVC 1.0の今後は? MVC 1.0(JSR 371)
  65. 65. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 「Java EEは大丈夫か」 という火種のひとつに • JSFと対になるアクションベースのフレームワーク • 当初Java EE標準に策定される予定 • しかしマイクロサービス対応優先のためドロップ • その後、Eclipse Foundationに拾われ検討継続 MVC 1.0(JSR 371) MVCについて おさらい
  66. 66. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp MVCはJakarta EEの一部となる予定 MVC 1.0(JSR 371) Kevin Sutter (MicroProfile and Jakarta EE architect )
  67. 67. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 見解 MVC 1.0(JSR 371) • 標準化(位置づけ明確化)によるメリット • Strutsベースの資材をいまだに使っているユーザーの期待 • Old Javaからの移管
  68. 68. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • JavaOneの日程の変更(一日減) • Javaコミュニティの今後は? JavaOneの今後
  69. 69. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp JavaOne Oracle Code One 2018 “Make Java Great Again” 例年より一日減り、コミュニティキーノートがなくなる? IBM社にとっても重要な情報発信の場であったのでは OpenJ9、Open Liberty 2016 2017 JavaOneの今後 * JavaOneは先日Oracle Code Oneへの名称と内容変更が発表されましたが、 このインタビュー上は当時のままJavaOneとして掲載します
  70. 70. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) • 私たちも今年のJavaOneがどうなるかの情 報待ち… • お客様の方が情報を持っているくらいかも JavaOneの今後
  71. 71. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 詳細はともかくJavaOne自体は2018年も実 施される • さらに来年(2019年)もOracleはJavaOne を開催すると思われるが、それとは関係な く、Jakarta EEコミュニティが予定する新 たなイベントがある Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect) JavaOneの今後
  72. 72. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp JakartaOne 2019(仮) JavaOneの今後
  73. 73. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 2019年からはJavaOneとJakartaOneという 2つのカンファレンスが開催されるかも • これによってコミュニティは再編され、再 び活気付くはず Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect) JavaOneの今後
  74. 74. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 見解 • JavaOneが、なぜOracle Code Oneに 名前とコンセプトを変えたか JavaOneの今後
  75. 75. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Oracleが担ってきた役割は今後変わ っていくのでは • いろいろなベンダーがその代替を担 っていく想定 • それらに関する予定は? Javaコミュニティの今後
  76. 76. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) • EE4JはJavaコミュニティでは非常にポジテ ィブに捉えられている • これによりJavaのエコシステムが広がり、 Javaの活性化、進化が促進される Javaコミュニティの今後
  77. 77. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Steve Wallin (Program Director - IBM Runtime Technologies) • Java SEは従来通りOracle管理、進化の道も Oracle主導 • Java SEについてもJava EEと同じようなパ スを今後たどることで同じ効果が得られる ことを期待 • それが実現されるまでの間、IBMはOpenJ9 でJVMのイノベーションを推進 • Oracleとパートナーシップを組んでJavaの 進化を進める Javaコミュニティの今後
  78. 78. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp コミュニティの変化という観点では、こんな 認定制度の導入を検討中 Kevin Sutter (MicroProfile and Jakarta EE architect ) Javaコミュニティの今後
  79. 79. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp Jakarta Champion(仮)
  80. 80. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp 業界に対してより広い意味でJakarta Family の利用や開発をプロモーションする目的 Kevin Sutter (MicroProfile and Jakarta EE architect ) Javaコミュニティの今後
  81. 81. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp コミュニティには、大きく分けて 3つの関わり方がある Ianによるまとめ Javaコミュニティの今後 Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  82. 82. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Developer Communityの観点ではよりオー プンになり、動きがダイナミックに • TCKなどへのアクセスがしやすくなったこ とが後押しするはず 1) テクノロジーの提供に際するイノベーション Javaコミュニティの今後 Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  83. 83. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 仕様策定の観点では従来のJCPよりもコミ ュニティに対して平等な機会が与えられる • それは多くの人にとってJakarta EEのワー キンググループに入るモチベーションにも なるはず • WGに入ることで、仕様に影響を持つだけ でなく仕様策定のプロセスにも影響を与え ることができる • 特にプロセスはまだ定義中のため、今のよ うに非常に早い段階で入ることはプロセス の確立に大きく関与できるはず 2) 仕様策定プロセスへの影響、その確立 Javaコミュニティの今後 Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  84. 84. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • Javaのプロモーションという観点も変わる • これまではOracle主導 • これからは今後はOracle(Java SE)と Eclipse(Jakarta EE)と共同でのコミュニテ ィベースに移行していく 3) コミュニティ自体の観点 (コミュニティ活動やMeetupの企画など) Javaコミュニティの今後 Ian Robinson (DE, WebSphere Lead Architect)
  85. 85. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • これまでのコミュニティの構造を参照しながらリビルドし ていく(JakartaOne(仮) やJakarta champion(仮) 、仕様策 定のプロセス改善など) • これまでの有識者はそちらに移行し、あらたなメンバーも 参加していくという流れになるのでは • 複数のベンダーがかなりやる気でNimbleなので、コミュニ ティ活動は活発化しそう • Java SEとの関係性のいびつさ、そして再言及 見解 Javaコミュニティの今後
  86. 86. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp まとめ
  87. 87. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp まとめ • 2016年のJavaOneにぶつけたMicroProfileの発表から、 2017年のEE4Jの立ち上げ • 少しずつJavaとそのコミュニティの進みたい方向が整備さ れ、また我々にも見えるようになってきた印象 • Jakarta EEはJakartaOne(仮)やJakarta champion(仮)など の新設により、言語周辺のエコシステムも含めリプレイス していく姿勢 • MicroProfileやMVCなど、バラバラになっていたフィーチ ャーはいずれもJakarta EEに集約 • 全てが集約されるとまた歩みが遅くなってしまわないか心 配になるが、参加者の権利がフラットになったことでコミ ュニティ活動は活発化しており、いまのところいい調子
  88. 88. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp • 各社ベンダーがクラウド化を推進する中で、明確に得手不 得手が決まっているJavaがその存在感を保っていけるかど うかはまだまだ未知数 • CPUリソースを使用するものはJavaに優位性があるといえ ど、サーバレス環境での課金上のメリットなどは完全には 見えない • とはいえJavaは人気があり、ユーザーも多く、ミッション クリティカルな現場での導入実績も豊富で、多数のベンダ ーも精力的にサポート • まだまだ進化しているJava。今後も流行り続けるかどうか、 その軸となるJakarta EEの活動に注目 • ★もちろん注目するだけではなくて… まとめ
  89. 89. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp EE4J / Jakarta EEコミュニティに 参加していきましょう! https://www.eclipse.org/org/workinggroups/jakarta_ee_charter.php メーリングリストは まるで“One-on-One Session” ★ぜひ登録を!
  90. 90. * 発言は意訳したものであり、全ての見解は西野個人の見解です * いずれも未確定情報であり変更となる可能性があります #glassfish_jp SOMPOシステムズ株式会社 西野大介 @nishino_chekhov 公開資料は以下のTwitterアカウントで連絡します。 ★ フォロー、リプライお気軽に! ★ まだまだ登壇していきます! ★ 仲間募集中!

×